Clarence Carter

夕暮れソウル

51gn24it0ml__sx230_


●クラレンス・カーター『ザ・フェイム・シングルス・ヴォリューム2:1970-73』<フェイム/ケント・ソウル>(13)

http://diskunion.net/portal/ct/detail/50Y131001109


私が購入したのは<Pヴァイン>による英文解説対訳付き直輸入盤。

クラレンス・カーターの「パッチズ」を聴くと、夕暮れの田圃を連想する。因みに、シャイ・ライツの「オー・ガール」も。この2曲は、私がまだ「黒人音楽」に関する知識がゼロだった頃、(おそらく)ラジオで聴いて、心に残っていたものだ。中学生の頃(70年~72年)だったろう。

私が通っていた中学校は、周囲が田圃だったので、曲のイメージと風景のイメージを、ほぼ無意識に重ねていたのかも知れない。今の時代は、夜間でも明るい場所は沢山ある。昔の、しかも子供にとって、夕方は一日の対外的活動の終わりだ。あとは、灯りのある自宅で過ごす・・・夕暮れは、一日の終わりを惜しむような、もの淋しさを誘う時間帯だった。

本盤は、クラレンス・カーターの<フェイム>仕事・第2集だ。第1集は、彼がソウル・シンガーとしての地歩を固めていく様子が粛々と伝わってきた。それに比べて第2集は、一曲目の「パッチズ」がいきなりピークで、中々その壁を乗り越えられない忸怩たる思いが、拭い切れない。クラレンス・カーターらしさは出ているのだが、逆に自身のパロディーをやっているような、もどかしさを感じる。とはいえ、一曲一曲を取り上げるとそんなに悪くはない。2曲目とか9曲目とか。また、新しい試みも為されている(首尾よくいったかどうかは別として)。

そうこうする内に、<フェイム>の総帥リック・ホールと配給会社の<アトランティック>の仲は最悪となり決別に至った。<フェイム>も“夕暮れ時”を迎えたのだ。

しかし、カーターは夕陽のように沈まず、新たな一日を迎える事が出来た。リックが<UA>と配給契約を結んだのを契機に心機一転。名手オリヴァー・セインが手がけた本盤13曲目「バック・イン・ユア・アームス」で変わる。演奏のソリッドさからしてひと味違い、カーターらしさを失わずに、新境地に至っている。まさに「変わりゆく変わらぬもの」の実践だ。続いて、NYのJ.R.ベイリー等のプロデュースを得てリリースした15曲目は、ニューオーリンズ調で展開し、カーターが本来持つイナたさを十分に生かした。さらには、ニューオーリンズ・クラシカルの「マザー・イン・ロウ」までカバーしている。

遂に「パッチズ」に代表される、自分自身の呪縛から逃れた。ニューオーリンズ・サウンドは、カーターに似合い過ぎている。「マザー・イン・ロウ」は、彼のオリジナル曲みたいに実にシックリ来ている。

新生クラレンス・カーターは、18曲目「シックスティ・ミニッツ・マン」でひと山築き、現在まで堂々の活動を続けている。

終盤近い21曲目にジョージ・ジャクソン作の典型的サザン・ソウルを配するが、自分にチャンスを与え育ててくれた<フェイム>への親しみを込めた回顧に聴こえる。そして、夕暮れを迎え自宅で過ごすような、ヒューマンな温かみを感じる。

♪"Patches"

http://www.youtube.com/watch?v=IvfsfS6NVUc

♪"Scratch My Back"

http://www.youtube.com/watch?v=-iiugneEUSU

♪"Sixty Minute Man"

http://www.youtube.com/watch?v=jNRf8gllhNQ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月1日~6日

51gn24it0ml__sx230_


●昨年末の超多忙状態から、年が明けて少しは落ち着いた。2月はどうなる事だろうか。と思っていたら、1日(土)に早速呼び出し。軽くジャブ。

●煩わしい事柄は次々と訪れる。仕事で、やや重量がある物を主に左手で持っているが、最近左腕がだるかったり痛かったりする。マッサージをするが、さほど改善しない。それでも少しずつは具合いが良くなっているので、ボチボチと様子を見ていく。

●娘は久しぶりにバイトに通い出す。以前、お世話になっていた場所なので、即決とか。ただ、今度は初体験のレジ打ちとなる。周囲が優しくフォローして下さっているご様子で、滑り出しはまずまず?

