Bobby "Blue" Bland

レコード棚を順番に聴いていく計画 Vol.73

R1542142215912811339378jpeg

 

[82枚目]●ボビー・ブランド『トゥー・ステップス・フロム・ザ・ブルース』<デューク/MCA>(61/01)

 

問答無用の大名盤。何度もリイシューされている内、私が所有するCDは、2001年に<MCA>名義でリリースされたもの。オリジナル盤に2曲のボーナストラックが付け足されている。

 

 

御大は、30年メンフィス近郊のローズマークという街に生まれる。48年にメンフィスに移住、ゴスペル・グループやビール・ストリーターズで活動。初レコーディングは、51年<モダン>にシングル1枚、続いて52年<チェス>にシングル1枚残した後<デューク>入り。73年<デューク>が<ABC>に買収されると<ABC>へ、79年<ABC>が<MCA>に買収されると<MCA>へ異動している。そして85年最終の地<マラコ>に移籍した。

 

 

一般的に<デューク>時代と<マラコ>時代が高評価で、全く異論が無いが、まず<デューク>時代のボビーをひと通り味わって頂きたい。本人の歌唱の素晴らしさはもちろん、サウンドの黒い味わいが何とも言えない。ちょっとカッコつけて「漆黒の音像」とでも呼びたくなるディープさだ。<マラコ>が劣るという訳ではないが。特に、デビュー盤である本作は必聴盤と強調しておきたい。57年~60年、シカゴとヒューストンでの録音。ウェイン・ベネットがギターの時は"ジャボ"・スタークスがドラム。クラレンス・ハラマンの時はソニー・フリーマンがドラムである。オーケストラのリーダーは⑪以外、ジョー・スコット。⑪はビル・ハーヴェイのオーケストラと記載されている。調べて判ったが、ジョー・スコットはこのアルバムに限らずデューク・サウンドの立役者として、ジョニー・エイス、ビッグ・ママ・ソーントン、ジュニア・パーカーの作品等でも存在感を示している。

 

 

①タイトル曲は静かな立ち上がり。アルバム全般に言えるが、オーケストラ・サウンドでも不必要に盛り上げず淡々としているが力強い。声質・唱法を生かしたサウンド創りが成されている。②慈雨のような音世界の中、ウェイン・ベネットのギターが軽く絡み、シャウト部分ではサックスがさりげなく寄り添う。③ややソウル的。サム・クックを連想する局面も。角度を変えるとソウル寄りのゴスペル・ソウルという感じか。ギターはクラレンス・ハラマン。④テンポが面白い。ドラムは"ジャボ"・スタークス。⑤妙に日本民謡のような感触もある。オーケストレーションのいなたさがそう思わせるのか。⑥結局「ボビーらしさ」という事になるが、包容力のある歌声から力のこもったシャウトといったボビーの魅力が一層味わえる。ギターはウェイン・ベネット。⑦落ち着いたブルースが続く。哀愁漂う名曲。

 

 

⑧クラレンス・ハラマンのギター。終盤のシャウトが全く破綻しないのが見事。⑨スタンダードの「聖ジェームス病院」。私はキャブ・キャロウェイ版を先に聴いたので、味わいの違いが新鮮だった。⑩これも憂いを帯びた一曲。ボビーでなければ凡庸に終わりそうだ。⑪モダン・ブルースにも繋がりそう。どうしてもギター主体のブルースが注目されがちなので取っつきやすいかも。クラレンス・ハラマン。⑫低音を効かせた導入部がディープさを演出する。⑬⑭が本CDのボーナス。⑬ウェイン・ベネットのギターのさりげなさにも注目。⑭ボビーにしては軽快な曲。⑥のフリップ・サイドとなる。これでアルバムを閉じるのもオツだ。

 

 

まずはデューク・サウンドを堪能してほしいと書いたが、実は、2ステップほどブルースの世界に踏み込んだ人ほど感じる部分が多いのではないだろうか。

 

 

① Two Steps From The Blues

 

② Cry Cry Cry

 

③ I'm Not Ashamed

 

④ Don't Cry No More

 

⑤ Lead Me On

 

⑥ I Pity The Fool

 

⑦ I've Just Got to Forget You

 

