« レコード棚を順番に聴いていく計画 Vol.7 | トップページ | バーバラに外れなし! »

スターとセレブ

少し前の話。アカデミー賞の授賞式でのリポーター。続々とセレブ達が入場しますみたいな事を言っていた。

「スター」はもはや死語なのか。それにしても「セレブ」=「由緒ある富豪一族若しくは何をやっているか不明だが豪奢な生活を送っている人々」というイメージがある。有名な映画俳優や女優は金持ちだろうが「セレブ」とは違うんじゃないかと疑問が湧いた。

調べてみたら、映画スターの事を「ハリウッド・セレブリティー」と元々言うらしい。つまり、英語に添えば「セレブ」が正しかった。むしろ、日本語での「セレブ」が意味合いが変化したもののようだ。

対象となる相手に拠るのはもちろんだが、一般的には大富豪にはやっかみ、映画スターには憧れを抱くケースが多いと思う。その違和感はどうしましょう。と言っても仕方がないが・・・。

「スター」という言葉、個人的には好きだ。オールド世代だけに、外来語も新しいタイプのものは馴染みにくいという側面もあるんだろうな。

|

« レコード棚を順番に聴いていく計画 Vol.7 | トップページ | バーバラに外れなし! »

Life is...」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1184591/59265283

この記事へのトラックバック一覧です: スターとセレブ:

« レコード棚を順番に聴いていく計画 Vol.7 | トップページ | バーバラに外れなし! »