●我が家の予定が一部決まる。4月初めから、10年に一度の3週間の休暇を取る予定だが、冒頭、福岡2泊3日が決定。ジャニヲタ妻娘が応募していたライブが2日連続で当たったそうだ。私は勿論・・・。

●諸般の事情で、深夜までの勤務の次の日に早朝出勤。50の坂を転げ落ちているオッサンには、4時間睡眠はキツイ。運転時の気合い注入はクラレンス・カーターの<フェイム>シングル・コレクション第2弾。まだ一聴しかしてないが、第1集に比べ、声を張り上げているような。メリハリが弱い曲が多いので、歌声の迫力で乗り切ろうとしている感じだ。ただし、後半の「マザー・イン・ロウ」に繋がる流れは、リズム&ブルース的で、無理なく軽快だ。

♪CLARENCE CARTER "mother in law"

http://www.youtube.com/watch?v=MmSaAsamlAk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フェイム音源のクラレンス・カーター

513z2uw6dml__sx230_
●クラレンス・カーター『ザ・フェイム・シングルス・ヴォリューム1/1966‐70』<Pヴァイン/エイス/ケントソウル>(12)

http://www.hmv.co.jp/artist_Clarence-Carter_0000000000064...

クラレンス・カーターは昔から好きな歌手である。野太くて哀切感に溢れる声は独特の魅力を持ち、心に深く沁みる。

<フェイム>はたくさんのソウル・スターを生んだが、カーターも忘れてはならない一人である。本盤は<フェイム>を基盤に出したシングルを、時系列に沿って編集した2枚シリーズの最初の一枚である。

6曲目までは<フェイム>からのリリースで、後は配給元の<アトランティック>名義である。ライナー(ディーン・ラドランド)を元にバイオを少し追いかけてみる。クラレンス・カーターは、当初コンビで採用される予定だったが、相棒が奥さんに銃で撃たれ、「頭に弾が残っている為」断念、単独デビューとなった。彼が加わった頃の<フェイム>は、ウィルソン・ピケット「ダンス天国」等を筆頭に、<アトランティック>との配給契約を結ぼうかという時期だった。いわゆる南部サウンドが持て囃され始めた時期とも言える。もっとも「ソウル・ミュージック」全体が形を整え始めた頃でもある。

曲も書けるカーターだが、当初は鉄壁のフェイム・サウンドの流れの中に在り、彼ならではの味は小出しに出ている感じ。デビュー曲は、後にエッタ・ジェイムスが「テル・ママ」と改題してヒットさせた「テル・ダディ」。裏面のいかにもサザンなバラードと合わせ、好スタートではある。その後も、サザン・ソウルもブルースも難なくこなしていたが、結局は自作の「スリップ・アウェイ」がブレイクの契機となった。ある意味、彼の個性が滲むこの曲からがクラレンス・カーター、真のデビューと言えるかも知れない。

しかしこの曲、最初は無視され、カーターの要望でB面に配置されたもの。A面は、当時のキーワード“ファンキー”を採り入れた「ファンキー・フィーヴァー」。リック・ホール絶対の自信作で、録音にも時間を掛けた(一方、「スリップ・アウェイ」は15分ほどで完成)。しかし、実際ラジオで繰り返し流されたのは「スリップ・アウェイ」の方。唖然とするスタッフ陣を横目に、クラレンス・カーター初のゴールド・ディスクが誕生した。「ファンキー・フィーヴァー」も確かに悪くない。しかし、「スリップ・アウェイ」にはクラレンス・カーターの最大の魅力、記憶の中の故郷の夕陽を思い起こすような、懐かしくもの哀しい感覚が凝縮されている。カーターの温かみが塗り込められている。「悪くない曲」を遥かに凌ぐ名曲なのだ。

余談。当曲、紛れもなくカーターの作品なのだが、当時金に困っていた3人の友人のクレジットにしてあげていた。他の何曲かにも名前は出ている人たちだが、これは何とも嬉しいプレゼントだったろう。

「スリップ・アウェイ」の後、「トゥー・ウィーク・トゥー・ファイト」「バック・ドア・サンタ」「スナッチン・イット・バック」と快調に飛ばす。この間のB面も良い。「レット・ミー・コムフォート・ユー」、後の妻キャンディ・ステイトン版も有名な「ザッツ・オールド・タイム・フィーリング」、名曲「ダーク・エンド・オブ・ザ・ストリート」のサビにつなぐ「メイキング・ラブ」・・・。

クラレンス・カーターは息の長いミュージシャンで、<イチバン>辺りからも彼らしいアルバムを出していた。考えようによっては、<フェイム>の制作陣が絡まない、後の時代こそ彼自身のサウンドとも思えるが、やはり南部サウンドに浸かったカーターの魅力の方が輝いているだろう。

http://www.clarencecarter.net/bio1.htm

シリーズ2作目は70~73年編。更なる飛躍と予想外の運命をライナーは示唆している。60年代ソウルと70年代ソウルの視点も忘れてはなるまい。ところで、このライナー、読み応えがあったので、英語に堪能でなければ日本盤をお勧めする。

♪"Slip away"
http://www.youtube.com/watch?v=kJgbv5W0hWc

♪"Back Door Santa"
http://www.youtube.com/watch?v=rMj4Q6EVOW0

♪"Making Love (At The Dark End of The Street) "
http://www.youtube.com/watch?v=weMtz14uvAw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

