David Ruffin

デビッド・ラフィンの謎

Imagesca2wn8im
●デビッド・ラフィン『デビッド』<モータウン/Hip-Oセレクト>(04)

http://www.allmusic.com/album/david-unreleased-lp-more-mw...

69~71年に録音され、お蔵入りになっていたアルバムに、ボーナス曲やシングル・エディット分をプラスした一枚。デビッド・ラフィン好きを自認するくせに、手に入れるのが遅かった。

冒頭、(遠慮がちではあるが)ストリングスが飛び交うサウンドのせいで、どうもしっくり来ない。ジャクソン5「アイ・ウォント・ユー・バック」のカバーも、マイケル色の払拭には至らない。

本アルバムで鍵を握るのは、6曲目「レイニー・ナイト・イン・ジョージア」かと。この手の曲はソウル・シンガーの試金石になる。黒さが少し抜けたぐらいの曲を、如何に黒く塗り込めるかで、本物ぶりが見えてくるのだ。

持ち前のハスキーな声で丁寧に歌いこなすさまに、深い哀愁を感じる。しかし、重たくはなく、自然な感触だ。

私は、どちらかというと、デビッドのファンキーなタッチに惹かれる。本盤でも、比類なきファンキー・ソウルが愉しめる。だが、彼の歌唱力はそこに止まらない。バラードの歌い口の丁寧さは、ソウルはもちろん、ポップス系でも違和感はない。⑲ではゴスペル調も聴かせる。

生き方の強烈さからの連想で、ついつい、歌世界もファナティックなイメージが拭えないのだが、実は、正統的ソウルマンなのだ。もっとも、正統的だから、ファンキーさも映えるのだろうが。ソウルシンガーにとっては当たり前の論理だ。

アルバムに収録された曲と、選から洩れた曲の表情の違いも面白い。微妙なところではあるが、よく“基準”に基づいて分けられている。私のようなブルース志向が高い者は、断然洩れた方が気になる。ファンキー度が強く、彼の汗や唾や体温を感じ取れる曲が多い。アルバムとして纏められたものが悪い訳ではないが、口当たり(耳当たり)が良すぎる印象なのだ。

最後のブロックは、アルバムに採用された曲のシングル・エディットだ。あまりアレンジを施さずに提供されている感じにソウル・ミュージックに対する率直さを感じる。シングルとしてはそちらの方が正解だろう。

全ての条件を無難にこなし、ある程度の成果を上げているデビッド・ラフィン。果たして、彼の気持ちとしてはどういう路線に進もうとしていたのか・・・「レイニー・ナイト・イン・ジョージア」を聴くたびに謎は深まる。

♪"RAINY NIGHT IN GEORGIA"
http://www.youtube.com/watch?v=buByNSg-oxI

♪"YOU CAN COME RIGHT BACK TO ME"
http://www.youtube.com/watch?v=OcMen3dRh1U

♪"HEAVEN HELP US ALL"
http://www.youtube.com/watch?v=c2pAgw9crs4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Aaliyah | Ahmet Ertegun | Albert Collins | Ali Oliie Woodson | Amazing Grace | Aretha Franklin | Arthur "Big Boy" Crudup_ | Artie "Blues Boy" White | At the Copa | B.B.King | Babyface | Barbara Mason | Big Walter Price with Albert Collins | biwa duo | Bob Dylan | Bobby "Blue" Bland | Bobby Bland | Bobby Charles | Bobby Valentino | Books | Brandy | Byther Smith | Cadillac Records | Carl Sims | Carole King | CASE | Chaka Kahn | Charlie Wilson | Chess | Chrisette Michele | Christian Keyes | Chuck Berry | Cinema | Clarence Carter | Clash | Clay Hammond | Close to You | Contemporaly Deep Soul | Curtis Mayfield | CUSTOM | David Ruffin | Delfonics | Denise Lasalle | Don Bryant | Duet | Ecko Records | El Debarge | En Vogue | Eric Benet | Etta James | Facts Of Life | FAME | Fantasia | Fenton Robinson | For Your Precious Love_ | Frank Stokes | Freda Payne | G.C. Cameron | Gene Rice | General Johnson | Gordon Chambers | GUESSS | hajibura-ism | Happy End | Hard Luck Blues | Harold Melvin & The Blue Notes | Hibari Misora | Howard Tate | Howlin' Wolf | Ike & Tina Turner | India. Arie | Isley Brothers | J. Blackfoot | J. Holiday | Jaheim | James Brown | Jazz | Jill Scott | Jimi Hendrix | Jimmy Dawkins | Jimmy Rogers | Jodeci | Joe | John Lennon | Johnnie Taylor | Keisha Cole | Kindred the Family Soul | Kitty & The Haywoods | Kiyoshiro Imawano | Koichi Fujii | Lacee | Lalah Hathaway | Latimore | Laura Izibor | Laura Lee | Ledisi | Leela James | Leroi Jones | Letoya | Life is... | Lionel Richie | Lisa "Left-eye" Smith | Little Milton | Little Richard | Little Walter | Lloyd Price | Lyn Collins | Magic Sam | Malaco | Marques Houston | Marvin Gaye | Mary J. Blige | Mary Wells | Mavis Staples | Maze | Memphis Slim | Michael Jackson | Miles Davis | Mitty Collier | Miyuki Nakajima | Modern Blues | Modern Gospel | Motown | Muddy Waters | Muscle Shoals | Musiq Soulchild | My Collection | My Favorite Albums through the year | Naomi Chiaki | Ne-Yo | Nodesha | Ohio Players | Otis Redding | Otis Rush | Patti Labelle | Peter Barakan | Photo | Pre-War Blues | Pretty Ricky | R. Kelly | Raheem Devaughn | Ray Charles | Rick James | Robert Johnson | Rolling Stones | Rozetta Johnson | Rufus Thomas | Sam Cooke | Solomon Burke | Soul Deep | Soul Generation | Soul Power | Soul Stirrers | Sounds of Memphis | Spencer Wiggins | Sports | Stan Mosley | Sterling Simms | Story | syl johnson | Taj Mahal | Tammi Terrell | Teach me Tonight | Teddy Pendergrass | Temptations | Terrell | Tony Borders | Tony Toni Tone | Tonyies | Tower Records | Toyo Nakamura | TQ | Trey Songz | TV | Twitter | V.A. | Whitney Houston | Willie Mitchell | Year Of 2011 | You Are Everything | Yuukadan