Chrisette Michele

気になる才女

029
●クリセット・ミッシェル『Let Freedom Reign』<デフ・ジャム>(2010)

http://www.hmv.co.jp/product/detail/3941029

ここ暫く旧いサウンドに漬かる事が多かったので、けっこう前に買った本アルバムも、最近になって集中して聴いた。

内容的には素晴らしい。一曲一曲の出来が良く、ヒップホップスタイルの取り込み方も、一定の成果を上げている。

だが何かシックリ来ない。実を言うと、レコード棚で最初に見つけた時から感じていた。音は一切聴いてない段階だ。ジャケットに見るクリセットは、ミンストレル・ショウの芸人や、サーカス団員を思わせる、どぎつい化粧。たくさんの風船を携えた裏ジャケットの風情から曲名の字体まで、一つのイメージに統一されている感じがした。ストーリー性の高いアルム?・・・それはそれで悪くはないのだが、そのせいで小さく纏まっている感じがするのだ。前作の方が伸び伸びしていた感じがする。歌い方も囁く感じが多く、エリカ・バドゥ並みの“魔女声”を聴かせるような局面もある。

そういえば、前作のレビューを書いていた。読み返してみると、「枠内唱法」などという言葉を使い、伸び伸びとした歌声みたいな評価はしていない。それと比べても「枠内」を越えていないと感じる本作である。但し、彼女は今後も残っていく人だろうから、今後の音楽史の中で何枚かリリースした後に、本盤の評価が確立する気がする。

http://hajibura-se.cocolog-nifty.com/blog/chrisette_miche...

出来が悪い訳ではない。何というか、彼女の実力から言って「こんなもんじゃないだろう」という感じなのだ。クリセット・ミッシェルを一枚買うとしたらどれ?と問われれば2作目を推す。但し、その前に、3枚とも買った方が良いよ、と勧めます。

♪"Number One"
http://www.youtube.com/watch?v=3vkqcRQA5WE

♪"So Cool"
http://www.youtube.com/watch?v=NgfFArQKkZQ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【試聴記】クリセット・ミッシェル『エピファニイ』

054 I_am
http://www.hmv.co.jp/product/detail/3553054

JAY-ZやNASのアルバムに参加したのが評判を呼び、ソロデビューに繋がった女性歌手の2作目。1作目『アイ・アム』(07年)も評判を呼びました。ウィル・アイ・アムとかが音創りしており、持ってないので確実には評せませんが、無難なネオ系ながら実力を存分に発揮した一枚なようです。Sarah Vaughn, Jill Scott, Macy Gray, Erykah Badu, Ella Fitzgeraldといった所が影響を感じ取れる歌手の名前として上げられています。NASとのコラボ曲では「アンフォゲタッブル」をジャジーに歌い上げています。しかし、今回の盤は少し違った彼女の魅力が出ているのではないでしょうか?

http://www.hmv.co.jp/product/detail/2622763

http://www.youtube.com/watch?v=7ZDd4LD3AM4

http://www.youtube.com/watch?v=5IaTaC1mrOg

アルバム・クレジットで気になったのは、やはりニーヨ(エグゼクティブ・プロデューサー名義)。音創りへの関与度は不明ですが、全体的に、いかにもニーヨらしいフレッシュなブラックネスを感じます。現代R&Bのトレンドであり、未来の形も垣間見えるような興味深いサウンド群です。タイトル曲は、よく名前を聞くチャック・ハーモニーも組んでます。

http://www.youtube.com/watch?v=y3pC0hRyBK4

http://www.myspace.com/chuckharmonyshouse

歌唱は、迫力で押すよりテンダーに攻めるタイプ。いかにも今風。ただ、歌い方に粘りが有るのでコクも感じます。

冒頭2曲はネオ・ソウル系。確かにジャズっぽさも感じますが、やはり王道R&Bの範疇じゃないかと思います。また、例えばビヨンセのように前へ前へと押しだす歌い方ではなく、一定の“枠内”を縦横無尽に駆け巡るイメージがあります。「歌い倒す」タイプではないのです。4曲目「ブレイム・イット・オン・ミー」もゴスペルライクなのですが、めくるめく高揚感には至っていません。

しかし、歌い倒さないというのは否定的意味合いではないです。アレサ・フランクリンやルーサー・ヴァンドロスの「寸止め唱法」が余韻という名の感動の広がりを生み出すように、クリセット嬢の「枠内唱法」も痒い所に手が届く“テクニシャン”ならではのシンギングだと思います。声が色っぽくなったりキュートになったりネバネバになったりするのも好刺激になり、有効です。

