« ブルースとフェンダー・ギター | トップページ | 9月8日のツイート »

33年

51c5cd4to1l__sl160_

クリフ・ホワイトと言えばJBの好編集盤『CDofJB』を思い出す。今回購入した17年発ウィルソン・ピケットのボビー・ウォーマック作品集も彼の企画。なんと考え付いたのは1984年。数々の障壁を乗り越え<ケント・ソウル>で33年越しに日の目を見たものだ。

ピケットとウォーマックは似たタイプのシンガーだし、一人の作品で編集すると全体のトーンに変化がつけにくそうだが、さすがに見事な配列。緩急の並び、ここぞという箇所でのシャウトと申し分ない。フェイム軍団の安定感もかなり寄与。

33年の月日の間には、ウィルソン・ピケット、ボビー・ウォーマックとも鬼籍に。クリフ自身もリリースの翌年に亡くなっている。作品とは関係ない情報と言う人も居るだろうが、こういうエピソードは切り捨てきれない。

不世出のシンガー、コンポーザー、ギタリストの魅力を伝えようとする魂のこもった感覚は確かに感じ取れる。

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

|

« ブルースとフェンダー・ギター | トップページ | 9月8日のツイート »

Cliff White」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1184591/74163189

この記事へのトラックバック一覧です: 33年:

« ブルースとフェンダー・ギター | トップページ | 9月8日のツイート »