Delfonics

レコード棚を順番に聴いていく計画 Vol.49

Mi0000244252


[58枚目]●デルフォニックス『フォーエヴァー・ニュー』<ヴォルト/Pヴァイン>(00)

http://diskunion.net/portal/ct/detail/XATW-00092159

※本文を書くに当たり、森島繁美さんのライナーを大いに参考にしています。

メンフィス・ソウルの重要レーベル<ヴォルト>の復活は、当時話題を呼んだ。本盤のデルフォニックス以外にも、ドラマティックスやL.J.レイノルズ等、いずれも評価は高かったように記憶する。

ただ、新生<ヴォルト>は、西海岸を拠点としていた。すなわち、フィリー・ソウル界のレジェンドたるデルフォニックスが、元はメンフィスで、西海岸在のレーベルから発信するという、ちょっと面白い状況とも言える。

では、デルフォニックスの歴史を辿ってみよう。中心人物はウィリアム・ハート。高校時代に、兄弟のウィルバートと、リッチー・ダニエルズ、ランディ・ケインと結成。66年に初録音、68年、ダニエルズが脱退。ソウル史に残る傑作「ラ・ラ・ミーンズ・アイ・ラブ・ユー」も68年の作品だ。71年、ランディが脱退し、ブルー・マジックを結成。代わりに参加したのがメイジャー・ハリス。ところが、75年前後、ハリスとウィルバートは、元フューチャーズのフランク・ワシントンとチームを組み、デルフォニックスを名乗る。ソウル・グループに時折見られる「分裂」だ。ハリスは同時にソロ活動に勤しみ、名盤『マイ・ウェイ』(74)を生み出した。メイジャー・ハリスに関しては、どちらかと言えば、デルフォニックスのメンバーとしてより、あの伊達男風イラストジャケを思い起こす人が多いかも知れない。一度別れたものの、80年、ハリスは再度ウィリアム・ハート側の本家?デルフォニックスに戻る。何と、同時にランディ・ケインも里帰りした。

中々ややこしいが、今回ご紹介するアルバムのメンバーは、ハート、ハリス、そしてフランク・ワシントンの3人だ。その後をあえて付け加えるなら、12年にメイジャー・ハリスは亡くなっている。ウィリアム・ハートは今もデルフォニックスを率いて活動を続けているようだ。フランク・ワシントンは03年~09年までスピナーズに在籍。その後はソロ活動をしているようす(明確には把握できず)である。尚、83年の12インチ「アイス」がYouTubeに上がっており、今でいうブギー調の軽快な曲だ。この人も中々の歌い手だが、ソウル・シンガーとしては当たり前のレベルだ。

さて、内容。

①タイトル曲は、「すべり出し」にふさわしく、軽快である。

②「シーズ・ザ・カインダ・ガール」は、静かに始まり、美しく盛り上がる。そもそも、ほぼ全ての曲がそうだが。

③「マイ・ワールド・リヴォルヴズ・アラウンド・ユー」は、メイジャー・ハリス→ウィリアム・ハート、ハート+女性コーラスという展開。終盤、ハリスも軽く加わる。やや、ハリスの枯れた声が気になる。

⑥「ノー・ワン・ノウズ」は、ララルララ~のリフレインが印象的な曲。

⑧「ブレイク・ユア・プロミス2000」は、打ち込みの軽いシンコペーションが心地好い。

⑨「サムウェア・イン・マイ・ライフ」は、よりゆったりしたバラード。

⑪「ルールズ・オブ・ザ・ゲーム」は、打ち込みを効かせている。

⑫日本盤オンリーのボーナス曲は、タイトル曲のインスト。

デルフォニックスは、ウィリアム・ハートのハイ・テナーが全てと言ってしまうとあんまりだろうが、中心的役割を担っているのは否めない。本盤でも、メイジャー・ハリス、フランク・ワシントンを抑えて目立っている。なんだかんだと、ハートの甘い声に満ちた一枚である。森島さんはもう少し変化があれば、更に良かったのでは、と書かれている。確かに、時代を意識したアルバムの完成度を考えたらそうかも知れない。ただ、ウィリアム・ハートの絶妙な歌声を思う存分堪能する。そんな保守的な聴き方でも良いような気がする。従って、現代R&Bファンより、オールドソウルの呪縛から抜けきれないタイプの人向けである。