⑧ Little Boy Blue

 

⑨ St. James Infirmary

 

⑩ I'll Take Care Of You

 

⑪ I Don't Want No Woman

 

⑫ I've Been Wrong So Long

 

⑬ How Does A Cheatin' Woman Feel

 

⑭ Close to You

 

 

 

 

 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲・好きなアルバムへ
にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

はじまりはブラックミュージックSE - にほんブログ村

 

| | コメント (0)

レコード棚を順番に聴いていく計画 Vol.45

1006543043

[54枚目]●ボビー・ブランド『メンバーズ・オンリー』<マラコ>(85)

http://diskunion.net/portal/ct/detail/1006543043

※本文を書くに当たり、高地明さんのライナーを大いに参考にしています。

ブルース界を代表するシンガー、ボビー・ブランドの<マラコ>デビュー作。私が持っているのは、96年に<Pヴァイン>がリイシューしたCDで、オリジナルと同内容だ。どす黒いブルースから、ハートウォーミングなソウルまで存分に味わえる内容となっている。

①「メンバーズ・オンリー」は、何度聴いても心が和む名曲だ。ジャケットに写る、ボビーの屈託のない笑顔を眺めながら聴くと、たしかに心の傷口も塞がりそうである。

②「イン・ザ・ゲットー」は、エルヴィス・プレスリーで有名な曲。エルヴィスの歌唱は、淡々としながらも、深みと安定感を感じるが、ボビーも同様だ。次の曲から、怒涛のブルース攻撃が始まるので、良い感じのワンクッションになっている。

③「アイヴ・ジャスト・ガット・トゥ・ノウ」④「ストレイト・フロム・ザ・ショルダー」(④トミー・テイト作)と、王道ブルースが続く。流石の仕上がりである。⑤「スウィート・ウーマンズ・ラブ」(③と合わせジーター・デイヴィス作)はブルーズンソウル的、⑥「キャン・ウィー・メイク・ラブ・トゥナイト」(フランク・O・ジョンソン作)はソウル色が濃く、③→④→⑤→⑥とだんだん曲が“ほぐれていく”ようにも思えた。

ジョージ・ジャクソン作が2曲。⑦「スウィート・サレンダー」は、ソリッドな乗りにボビーのディープ・ヴォイスが絡み、大人のコクが生み出されている。もう一曲「ハート・オープン・アップ・アゲイン」はラストに配置。「メンバーズ・オンリー」同様に、悲しみを癒すような歌声が漂う。凡百の歌手とひと味違うのは、力みのない力強さに裏打ちされている点だろう。

間に挟まれたリトル・ウィリー・ジョンの「アイ・ニード・ユア・ラブ・ソー・バッド」は、リズム&ブルース感覚が良い味を出している。

<マラコ>の総帥であり、ウルフ・スティーブンソンと共にサウンド・プロデュースも手掛けるトミー・コウチは、本作のコーディネーターとして、ボビーと旧知の間柄であるメルヴィン・ジャクソンを起用した。ある意味「メンバーズ・オンリー」な環境を目指したのかも知れない。ギターには、ジミー・ジョンソン、バッキング・ヴォーカルにジュウェル・バスやジョージ・ソウレの名も。

Members only

https://www.youtube.com/watch?v=A_ns18S7gHM

In the ghetto

https://www.youtube.com/watch?v=j-RLL0XhJbs

Straight From The Shoulder

https://www.youtube.com/watch?v=pSo47llUMWg

Sweet Woman Love

https://www.youtube.com/watch?v=VyzfUAeq8Jc

Can We Make Love Tonight

https://www.youtube.com/watch?v=v0qfxq_rSSs

Heart, Open Up Again

https://www.youtube.com/watch?v=pOA_dI6c8n0

にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲・好きなアルバムへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メンバーズ・オンリー

1006543043

「ブロークン・ハート」の持ち主だけが集まる場所。傷をなめ合うわけでなし、背中を叩かれるわけでもない。ただ、ボビーの歌声に耳を傾けるだけ。包容力に満ちた歌声は心の芯まで温めてくれる。ブルース界のレジェンド、ボビー・ブルー・ブランドの<マラコ>デビュー作。迎える側も彼が歌いやすい環境を整えている。人と人とのつながりが生んだハートウォーミングな世界だ。