70's Blues 80's Soul Aaliyah Ahmet Ertegun Al Green Albert Collins Ali Oliie Woodson Amazing Grace American Folk Blues Festival Ann Nesby Anthony Hamilton Aretha Franklin Ariyo Arrested Development Art Tatum Trio Arthur "Big Boy" Crudup_ Artie "Blues Boy" White At the Copa B.B.King Baby Washington Babyface Barbara George Barbara Mason Bell Biv Devoe Big Walter Price with Albert Collins Bill Coday Birmingham Soul biwa duo Blind Willie Johnson Blind Willie McTell Blues Brothers Blues Jubilee Blues The Butcher 590213 Bob Dylan Bobby "Blue" Bland Bobby Bland Bobby Charles Bobby Valentino Books Brandy Buddy Guy Bukka White Byther Smith Cadillac Records Carl Sims Carole King CASE Catfish Blues Chaka Kahn Champion Jack Dupree Charles Brown Charlie Wilson Chess Chrisette Michele Christian Keyes Chuck Berry Cicero Blake Cinema Clarence Carter Clash Clay Hammond Cliff White Close to You Coko Contemporaly Deep Soul Curtis Mayfield CUSTOM Dan Penn David Ruffin Delfonics Delta Beat Denise Lasalle Dirty Dozen Brass Band Don Bryant Duet Dynamic Superiors Dynamics Ecko Records Eddie Boyd Eddie Kirkland Eddie Taylor El Debarge En Vogue Enchantment Eric Benet Etta James Facts Of Life FAME Fantasia Fats Domino Fender Blues Fenton Robinson Five Long Years For Your Precious Love_ Frank Stokes Frankie Gaye Freda Payne Freddy King Funkadelic Funky Blues G.C. Cameron Gaturs Gene Chandler Gene Rice General Johnson George Kerr Glenn Jones Gordon Chambers Gregg Allman GUESSS hajibura-ism Happy End Hard Luck Blues Harold Melvin & The Blue Notes Hibari Misora Hoochie Coochie Man Howard Tate Howlin' Wolf Hurricane Yukawa Ike & Tina Turner India. Arie Irma Thomas Isley Brothers J. Blackfoot J. Holiday Jackie Shane Jaheim James Brown Janis Joplin Jazz Jill Scott Jim Crow Jimi Hendrix Jimmy Dawkins Jimmy Rogers Jimmy Witherspoon Jodeci Joe john lee hooker John Lennon Johnnie Taylor Johnny Ace Johnny Gill Keisha Cole Kindred the Family Soul King Kitty & The Haywoods Kiyoshiro Imawano Koichi Fujii L.C. Cooke L.J.Reynolds Lacee Lalah Hathaway Latimore Launchers Laura Izibor Laura Lee Lazy Lester Le Gent Ledisi Leela James Leon Russell Leroi Jones Letoya Life is... Lightnin' Hopkins Lil Green Lionel Richie Lisa "Left-eye" Smith Little Johnny Taylor Little Milton Little Richard Little Walter Lloyd Price Louis Jordan Luther Lyn Collins Magic Sam Malaco Manami Izumiyama Marques Houston Marvin Gaye Mary J. Blige Mary Wells Mavis Staples Maze Members Only Memphis Minnie Memphis Slim Michael Jackson Miles Davis Millie Jackson mississippi Mitty Collier Miyuki Nakajima Modern Blues Modern Gospel Motown Muddy Waters Muscle Shoals Musiq Soulchild My Collection My Favorite Albums through the year Naomi Chiaki Ne-Yo Nodesha O'Jays Ohio Players Oldays Records Otis Otis Clay Otis Redding Otis Rush Otis Spann Patti Labelle Paul Butterfield Blues Band Percy Wiggins Persuaders Peter Barakan Philly Soul Photo Players Pre-War Blues Pretty Ricky Queen R. Kelly Raheem Devaughn Ray Charles Rick James Robert Blair & The Fantastic Violinaires Robert Johnson Robert Lee McCoy Rolling Stones Rozetta Johnson Rufus Thomas Sam Cooke Sam Dees Shirley and Lee Sidney Bechet Solomon Burke Soul Deep Soul Generation Soul Power Soul Stirrers Sounds of Memphis Southern Blues Southern Soul=Blues Spencer Wiggins Spirit Of Memphis Sports Stan Mosley Staple Singers Sterling Simms Story SUN Blues syl johnson Sylvester Weaver T.K.Soul Taj Mahal Tammi Terrell Teach me Tonight Ted Taylor Teddy Bunn Teddy Pendergrass Temptations Terrell Texas Blues Tony Borders Tony Toni Tone Tonyies Tower Records Toyo Nakamura TQ Trey Songz TV Tweets Twitter V.A. W.C.Karasu Whitney Houston Willie Clayton Willie Dixson Willie Mitchell Year Of 2011 You Are Everything Yuukadan