①Forever New

https://www.youtube.com/watch?v=wNKArinQIgo

②She's The Kinda Girl

https://www.youtube.com/watch?v=HnkodKlZUvg

⑥No One Knows

https://www.youtube.com/watch?v=eEidXyCXFY4

⑨Somewhere In My Life

https://www.youtube.com/watch?v=RbM39-v7OVo

Major Harris - Love wont let me wait

https://www.youtube.com/watch?v=-xItIxyykXk

FRANK WASHINGTON - Ice   

https://www.youtube.com/watch?v=-Y3GgrHM9ZQ

にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲・好きなアルバムへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラ・ラ・ミーンズ・アイ・ラブ・ソウル

●毎度の事ながらとんでもないドライバー。ノートパソコンを膝に置いて運転していた。画面は開いたまま。カーブを曲がる時、車線ギリギリに!もう何でも有りなんだな。

●同僚の入院が長引きそうなので、一時職種を変更し、以前のように朝早くから夕方までの勤務になるかも知れない。
03371262
●リロイ・ジョーンズ『ブルース・ピープル』を熱中して読んでいる。知識量と読解力が追いつかず、サクサクとは読めないが、今まで得ていた黒人音楽の知識のアウトラインが明確化されてゆく感触。何らかの方法で内容を纏めておきたい。それにしても、私はやっぱり書物も、黒人音楽(引いては音楽全般)に関連したものが好きなんだとつくづく思う。購入を保留していた本もボチボチと揃えていこうかな。
005
●ザ・デルフォニックス『フォーエバー・ニュー』<ヴォルト>(99)

http://www.hmv.co.jp/product/detail/391005

発売当時話題を読んでいたのが記憶に残っている。このアルバム自体もだが、<ヴォルト>という懐かしいレーベル名の復活もだ。<ファンタジー>が買い取り、拠点もメンフィスではなく西海岸なのだが、オールドソウルファンの恋心をくすぐるのに十分だった。それでも<アトランティック>系列の物は除かれていたそうで、07年に<コンコード>が「完全復活」させるまでは中途半端な状況だったといえる。本盤の他、ドラマティックスやL・J・レイノルズ盤も出ており、タワーレコード熊本店の半額ワゴンに3枚とも有り、購入した。まだ聴き込みは足りないが、ひと通り聴いた感じでは、デルフォニックスの物が一番気に入った。

デルフォニックスといえば、ソウルを知らない人でも頭の片隅に残っているような超有名曲「ラ・ラ・ミーンズ・アイ・ラブ・ユー」が何はなくとも思い出される。これを基準に本盤を鑑賞すると、インパクトは確かに弱いが、素直に各曲に耳を傾けていけば、ウィリアム・ハートのドリーミーなハイ・テナー~ファルセットボイスを中心に心奪われる。

彼ら自身が、過去の栄光にすがるような姿勢はなく、かといって新機軸を打ち出してもおらず、この時点でのデルフォニックスを自然体で表現している結果だろう。無理をせず名前にも逃げず、正しい生き方だと思う。

