« 福岡の収穫結果(3/17) | トップページ | 2019年3月まとめ »

ステイプル・シンガーズ

 

「メッセージの発信」というお題目がある以上、ゴスペルはハードさ、ディープさが持ち味である。ステイプルズも例外ではない。ただ、独特の緩さ・温かみが前段にある。無意識に身体が揺れる心地よいサウンド。しかし、軽くはない。確実に奥深いものが伝わる。

 

Wade In The Water

 

 

 

Jacob's Ladder

 

 

 

Why Am I Treated So Bad

 

 

 

For What It's Worth

 

 

HAMMER AND NAILS

 

 

Freedom Highway

 

 

 

Samson and Delilah

 

 

 

Nobody's Fault But Mine

 

 

 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

|

« 福岡の収穫結果(3/17) | トップページ | 2019年3月まとめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 福岡の収穫結果(3/17) | トップページ | 2019年3月まとめ »