« ヌードの気持ち | トップページ | 写真力 »

哀しきシャウト

●アイク&ティナ・ターナー『ザ・ソウル・オブ・アイク&ティナ』<Pヴァイン>(94)

http://diskunion.net/portal/ct/detail/54C071026801

オリジナル・レーベルは<ケント/モダン>。録音年は正確に記録されていないが、64~65年が妥当らしい。感覚的にはリズム&ブルース~アーリー・ソウル。

私は、アイク&ティナは、アイク目線で捉える事が多い。アイク&ティナ・ターナーより、アイク・ターナー&キングス・オブ・リズムの音の方が、より好みだからだろう。持ってるアルバムも多いはず。

ジャンプ~リズム&ブルースが好きなせいもあるし、時折聴かせるブルース・フィーリング溢れるギターワークもお気に入りだ。本盤でも、彼の魅力は十分堪能出来る。

加えて、ティナ・ターナーの魅力も全開である。意見が分かれる所だろうが、私は、彼女の一番の持ち味は、吐き捨てるようなヴォーカルにあると思う。リズムの権化となり、短いテンポでハードにシャウトする。時には脳の血管が切れやしないかと心配になるほどの迫力に到る。

彼女自身も、さぞかし達成感に満たされたのではと思いきや、ティナはこの時期の曲を二度と聞きたくないそうだ。音楽の完成度に不満なのではない。実は、アイクのDVが最もキツかった頃らしい(鈴木啓志氏のライナーより。自伝に書いてあるそう)。まだ二人の歴史は始まったばかりに近いのに、この時期が一番キツかったとは・・・後々ティナが強くなったのかも知れないけれど。

そういう予備知識を得ると、ティナのシャウトが積もった鬱憤を晴らしているかのようにも聴こえる。皮肉なタイトルに思える「ウェディング」は、名曲「オール・アイ・クッド・ドゥ・ウォズ・クライ」を下敷きにした曲で、かつて愛し合った男性が別の女性と結婚するという苦悩・やるせなさを切々と歌い上げている。だが、暴君夫との結婚を取り消したいと嘆く、悲痛な叫びに思えるのだ。語りの部分が多く、まるで教会のサーモンを聴いているような強烈な訴求力である。果たして、ダンナにはどんな風に聴こえていただろうか・・・。

いずれにしても、曲構成や演奏力、ティナの歌唱、全てにおいて存分に愉しめるアルバムだ。ティナ・ターナーは全面否定だろうが、聴く者は異様な生々しさに惹き付けられる。それにしてもお聴かせしたい曲がユーチューブで拾えないのは残念!ティナの魔力か?

♪"Flee Flee Fla"
http://www.youtube.com/watch?v=zxiZaT2r9YY

♪"Am I A Fool In Love"
http://www.youtube.com/watch?v=QUWHcnECO0Y

|

« ヌードの気持ち | トップページ | 写真力 »

Ike & Tina Turner」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 哀しきシャウト:

« ヌードの気持ち | トップページ | 写真力 »