Carole King

心優しく飾り気のないミューズ

31naaafigl__sx230_

●キャロル・キング『タペストリー』<オード>(71)

http://ongakumeter.com/m/B0001N1OUQ

今回購入したのは99年<ソニー>が再発した物。日本盤。未発表曲ひとつと、既発曲の未発表ライブひとつを加えてのリリース。アメリカのロック/ポップス事情に詳しくない私でも知っている、名盤中の名盤だ。

黒人音楽ファンからすれば、キャロル・キングは、ライター・チーム、ゴフィン=キングの片割れ(主軸が正しいか)としての功績の方が印象に残ってるかも。しかし、キャロルはいまだに活躍しているアーティストで、彼女について語る場合、ゴフィン=キング時代はあくまで前史である。『タペストリー』も不朽の名作だが、普通、キャロルの功績を語る場合、ここでは終わらないだろう。

キャロル・キングの事をろくに把握しておらず、ゴフィン=キングに想いが傾いている私が、『タペストリー』をレビューするのには相応しくないような気もする。彼女を深く理解している人たちから見れば、トンチンカンな事になるかも知れない。しかし、何度も聴く内に、キャロル・キングの魅力を(『タペストリー』の範囲内で)私なりに書きたくなった。おそらく一面だけに触れたもので、それこそ“タペストリー”のような、さまざまな糸が織り成す綾は生み出し得ないだろうけれど。それでも、歴史に残るアルバムだけに『タペストリー』におけるキャロルの音楽性は、彼女にとってそれが全てではないにしろ、重要な一部を成しているはず。それだけ「剥き出し」の物を本アルバムには感じるのだ。

さて、人がキャロル・キングについて語る場合、曲のタイトルにもなっている「ナチュラル・ウーマン」は便利で強力なキーワードだ。ひねくれ者の私は、いささか大上段なタイトルを今回ひねり出したが、彼女の魅力を端的に言い表している言葉は、やはり「ナチュラル・ウーマン」だろう。

美しいがコクのあるメロディーライン。歌い口はそれこそ自然で、無駄な力が入っていない。美声でもなく個性的な声でもないが、メロディーが生きる声。総じて、ナチュラルな美しさに満ちている。

「ユーヴ・ガット・ア・フレンド」や「ナチュラル・ウーマン」を、ダニー・ハサウェイ&ロバータ・フラックやアレサ・フランクリンの物と比べて見たらよい。いずれも熱を帯びた歌唱が持ち味だ。これに対し、本家のキャロルは淡々としているが、それはそれでソウルフルなのだ。

以前、70年代王道ソウルに詳しい方のブログに、よくキャロル・キングのような「シンガー・ソングライター」も取り上げられていた。SSWという略語もそこで初めて知った。最初は“個人の趣味”と解釈していたが、やがて繋がりが見えてきた。ニーヨの1stアルバムを受けてのニーヨ自身の発言が、靄の晴れる契機となった。影響を受けたアーティストとしてマイケル・ジャクソンの他にジェイムス・テイラーの名前を上げていたのだ。ニーヨ・サウンドの新しさの重要な要素の一つにSSW系の音楽があったのに気付かされた。

SSW系の優しい感じ(マイケルもそうだが)、飾り気のない素朴さは、ヒップホップ系とは違う角度から、黒人音楽のトレンドを創り上げた。ブラックネスにナチュラル感覚が溶け込んだのだ。しかし、これがいまだかつてない現象ではない事は、それこそキャロル・キング(ゴフィン=キング)が証明している。

ソウルフルとナチュラルはイコールではないけれど、ソウルフルの中に、ナチュラルは存在する。ダニーもロバータも、アレサも、ニーヨも、みんなナチュラルなのだ。

結局、黒人音楽の立ち位置からしか書き進められなかったが、私的には常に黒人側が気に入るとも限らない。「ユーヴ・ガット・ア・フレンド」はキャロル・キングの方が、聴いていて力が湧く。大体、彼女の曲はサラッとしていながら力強い。「ウィル・ユー・スティル・ラブ・ミー・トゥモロウ?」もシュレルスに比べテンポを落とし、若い女の子らしい恋愛ソングが、深みを増し心を衝つ。だが、暗くない。そう、キャロル・キングには明るい深みがある。

恐らく、世界中で相当数の人間が、キャロル・キングの歌に救われたのではないだろうか。ふと思ったが、今の中学生辺りが彼女の曲を聴いたらどう思うだろう・・・ナチュラルもソウルフルも、もはや通じない時代だろうか?

