« 2017年7月 | トップページ

2017年8月

時間

1006876908

【イメージ・ノート】

※歌詞内容とは無関係です。

時計の刻みだけが時間ではない

人それぞれの思いが刻む時間もある

Irma Thomas - Time Is On My Side

https://www.youtube.com/watch?v=cP-c2Aq47Cs

にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲・好きなアルバムへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

皿屋敷

音楽好きが言う「皿屋敷」とは、大量のレコードを所持するお宅ではないか。もし、いちま~い、にま~いのペースで数えたとすると、仮に1分間に60枚数えられたら3600枚数えるのに1時間かかる。10000枚だったら3時間程度か、もし、36000枚あったら何と10時間!だからどうした!

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

身近な怪談

初めて買ったと思ったレコードが、既にレコード棚にあったのを発見した時(;゚Д゚)

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思い出の再確認

今回の三連休は、宴会続きとなった。

金曜は、かつて音楽好き仲間が集まっていた喫茶店のマスターを囲んだ席。風の噂で動向は知っていたものの、会うのは30年ぶりぐらいになる。先輩・後輩合わせて6人ほど集まった。全員微妙に「専門」が違い、こういう人達との音楽談義は非常に有意義。それにしても、みんな30年経っても極端に変わった人はいない。面白かったのは、ロック全般が得意な後輩氏は、喫茶店でかかっていたソウル/ブルースから黒人音楽を学んだと言うが、私はブラック系のジャズが印象に残っている。この辺り、マスターの”忖度”が働いていた気もするが、ご本人はニコニコするのみ。

土曜は、高校の還暦同窓会。結構な参加者数で盛り上がった。みんな写真付きネームプレートを付けていたので「あんた誰?」状態にはならず。それにしても、最大40数年の時の流れは感無量である。歳を重ねると思い出の数が増え、再会がまた新しい思い出になる。

日曜は、お盆の集まりがヨメさんの実家で。お義父さんが亡くなったのは私と同じ60歳だ。最初にヨメさんの実家でお会いした時、胡坐をかくお義父さんにちょこんと座っていた小学生低学年のお嬢ちゃん(ヨメさんの姪)が、今は二人の子持ちで下の娘さんは、小学生の高学年だ。ウチの娘とよく遊んでいる。

さて、30年とか40年の間、私は私なりに毎日を過ごし、自分の時間軸を歩んではいた。それなりに人生の重みも自分に加わっているとは思う。ただ、それを掘り下げて考えたりはあまりしていない(誰しもそうかも知れないが)。

前に進むために、後ろを振り返り、今を生きてゆくのが人間なんだろうな。

Thomas Bailey, ''Wish I Was Back''

https://www.youtube.com/watch?v=nVT46blWmno

R857730114643904414107_jpeg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サニブラウン

「サニブラウン」て名前がカッコイイから歌のタイトルにありゃしないかと思って検索したら、ミュージシャンの人がいました。カナダ在住の人。私が知らないだけで有名なのでしょうか?
 
Sunny Brown - Teri Yaad Mein - Music Video

https://www.youtube.com/watch?v=s78iHdFVFX4

 

どうしても黒人を持ってこないと何なので、御大の登場!終盤画像も乱れる壮絶シャウトが聴けます!

James Brown - Sunny ( Live in Paris )

https://www.youtube.com/watch?v=p6FmS5Co-j4

R143002613516262069606_jpeg

にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲・好きなアルバムへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メンバーズ・オンリー

1006543043

「ブロークン・ハート」の持ち主だけが集まる場所。傷をなめ合うわけでなし、背中を叩かれるわけでもない。ただ、ボビーの歌声に耳を傾けるだけ。包容力に満ちた歌声は心の芯まで温めてくれる。ブルース界のレジェンド、ボビー・ブルー・ブランドの<マラコ>デビュー作。迎える側も彼が歌いやすい環境を整えている。人と人とのつながりが生んだハートウォーミングな世界だ。

Bobby Bland - Members Only 和訳付

https://www.youtube.com/watch?v=EqqOQVyzswc

にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲・好きなアルバムへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レコード棚を順番に聴いていく計画 Vol.44

R5840301134624933_jpeg

[53枚目]●アン・ネスビー『アイム・ヒア・フォー・ユー』<パースペクティヴ>(96)

https://www.discogs.com/Ann-Nesby-Im-Here-For-You/release/584030

ゴスペルの爽快な迫力と、現代R&Bの軽快なリズムが融合したサウンドで話題を呼んだ、サウンズ・オブ・ブラックネス(以下SOB)。リード・シンガーの一人だった、アン・ネスビーのソロ第一作が本盤だ。SOBをブレイクさせたジャム&ルイスの仕事である。

必ずしも、打ち込みばかりではない。2曲目の「アイム・スティル・ウェアリング・ユア・ネイム」で早くも、ペリ・シスターズのゴスペルライクなコーラスを従え、余裕の歌唱を聴かせる。時々アレサを思わせるが、若干潤いが足りない感じも。そもそもこの人、全般的に聴き疲れする。極私的感想ではあるが・・・。

③「イフ・ユー・ラブ・ミー」は、メアリー・J・ブライジが似合いそう。この曲への乗り方は好き。

⑤「(ホワット・ア)・ラブリー・イブニング」⑥「アイル・ドゥ・エニシング・フォー・ユー」は、しっとりと歌い上げる。シャウトもこの程度に抑えて欲しい。アン・ネスビーは、パティ・ラベルやグラディス・ナイトに曲を書いているそうだが、その予備知識のせいか、⑥ではパティを連想した。

⑧「スリル・ミー」や⑭「アイル・ビー・ユア・エブリシング」は打ち込みだが、引き摺り気味のリズムが自然に身体を揺らす。本盤では、この辺の曲が気に入った。

⑨「ホールド・オン」は、高速スキャットが微笑ましい。スティーブ“シルク”ハーレイのプロデュース。

⑩「イン・ザ・スピリット」。リズムの刻み方は好きなのだが、シャウトを頑張り過ぎ。

⑪「ディス・ウィークエンド」。オールドソウル色濃い。シャウトの出しどころも良かった。

⑫「キャン・アイ・ゲット・ア・ウィットネス」も、ちょっと感覚が違うなと思ったら“シルク”ハーレイがコ・プロデュース。12インチ向けの曲みたい(勝手な推測)。

タイトル曲⑬は、アーバンというか、ほとんどポップス的R&B。

⑮「レット・オールド・メモリーズ・ビー」⑯「ロード・ハウ・アイ・ニード・ユー」と、正統ゴスペルで締める。

順調にソロ活動を重ね、ミュージカル女優としての顔も持つアン・ネスビー。最近の活躍ぶりを詳細には把握していないが、確固たる地位は築いているようだ。 本盤に限って言えば、買っても損はない一枚。ジャム&ルイスのポイントが高い気はするが・・・。

If You Love Me

https://www.youtube.com/watch?v=IjIYSJ-0810

I'll Do Anything For You

https://www.youtube.com/watch?v=kaA7lcnr05E

Thrill me

https://www.youtube.com/watch?v=tXTzQK2GraY

This Weekend

https://www.youtube.com/watch?v=KtQOk4ygC24

I'll Be Your Everything

https://www.youtube.com/watch?v=94dc5JanQ7c

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