Bobby Bland - Members Only 和訳付

https://www.youtube.com/watch?v=EqqOQVyzswc

にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲・好きなアルバムへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緩急の妙

●『スタジオジブリ・レイアウト展』へ。アニメにおける「レイアウト画」というのは以前からあったそうだが、システムとして確立したのが宮崎駿さんだそう(『アルプスの少女ハイジ』から)。アニメの元となる画なのだが、単なるデッサンに終わらず、それだけで味がある。売店にレイアウト画とアニメになった画を並べて売っていたけど、比べるとレイアウト画の方が芸術的だ。アニメはやはり動いてナンボだろう。各キャラクターや群集ひとりひとりといった「人間」の表情だけでなく、風にそよぐ木々とか草むらとか建造物とかにも表情を感じる。描写ではなく表現になっている。画家である。アニメになった時、観る人を引き付けるのはこの基礎部分に魂が込もっているからだと納得。『ポニョ』のレイアウト画でクラゲの数やウィンカーの点滅のタイミングを指定したりするのも「表現」の一つだ。クリエイティブの極み。「世界」を創造するって気が遠くなる話だけど、宮崎駿(とスタッフ)はそれを実現している。

http://www.ntv.co.jp/layout/

●年齢のせいか、声が以前よりかすれてきたように思う。そんな自分の声を聞いていると、父親に似てきた気がする。歳を重ねるごとに共通点が増えてくる。

●私の中の梅干しブームをヨメさんが慮ってか、「紀州南高梅」のくずれ梅を通販で買ってくれた。塩気が強い気もするが、ご飯の中に埋もれると、ほど良く美味くなるのかも。
Mzi_srybjumk_170x17075
●ボビー・ブランド『ロングビーチ1983』<チャーリー>

http://itunes.apple.com/jp/album/long-beach-1983/id157360502

今は無きタワーレコード熊本店の最後の収穫の一つ。リトル・ミルトンとかこの人とかは、ライブはどれも間違いない感じ。本盤も十分楽しめる。一曲の中でも、グーッと集中する部分、ブレイクする部分、朗々と歌う部分のメリハリが抜群。「連続うがいシャウト」も飛び出すラッシュぶりもあれば、ハートウォームな声に浸る時も。盟友ウェイン・ベネットも痒い所に手が届く弾きっぷり。買って損はないアルバム。残念なのは、フェイドアウトが乱暴な曲があるところかな?

♪"That's The Way Love Is"
http://www.youtube.com/watch?v=P5mFapKWF54

♪"Today I Started Loving You Again"
http://www.youtube.com/watch?v=TD5ZT-8rMb4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

