Cadillac Records

【映画】『キャディラック・レコーズ』

Chessleonardold 149
132
黒人の間にだけ流通していた「ブルース」をアンプリファイドし、刺激的に“加工”して、ラジオなどのメディアを利用する事で“一般的に”広めた功績の中心となったのが<チェス>レコードでした。ブルースファンだけに止まらず、後世のロックミュージシャンにとっても<チェス>は聖地です。その<チェス>レコードを創ったレナード・チェス(映画には出てきませんが弟のフィルも)と、マディー・ウォーターズを始めとするブルースマンやミュージシャンたちの物語が本映画なのですが、<チェス>の内情をある程度知っている事で、どうしてもこの映画に違和感を感じてなりません。

レーベル史を映画化した訳ではないので、<チェス>にはまだまだ個性的なブルースマンが居ると言っても続々出せないでしょうし、増えても混乱するばかりです。今の状況でも十分混乱している感じ。そういう意味では、もっとひとりの人物に集中した方が、ストーリー的には落ち着いた感じもします。

登場人物各々のキャラクターは好く出来ていると思います。リトル・ウォルターやハウリン・ウルフ、チャック・ベリーは、事実かどうかは別として、いかにも彼らが起こしそうな事・言いそうな事かなとも思いました。ただそれも映画の中のエピソードの一つに終わっている印象です。かと言って、主人公(と思える)のレナード・チェスにしろ、深く掘り下げて描き切れてない感じがするのです。

音楽マニア向け映画の宿命かというと、そうでもないと思います。例えば『レイ』辺りは音楽好きを喜ばせると同時に、レイ・チャールズという“人間”の才気や苦悩を見事に表現しています。レイ・チャールズが何者か知らない人でも、愉しめる作品だと思うのです。『ドリームガールズ』にしろ、ビヨンセ、ジェニファー・ハドソン、エディー・マーフィー等の、歌唱を通して演技しているような高度な芸に、ストーリー自体の面白さが相まって、心に残る映画となりました。

ビヨンセの名前を出したので『キャディラック・レコーズ』に於ける彼女について書いてみます。エッタ・ジェイムス役での登場でしたが、美人過ぎた感じがします。蓮っ葉そうな歩き方から下品な物言いまで“熱演”しているのですが、どうしても浮いた感じがします。エッタを知っているからこその思いかも知れませんが・・・。歌に関してはパワフルな“唸り”の部分などよく似せていますが、エッタ本人の場合は、地の声の部分に独特の“はかなさ”があります。それが逞しさと裏腹の色っぽさにつながり深い魅力に繋がっています。ビヨンセは『ドリームガールズ』の時はダイアナ・ロス的に甘い声を出し、この人もこういう歌い方が出来るんだと感心したものですが、今回は変身度が今一つだったかも知れません。もちろんエッタと比較しなければ感動する歌声です。

マディーに関してはもう少し貫禄が欲しいかなとも思いましたが、スターになってもマメで働き者だったらしいので、映画のようにコセコセした感じの人だったかも知れないですね。

私に黒人音楽の魅力を教えてくれた<チェス>レコードの話で、胸ときめかせたブルースマン達を描いているにも関わらず、冷めた印象に陥るのはなぜか?どうも明確に表現できないなあと思っていたら、ふとマーティン・スコセッシが企画した『ブルース・ムービー・プロジェクト』の事を思い出しました。あの一連の作品は一般的なエンターテインメント作品とは言い難いです。しかし、観た人にブルースの爪痕を残す作品群だと思います。ブルースファンなら涙の滲むような深い感動を覚えます。『キャディラック・レコーズ』との違いは何か?ドキュメンタリーに近いというのも有るでしょうが、基本的に、映像に漂うブルース臭の濃淡だと思います。ブルース映画にはなっていないという事ですね。<チェス>やブルースの存在を世間に知らしめはしたのですが、実際に<チェス>作品に耳を傾けた方が、遥かにブルースを理解できる手立てになるというのが、私が経験から結ぶ結論です。

http://www.imdb.com/title/tt1042877/

http://www.sonypictures.jp/movies/cadillacrecords/

http://www.youtube.com/watch?v=YApNirMC9gM

http://www.youtube.com/watch?v=A1FK620bS7A

http://www.youtube.com/watch?v=ez5izCf2DLI

| | コメント (2) | トラックバック (0)

