« 2013年4月の読書メーター | トップページ | 小説の経験 »

2013年4月の音楽メーター

4月の音楽メーター
聴いた音楽の枚数:8枚
聴いた時間:204分

アイム・ジミー・リード/ジャスト・ジミー・リードアイム・ジミー・リード/ジャスト・ジミー・リード
2013.4.20 ブックオフ琴平店にて購入。2in1@Pヴァイン。1990編集。
『アイム・ジミー・リード』のテッパンぶりと『ジャスト・ジミー・リード』のワイルドさと素の魅力が両方味わえ愉しめる。
聴いた日:04月23日 アーティスト:ジミー・リード
Funk Beyond the Call of DutyFunk Beyond the Call of Duty
ファンカーってのは、伊達男が多いねえ。
聴いた日:04月15日 アーティスト:Johnny Guitar Watson
ターニング・アラウンドターニング・アラウンド
姉ディオンヌよりワイルド。ゴスペル、ブルース、リズム&ブルース、カントリーなどが無理なく混在している。好きな声質・歌い方だ。たまに声が裏返るのも色っぽい。お気に入りを1曲選べと言われても選べない充実度。
聴いた日:04月07日 アーティスト:ディー・ディー・ワーウィック
エンタイスト・エクスタシー (ENTICED ECSTACY)(直輸入盤・帯・ライナー付き)エンタイスト・エクスタシー (ENTICED ECSTACY)(直輸入盤・帯・ライナー付き)
シャウトはエディ・リヴァートの如く、ファルセットはロナルド・アイズリーの如く、現在に生きるソウルマンの素質十分。打ち込みも全く気にならず。すごい歌手たせし、セルフ・プロデュース能力もあるんだけどなあ。
聴いた日:04月05日 アーティスト:G.C.キャメロン (G.C. CAMERON)
世界は愛を求めてる世界は愛を求めてる
ステイプル・シンガーズを、もっと正統ゴスペルに近づけた感じ。と書くとより深そうだが、実は四角四面過ぎる危険性もある。玉石混交感が否めない。
聴いた日:04月04日 アーティスト:ザ・スウィート・インスピレーションズ
アイ・ラヴ・ザ・ウェイ・ユー・ラヴ・ミーアイ・ラヴ・ザ・ウェイ・ユー・ラヴ・ミー
マイアミ・ソウルといえばライトなファンキー・スタイル。正にそこの土俵で彼女の歌は光る。黒人歌手に関して「歌が上手い」というのは何も語ってないようなものだが、この人、本当に上手い。
聴いた日:04月03日 アーティスト:ベティ・ライト
メンフィス・ボーイズ-アメリカン・スタジオ物語メンフィス・ボーイズ-アメリカン・スタジオ物語
個人的に「洋楽って良いなあ」と思い始めた小学校高学年頃、確かに聴いた曲が入っていて嬉しかった。個人的懐メロと、カントリー寄り、ポップ寄り、そしてディープ系と幅広いし、CDの音質の良さで、磐石の演奏が一層輝いている。よく練られた編集盤。と同時にアメリカンスタジオのセンスと情熱!
聴いた日:04月02日 アーティスト:オムニバス
CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL:CHRONICLE THE 20 GREATESTHITSCREEDENCE CLEARWATER REVIVAL:CHRONICLE THE 20 GREATESTHITS
パンク/ニューウェイヴを体験する直前は、ストーンズとCCRばかり聴いてた。私にとっては「エヴァーグリーン・ミュージック」だ。
聴いた日:04月01日 アーティスト:Creedence Clearwater Revival

わたしの音楽メーター
音楽メーター

|

« 2013年4月の読書メーター | トップページ | 小説の経験 »

V.A.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1184591/51474799

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年4月の音楽メーター:

« 2013年4月の読書メーター | トップページ | 小説の経験 »