Clarence Carter

夕暮れソウル

51gn24it0ml__sx230_


●クラレンス・カーター『ザ・フェイム・シングルス・ヴォリューム2:1970-73』<フェイム/ケント・ソウル>(13)

http://diskunion.net/portal/ct/detail/50Y131001109


私が購入したのは<Pヴァイン>による英文解説対訳付き直輸入盤。

クラレンス・カーターの「パッチズ」を聴くと、夕暮れの田圃を連想する。因みに、シャイ・ライツの「オー・ガール」も。この2曲は、私がまだ「黒人音楽」に関する知識がゼロだった頃、(おそらく)ラジオで聴いて、心に残っていたものだ。中学生の頃(70年~72年)だったろう。

私が通っていた中学校は、周囲が田圃だったので、曲のイメージと風景のイメージを、ほぼ無意識に重ねていたのかも知れない。今の時代は、夜間でも明るい場所は沢山ある。昔の、しかも子供にとって、夕方は一日の対外的活動の終わりだ。あとは、灯りのある自宅で過ごす・・・夕暮れは、一日の終わりを惜しむような、もの淋しさを誘う時間帯だった。

本盤は、クラレンス・カーターの<フェイム>仕事・第2集だ。第1集は、彼がソウル・シンガーとしての地歩を固めていく様子が粛々と伝わってきた。それに比べて第2集は、一曲目の「パッチズ」がいきなりピークで、中々その壁を乗り越えられない忸怩たる思いが、拭い切れない。クラレンス・カーターらしさは出ているのだが、逆に自身のパロディーをやっているような、もどかしさを感じる。とはいえ、一曲一曲を取り上げるとそんなに悪くはない。2曲目とか9曲目とか。また、新しい試みも為されている(首尾よくいったかどうかは別として)。

そうこうする内に、<フェイム>の総帥リック・ホールと配給会社の<アトランティック>の仲は最悪となり決別に至った。<フェイム>も“夕暮れ時”を迎えたのだ。

しかし、カーターは夕陽のように沈まず、新たな一日を迎える事が出来た。リックが<UA>と配給契約を結んだのを契機に心機一転。名手オリヴァー・セインが手がけた本盤13曲目「バック・イン・ユア・アームス」で変わる。演奏のソリッドさからしてひと味違い、カーターらしさを失わずに、新境地に至っている。まさに「変わりゆく変わらぬもの」の実践だ。続いて、NYのJ.R.ベイリー等のプロデュースを得てリリースした15曲目は、ニューオーリンズ調で展開し、カーターが本来持つイナたさを十分に生かした。さらには、ニューオーリンズ・クラシカルの「マザー・イン・ロウ」までカバーしている。

遂に「パッチズ」に代表される、自分自身の呪縛から逃れた。ニューオーリンズ・サウンドは、カーターに似合い過ぎている。「マザー・イン・ロウ」は、彼のオリジナル曲みたいに実にシックリ来ている。

新生クラレンス・カーターは、18曲目「シックスティ・ミニッツ・マン」でひと山築き、現在まで堂々の活動を続けている。

終盤近い21曲目にジョージ・ジャクソン作の典型的サザン・ソウルを配するが、自分にチャンスを与え育ててくれた<フェイム>への親しみを込めた回顧に聴こえる。そして、夕暮れを迎え自宅で過ごすような、ヒューマンな温かみを感じる。

♪"Patches"

http://www.youtube.com/watch?v=IvfsfS6NVUc

♪"Scratch My Back"

http://www.youtube.com/watch?v=-iiugneEUSU

♪"Sixty Minute Man"

http://www.youtube.com/watch?v=jNRf8gllhNQ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月1日~6日

51gn24it0ml__sx230_


●昨年末の超多忙状態から、年が明けて少しは落ち着いた。2月はどうなる事だろうか。と思っていたら、1日(土)に早速呼び出し。軽くジャブ。

●煩わしい事柄は次々と訪れる。仕事で、やや重量がある物を主に左手で持っているが、最近左腕がだるかったり痛かったりする。マッサージをするが、さほど改善しない。それでも少しずつは具合いが良くなっているので、ボチボチと様子を見ていく。

●娘は久しぶりにバイトに通い出す。以前、お世話になっていた場所なので、即決とか。ただ、今度は初体験のレジ打ちとなる。周囲が優しくフォローして下さっているご様子で、滑り出しはまずまず?

