At the Copa

コパを巡る想い

Fi1335140_0e

マーヴィン・ゲイの『アット・ザ・コパ』<Hip-O>。ライブが収録された65年といえば、マーヴィンがスタンダードアルバムを出していた頃。62年に<モータウン>入りし、ソロで名を成した後、64年から女性とのデュエットアルバムを(彼の本意ではなく)立て続けに出すというか出さされます。それに対して「俺がやりたいのはこういうのだ」とばかりに自己主張した結果のスタンダード集だったんですが、リズム&ブルースファンも<モータウン>もその手の音楽は「想定の範囲外」で不評に終わっています。

私も持っていますが、最初聴いた時ガクッと来たのを覚えています。

後で紹介するサム・クックもそうですが、彼等のフェイバリットの中にはナット・キング・コール、フレッド・アステア、フランク・シナトラといった人達も入っているのは厳然たる事実です。

この『アット・ザ・コパ』でもマーヴィンのクルーナー的側面が強く表出し、実に気持ち良さそうに甘く小粋に歌っています。ソウルファンとしては、バックのオーケストラサウンドは閉口ですが、彼の気持ちを知っているだけに複雑です。

http://www.youtube.com/watch?v=xaAnZxFkgtg

Bth1335140_1b

さて、マーヴィンの一年前64年、サム・クックも同じ場所でライブ盤を創っています。

サムの『アット・ザ・コパ』もソウルファンには評判が悪く、私も持っていません。彼のライブなら『ハーレム・スクエア』で十分というのが私も含めた大方の評価です。

しかし、今回サンプルを聴いたんですが、そんなに悪く無かったですね。

http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1972779

ツボにはまった所の「ゴスペル唱法」が『ハーレム・スクエア』を髣髴とさせる瞬間も有ります。総体的に見て『ハーレム』が上だとは思いますが、そんなに悪いアルバムではないなあと思いました。「風に吹かれて」が完全にサムの歌になっちゃってるよ。

コパ、コパと風水みたいに言ってますが正式名称は「コパカヴァーナ」。今は違うでしょうが当時は高級白人クラブ(NY)です。

両方のアルバムに通じる、微妙な違和感の原因は、多分そういった所にあると思います。マーヴィンやサムが歌いたかった音楽でも、果たして聴衆が聴きたかった音楽なのでしょうか?加えてこの頃は一番黒人暴動が頻発していた時期・・・そんな事まで考えなくてもと仰る向きも有るでしょうが、あえて考えながら聴くと、何だか歌声も切なく思えます。

しかし、ソウル・ミュージックのスタイルが確立され始めた頃でもあります。あらためて、サム・クック、マーヴィン・ゲイの偉大さを思い起こす一助にはなりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Aaliyah | Ahmet Ertegun | Albert Collins | Ali Oliie Woodson | Amazing Grace | Aretha Franklin | Arthur "Big Boy" Crudup_ | Artie "Blues Boy" White | At the Copa | B.B.King | Babyface | Barbara Mason | Big Walter Price with Albert Collins | biwa duo | Bob Dylan | Bobby "Blue" Bland | Bobby Bland | Bobby Charles | Bobby Valentino | Books | Brandy | Byther Smith | Cadillac Records | Carl Sims | Carole King | CASE | Chaka Kahn | Charlie Wilson | Chess | Chrisette Michele | Christian Keyes | Chuck Berry | Cinema | Clarence Carter | Clash | Clay Hammond | Close to You | Contemporaly Deep Soul | Curtis Mayfield | CUSTOM | David Ruffin | Delfonics | Denise Lasalle | Don Bryant | Duet | Ecko Records | El Debarge | En Vogue | Eric Benet | Etta James | Facts Of Life | FAME | Fantasia | Fenton Robinson | For Your Precious Love_ | Frank Stokes | Freda Payne | G.C. Cameron | Gene Rice | General Johnson | Gordon Chambers | GUESSS | hajibura-ism | Happy End | Hard Luck Blues | Harold Melvin & The Blue Notes | Hibari Misora | Howard Tate | Howlin' Wolf | Ike & Tina Turner | India. Arie | Isley Brothers | J. Blackfoot | J. Holiday | Jaheim | James Brown | Jazz | Jill Scott | Jimi Hendrix | Jimmy Dawkins | Jimmy Rogers | Jodeci | Joe | John Lennon | Johnnie Taylor | Keisha Cole | Kindred the Family Soul | Kitty & The Haywoods | Kiyoshiro Imawano | Koichi Fujii | Lacee | Lalah Hathaway | Latimore | Laura Izibor | Laura Lee | Ledisi | Leela James | Leroi Jones | Letoya | Life is... | Lionel Richie | Lisa "Left-eye" Smith | Little Milton | Little Richard | Little Walter | Lloyd Price | Lyn Collins | Magic Sam | Malaco | Marques Houston | Marvin Gaye | Mary J. Blige | Mary Wells | Mavis Staples | Maze | Memphis Slim | Michael Jackson | Miles Davis | Mitty Collier | Miyuki Nakajima | Modern Blues | Modern Gospel | Motown | Muddy Waters | Muscle Shoals | Musiq Soulchild | My Collection | My Favorite Albums through the year | Naomi Chiaki | Ne-Yo | Nodesha | Ohio Players | Otis Redding | Otis Rush | Patti Labelle | Peter Barakan | Photo | Pre-War Blues | Pretty Ricky | R. Kelly | Raheem Devaughn | Ray Charles | Rick James | Robert Johnson | Rolling Stones | Rozetta Johnson | Rufus Thomas | Sam Cooke | Solomon Burke | Soul Deep | Soul Generation | Soul Power | Soul Stirrers | Sounds of Memphis | Spencer Wiggins | Sports | Stan Mosley | Sterling Simms | Story | syl johnson | Taj Mahal | Tammi Terrell | Teach me Tonight | Teddy Pendergrass | Temptations | Terrell | Tony Borders | Tony Toni Tone | Tonyies | Tower Records | Toyo Nakamura | TQ | Trey Songz | TV | Twitter | V.A. | Whitney Houston | Willie Mitchell | Year Of 2011 | You Are Everything | Yuukadan