« アン・ピーブルズのファースト | トップページ | 『BSR』誌メッセージ・ソング特集号 »

ケーキの切れない非行少年たち

『ケーキの切れない非行少年たち』という妙なタイトルの新書本を立ち読みしてみた。精神科医の宮口幸治さんが医療少年院勤務時、重大犯罪や非行を繰り返す少年たちに接してきた記録だ。彼らは素行が悪かったり性格が歪んでいるというより、軽度の知的障害が原因であると。

「少しだけ勉強ができない」「少しだけ社会性に問題がある」という事で、まっすぐに各個人の問題点に向き合わないのがダメだと。筆者が少年たちにさまざまなテストを行ったが、彼らはみんな積極的に取り組む。通学している間も先生によっては、社会に馴染めていた子もいるとの事。

本書に登場する「非行少年たち」も受け入れる側が助けを必要とする者をどういう風に取り扱えば良いかが判っていないのでは。受け入れ側の「知的想像力の欠如」も問題なんだろう。本書の内容からは外れるが、ネグレクトとかいじめとか、ヘイト感情とか共通するような。

 

610820_l

|

« アン・ピーブルズのファースト | トップページ | 『BSR』誌メッセージ・ソング特集号 »

Books」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アン・ピーブルズのファースト | トップページ | 『BSR』誌メッセージ・ソング特集号 »