●我が家の予定が一部決まる。4月初めから、10年に一度の3週間の休暇を取る予定だが、冒頭、福岡2泊3日が決定。ジャニヲタ妻娘が応募していたライブが2日連続で当たったそうだ。私は勿論・・・。

●諸般の事情で、深夜までの勤務の次の日に早朝出勤。50の坂を転げ落ちているオッサンには、4時間睡眠はキツイ。運転時の気合い注入はクラレンス・カーターの<フェイム>シングル・コレクション第2弾。まだ一聴しかしてないが、第1集に比べ、声を張り上げているような。メリハリが弱い曲が多いので、歌声の迫力で乗り切ろうとしている感じだ。ただし、後半の「マザー・イン・ロウ」に繋がる流れは、リズム&ブルース的で、無理なく軽快だ。

♪CLARENCE CARTER "mother in law"

http://www.youtube.com/watch?v=MmSaAsamlAk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フェイム音源のクラレンス・カーター

513z2uw6dml__sx230_
●クラレンス・カーター『ザ・フェイム・シングルス・ヴォリューム1/1966‐70』<Pヴァイン/エイス/ケントソウル>(12)

http://www.hmv.co.jp/artist_Clarence-Carter_0000000000064...

クラレンス・カーターは昔から好きな歌手である。野太くて哀切感に溢れる声は独特の魅力を持ち、心に深く沁みる。

<フェイム>はたくさんのソウル・スターを生んだが、カーターも忘れてはならない一人である。本盤は<フェイム>を基盤に出したシングルを、時系列に沿って編集した2枚シリーズの最初の一枚である。

6曲目までは<フェイム>からのリリースで、後は配給元の<アトランティック>名義である。ライナー(ディーン・ラドランド)を元にバイオを少し追いかけてみる。クラレンス・カーターは、当初コンビで採用される予定だったが、相棒が奥さんに銃で撃たれ、「頭に弾が残っている為」断念、単独デビューとなった。彼が加わった頃の<フェイム>は、ウィルソン・ピケット「ダンス天国」等を筆頭に、<アトランティック>との配給契約を結ぼうかという時期だった。いわゆる南部サウンドが持て囃され始めた時期とも言える。もっとも「ソウル・ミュージック」全体が形を整え始めた頃でもある。

曲も書けるカーターだが、当初は鉄壁のフェイム・サウンドの流れの中に在り、彼ならではの味は小出しに出ている感じ。デビュー曲は、後にエッタ・ジェイムスが「テル・ママ」と改題してヒットさせた「テル・ダディ」。裏面のいかにもサザンなバラードと合わせ、好スタートではある。その後も、サザン・ソウルもブルースも難なくこなしていたが、結局は自作の「スリップ・アウェイ」がブレイクの契機となった。ある意味、彼の個性が滲むこの曲からがクラレンス・カーター、真のデビューと言えるかも知れない。

しかしこの曲、最初は無視され、カーターの要望でB面に配置されたもの。A面は、当時のキーワード“ファンキー”を採り入れた「ファンキー・フィーヴァー」。リック・ホール絶対の自信作で、録音にも時間を掛けた(一方、「スリップ・アウェイ」は15分ほどで完成)。しかし、実際ラジオで繰り返し流されたのは「スリップ・アウェイ」の方。唖然とするスタッフ陣を横目に、クラレンス・カーター初のゴールド・ディスクが誕生した。「ファンキー・フィーヴァー」も確かに悪くない。しかし、「スリップ・アウェイ」にはクラレンス・カーターの最大の魅力、記憶の中の故郷の夕陽を思い起こすような、懐かしくもの哀しい感覚が凝縮されている。カーターの温かみが塗り込められている。「悪くない曲」を遥かに凌ぐ名曲なのだ。

余談。当曲、紛れもなくカーターの作品なのだが、当時金に困っていた3人の友人のクレジットにしてあげていた。他の何曲かにも名前は出ている人たちだが、これは何とも嬉しいプレゼントだったろう。

「スリップ・アウェイ」の後、「トゥー・ウィーク・トゥー・ファイト」「バック・ドア・サンタ」「スナッチン・イット・バック」と快調に飛ばす。この間のB面も良い。「レット・ミー・コムフォート・ユー」、後の妻キャンディ・ステイトン版も有名な「ザッツ・オールド・タイム・フィーリング」、名曲「ダーク・エンド・オブ・ザ・ストリート」のサビにつなぐ「メイキング・ラブ」・・・。