♪"So Far Away"
http://www.youtube.com/watch?v=8UM249-WfP4

♪"You've Got A Friend "
http://www.youtube.com/watch?v=XHlcW_lKPl4

♪"will you still love me tomorrow"
http://www.youtube.com/watch?v=m8KlYc0xG80

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

70's Blues | 80's Soul | Aaliyah | Ahmet Ertegun | Al Green | Albert Collins | Ali Oliie Woodson | Amazing Grace | American Folk Blues Festival | Ann Nesby | Aretha Franklin | Ariyo | Arrested Development | Art Tatum Trio | Arthur "Big Boy" Crudup_ | Artie "Blues Boy" White | At the Copa | B.B.King | Baby Washington | Babyface | Barbara George | Barbara Mason | Bell Biv Devoe | Big Walter Price with Albert Collins | Bill Coday | Birmingham Soul | biwa duo | Blind Willie Johnson | Blind Willie McTell | Blues Brothers | Blues Jubilee | Blues The Butcher 590213 | Bob Dylan | Bobby "Blue" Bland | Bobby Bland | Bobby Charles | Bobby Valentino | Books | Brandy | Buddy Guy | Bukka White | Byther Smith | Cadillac Records | Carl Sims | Carole King | CASE | Catfish Blues | Chaka Kahn | Charles Brown | Charlie Wilson | Chess | Chrisette Michele | Christian Keyes | Chuck Berry | Cicero Blake | Cinema | Clarence Carter | Clash | Clay Hammond | Close to You | Coko | Contemporaly Deep Soul | Curtis Mayfield | CUSTOM | Dan Penn | David Ruffin | Delfonics | Delta Beat | Denise Lasalle | Dirty Dozen Brass Band | Don Bryant | Duet | Dynamics | Ecko Records | Eddie Boyd | Eddie Taylor | El Debarge | En Vogue | Enchantment | Eric Benet | Etta James | Facts Of Life | FAME | Fantasia | Fats Domino | Fenton Robinson | Five Long Years | For Your Precious Love_ | Frank Stokes | Frankie Gaye | Freda Payne | Freddy King | Funkadelic | Funky Blues | G.C. Cameron | Gaturs | Gene Chandler | Gene Rice | General Johnson | George Kerr | Glenn Jones | Gordon Chambers | Gregg Allman | GUESSS | hajibura-ism | Happy End | Hard Luck Blues | Harold Melvin & The Blue Notes | Hibari Misora | Hoochie Coochie Man | Howard Tate | Howlin' Wolf | Ike & Tina Turner | India. Arie | Irma Thomas | Isley Brothers | J. Blackfoot | J. Holiday | Jaheim | James Brown | Janis Joplin | Jazz | Jill Scott | Jimi Hendrix | Jimmy Dawkins | Jimmy Rogers | Jimmy Witherspoon | Jodeci | Joe | john lee hooker | John Lennon | Johnnie Taylor | Johnny Ace | Johnny Gill | Keisha Cole | Kindred the Family Soul | King | Kitty & The Haywoods | Kiyoshiro Imawano | Koichi Fujii | L.C. Cooke | L.J.Reynolds | Lacee | Lalah Hathaway | Latimore | Launchers | Laura Izibor | Laura Lee | Lazy Lester | Le Gent | Ledisi | Leela James | Leon Russell | Leroi Jones | Letoya | Life is... | Lightnin' Hopkins | Lionel Richie | Lisa "Left-eye" Smith | Little Johnny Taylor | Little Milton | Little Richard | Little Walter | Lloyd Price | Louis Jordan | Luther | Lyn Collins | Magic Sam | Malaco | Marques Houston | Marvin Gaye | Mary J. Blige | Mary Wells | Mavis Staples | Maze | Members Only | Memphis Minnie | Memphis Slim | Michael Jackson | Miles Davis | Millie Jackson | Mitty Collier | Miyuki Nakajima | Modern Blues | Modern Gospel | Motown | Muddy Waters | Muscle Shoals | Musiq Soulchild | My Collection | My Favorite Albums through the year | Naomi Chiaki | Ne-Yo | Nodesha | O'Jays | Ohio Players | Oldays Records | Otis | Otis Clay | Otis Redding | Otis Rush | Patti Labelle | Paul Butterfield Blues Band | Percy Wiggins | Peter Barakan | Philly Soul | Photo | Pre-War Blues | Pretty Ricky | R. Kelly | Raheem Devaughn | Ray Charles | Rick James | Robert Blair & The Fantastic Violinaires | Robert Johnson | Robert Lee McCoy | Rolling Stones | Rozetta Johnson | Rufus Thomas | Sam Cooke | Sam Dees | Sidney Bechet | Solomon Burke | Soul Deep | Soul Generation | Soul Power | Soul Stirrers | Sounds of Memphis | Southern Blues | Southern Soul=Blues | Spencer Wiggins | Spirit Of Memphis | Sports | Stan Mosley | Sterling Simms | Story | SUN Blues | syl johnson | Taj Mahal | Tammi Terrell | Teach me Tonight | Ted Taylor | Teddy Bunn | Teddy Pendergrass | Temptations | Terrell | Texas Blues | Tony Borders | Tony Toni Tone | Tonyies | Tower Records | Toyo Nakamura | TQ | Trey Songz | TV | Twitter | V.A. | W.C.Karasu | Whitney Houston | Willie Clayton | Willie Dixson | Willie Mitchell | Year Of 2011 | You Are Everything | Yuukadan