« 自然な一体感が生み出す黒い空間 | トップページ | 2012年11月の音楽メーター »

クロスロード

●時間は平等に流れているが、実感覚として過ごす時間は人それぞれである。30数年ぶりの同窓会に出席。過去に戻ったり、現状を確認し合ったり、少し先の事を話したり・・・楽しく時は過ぎる。過去に共有した時間を持っているけど、当時も人それぞれの実感覚は違う訳だから、互いにズレは生じる。そのズレも含めて思い出を交差させる事で、愉快に和む。自分はどんな高校生だったか、ボンヤリ考えてみたが、あまり意味のない事に気付く。やっぱり大切なのは“今”なんだよな。思い出の交差も、“今”を歩んでいるから体験できた。過去の実経験と思い出の間にあるスウィートネスが味わえる。そしてまた歩いていける。当たり前の事だが、当たり前の事こそ、真実で奥深い。

●入院している母親を見舞う。母親の頭の中では、過去と現在が交錯している。話が噛み合わない。頭の中を整理せずに喋るからか。しかし、老人になったら、もう頭の中を整理しなくても良いように思う。脳の健康的には消極的な考えだろうが、思い出と現実を並立させるのは、老人の特権のような気もする。ペラペラ喋る母親は、とても楽しそうなのだ。

♪GLEN JONES "We´ve only just begun (The romance is not over)"
http://www.youtube.com/watch?v=LHSkKMB5LoQ&feature=fvst

|

« 自然な一体感が生み出す黒い空間 | トップページ | 2012年11月の音楽メーター »

Life is...」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1184591/47972505

この記事へのトラックバック一覧です: クロスロード:

« 自然な一体感が生み出す黒い空間 | トップページ | 2012年11月の音楽メーター »