« 2019年3月まとめ | トップページ | 平成最後の収穫 »

聖なるものと俗なるもの

「聖なるもの」と「俗なるもの」は必ずしも対立項ではないと思う。

 

R1044942614976689259846jpeg

 

戦前ブルースマンがギター・エヴァンジェリストを兼ねている事はままある。また、ゴスペル一筋のブラインド・ウィリー・ジョンソンのブルース・フィーリングは、この上なくディープだ。

 

A3222951329398942jpeg

 

マヘリア・ジャクソンがもしギターを弾いていたら、結構シスター・ロゼッタ・サープみたいになるんじゃないかと思うのは若干妄想気味かも知れないが・・・。

 

レイ・チャールズやサム・クックがゴスペル感覚を生かしてソウルへの道を切り開いた事に何の違和感も感じない。

 

そして、マーヴィン・ゲイ。特に『レッツ・ゲット・イット・オン』以降、彼が創り出すセックス・ソングにホーリネスをも感じるのは、ごく自然だと思う。

 

神自体は人間を超えた存在だろうが、神を崇拝しているのは人間である。信仰も、苦しんだり喜んだり怒ったりする人間的行為のひとつなのである。

 

感情表現の塊である黒人音楽の世界に接する事で教わった。

 

R30543815505844698419jpeg

 

Let's get it on

 

R5849681197905970jpeg

 

Sexual Healing

 

 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

|

« 2019年3月まとめ | トップページ | 平成最後の収穫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019年3月まとめ | トップページ | 平成最後の収穫 »