« アナーバー・ブルース・フェステイバル1969 | トップページ | レコード棚を順番に聴いていく計画 Vol.57 »

ヒトのオスは飼わないの?

51i2jpcavol_sx392_bo1204203200__20200530181001


 


●米原万理著『ヒトのオスは飼わないの?』<文春文庫>(05/初版01)


 


タイトルと言い、南伸坊さんの表紙イラストと言い、軽妙でユーモラスなエッセイ集を連想する。確かにそうなのだが、稀代の名文筆家はそれで終わらない。深い感情移入と洞察力、思考力、表現力で読む者の手を止めさせない。



ペットとして飼われる犬や猫は、どのようにして飼い主や人間に馴染むのか。自分の居場所だと確信したらどういう風に態度が変わるのか。他の犬猫から教わる事でどのように成長していくのか。新しいペットが登場したらどのような思いを抱き、行動するのか。


時に可愛らしく、時に哀感をにじませ、時に感心させる。愛情がしかと通じたり、逆に動物たちの思惑に沿えなかったり、硬い言い方をすれば動物行動学のテキストとも言える。


ハラハラドキドキの展開、悲しい展開、ちょっとミステリアスな展開もあり、またしても米原節に時を忘れた。彼女の作品に親しめば親しむほど、彼女がこの世に居ない淋しさが募る。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

|

« アナーバー・ブルース・フェステイバル1969 | トップページ | レコード棚を順番に聴いていく計画 Vol.57 »

Books」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アナーバー・ブルース・フェステイバル1969 | トップページ | レコード棚を順番に聴いていく計画 Vol.57 »