« 音の質と音楽の質 | トップページ | ディープな魔法使い »

【創作】レスト・イン・ピース(1)

【創作】レスト・イン・ピース(1)

自分が何処にいるのか判らない。病院のベッドの上だとは思う。

看護婦が時々来るからだ。でも、医者も見舞客も一切来ない。

最近は、看護婦は俺の想像の産物ではと思うようになった。

病院に居るんだと、自分自身に言い聞かせたいのかも知れない。

何も見えないし、触る事も出来ない。そもそも、

自分の身体自体を自覚出来ていない。

自分が物質的に存在しているのか疑わしいのだ。

聴覚と嗅覚だけはある。しかし、それも空想なのかも知れない。

当然だが声も出ないので、相手に思いが伝わらない。

意識だけは有り、こうやって、あれやこれやと考えてはいる。

既に俺は死んでいて、自分でそれに気付いていないのだろうか?

いやいや、死んだら意識も無くなるんじゃないか?それとも、

脳だけが活動してるってわけか?
所詮、

人間死んだらどうなるかなんて誰も分からないんだろうから、

俺も世間的には死んでるのかも知れない。

いくら考えても結論は出ない。俺はとにかく、

この状況で居るしかないんだろう・・・。

「こんにちは」
いつもと違う声だ。
「今日から担当になりました。黒石あさみと言います。

宜しくお願いします」
看護婦が変わったのか。ご丁寧な妄想だ。

「月村さん、ミュージシャンだそうですね。

紅白にも出た事があるんですってね」
一回きりさ。あれはドラマの主題歌に使われたからな。まぁ、

紅白なんかどうでも良い。俺の舞台はライヴ・ハウスだ。

客が手を伸ばせば届くような距離で、唾や汗が飛び交い、

お互いの臭いまでをも感じるような、

そんな世界で俺は演奏し歌ってきた。

「私の兄がロックを聴いてて、

ジャックは本物だって言ってましたよ。

ジャックさんて言うんですね、月村さん」

ジャックにさんを付けたらおかしいだろ、へへ。まぁ良いや、

知ってくれてるだけで嬉しいよ。ありがとさん。

「はーい!ありがとうございましたー!」

そりゃ何のお礼だ?

ライヴ・ハウスといえば、自分がこんな状態になる直前、

ギーちゃんの店で演奏していたのを思い出した。たぶん、

あの時だ!

「ジョニー・B・グッド」でダック・

ウォークに入るタイミングがずれたんだ。

そのまま強引にやってしまえば良かったけど、

もう一度立ち上がろうとして、バランスを崩したんだ・・・で、

そこから先の記憶が無い。

でもなぁ、それが生きていた最後の記憶とも思えないんだ。

存在は感じなくても、頭は働いてるって思ってたけど、

それだって怪しいもんだ。

まったく!どうしたんだ、俺。

(つづく)

|

« 音の質と音楽の質 | トップページ | ディープな魔法使い »

Story」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1184591/56343868

この記事へのトラックバック一覧です: 【創作】レスト・イン・ピース(1):

« 音の質と音楽の質 | トップページ | ディープな魔法使い »