♪"she's the kinda girl"
http://www.youtube.com/watch?v=41cSJaJZyZA

♪"when you're gone"
http://www.youtube.com/watch?v=9SKPOUKKfB0

♪"LA LA MEANS I LOVE YOU"
http://www.youtube.com/watch?v=375vwVZ7uAs

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

70's Blues 80's Soul Aaliyah Ahmet Ertegun Al Green Albert Collins Ali Oliie Woodson Amazing Grace American Folk Blues Festival Ann Nesby Anthony Hamilton Aretha Franklin Ariyo Arrested Development Art Tatum Trio Arthur "Big Boy" Crudup_ Artie "Blues Boy" White At the Copa B.B.King Baby Washington Babyface Barbara George Barbara Mason Bell Biv Devoe Big Walter Price with Albert Collins Bill Coday Birmingham Soul biwa duo Blind Willie Johnson Blind Willie McTell Blues Brothers Blues Jubilee Blues The Butcher 590213 Bob Dylan Bobby "Blue" Bland Bobby Bland Bobby Charles Bobby Valentino Books Brandy Buddy Guy Bukka White Byther Smith Cadillac Records Carl Sims Carole King CASE Catfish Blues Chaka Kahn Champion Jack Dupree Charles Brown Charlie Wilson Chess Chrisette Michele Christian Keyes Chuck Berry Cicero Blake Cinema Clarence Carter Clash Clay Hammond Cliff White Close to You Coko Contemporaly Deep Soul Curtis Mayfield CUSTOM Dan Penn David Ruffin Delfonics Delta Beat Denise Lasalle Dirty Dozen Brass Band Don Bryant Duet Dynamic Superiors Dynamics Ecko Records Eddie Boyd Eddie Kirkland Eddie Taylor El Debarge En Vogue Enchantment Eric Benet Etta James Facts Of Life FAME Fantasia Fats Domino Fender Blues Fenton Robinson Five Long Years For Your Precious Love_ Frank Stokes Frankie Gaye Freda Payne Freddy King Funkadelic Funky Blues G.C. Cameron Gaturs Gene Chandler Gene Rice General Johnson George Kerr Glenn Jones Gordon Chambers Gregg Allman GUESSS hajibura-ism Happy End Hard Luck Blues Harold Melvin & The Blue Notes Hibari Misora Hoochie Coochie Man Howard Tate Howlin' Wolf Hurricane Yukawa Ike & Tina Turner India. Arie Irma Thomas Isley Brothers J. Blackfoot J. Holiday Jackie Shane Jaheim James Brown Janis Joplin Jazz Jill Scott Jim Crow Jimi Hendrix Jimmy Dawkins Jimmy Rogers Jimmy Witherspoon Jodeci Joe john lee hooker John Lennon Johnnie Taylor Johnny Ace Johnny Gill Keisha Cole Kindred the Family Soul King Kitty & The Haywoods Kiyoshiro Imawano Koichi Fujii L.C. Cooke L.J.Reynolds Lacee Lalah Hathaway Latimore Launchers Laura Izibor Laura Lee Lazy Lester Le Gent Ledisi Leela James Leon Russell Leroi Jones Letoya Life is... Lightnin' Hopkins Lil Green Lionel Richie Lisa "Left-eye" Smith Little Johnny Taylor Little Milton Little Richard Little Walter Lloyd Price Louis Jordan Luther Lyn Collins Magic Sam Malaco Manami Izumiyama Marques Houston Marvin Gaye Mary J. Blige Mary Wells Mavis Staples Maze Members Only Memphis Minnie Memphis Slim Michael Jackson Miles Davis Millie Jackson mississippi Mitty Collier Miyuki Nakajima Modern Blues Modern Gospel Motown Muddy Waters Muscle Shoals Musiq Soulchild My Collection My Favorite Albums through the year Naomi Chiaki Ne-Yo Nodesha O'Jays Ohio Players Oldays Records Otis Otis Clay Otis Redding Otis Rush Otis Spann Patti Labelle Paul Butterfield Blues Band Percy Wiggins Persuaders Peter Barakan Philly Soul Photo Players Pre-War Blues Pretty Ricky Queen R. Kelly Raheem Devaughn Ray Charles Rick James Robert Blair & The Fantastic Violinaires Robert Johnson Robert Lee McCoy Rolling Stones Rozetta Johnson Rufus Thomas Sam Cooke Sam Dees Shirley and Lee Sidney Bechet Solomon Burke Soul Deep Soul Generation Soul Power Soul Stirrers Sounds of Memphis Southern Blues Southern Soul=Blues Spencer Wiggins Spirit Of Memphis Sports Stan Mosley Staple Singers Sterling Simms Story SUN Blues syl johnson Sylvester Weaver T.K.Soul Taj Mahal Tammi Terrell Teach me Tonight Ted Taylor Teddy Bunn Teddy Pendergrass Temptations Terrell Texas Blues Tony Borders Tony Toni Tone Tonyies Tower Records Toyo Nakamura TQ Trey Songz TV Tweets Twitter V.A. W.C.Karasu Whitney Houston Willie Clayton Willie Dixson Willie Mitchell Year Of 2011 You Are Everything Yuukadan