« 大阪新年の収穫(1月1日) | トップページ | 【映画】『ボヘミアン・ラプソディー』 »

大阪新年の収穫(1月2日)

ホテルでの朝食は、喫茶室といった感じのこじんまりとしたレストラン。種類は少ないがピラフ、ソーセージ、スクランブルエッグ、ミニロールキャベツなどに加え、お雑煮も頂いた。

娘の希望でなんばグランド花月へ。公演は観ていない。売店をウロウロして、近くにあるたこ焼きさんで一服。さすがは本場の味で、皮のぱりぱり度が何とも言えぬ食感。たこの存在感もちょうど良い。変にパターンを変えるより王道のたこ焼きがやはり良い。音楽と一緒かも。ホテルでの朝食時も感じたが、やはり食に関するセンスは大阪人は抜群なのだろう。そう言えば、昨日海遊館の近所で食べた肉まんも美味しかった。あの、数字3ケタのお店の肉まんより美味いんじゃないかと思えたほど。多分に場の雰囲気というのもあるだろうが・・・。
さて、花月の後CD探索に向かう。地下街に戻ると、タワーレコード難波店の案内があったので予定には無かったが行ってみた。品揃えは充分で、手を出そうかとも思ったが、梅田店にも行く予定だし、キングコング・レコードの後に新譜陣を検討しようと思い、ここはスルーした。
そして到着、アメリカ村のキングコング・レコード。思った以上にロック方面が多く、残念ながらブラック系にはそんなにときめく盤は無かった。そんな中から一枚、再び<ソニー>の「ルーツン・ブルース」シリーズから、今度はゴスペル集。『ザ・ゴスペル・トラディション~ザ・ルーツ・アンド・ザ・ブランチズ・VOL.1』。ワシントン・フィリップスやブラインド・ウィリー・ジョンソン、ベッシー・スミスやカーター・ファミリーなど。
51of4r1ohl_sl160_
梅田へ移動し、タワーレコードへ。現在、<デルマーク>の65周年キャンペーンが行われているが、60周年の時にリリースされた、エディ・クリーンヘッド・ヴィンソンwithジェイ・マクシャン&Tボーン・ウォーカー『キドニー・シチュー・イズ・ファイン』を購入。嬉しい事に、特典として貰える<デルマーク>のコンプリート・カタログは旧譜も対象との事でゲット!
51uweenael_sl160_
テッド・テイラーの<アラーム>盤『テッド・テイラー1976』。
51ovloxo6l_sl160_
数はあまり揃ってなかった<オールデイズ>盤からはアーサー・ガンターをセレクト。『ベイビー・レッツ・プレイ・ハウス』。
1006924587
最後に、ディスクユニオン大阪店を目指したが、方向オンチの私はグーグルを頼っても中々辿り着かず、グーグルならぬぐるぐる状態。しかし、目印のドンキホーテが見つかりひと安心。タワーレコードの袋を提げたオッサンも歩いていたので、確信。
ブルース/ソウルファンとして残念なのは、店内は、ロックとジャズ中心だった事。オールマン・ブラザーズ・バンドやビル・エヴァンスだけでひと棚あったりする。客もそちらに集中し、ブラック系は、私が見ている時にひとり来たぐらい。東京のように、ブラック系だけで一店舗あるような状況と比べるのはおかしいだろうが、膨らんだ期待は少々萎んだ。
見かけると手が出るインディーズ・ソウル系からは、TKソウル『ライフ・アフター・ラブ』(14)。
41kfuqs5rhl_sl160_
<オールデイズ>盤のコンピ『ルーラル・ブルースVOL.1&VOL.2』。迷わず買っても安心のサザン・ブルース集。
411bvenecjl_sl160_
ジョー・サイモンの<サウンド・ステージ・セブン>集『モニュメント・オブ・ソウル』。
51a2idridll_sl160_
以上で、大阪CD探索の旅は終了。時間のめどが付けにくい為、例えばジャズ方面がゆっくり見られなかったりした。欲しい一枚をネットで取り寄せたりするやり方に比べれば、極めて非効率なのはよく解っている。しかし、やっぱり、店舗であれこれ取捨選択するのは愉しい。やめられない。
(おわり)

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

|

« 大阪新年の収穫(1月1日) | トップページ | 【映画】『ボヘミアン・ラプソディー』 »

Life is...」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1184591/74881183

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪新年の収穫(1月2日):

« 大阪新年の収穫(1月1日) | トップページ | 【映画】『ボヘミアン・ラプソディー』 »