Ahmet Ertegun

アーメット・アーティガンの決断

Bth1104125_0b

http://www.youtube.com/watch?v=jYnnJjR9Dr4

レイ・チャールズが最初に所属した<アトランティック>は、映画『レイ』の中でも重要な役どころだったアーメット・アーティガンが共同経営の形で立ち上げました。映画の中で相棒役だったジェリー・ウェクスラーは元ビルボードの記者で、後から入ってきた人です。

映画を観た方はお分かりでしょうが、とても手作り感のあるレコード会社で、いかにもマニア達が自分の感性をフルに発揮して創り上げたという感じがします。

映画の中で、ジェリーが若いスタッフを「トム!」と呼び付けていましたが(トムとジェリー!)、彼はおそらく後に有名プロデューサーとなるトム・ダウドと思われます。

ソウルの名レーベル<スタックス>が<アトランティック>の傘下になった時、トム・ダウドが派遣されたのですが、<スタックス>のスタジオが余りにオンボロだった為、先方のスタッフが「何か必要な物は?」と尋ねた時、「先ず工具が必要だね」と言ったそうです。

全然関係ない話でした。

さて、当初レイ・チャールズは、家庭的雰囲気があり、自分を育ててくれた<アトランティック>を去る気は無かったようですが、多額の契約金もさる事ながら、<アトランティック>にレイ・チャールズの作品を出し続ける権利を取得させた事と、自分の好きなようにやらせるという条件をのんでくれた事が大きかったようです。特に資金力のある<ABC>なら、ストレートな黒人音楽止まりの<アトランティック>に比べ色んな挑戦が出来ると考えたのが大きかったのではないでしょうか?

興奮して大反対するジェリーとは反対にアーメットは沈思黙考し、結局レイの移籍を了承しました。その時アーメットにはレイの考えが読めたんだと思います。

彼の決断はレイの人生に留まらず、音楽界にとって重要な決断だったと今となって思います。彼は目先の「金づる」に捉われず、自分が愛するレイ・チャールズが、自分の好きな黒人音楽をどう変えるのか見たかったんだと思います。

場面はレイ・チャールズの<ABC>での初録音の光景に変わります。私は最初うへーっと思ってしまいました。「ジョージア・オン・マイ・マインド」を歌うバックで白人のオーケストラが曲を盛り上げています。黒人の合唱団が後ろにいますが、ゴスペル唱法(声をバーンと前に出す)ではなく、西洋的なもったいぶった歌い回し(黒人音楽からすると)です。

しかし、良いんです。真っ黒のリズム&ブルースにさんざん浸かった後に聴くと、何だかじわーっと染みるものがありました。

その後、大劇場で白い顔が八割方を占める中で、「カントリーを聴いてくれ」と言って歌い出した時もレイレッツが最初変な感じだったんだけど、やっぱり良いんです。

レイ・チャールズ本人が体に染み付いた音楽を採り上げているのでギクシャクしてないんだと思います。

レイは「してやったり」の気持ちでいっぱいだったでしょう。

そしてアーメットも同様に喜んだのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Aaliyah | Ahmet Ertegun | Albert Collins | Ali Oliie Woodson | Amazing Grace | Aretha Franklin | Arthur "Big Boy" Crudup_ | Artie "Blues Boy" White | At the Copa | B.B.King | Babyface | Barbara Mason | Big Walter Price with Albert Collins | biwa duo | Bob Dylan | Bobby "Blue" Bland | Bobby Bland | Bobby Charles | Bobby Valentino | Books | Brandy | Byther Smith | Cadillac Records | Carl Sims | Carole King | CASE | Chaka Kahn | Charlie Wilson | Chess | Chrisette Michele | Christian Keyes | Chuck Berry | Cinema | Clarence Carter | Clash | Clay Hammond | Close to You | Contemporaly Deep Soul | Curtis Mayfield | CUSTOM | David Ruffin | Delfonics | Denise Lasalle | Don Bryant | Duet | Ecko Records | El Debarge | En Vogue | Eric Benet | Etta James | Facts Of Life | FAME | Fantasia | Fenton Robinson | For Your Precious Love_ | Frank Stokes | Freda Payne | G.C. Cameron | Gene Rice | General Johnson | Gordon Chambers | GUESSS | hajibura-ism | Happy End | Hard Luck Blues | Harold Melvin & The Blue Notes | Hibari Misora | Howard Tate | Howlin' Wolf | Ike & Tina Turner | India. Arie | Isley Brothers | J. Blackfoot | J. Holiday | Jaheim | James Brown | Jazz | Jill Scott | Jimi Hendrix | Jimmy Dawkins | Jimmy Rogers | Jodeci | Joe | John Lennon | Johnnie Taylor | Keisha Cole | Kindred the Family Soul | Kitty & The Haywoods | Kiyoshiro Imawano | Koichi Fujii | Lacee | Lalah Hathaway | Latimore | Laura Izibor | Laura Lee | Ledisi | Leela James | Leroi Jones | Letoya | Life is... | Lionel Richie | Lisa "Left-eye" Smith | Little Milton | Little Richard | Little Walter | Lloyd Price | Lyn Collins | Magic Sam | Malaco | Marques Houston | Marvin Gaye | Mary J. Blige | Mary Wells | Mavis Staples | Maze | Memphis Slim | Michael Jackson | Miles Davis | Mitty Collier | Miyuki Nakajima | Modern Blues | Modern Gospel | Motown | Muddy Waters | Muscle Shoals | Musiq Soulchild | My Collection | My Favorite Albums through the year | Naomi Chiaki | Ne-Yo | Nodesha | Ohio Players | Otis Redding | Otis Rush | Patti Labelle | Peter Barakan | Photo | Pre-War Blues | Pretty Ricky | R. Kelly | Raheem Devaughn | Ray Charles | Rick James | Robert Johnson | Rolling Stones | Rozetta Johnson | Rufus Thomas | Sam Cooke | Solomon Burke | Soul Deep | Soul Generation | Soul Power | Soul Stirrers | Sounds of Memphis | Spencer Wiggins | Sports | Stan Mosley | Sterling Simms | Story | syl johnson | Taj Mahal | Tammi Terrell | Teach me Tonight | Teddy Pendergrass | Temptations | Terrell | Tony Borders | Tony Toni Tone | Tonyies | Tower Records | Toyo Nakamura | TQ | Trey Songz | TV | Twitter | V.A. | Whitney Houston | Willie Mitchell | Year Of 2011 | You Are Everything | Yuukadan