クラレンス・カーターは息の長いミュージシャンで、<イチバン>辺りからも彼らしいアルバムを出していた。考えようによっては、<フェイム>の制作陣が絡まない、後の時代こそ彼自身のサウンドとも思えるが、やはり南部サウンドに浸かったカーターの魅力の方が輝いているだろう。

http://www.clarencecarter.net/bio1.htm

シリーズ2作目は70~73年編。更なる飛躍と予想外の運命をライナーは示唆している。60年代ソウルと70年代ソウルの視点も忘れてはなるまい。ところで、このライナー、読み応えがあったので、英語に堪能でなければ日本盤をお勧めする。

♪"Slip away"
http://www.youtube.com/watch?v=kJgbv5W0hWc

♪"Back Door Santa"
http://www.youtube.com/watch?v=rMj4Q6EVOW0

♪"Making Love (At The Dark End of The Street) "
http://www.youtube.com/watch?v=weMtz14uvAw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Aaliyah | Ahmet Ertegun | Albert Collins | Ali Oliie Woodson | Amazing Grace | Aretha Franklin | Arthur "Big Boy" Crudup_ | Artie "Blues Boy" White | At the Copa | B.B.King | Babyface | Barbara Mason | Big Walter Price with Albert Collins | biwa duo | Bob Dylan | Bobby "Blue" Bland | Bobby Bland | Bobby Charles | Bobby Valentino | Books | Brandy | Byther Smith | Cadillac Records | Carl Sims | Carole King | CASE | Chaka Kahn | Charlie Wilson | Chess | Chrisette Michele | Christian Keyes | Chuck Berry | Cinema | Clarence Carter | Clash | Clay Hammond | Close to You | Contemporaly Deep Soul | Curtis Mayfield | CUSTOM | David Ruffin | Delfonics | Denise Lasalle | Don Bryant | Duet | Ecko Records | El Debarge | En Vogue | Eric Benet | Etta James | Facts Of Life | FAME | Fantasia | Fenton Robinson | For Your Precious Love_ | Frank Stokes | Freda Payne | G.C. Cameron | Gene Rice | General Johnson | Gordon Chambers | GUESSS | hajibura-ism | Happy End | Hard Luck Blues | Harold Melvin & The Blue Notes | Hibari Misora | Howard Tate | Howlin' Wolf | Ike & Tina Turner | India. Arie | Isley Brothers | J. Blackfoot | J. Holiday | Jaheim | James Brown | Jazz | Jill Scott | Jimi Hendrix | Jimmy Dawkins | Jimmy Rogers | Jodeci | Joe | John Lennon | Johnnie Taylor | Keisha Cole | Kindred the Family Soul | Kitty & The Haywoods | Kiyoshiro Imawano | Koichi Fujii | Lacee | Lalah Hathaway | Latimore | Laura Izibor | Laura Lee | Ledisi | Leela James | Leroi Jones | Letoya | Life is... | Lionel Richie | Lisa "Left-eye" Smith | Little Milton | Little Richard | Little Walter | Lloyd Price | Lyn Collins | Magic Sam | Malaco | Marques Houston | Marvin Gaye | Mary J. Blige | Mary Wells | Mavis Staples | Maze | Memphis Slim | Michael Jackson | Miles Davis | Mitty Collier | Miyuki Nakajima | Modern Blues | Modern Gospel | Motown | Muddy Waters | Muscle Shoals | Musiq Soulchild | My Collection | My Favorite Albums through the year | Naomi Chiaki | Ne-Yo | Nodesha | Ohio Players | Otis Redding | Otis Rush | Patti Labelle | Peter Barakan | Photo | Pre-War Blues | Pretty Ricky | R. Kelly | Raheem Devaughn | Ray Charles | Rick James | Robert Johnson | Rolling Stones | Rozetta Johnson | Rufus Thomas | Sam Cooke | Solomon Burke | Soul Deep | Soul Generation | Soul Power | Soul Stirrers | Sounds of Memphis | Spencer Wiggins | Sports | Stan Mosley | Sterling Simms | Story | syl johnson | Taj Mahal | Tammi Terrell | Teach me Tonight | Teddy Pendergrass | Temptations | Terrell | Tony Borders | Tony Toni Tone | Tonyies | Tower Records | Toyo Nakamura | TQ | Trey Songz | TV | Twitter | V.A. | Whitney Houston | Willie Mitchell | Year Of 2011 | You Are Everything | Yuukadan