Curtis Mayfield

レコード棚を順番に聴いていく計画 Vol.16

51bxr5oy8l__sx230_

[23枚目]●カーティス・メイフィールド『ニュー・ワールド・オーダー』<ワーナー>(96)

http://diskunion.net/portal/ct/detail/XAT-1245298044

  http://www.discogs.com/Curtis-Mayfield-New-World-O…/…/688728

大事故からの復帰作。世界中のソウル・ファンが驚喜したに違いない。しかし、結果的に遺作となり、悲しいアルバムとなった。ジャケット写真で瞑目するカーティスが、意味深にさえ思えてくる。

身体の自由が利かない状態なのに、訥々としたヴォーカルの中にも、力強さを感じる。過去の作品と比べても遜色がないし、多数のシンガーやプロデューサー、ミュージシャンが守り立てている分、より多彩なカーティスの魅力が発揮されていると言える。

オーガナイズド・ノイズのプロデュース②は、基本、カーティス・モードだが、味わいが微妙に違う。メイヴィス・ステイプルズの塩辛いバック・コーラスが好スパイスになっている。オーガナイズド・ノイズは⑧で再登場。淡々としながらも黒々としたサウンドを聴かせる。

③は安定のナラダ・マイケル・ウォルデン。ムードが少し明るくなる。アレサ・フランクリンがゲストだが、クレジットがvamp。魔性の女とでも訳すのかな。確かに人間離れした存在ではあるが・・・。歌詞は解らないが勇気づけているような感じが伝わる。最後に演奏が止まりひと言。「ゴー・アヘッド・メイフィールド!」。

マイケル・ウォルデンは⑩と⑬も手掛けている。オーガナイズド・ノイズがスタイリッシュに纏めれば、マイケルは開放的でメロディアスだ。カーティスには両方似合う。冒頭に「多彩な魅力」と書いたが、各プロデューサーが上手に光を当てているのだろう。

⑤はGファンク勢がやりそうな曲。ミッド・スローと言うのか、ゆったりとして心地好い。ラッパーの一人がメイフィールド姓だが、ファミリーだろうか。⑥と⑨は、テリー・トラウトマンのプロデュースにロジャーのミックスとトークボックス。ロジャーは控えめだが、哀愁を感じるようなトークボックスの音色だ。⑨ではシャーリー・マードックの手堅い歌唱も。

⑦に登場するのは、サンドラ・セイント・ヴィクター。クセのある歌い方だがクールな感覚があるので下卑ない。男女デュオはソウル・ミュージックの代表的な形態と言える。ここでのカーティスは、男女デュオに於ける男性ヴォーカルのステレオタイプに近づけて歌っている気もする。流石だ。

カーティス流ファンキー・ソウル、オールド歌物ソウル、90'sR&B、色々な感覚で愉しめ、統一感もある本作。カーティスへの思い入れがなくても素晴らしい仕上がりのアルバムだ。必携の一枚・・・いやいや、やっぱりカーティスへの思い入れと深い感謝の念は添えましょう。

Ms. Martha

https://www.youtube.com/watch?v=7vpBB441Wew

Back to Living Again

https://www.youtube.com/watch?v=OhuXw-g3M8g

Just A Little Bit Of Love

https://www.youtube.com/watch?v=OhuXw-g3M8g

I Believe In You

https://www.youtube.com/watch?v=zPcHn8BUIKQ

It Was Love That We Needed

https://www.youtube.com/watch?v=AemP5NRs86M

The Got Dang Song

https://www.youtube.com/watch?v=u69IDJYJxMc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レコード棚を順番に聴いていく計画 Vol.3

51vi5bdyjl__sx230_

[8枚目]●カーティス・メイフィールド『ゼアズ・ノー・プレイス・ライク・アメリカ』<カートム>(75)

悪く言えば、ボソボソ呟くようなヴォーカルだ。だがそれは、パワー不足ではなく、無駄な力が入っていない証左だろう。サウンドも柔らかい。彼のヴォーカルを楽器類で表現しているようだ。ホーンもカーティス自身、ギターもカーティス自身、ドラムのハイハットも彼自身を想起させる。ナチュラルなファンキー・グルーヴとか、満ち溢れるブラックネスとか、表現は色々浮かぶ。だが大前提として、誠実で温かみのあるカーティス・メイフィールド本人が、音楽として存在している。

"So In Love"

https://www.youtube.com/watch?v=peChXys7FcY

"Jesus"

https://www.youtube.com/watch?v=OX5I-sbBKFo

"Hard Times"

https://www.youtube.com/watch?v=jvSfeanNFIM

51erhytogjl__sx230_

[9枚目]●ジェイムス・ブラウン『ラブ・パワー・ピース~ライブ・アット・ジ・オランピア、パリ1971』<ポリドール>(92)

