« 大衆音楽としてのジャズ | トップページ | 【創作】トライ・ア・リトル・テンダネス »

はじめてのアメリカ音楽史

9784480071934


 


●ジェームス・M・バーダマン、里中哲彦著『はじめてのアメリカ音楽史』<ちくま新書>(18)


https://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480071934/


各章で取り上げられている音楽ジャンルは以下の通り。



①アメリカン・ルーツ・ミュージック
②ゴスペル
③ブルーズ
④ジャズ
⑤ソウル、ファンク、ヒップホップ
⑥カントリー、フォーク
⑦ロックンロール


これだけ幅が広いと突っ込んだ解説はできにくい。しかし、広く浅く語る事で、却って歴史の繋がりを感じ、全貌を把握しやすいとも言える。しかも対談形式なのでテンポが良く話が入りやすい。


必要な情報はネットで検索できる時代だからこそ、本書のような基本的な通史もまた必要である。


にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

|

« 大衆音楽としてのジャズ | トップページ | 【創作】トライ・ア・リトル・テンダネス »

Books」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大衆音楽としてのジャズ | トップページ | 【創作】トライ・ア・リトル・テンダネス »