中盤は、「オートチューン」というのでしょうか(間違っていたらスミマセン)、最近よく聞く人工的なシンコぺーションに則った曲が続きます。本来ならあまり好きなタイプの音ではないのですが、彼女のヴォーカルワークが面白く絡み、十分乗れる納得の出来。

少し穿った見方をしてみます。「枠内」に収まったような歌い方に感じるのは、ニーヨの曲がカッチリとして完成度が高い為、歌も、演奏の一アイテムとして仕組まれているのではないだろうかという疑問。勿論コントロールされていてもレベルは高いです。しかしこの考えはおそらく杞憂でしょう・・・いずれにしても、当アルバムだけでなく、広い範囲で彼女の事をもっと知りたいと思った次第です。

バイオを少し書いておきますと82年ニューヨーク生まれ。やはり教会育ち。最新のグラミー賞「Best Urban/Alternative Performance 」を「ビー・オーケイ」という曲で受賞しています。

http://www.youtube.com/watch?v=Kn3xTWjJKik

http://en.wikipedia.org/wiki/Chrisette_Michele

http://www.myspace.com/chrisettemichele

http://www.thisischrisettemichele.com/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Aaliyah | Ahmet Ertegun | Albert Collins | Ali Oliie Woodson | Amazing Grace | Aretha Franklin | Arthur "Big Boy" Crudup_ | Artie "Blues Boy" White | At the Copa | B.B.King | Babyface | Barbara Mason | Big Walter Price with Albert Collins | biwa duo | Bob Dylan | Bobby "Blue" Bland | Bobby Bland | Bobby Charles | Bobby Valentino | Books | Brandy | Byther Smith | Cadillac Records | Carl Sims | Carole King | CASE | Chaka Kahn | Charlie Wilson | Chess | Chrisette Michele | Christian Keyes | Chuck Berry | Cinema | Clarence Carter | Clash | Clay Hammond | Close to You | Contemporaly Deep Soul | Curtis Mayfield | CUSTOM | David Ruffin | Delfonics | Denise Lasalle | Don Bryant | Duet | Ecko Records | El Debarge | En Vogue | Eric Benet | Etta James | Facts Of Life | FAME | Fantasia | Fenton Robinson | For Your Precious Love_ | Frank Stokes | Freda Payne | G.C. Cameron | Gene Rice | General Johnson | Gordon Chambers | GUESSS | hajibura-ism | Happy End | Hard Luck Blues | Harold Melvin & The Blue Notes | Hibari Misora | Howard Tate | Howlin' Wolf | Ike & Tina Turner | India. Arie | Isley Brothers | J. Blackfoot | J. Holiday | Jaheim | James Brown | Jazz | Jill Scott | Jimi Hendrix | Jimmy Dawkins | Jimmy Rogers | Jodeci | Joe | John Lennon | Johnnie Taylor | Keisha Cole | Kindred the Family Soul | Kitty & The Haywoods | Kiyoshiro Imawano | Koichi Fujii | Lacee | Lalah Hathaway | Latimore | Laura Izibor | Laura Lee | Ledisi | Leela James | Leroi Jones | Letoya | Life is... | Lionel Richie | Lisa "Left-eye" Smith | Little Milton | Little Richard | Little Walter | Lloyd Price | Lyn Collins | Magic Sam | Malaco | Marques Houston | Marvin Gaye | Mary J. Blige | Mary Wells | Mavis Staples | Maze | Memphis Slim | Michael Jackson | Miles Davis | Mitty Collier | Miyuki Nakajima | Modern Blues | Modern Gospel | Motown | Muddy Waters | Muscle Shoals | Musiq Soulchild | My Collection | My Favorite Albums through the year | Naomi Chiaki | Ne-Yo | Nodesha | Ohio Players | Otis Redding | Otis Rush | Patti Labelle | Peter Barakan | Photo | Pre-War Blues | Pretty Ricky | R. Kelly | Raheem Devaughn | Ray Charles | Rick James | Robert Johnson | Rolling Stones | Rozetta Johnson | Rufus Thomas | Sam Cooke | Solomon Burke | Soul Deep | Soul Generation | Soul Power | Soul Stirrers | Sounds of Memphis | Spencer Wiggins | Sports | Stan Mosley | Sterling Simms | Story | syl johnson | Taj Mahal | Tammi Terrell | Teach me Tonight | Teddy Pendergrass | Temptations | Terrell | Tony Borders | Tony Toni Tone | Tonyies | Tower Records | Toyo Nakamura | TQ | Trey Songz | TV | Twitter | V.A. | Whitney Houston | Willie Mitchell | Year Of 2011 | You Are Everything | Yuukadan