« 「ジャズ」の物語 | トップページ | サービス »

謎のカードゲーム

●これで2回目だと思うが、夢の中で奇妙なカードゲームをしていた。カードと言っても、ペラペラの紙に鉛筆書き?で数字や意味不明の図形が描かれている。パンなどを入れる籠の中に入っており、誰かが一枚取ると点数が書いてある。そこに問題が書いてあったか「天の声」がしてきたか不明だが問題に答えると点数がもらえる。他人が引こうとする時に「待った!」みたいな声を掛けると優先して答えられるが、点数がマイナスの場合もある。誰か女性が引いた時2枚繋がっていたので、「あれはアリなの?」と、隣にいたブラマヨの小杉に聞いたら「ええんとちゃいまっか」。不審を抱いたが、ブラマヨ吉田が「おい、収録やで」と小杉を連れて行ったのでうやむやになった所で目が覚めた。

●昔、7並べの変形で8並べというのをやっていた。もし、数字を2つ基点に出来たら・・・と考えてみた。某コンビニにあやかり7・11並べ。AKBにあやかり4・8並べとかどうだろう。小さい子供は楽に遊べるだろうなあ。話変わって、AKBから連想したけど52人アイドルを集めて、トランプのカード各々のキャラを付随させたらどうだろうか。ダイヤのクイーンはちょっと冷たそうな美女タイプとか。でも52人分設定するのはちょっと難しいな・・・突然ですが、ここで問題です。このTPG52(トランプガールズね)の中でたった一人姿を見せない娘がいます。さて、その絵柄と数字は?答えは、この日記の最下段に書いておきます。

●ババ抜きの「ババ」にジョーカーを使わず、任意の一枚を最初に抜いて、どれがババか判らないようにするのもやってた。でも、盛り上がりに欠ける気もする。また、10人ぐらいでババ抜きをやると面白そうだが、一人当たり5枚程度なので、中々終わらずストレスは溜まり、終わっても達成感が薄い。いっそ2組のトランプを使って104枚でやりましょうか。さらに、ジョーカーも2枚使って、106枚。あ、そうだ。もし、ジョーカーとジョーカーが合えば、それまで処理されたカードをもう一度シャッフルして足して使うというのはどうだ。あらららら。もう、何が何だか判らなくなったー。

♪Otis Redding & Carla Thomas "Tramp"
http://www.youtube.com/watch?v=TKlCA0-Arks

※答え・・・♪ハートのエースが出てこな~い♪

|

« 「ジャズ」の物語 | トップページ | サービス »

Life is...」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1184591/43901309

この記事へのトラックバック一覧です: 謎のカードゲーム :

« 「ジャズ」の物語 | トップページ | サービス »