キャディラック・レコーズ

1022698920_26s
去年暮れから、アメリカでは公開が始まった音楽映画『キャデラック・レコーズ』。ブルースの老舗レーベル<チェス>をモデルにした作品だそうです。創設者のレナード・チェスをはじめ、マディ・ウォーターズ、リトル・ウォルター、チャック・ベリー、ハウリン・ウルフらが登場人物として挙がっています。それと話題を呼んでいるのがビヨンセ扮するエッタ・ジェイムス。

♪サイト
http://www.sonypictures.com/movies/cadillacrecords/

♪登場人物
http://www.imdb.com/title/tt1042877/

1022698920_193s
1022698920_243s
自分が聴いてきた音楽をレーベルで分けたら、たぶん<チェス>が一番多いと思います。他にも好きなブルース・レーベルはありますが、気持ちの中では<チェス>が最高に輝いています。 <チェス>のレディー・ソウル陣も好きです。エッタ・ジェイムス、ミッティー・コリア、フォンテラ・バス、ローラ・リー、シュガー・パイ・デサント(私の中ではブルース・レディー)・・・時代性も有りますが、ノーザン系ともサザン系とも微妙に違う感覚が私好みです。エッタとかローラ・リーとかマッスル・ショールズ詣でをしているのでジャンプ曲は確かにサザンの香りがします。しかし、バラードに南部女とは違う種類の艶っぽさが有ります。それはリズム&ブルースからの流れを繋いだ感覚ではないでしょうか?ルース・ブラウンやリトル・エスター、ビッグ・メイベルなどの次に並べられる女性たちのような気がします。あと、ゴスペル度の強さも特長だと思います。

今回、ビヨンセの歌唱をYouTubeで見つけました。凄く雰囲気を出してます。『ドリームガールズ』の時のダイアナ・ロスをモデルにした主人公も笑っちゃうほど似てましたが、これもよく似せています。ただ、元々パワーの有る歌手なのでダイアナよりはやりやすかったかも知れません。持てるパワーを一気に出さずに溜めてる感じがなんともいえません。私は、日頃のビヨンセの元気一杯のサウンドが苦手です。個人的には、こういう風にネットリと色っぽくやってくれると彼女の魅力も映えるような気がします。ただトレンドにはならんでしょうね・・・。前のアルバム?の『B・デイ』にブルース調の曲が一つ有りましたが、あの感覚は好きです。それにしても改めて大した歌手だと思います。 ひさしぶりに一刻も早く観たいと思う映画ができました。

♪ビヨンセ版「アット・ラスト」
http://jp.youtube.com/watch?v=Q8FHwsATN0E&feature=related

♪エッタ・ジェイムスの「アット・ラスト」。但し最近の映像です。
http://jp.youtube.com/watch?v=ADDigK8LwyE&feature=related

♪こちらの方がビヨンセと比較しやすい。「All I Could Do Was Cry」。
http://jp.youtube.com/watch?v=gBU1iH1IAQs

♪トレイラー
http://jp.youtube.com/watch?v=7QJyAXfG8NM

♪<チェス>レコードについて
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89
1028037515_3s
ネット仲間の方から「アイド・ラザー・ゴー・ブラインド」も涙モノだよと教えて頂きました。NHKFMのピーター・バラカンさんの番組で、これは誰が歌っているでしょうとビヨンセの「アット・ラスト」と「アイド・ラザー・ゴー・ブラインド」が掛かったのですが、最初「ブラインド」の方はエッタ版じゃないかと思ったぐらいです。YouTubeで探してみました。いや、ホント凄いですね。唸りに入る時にちょっと声が割れて少しだけソックリ返るとこまで似せています。むしろエッタの方が唸りが直線的な所もあるなあと思った次第。ただ、全体的な声の太さはエッタの方があります。ビヨンセはその辺は自分なりの声量で上手く合わせている感じ。声で演技できる数少ない歌手だと思います。これもネット仲間の方からのコメントで交わしたんですが、次回は是非、最も似てると思われる(ハスキーじゃないけど)ティナ・ターナーにハマッてもらい、アイク&ティナ物語を創ってほしいものです。

http://jp.youtube.com/watch?v=IRrBihMJbZo


サザン風味という事でいえばエッタに分が有りかな?

