« 平成最後の収穫 | トップページ | ブルースの奥深さ »

安定のコーラスワーク

R13078011299285995jpeg_1

 

パースエイダーズといえば、曲もアルバムも『シン・ライン・ビトゥイーン・ラブ・アンド・ヘイト』が有名である。グループ名をタイトルとした本盤は73年作で、『シン・ライン』の1年後にリリースしたセカンド・アルバムである。因みにこの1年後にサード・アルバムを出している。メンバーは、1stと2ndで2名交替、2ndから3rdでまた2名交替と目まぐるしいが、全体の安定感は抜群である。

 

リードシンガーは、ほど良い塩辛声のダグラス・スコットだが、彼がひときわ目立つというより、全体のコーラスワークのソツのなさが強く印象に残る。ストリングスやハーモニカなどのSEも効果的。決定的な1曲はないが、ソウル・ミュージックの魅力が十分に味わえる。

 

Peace In The Valley Of Love

 

Please Stay

 

If You Feel Like I Do

 

Trying Girls Out

 

Is It Too Heavy For You

 

Bad Bold and Beautiful Girls

 

What Is the Definition of Love

 

Love Goes Good When Things Go Bad

 

I WANT TO MAKE IT WITH YOU

 

You Still Love Me (After All You've Been Through)

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

|

« 平成最後の収穫 | トップページ | ブルースの奥深さ »

Persuaders」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平成最後の収穫 | トップページ | ブルースの奥深さ »