« 待ち受け | トップページ | 自分へ »

車は自分で動かない

●車の運転について考えてみる。毎日運転していて、車はつくづく人間の感情に左右されるものだと思う。皆が冷静さを保ち、ルールに則って運転すれば、まず事故は起きない。平常心や判断力を失えば事故の引き金となる。皆、解っているが完璧に実行できないのが生身の人間でもある。

●私が個人的に気を付けているのが、「脅威」と「死角」が事故に繋がらないよう、ひとつひとつクリアしていく事だ。右折しようとする対向車、同じレーンを走る自転車やバイク、いかにも道路を横断しそうな人等が「脅威」。「死角」はさまざまな理由で見えない部分。自車の死角や対向車の死角、曲がり角等見通しの悪い場所といったものだ。これらが「脅威」や「死角」ではなくなるまで確認していく訳である。

●上記のような確認行為は、冷静さを保ちながら集中して行わなければならない。でも、意識すればそんなに難しい事ではない。もちろん、「冷静さを保つ」という事が難しいといえば難しい。特に、いい加減なドライバーや、自転車、歩行者が多くて、ついカッカしてしまう事もある。何かで読んだが、そういう時には「あの人はきっと急ぐ理由があるんだ」と思い、無謀な行為についてしつこく考えないのが秘訣だそう。私は、哀れな人たちだと思うようにしている。常識的に生きられないのは、人間として中途半端だ。それで良いと思って行動している訳だから、自分で自分を貶めているようなものだ。人間らしい人間じゃない訳だから、一緒になってカッカしては同類になってしまう。怒るべき局面は他にある。それぐらいの気でいないと、落ち着いた精神状態は保てない。

●人間は、元来「中途半端」なものではある。物事全てを完璧には成し得ない。問題は、意図的に中途半端な事をしでかす輩だ。こやつらは、自覚しない限り、他人から指摘されても改善しない。同じ土俵に「下がる」必要はないのだ。

●私の悪友は、昔レゲエをよく聴いていた。車を運転しながら「レゲエは安全運転のリズムだ」と宣う。確かにクールさが保てるリズムだ。反対に、バイト先の社員の人の車に同乗した時、「最近はこれがお気に入りだ」といって掛けたのがエアロスミスの「ウォーク・ディス・ウェイ」。見事に演奏通りの運転!私はすっかり固まってしまった。やはり、車は人間の感情で運転するものだ。

♪Aerosmith "Walk This Way" 
http://www.youtube.com/watch?v=Oy3y5dxkUJs

|

« 待ち受け | トップページ | 自分へ »

Life is...」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1184591/46856127

この記事へのトラックバック一覧です: 車は自分で動かない :

« 待ち受け | トップページ | 自分へ »