Curtis Mayfield

レコード棚を順番に聴いていく計画 Vol.16

51bxr5oy8l__sx230_

[23枚目]●カーティス・メイフィールド『ニュー・ワールド・オーダー』<ワーナー>(96)

http://diskunion.net/portal/ct/detail/XAT-1245298044

  http://www.discogs.com/Curtis-Mayfield-New-World-O…/…/688728

大事故からの復帰作。世界中のソウル・ファンが驚喜したに違いない。しかし、結果的に遺作となり、悲しいアルバムとなった。ジャケット写真で瞑目するカーティスが、意味深にさえ思えてくる。

身体の自由が利かない状態なのに、訥々としたヴォーカルの中にも、力強さを感じる。過去の作品と比べても遜色がないし、多数のシンガーやプロデューサー、ミュージシャンが守り立てている分、より多彩なカーティスの魅力が発揮されていると言える。

オーガナイズド・ノイズのプロデュース②は、基本、カーティス・モードだが、味わいが微妙に違う。メイヴィス・ステイプルズの塩辛いバック・コーラスが好スパイスになっている。オーガナイズド・ノイズは⑧で再登場。淡々としながらも黒々としたサウンドを聴かせる。

③は安定のナラダ・マイケル・ウォルデン。ムードが少し明るくなる。アレサ・フランクリンがゲストだが、クレジットがvamp。魔性の女とでも訳すのかな。確かに人間離れした存在ではあるが・・・。歌詞は解らないが勇気づけているような感じが伝わる。最後に演奏が止まりひと言。「ゴー・アヘッド・メイフィールド!」。

マイケル・ウォルデンは⑩と⑬も手掛けている。オーガナイズド・ノイズがスタイリッシュに纏めれば、マイケルは開放的でメロディアスだ。カーティスには両方似合う。冒頭に「多彩な魅力」と書いたが、各プロデューサーが上手に光を当てているのだろう。

⑤はGファンク勢がやりそうな曲。ミッド・スローと言うのか、ゆったりとして心地好い。ラッパーの一人がメイフィールド姓だが、ファミリーだろうか。⑥と⑨は、テリー・トラウトマンのプロデュースにロジャーのミックスとトークボックス。ロジャーは控えめだが、哀愁を感じるようなトークボックスの音色だ。⑨ではシャーリー・マードックの手堅い歌唱も。

⑦に登場するのは、サンドラ・セイント・ヴィクター。クセのある歌い方だがクールな感覚があるので下卑ない。男女デュオはソウル・ミュージックの代表的な形態と言える。ここでのカーティスは、男女デュオに於ける男性ヴォーカルのステレオタイプに近づけて歌っている気もする。流石だ。

カーティス流ファンキー・ソウル、オールド歌物ソウル、90'sR&B、色々な感覚で愉しめ、統一感もある本作。カーティスへの思い入れがなくても素晴らしい仕上がりのアルバムだ。必携の一枚・・・いやいや、やっぱりカーティスへの思い入れと深い感謝の念は添えましょう。

Ms. Martha

https://www.youtube.com/watch?v=7vpBB441Wew

Back to Living Again

https://www.youtube.com/watch?v=OhuXw-g3M8g

Just A Little Bit Of Love

https://www.youtube.com/watch?v=OhuXw-g3M8g

I Believe In You

https://www.youtube.com/watch?v=zPcHn8BUIKQ

It Was Love That We Needed

https://www.youtube.com/watch?v=AemP5NRs86M

The Got Dang Song

https://www.youtube.com/watch?v=u69IDJYJxMc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レコード棚を順番に聴いていく計画 Vol.3

51vi5bdyjl__sx230_

[8枚目]●カーティス・メイフィールド『ゼアズ・ノー・プレイス・ライク・アメリカ』<カートム>(75)

悪く言えば、ボソボソ呟くようなヴォーカルだ。だがそれは、パワー不足ではなく、無駄な力が入っていない証左だろう。サウンドも柔らかい。彼のヴォーカルを楽器類で表現しているようだ。ホーンもカーティス自身、ギターもカーティス自身、ドラムのハイハットも彼自身を想起させる。ナチュラルなファンキー・グルーヴとか、満ち溢れるブラックネスとか、表現は色々浮かぶ。だが大前提として、誠実で温かみのあるカーティス・メイフィールド本人が、音楽として存在している。

"So In Love"

https://www.youtube.com/watch?v=peChXys7FcY

"Jesus"

https://www.youtube.com/watch?v=OX5I-sbBKFo

"Hard Times"

https://www.youtube.com/watch?v=jvSfeanNFIM

51erhytogjl__sx230_

[9枚目]●ジェイムス・ブラウン『ラブ・パワー・ピース~ライブ・アット・ジ・オランピア、パリ1971』<ポリドール>(92)

帝王が<キング>から<ポリドール>へ移籍する渦中のライブだった為、陽の目を見るのに20年かかった。ブーツィー&キャットフィッシュのコリンズ兄弟の参加が目玉の一つ。両者共、お馴染みのJBサウンドを軽快に彩り、存在感を誇示している。勿論、ドラムのジャボ・スタークス等、他メンバーもファンキーの極みだ。鉄壁のバックで乗りに乗り、怪鳥シャウトも絶好調なJBだ。また、バラードやリズム&ブルース系統の歌では、切なさが全開だ。常に完璧なライブを提供していたジェイムス・ブラウン。本盤も見事にそれを証明している。