「I'd rather go blind」っていうのも好いタイトルですよね。英語下手を承知で意訳しますと「あなたしか見えなくなっていく」みたいなものでしょうか?・・・と思いましたら、調べて歌詞を読んでみると違ってました。愛し合った男性が、新しい彼女と歩いているのを見て、二人でいるのを見るぐらいなら「見えなくなってしまいたい」といった感じのようです。

http://www.stlyrics.com/lyrics/martinscorsesebestoftheblues/idrathergoblind.htm

とにもかくにもビヨンセの歌唱に女性の切なさ、悶々とした気持ちが込められているのに思い至ります。一方エッタのは声量があるだけに、恋情の奔流みたいなものを感じます。いずれにしても心の籠った歌唱です。

ところで、また改めて書こうかと思っていたんですが、とりあえず一筆。『キャディラック・ブルース』に関して調べる過程で、エッタ・ジェイムスのことを「伝説の歌手」で片付けているブログ等が多かったです。ファンとしては大変悔しいです。彼女は今も現役で活躍している歌手です。確かに往年の迫力は薄れ、貫禄で歌っているのが昨今かと思います。しかし、貫禄で歌えるだけでも大したもの。十分感動は伝わります。ソウルのみならず、ブルース、ゴスペル、ジャズ、ポップス、ロックと幅広く歌えてどれも最高水準の出来です。私も同じかも知れませんが、「ビヨンセ凄い凄い」で終わらず、今回の映画がエッタ・ジェイムスの再評価に繋がってほしいものです。ビヨンセも演じた甲斐が有ったというもの。

http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewProfile&friendID=128015578

http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewProfile&friendID=345753857

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Aaliyah | Ahmet Ertegun | Albert Collins | Ali Oliie Woodson | Amazing Grace | Aretha Franklin | Arthur "Big Boy" Crudup_ | Artie "Blues Boy" White | At the Copa | B.B.King | Babyface | Barbara Mason | Big Walter Price with Albert Collins | biwa duo | Bob Dylan | Bobby "Blue" Bland | Bobby Bland | Bobby Charles | Bobby Valentino | Books | Brandy | Byther Smith | Cadillac Records | Carl Sims | Carole King | CASE | Chaka Kahn | Charlie Wilson | Chess | Chrisette Michele | Christian Keyes | Chuck Berry | Cinema | Clarence Carter | Clash | Clay Hammond | Close to You | Contemporaly Deep Soul | Curtis Mayfield | CUSTOM | David Ruffin | Delfonics | Denise Lasalle | Don Bryant | Duet | Ecko Records | El Debarge | En Vogue | Eric Benet | Etta James | Facts Of Life | FAME | Fantasia | Fenton Robinson | For Your Precious Love_ | Frank Stokes | Freda Payne | G.C. Cameron | Gene Rice | General Johnson | Gordon Chambers | GUESSS | hajibura-ism | Happy End | Hard Luck Blues | Harold Melvin & The Blue Notes | Hibari Misora | Howard Tate | Howlin' Wolf | Ike & Tina Turner | India. Arie | Isley Brothers | J. Blackfoot | J. Holiday | Jaheim | James Brown | Jazz | Jill Scott | Jimi Hendrix | Jimmy Dawkins | Jimmy Rogers | Jodeci | Joe | John Lennon | Johnnie Taylor | Keisha Cole | Kindred the Family Soul | Kitty & The Haywoods | Kiyoshiro Imawano | Koichi Fujii | Lacee | Lalah Hathaway | Latimore | Laura Izibor | Laura Lee | Ledisi | Leela James | Leroi Jones | Letoya | Life is... | Lionel Richie | Lisa "Left-eye" Smith | Little Milton | Little Richard | Little Walter | Lloyd Price | Lyn Collins | Magic Sam | Malaco | Marques Houston | Marvin Gaye | Mary J. Blige | Mary Wells | Mavis Staples | Maze | Memphis Slim | Michael Jackson | Miles Davis | Mitty Collier | Miyuki Nakajima | Modern Blues | Modern Gospel | Motown | Muddy Waters | Muscle Shoals | Musiq Soulchild | My Collection | My Favorite Albums through the year | Naomi Chiaki | Ne-Yo | Nodesha | Ohio Players | Otis Redding | Otis Rush | Patti Labelle | Peter Barakan | Photo | Pre-War Blues | Pretty Ricky | R. Kelly | Raheem Devaughn | Ray Charles | Rick James | Robert Johnson | Rolling Stones | Rozetta Johnson | Rufus Thomas | Sam Cooke | Solomon Burke | Soul Deep | Soul Generation | Soul Power | Soul Stirrers | Sounds of Memphis | Spencer Wiggins | Sports | Stan Mosley | Sterling Simms | Story | syl johnson | Taj Mahal | Tammi Terrell | Teach me Tonight | Teddy Pendergrass | Temptations | Terrell | Tony Borders | Tony Toni Tone | Tonyies | Tower Records | Toyo Nakamura | TQ | Trey Songz | TV | Twitter | V.A. | Whitney Houston | Willie Mitchell | Year Of 2011 | You Are Everything | Yuukadan