« 帯状疱疹 | トップページ | 裏日本対決 »

トーキョー・バウンド(6/13~6/15)

418yp1y4xcl__sx230_


【1日目】ひさしぶりの東京である。今回は、我が家のジャニヲタ妻娘の、東京ドームライブ鑑賞に同行したもの。初日は、日本テレビのグッズ・ショップからスカイツリーへ。ショッピング街をウロチョロがメインで、ツリー自体は途中の階から眺めただけ。

  東京ドームホテルにチェックインした後は、私は新橋のアラテツ・アンダーグラウンド・ラウンジへ。W.C.カラスさんと、金田“デルタ”正人さんの「裏日本対決」を見届けに(詳細は別稿へ)。

新橋と言えば、テレビ番組で、サラリーマンにインタビューする際の定番スポットみたいな印象がある。ガード下の呑み屋街も映る事があるが、街全体は、あの何倍もどぎつい。但し、活気があるどぎつさだ。軒先にもテーブルが置かれ、店内まで臨めるタイプの店が多く、ぶらぶら歩くだけでも、楽しい雰囲気が漂う。客だけでなく店員も活き活きとしている。

51enhjug6l__sx230_


【2日目】まずは横浜へ。赤レンガ倉庫にKALDIの限定品があるとの事で。結構歩いた。都内もそうだが、とにかく移動に歩く距離が長い。オジチャンは疲れるよ。

別行動になると、昨夜のライブと共に楽しみにしていたディスクユニオン新宿ソウル/ブルース館に。さすがのラインナップ。熊本だったら有り得ない店だが、次々に客が来る。日曜と言うのもあるだろうが・・・。もうちょっとインディーソウル系があるかと思っていたが、品揃えの関係もあるのだろうか。しかし、買い逃し品などを揃えられたので嬉しい収穫だ。続いてタワレコ渋谷店へ。こちらも全般的に備えてある。<マラコ>のシリーズが熊本ではお目に掛かれないので、手が伸びた。もちろん、ネットで買えるのだが、どうしても旧世代としては、店舗で出逢いたい。

その後、神保町の古書店街にも行ってみた。事前調査不足だった。日曜休みの店も多く、通りも一通り分しか歩かず。でも、流石でした。

51emg40z0kl__sx230_


【3日目】朝から八重洲ブックセンターへ。ここも旧い物が置いてあるのが嬉しい。眺めるだけでも面白い。まさに温故知新。講談社選書メチエから一冊。

まあ、こういった所。もっと要領よく回れたろうが、充実した休日だった。それにしても人多いなぁ。人疲れする。それと、どの店の店員さんも愛想と手際が良い。数こなすって事は強いね。

|

« 帯状疱疹 | トップページ | 裏日本対決 »

Life is...」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1184591/60405818

この記事へのトラックバック一覧です: トーキョー・バウンド(6/13~6/15):

« 帯状疱疹 | トップページ | 裏日本対決 »