70's Blues 80's Soul Aaliyah Ahmet Ertegun Al Green Albert Collins Ali Oliie Woodson Amazing Grace American Folk Blues Festival American Studio Ann Nesby Ann Peebles Anthony Hamilton Aretha Franklin Ariyo Arrested Development Art Tatum Trio Arthur "Big Boy" Crudup_ Artie "Blues Boy" White At the Copa B.B.King B.Howard Baby Washington Babyface Barbara George Barbara Mason Bell Biv Devoe Big Walter Price with Albert Collins Bill Coday Bill Doggett Birmingham Soul biwa duo Blind Willie Johnson Blind Willie McTell Blues Brothers Blues Festival Blues Jubilee Blues The Butcher 590213 Bob Dylan Bobby "Blue" Bland Bobby Bland Bobby Charles Bobby Rush Bobby Valentino Bobby Womack Bonnie Raitt Books Brandy Bud Powell Buddy Guy Bukka White Byther Smith Cadillac Records Capitol Record Carl Sims Carole King CASE Catfish Blues Chaka Kahn Champion Jack Dupree Charles Brown Charley Musselwhite Charlie Wilson Chess Chrisette Michele Christian Keyes Chuck Berry Cicero Blake Cinema Clarence Carter Clash Clay Hammond Cliff White Close to You Coko Contemporaly Deep Soul Country Soul Curtis Mayfield CUSTOM Dan Penn David Ruffin Delfonics Delta Beat Denise Lasalle Dirty Dozen Brass Band Don Bryant Duet Dynamic Superiors Dynamics Ecko Records Eddie Boyd Eddie Kirkland Eddie Taylor El Debarge Elmore James Ember Records En Vogue Enchantment Eric Benet Etta James Facts Of Life FAME Fantasia Fats Domino Fender Blues Fenton Robinson Five Long Years For Your Precious Love_ Frank Stokes Frankie Gaye Freda Payne Freddy King Frisco Records Funkadelic Funky Blues G.C. Cameron Gaturs Gene Chandler Gene Rice General Johnson George Kerr Glenn Jones Gordon Chambers Gospel Gregg Allman GUESSS hajibura-ism Happy End Hard Luck Blues Harold Melvin & The Blue Notes Hibari Misora Honey Cone Hoochie Coochie Man Howard Tate Howlin' Wolf Hurricane Yukawa Ike & Tina Turner India. Arie Irma Thomas Isley Brothers J. Blackfoot J. Holiday Jackie Ross Jackie Shane Jackie Wilson Jaheim James Brown Janis Joplin Jazz jennifer Hudson Jill Scott Jim Crow Jimi Hendrix Jimmy Dawkins Jimmy Rogers Jimmy Witherspoon Jodeci Joe Joe Houston John Coltrane john lee hooker John Lee Hooker John Lennon Johnnie Taylor Johnny Ace Johnny Gill Juke Records Keisha Cole Kim Weston Kindred the Family Soul King Kitty & The Haywoods Kiyoshiro Imawano Koichi Fujii Kokomo Arnold L.C. Cooke L.J.Reynolds Lacee Lalah Hathaway Lamont Dozier Latimore Launchers Laura Izibor Laura Lee Lazy Lester Le Gent Ledisi Leela James Leon Russell Leroi Jones Letoya Life is... Lightnin' Hopkins Lil Green Lionel Richie Lisa "Left-eye" Smith Little Johnny Taylor Little Milton Little Richard Little Walter Lloyd Price Louis Jordan Luther Lyn Collins Magic Sam Malaco Manami Izumiyama Marques Houston Martha & The Vandellas Marvin Gaye Mary J. Blige Mary Wells Mavis Staples Maze Members Only Memphis Boys Memphis Minnie Memphis Slim Michael Jackson Miles Davis Millie Jackson mississippi Mitty Collier Miyuki Nakajima Modern Blues Modern Gospel Modern Soul Motown Muddy Waters Muscle Shoals Musiq Soulchild My Collection My Favorite Albums through the year Naomi Chiaki Ne-Yo New Birth Nina Simone Nodesha O'Jays Ohio Players Oldays Records Otis Otis Clay Otis Redding Otis Rush Otis Spann P-Funk Patti Labelle Paul Butterfield Blues Band Paul Gayten Percy Wiggins Persuaders Peter Barakan Philly Soul Photo Players Pre-War Blues Pretty Ricky Queen R. Kelly Raheem Devaughn Ray Charles Rick James Robert Blair & The Fantastic Violinaires Robert Johnson Robert Lee McCoy Rolling Stones Ron Henderson and Choice of Colour Rozetta Johnson Rufus Thomas Sam & Dave Sam Cooke Sam Dees Shirley and Lee Sidney Bechet Solomon Burke Son House Sonny Boy Williamson Soul Compilation Soul Deep Soul Generation Soul Power Soul Stirrers Sounds of Memphis Southern Blues Southern Soul=Blues Specialty Gospel Spencer Wiggins Spirit Of Memphis Sports Stan Mosley Staple Singers Sterling Simms Story Summer Of Soul SUN Blues Swamp Dogg syl johnson Sylvester Weaver T.K.Soul Taj Mahal Tammi Terrell Tashan Teach me Tonight Ted Taylor Teddy Bunn Teddy Pendergrass Temptations Terrell Texas Blues Tony Borders Tony Toni Tone Tonyies Tower Records Toyo Nakamura TQ Trey Songz TV Tweets Twitter V.A. Vee-Jay Records W.C.Karasu West Road Blues Band Whistling Alex Moore Whitney Houston Willie Clayton Willie Dixon Willie Mitchell Willis Jackson Year Of 2011 You Are Everything Yuukadan