« ゾッとする話 | トップページ | 時間は前に進む »

似て非(凡)なるもの

2月25日(木)曇りのち小雨。

●女子フィギュアの浅田真央選手とキム・ヨナ選手の演技は思っていたより凄かった。会場の盛り上がりも半端ではない。二人とも持てる力を存分に発揮出来た様子。オリンピックという大舞台ではそれが何よりだろう。お互いライバルにも恵まれて、今後の成長が楽しみだ。

●スーザン・ボイルのアルバムにストーンズの「ワイルド・ホーシズ」が入っているのは知ってたが、聴いた事が無かった。先日、本屋で流れていた。私が知ってる曲のカバーだなと直ぐに思ったものの、サビの部分まで聴かないとピンと来ない。やはりギャップが有った。ボイルおばちゃん(尊称)のは、北欧の緑の草原を白馬がゆったり走っているイメージ。ストーンズのは、身体の引き締まったサラブレッドが、丘の上で沈む夕陽を眺めているイメージ(相変わらずイイカゲン)。ミックの声は“泣き”が入り文章的だが、おばちゃんのは透明感が魅力で絵画的とも言えるかな?こういう聴き比べも面白い。通底した感覚は在るね。

●本日の読書・・・『へミングウェイ短編集』。

●本日の2曲

341

|

« ゾッとする話 | トップページ | 時間は前に進む »

Life is...」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1184591/33531448

この記事へのトラックバック一覧です: 似て非(凡)なるもの:

« ゾッとする話 | トップページ | 時間は前に進む »