« 『ブルース&ソウル・レコーズ』誌2月号 | トップページ | 以下の妄想の中で、あなたが実現して欲しいと思うのはどれですか? »

久留米の収穫

※初見参の、タワー・レコード久留米店での買い物記録です。

51jaxicpfl__sx230__2

●キム・トリヴァー『カム・アンド・ゲット・ミー、アイム・レディ』<チェス>(73)

冒頭からスロー曲が並ぶ。スケールの大きい曲が彼女の歌唱を生かすのは確か。しかし、パティ・ラベルのような迫力押しではなくジワジワと攻めてくる。暖房器具で暖まるのではなく、運動の効果で暖まる感じか。1曲だけあるブルースは、リトル・ビーヴァーのギターが超個性的。

Kim Tolliver - I'm Losing The Feeling (Come And Get Me I'm Ready 1973)

https://www.youtube.com/watch?v=BDDKcWCvOeQ

411vr6yayul__sx230_


●C・L・ブラスト『アイ・ウォナ・ゲット・ダウン』<コティリオン>(80)

ソウルらしいソウル。ミディアム~アップの素直な高揚感、スローを支えるゴスペル感覚。華麗でもなく泥臭くもないが、エンドレスに感動が続く。音創りはフレデリック・ナイト。演奏はマラコ勢。ナイトとサム・ディーズも参加。70年代ソウルがブラコンへと変わるギリギリの所か。土俵で言えば徳俵だ。

C L Blast - Love Dont Feel Like Love

https://www.youtube.com/watch?v=ggelQKw8v2A

61mz5uvimrl__sx230_


●V.A.『サン・ブルーズ』<サン>(14)

笑っちゃうほど衝撃的!象徴はメンフィス・アグレッシヴ・ギターだ。その極北はパット・ヘアかと。リトル・ミルトンやルーファス・トーマスといった後のビッグネームも、激しさが先に立つ。孤高のギタリスト、アール・フッカーでさえメンフィス色に染まっている。ワンマン・バンドやジャンプ系も充実。 突っ込み所満載だ。

James Cotton Cotton Crop Blues SUN 206

https://www.youtube.com/watch?v=YAqTrbuxCRI

|

« 『ブルース&ソウル・レコーズ』誌2月号 | トップページ | 以下の妄想の中で、あなたが実現して欲しいと思うのはどれですか? »

V.A.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1184591/58702175

この記事へのトラックバック一覧です: 久留米の収穫:

« 『ブルース&ソウル・レコーズ』誌2月号 | トップページ | 以下の妄想の中で、あなたが実現して欲しいと思うのはどれですか? »