帝王が<キング>から<ポリドール>へ移籍する渦中のライブだった為、陽の目を見るのに20年かかった。ブーツィー&キャットフィッシュのコリンズ兄弟の参加が目玉の一つ。両者共、お馴染みのJBサウンドを軽快に彩り、存在感を誇示している。勿論、ドラムのジャボ・スタークス等、他メンバーもファンキーの極みだ。鉄壁のバックで乗りに乗り、怪鳥シャウトも絶好調なJBだ。また、バラードやリズム&ブルース系統の歌では、切なさが全開だ。常に完璧なライブを提供していたジェイムス・ブラウン。本盤も見事にそれを証明している。

James Brown - Olympia 1971

https://www.youtube.com/watch?v=aeUyELIHa2o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Aaliyah | Ahmet Ertegun | Al Green | Albert Collins | Ali Oliie Woodson | Amazing Grace | Aretha Franklin | Arthur "Big Boy" Crudup_ | Artie "Blues Boy" White | At the Copa | B.B.King | Baby Washington | Babyface | Barbara Mason | Big Walter Price with Albert Collins | Birmingham Soul | biwa duo | Blues Brothers | Bob Dylan | Bobby "Blue" Bland | Bobby Bland | Bobby Charles | Bobby Valentino | Books | Brandy | Byther Smith | Cadillac Records | Carl Sims | Carole King | CASE | Chaka Kahn | Charlie Wilson | Chess | Chrisette Michele | Christian Keyes | Chuck Berry | Cinema | Clarence Carter | Clash | Clay Hammond | Close to You | Contemporaly Deep Soul | Curtis Mayfield | CUSTOM | David Ruffin | Delfonics | Delta Beat | Denise Lasalle | Don Bryant | Duet | Dynamics | Ecko Records | El Debarge | En Vogue | Eric Benet | Etta James | Facts Of Life | FAME | Fantasia | Fenton Robinson | For Your Precious Love_ | Frank Stokes | Frankie Gaye | Freda Payne | Funky Blues | G.C. Cameron | Gaturs | Gene Rice | General Johnson | Glenn Jones | Gordon Chambers | GUESSS | hajibura-ism | Happy End | Hard Luck Blues | Harold Melvin & The Blue Notes | Hibari Misora | Howard Tate | Howlin' Wolf | Ike & Tina Turner | India. Arie | Isley Brothers | J. Blackfoot | J. Holiday | Jaheim | James Brown | Jazz | Jill Scott | Jimi Hendrix | Jimmy Dawkins | Jimmy Rogers | Jodeci | Joe | John Lennon | Johnnie Taylor | Keisha Cole | Kindred the Family Soul | Kitty & The Haywoods | Kiyoshiro Imawano | Koichi Fujii | L.C. Cooke | Lacee | Lalah Hathaway | Latimore | Laura Izibor | Laura Lee | Ledisi | Leela James | Leroi Jones | Letoya | Life is... | Lionel Richie | Lisa "Left-eye" Smith | Little Milton | Little Richard | Little Walter | Lloyd Price | Lyn Collins | Magic Sam | Malaco | Marques Houston | Marvin Gaye | Mary J. Blige | Mary Wells | Mavis Staples | Maze | Memphis Slim | Michael Jackson | Miles Davis | Mitty Collier | Miyuki Nakajima | Modern Blues | Modern Gospel | Motown | Muddy Waters | Muscle Shoals | Musiq Soulchild | My Collection | My Favorite Albums through the year | Naomi Chiaki | Ne-Yo | Nodesha | Ohio Players | Oldays Records | Otis | Otis Redding | Otis Rush | Patti Labelle | Percy Wiggins | Peter Barakan | Photo | Pre-War Blues | Pretty Ricky | R. Kelly | Raheem Devaughn | Ray Charles | Rick James | Robert Blair & The Fantastic Violinaires | Robert Johnson | Rolling Stones | Rozetta Johnson | Rufus Thomas | Sam Cooke | Sam Dees | Solomon Burke | Soul Deep | Soul Generation | Soul Power | Soul Stirrers | Sounds of Memphis | Spencer Wiggins | Sports | Stan Mosley | Sterling Simms | Story | syl johnson | Taj Mahal | Tammi Terrell | Teach me Tonight | Teddy Pendergrass | Temptations | Terrell | Tony Borders | Tony Toni Tone | Tonyies | Tower Records | Toyo Nakamura | TQ | Trey Songz | TV | Twitter | V.A. | W.C.Karasu | Whitney Houston | Willie Mitchell | Year Of 2011 | You Are Everything | Yuukadan