James Brown - Olympia 1971

https://www.youtube.com/watch?v=aeUyELIHa2o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

70's Blues 80's Soul Aaliyah Ahmet Ertegun Al Green Albert Collins Ali Oliie Woodson Amazing Grace American Folk Blues Festival Ann Nesby Anthony Hamilton Aretha Franklin Ariyo Arrested Development Art Tatum Trio Arthur "Big Boy" Crudup_ Artie "Blues Boy" White At the Copa B.B.King Baby Washington Babyface Barbara George Barbara Mason Bell Biv Devoe Big Walter Price with Albert Collins Bill Coday Birmingham Soul biwa duo Blind Willie Johnson Blind Willie McTell Blues Brothers Blues Jubilee Blues The Butcher 590213 Bob Dylan Bobby "Blue" Bland Bobby Bland Bobby Charles Bobby Valentino Books Brandy Buddy Guy Bukka White Byther Smith Cadillac Records Carl Sims Carole King CASE Catfish Blues Chaka Kahn Champion Jack Dupree Charles Brown Charlie Wilson Chess Chrisette Michele Christian Keyes Chuck Berry Cicero Blake Cinema Clarence Carter Clash Clay Hammond Cliff White Close to You Coko Contemporaly Deep Soul Curtis Mayfield CUSTOM Dan Penn David Ruffin Delfonics Delta Beat Denise Lasalle Dirty Dozen Brass Band Don Bryant Duet Dynamic Superiors Dynamics Ecko Records Eddie Boyd Eddie Kirkland Eddie Taylor El Debarge En Vogue Enchantment Eric Benet Etta James Facts Of Life FAME Fantasia Fats Domino Fender Blues Fenton Robinson Five Long Years For Your Precious Love_ Frank Stokes Frankie Gaye Freda Payne Freddy King Funkadelic Funky Blues G.C. Cameron Gaturs Gene Chandler Gene Rice General Johnson George Kerr Glenn Jones Gordon Chambers Gregg Allman GUESSS hajibura-ism Happy End Hard Luck Blues Harold Melvin & The Blue Notes Hibari Misora Hoochie Coochie Man Howard Tate Howlin' Wolf Hurricane Yukawa Ike & Tina Turner India. Arie Irma Thomas Isley Brothers J. Blackfoot J. Holiday Jackie Shane Jaheim James Brown Janis Joplin Jazz Jill Scott Jim Crow Jimi Hendrix Jimmy Dawkins Jimmy Rogers Jimmy Witherspoon Jodeci Joe john lee hooker John Lennon Johnnie Taylor Johnny Ace Johnny Gill Keisha Cole Kindred the Family Soul King Kitty & The Haywoods Kiyoshiro Imawano Koichi Fujii L.C. Cooke L.J.Reynolds Lacee Lalah Hathaway Latimore Launchers Laura Izibor Laura Lee Lazy Lester Le Gent Ledisi Leela James Leon Russell Leroi Jones Letoya Life is... Lightnin' Hopkins Lil Green Lionel Richie Lisa "Left-eye" Smith Little Johnny Taylor Little Milton Little Richard Little Walter Lloyd Price Louis Jordan Luther Lyn Collins Magic Sam Malaco Manami Izumiyama Marques Houston Marvin Gaye Mary J. Blige Mary Wells Mavis Staples Maze Members Only Memphis Minnie Memphis Slim Michael Jackson Miles Davis Millie Jackson mississippi Mitty Collier Miyuki Nakajima Modern Blues Modern Gospel Motown Muddy Waters Muscle Shoals Musiq Soulchild My Collection My Favorite Albums through the year Naomi Chiaki Ne-Yo Nodesha O'Jays Ohio Players Oldays Records Otis Otis Clay Otis Redding Otis Rush Otis Spann Patti Labelle Paul Butterfield Blues Band Percy Wiggins Persuaders Peter Barakan Philly Soul Photo Players Pre-War Blues Pretty Ricky Queen R. Kelly Raheem Devaughn Ray Charles Rick James Robert Blair & The Fantastic Violinaires Robert Johnson Robert Lee McCoy Rolling Stones Rozetta Johnson Rufus Thomas Sam Cooke Sam Dees Shirley and Lee Sidney Bechet Solomon Burke Soul Deep Soul Generation Soul Power Soul Stirrers Sounds of Memphis Southern Blues Southern Soul=Blues Spencer Wiggins Spirit Of Memphis Sports Stan Mosley Staple Singers Sterling Simms Story SUN Blues syl johnson Sylvester Weaver T.K.Soul Taj Mahal Tammi Terrell Teach me Tonight Ted Taylor Teddy Bunn Teddy Pendergrass Temptations Terrell Texas Blues Tony Borders Tony Toni Tone Tonyies Tower Records Toyo Nakamura TQ Trey Songz TV Tweets Twitter V.A. W.C.Karasu Whitney Houston Willie Clayton Willie Dixson Willie Mitchell Year Of 2011 You Are Everything Yuukadan