« 図書カードの収穫 | トップページ | ミシシッピ・ジューク・ジョイント・ブルース »

レコード棚を順番に聴いていく計画 Vol.67

1005520697

 

 

[76枚目]●V.A.『ロスト・ソウル・ダイナマイト・ヴォリューム・ワン』<タイタニック>(13)

 

 

CD-R商品。discogsで検索しても出て来ず、ディスクユニオンのサイトに紹介されていた。私も確かディスクユニオンで購入したと思う。やや音質が"浮いている"感じもするが、内容的にはまあまあ愉しめる。全て調べきれていないが、判る範囲で61年~72年の録音。60年代ソウルのコンピと言ってほぼ差し支えない。

 

 

①は、サム・クックの曲に「シェイク・ア・テイル・フェザー」を足したような軽快なアーリー・ソウル。実際、ジョージ・フリーマンは、サムの数多い"後継者"の一人とライナーに記載してある。②③は落ち着いたバラード。②のアート・グレイソンは、後に作曲家、プロデューサー、レーベル・オーナーとなる。ブルース系ギターと女性コーラスも効果的。③は微かに南部臭。④は少々気合い入り過ぎの感。⑤はアラン・トゥーサン曲。ニューオーリンズ・タッチが和む。⑥インプレッションズ風。ジミー・チャーチは、<ヴィヴィッド>からも出たウィリアム・ベル関連の<ピーチトゥリー>レーベルのコンピにも収録されている。本曲は<サウンドステージ7>作。⑦軽快なファンク。女性コーラスの絡みも楽し。終盤のオルガンも聴き応えあり。ビリー・マックは盲目のピアニストと紹介されているので、オルガンも彼のプレイか。⑧ゴスペル的展開。声の強弱が効いているので、迫力がしかと伝わる。

 

 

 

⑨ノーザン志向のリズムの刻みが印象的。⑩コクのある塩辛声による泣きのバラード。バックにパラゴンズ。⑪名前のごとくちょっとシャイな歌い方だが、キュートな声で丁寧ではある。ストリングスの展開と女性コーラスも耳に残る。⑫1曲目に登場のサム・クックフォロワーがここでも快唱。ソロモン・バークが歌っても似合いそうな曲。プロデューサーが、ベテランのルネ・ホールと記載してあり、サムのアレンジャーを務めたルネと思われる。⑬切々としたバラードだが、やや音が間延びしている感も。バトンルージュのバンド。⑭ストリングス舞う中、力感ある歌声が響く。⑮テンプスを連想するが、コーラスは粗い。⑯ゆったりめのファンク。ギターも活躍。

 

 

 

⑰サザン系。歌声に厚みや深みが足りないが雰囲気は悪くない。フォーク・シンガー、ジョシュ・ホワイトの娘。⑱ベン・E・キング「ヤング・ボーイ・ブルース」のガール版。原曲はドク・ポーマス(トーマス名義)+フィル・スペクターの作でプロデュースはヒューイ・P・モー。ベン・Eに比べれば、アッサリした印象。フェイド・アウトも唐突。⑲ぬるめのノーザン。⑳少々面白い女性コーラスが入るアーリー・ソウル・モード。ジーン・アリソンの兄弟。㉑ロックを感じる。あのブルースマンとは違うアール・ゲインズ。㉒甘茶系。トニー・オーウェンスは<グレイプヴァイン>にCDあり。㉓やや甘茶。ブルックリンのグループ。㉔タイトル通り、やや大仰に展開する。たまたま現代R&B歌手と同じ名前だが、これも関係なし。

 

 

 

 

① George Freeman ‎– You Guessed it (63)

データ

 

② Art Grayson - Be Ever Mine (66)

 

③ Matt Brown ‎– A Man Without A Woman

データ

 

④ Alfreda Brockington- Crushing Me (70)

データ

 

⑤ Paul Vann ‎– Hello My Lover

データ

 

⑥ Jimmy Church ‎– You've Got Me (In The Palm Of Your Hands) (67)

データ

 

⑦ Billy Mack ‎– I Am A Son Of A Lover

データ

⑧ Thelma Harper ‎– My Man

データ

⑨ Paul Martin - I've Got A New Love

データ

 

⑩ Tommy Collins ‎– Oh What I'd Give (67)

データ

 

⑪ Jean Shy ‎– I'll Belong To You (72)

データ

 

⑫ George Freeman ‎– Stop Now (There's Still Time) (70)

データ

⑬ "Lil" Willie And The Rockin' Imperials ‎– I'm The One (70)

データ

 

⑭ Tommy Knight - There's No Pain (61)

データ

 

⑮ C. Alexander And The Natural 3 ‎– Pay Them No Mind (69)

データ

 

⑯ Tyrone Harris ‎– Ain't That Fun

データ

 

⑰ Judy White ‎– Save Me (69)

データ

 

⑱ Ramona Jones ‎– Young Girl Blues (70)

データ

 

⑲ Billy Frazier ‎– Temptation (It's So Hard To Fight) (67)

データ

 

⑳ Levert Allison ‎– Can You Handle It (67)

データ

 

㉑ Earl Gains ‎– It's Worth Anything (66)

データ

 

㉒ Tony Owens ‎– Confessin' A Feeling (69)

データ

 

㉓ King Davis House Rockers - We All Mistakes Sometimes (67)

データ

 

㉔ Bobby Valentino ‎– How Deep Is The Ocean (62)

データ

 

 

 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

はじまりはブラックミュージックSE - にほんブログ村

|

« 図書カードの収穫 | トップページ | ミシシッピ・ジューク・ジョイント・ブルース »

Soul Compilation」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 図書カードの収穫 | トップページ | ミシシッピ・ジューク・ジョイント・ブルース »