« 現在(いま)を視つめるから先が読める | トップページ | うたえやうたえ »

ソウル・イズ・アライヴ!

54783218


●Rockedge&beetnic『ソウル・ミュージック・ラヴァーズ・オンリーvol.3』<マジックスティック>(11)

http://locosoul.net/?pid=54783218

横須賀の老舗ソウル・バー『カスタム』の、30周年を祝してリリースされた本シリーズも3作目となる。お店のオーナーのshunさんとはmixiでの知己でもあり、私自身あまりヒットしたソウル曲を知らない事もあり、買い求めたのがキッカケで、3作共揃えた。最早、純粋に、このシリーズが気に入っている。

今回は80年代の曲で固めてある。ライナーを読むと、UKとNYが多い。ルーラル志向の強い私には、やや敷居が高い面もある。また、電子音が主流なので、ミックス手法の基本と成っている打ち込みサウンドに自然と馴染む。何度も書いているが、私は打ち込みが苦手である。ただ、全面的に拒否する訳ではない。自分なりの仕分けラインは、昔のビートの延長線上にあるかどうかだ。

本シリーズのサウンドは乗れる。題材が80年代でも関係ない。シリーズ・タイトルにも謳ってある通り、先ずクリエイター側が、ソウル・ミュージックを正しく深く愛しておられるからだ。どんな年代の曲でも“ソウルフルな部分”を抽出する手腕に長けているのだろう。

ルーサー・ヴァンドロスやアレクサンダー・オニールといった、解りやすい、王道の継承者だけでなく、マイケル・ジャクソンのスパイシーなシャウトや、オラン“ジュース”ジョーンズの軽み、ラリー・ブラックモンの粘り気なんぞも“ソウルフルな部分”だ。

軸のぶれない流れの中では、苦手だったソウルⅡソウルや、普段だったら先ず聴かないグローヴァー・ワシントンJr.も心中に沁み込む。自分の耳範囲の狭さに、またもや気付かされるのだ。

デレゲイションやスレイヴなど、興味は有ったが未聴のアーティストも、感じが掴めて良かった。

シリーズも3作目になると、お二人がよく使われる繋ぎのフレーズ等も覚え、そういう意味でも楽しめる。是非、4作目もお願いします。さぁ、次はどこへ行くか?個人的にはあれこれ考えるが、それを書くのは無粋というもの。まっさらな気持ちで、新しい出逢いを待つ。

♪試聴用
http://www.youtube.com/watch?v=2ah0ppyyvwo

|

« 現在(いま)を視つめるから先が読める | トップページ | うたえやうたえ »

CUSTOM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1184591/52140885

この記事へのトラックバック一覧です: ソウル・イズ・アライヴ!:

« 現在(いま)を視つめるから先が読める | トップページ | うたえやうたえ »