En Vogue

レコード棚を順番に聴いていく計画 Vol.22

Imge5d26eb2zikbzj

[29枚目]●ジョージ・カー『ラヴ・ラヴ・ラヴ』<ハーバー・ライト/Pヴァイン>(88/90)

http://diskunion.net/black/ct/detail/54C090218502

歌手としてだけでなく、コンポーザー、プロデューサーとして、ニュージャージー・ソウル界を盛り上げたジョージ・カー。個人的には、シンガーとしての力量はずば抜けてはいないと思う。ただ、ソウル・ミュージックの“落とし所”を心得た丁寧な歌唱ではある。

  本盤は、久々の復活作として、88年、自らのレーベルを通じて発表した物の日本盤。ジャケットを変え、4曲ボーナス・トラックを収録している。

  1曲目に、甘茶ソウルの大定番「ミー・アンド・ミセス・ジョーンズ」。おかげで、一挙に甘茶ワールドへ陥ち込んでゆく。②~④と愁いと切なさ全開だ。時折、ここで美麗なファルセットが欲しいなぁと思う箇所もあるが、やむを得ないだろう。

⑤~⑦は、正直打ち込みサウンドが気になる。⑤とかメイズっぽくもあるが・・・全面甘茶を期待する方がおかしいかな?

⑧はアーヴァン系。アル・ジョンソン辺りに歌わせたい。オリジナル盤はここまで。⑨~⑫のボーナス・トラックは、甘茶云々言う前に、良く出来たソウル曲。女性とのデュエットが3曲続くが、女性が男性のファルセット・パートを担っている部分もあり、ジョージとの釣り合いが良く取れている。

いずれにしても、意欲的な一作ではある。アレンジにパトリック・アダムスが参加。

ARE YOU EVER GONNA STOP THE RAIN

https://www.youtube.com/watch?v=RZ_8Gicl4zc

The Closer I Get To You

https://www.youtube.com/watch?v=A-akOKPX-qI

If You Could Read My Mind

https://www.youtube.com/watch?v=AXZYn1PLXws

Xat1245298002

[30枚目]●アン・ヴォーグ『ファンキー・ディヴァス』<イーストウェスト/アトランティック>(92)

http://diskunion.net/portal/ct/detail/XAT-1245298002

フォスター&マッケルロイの、騒々しい感じはどうも昔から苦手である。結局サウンドが気になり、アン・ヴォーグに意識が向きにくい。意識出来ても、コーラスの高音部等の喧しさだったりする。とにかく刺激が強い。まぁ、そういう時代だったんでしょう。

Free Your Mind

https://www.youtube.com/watch?v=i7iQbBbMAFE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女性としての普通の色気

824599177_95s

●アン・ヴォーグ『ファンキー・ディーヴァス』(92年)

アン・ヴォーグは所謂90年代のガールズ・グループラッシュの先鞭を切った形ですが、常に先頭を走った存在とはいえないでしょう。このアルバムは2枚目で、ここまでは4人ですが3人となってからは一定の評価は受けていましたが、私はあまり興味がなくなりました。もっとも私は「後追い」でガールズ・グループ全盛時代を経験していますけど・・・。

http://www.vh1.com/artists/az/en_vogue/39052/album.jhtml

http://www.youtube.com/watch?v=8pwOiC8aJrs

http://www.youtube.com/watch?v=fz3qDu0WemM

824599177_47s

むしろメンバーを抜けたドーン・ロビンソンが次に参加したルーシー・パールは大好きでした。それもそのはず、私がお気に入りのラファエル・サディークとア・トライブ・コールド・クエストのDJ Ali Shaheed Muhammadと一緒に創ったグループで、(アン・ヴォーグとは毛色の違う)斬新なサウンドが第一の魅力となるグループでした。ドーンもルーシー・パールでの歌唱の方が“ファンキー・ディーヴァ”の名に相応しい感じもします。

http://www.vh1.com/artists/az/lucy_pearl/242742/album.jhtml

http://jp.youtube.com/watch?v=Hi2L9cB_NQ0

そうなんですよ。アン・ヴォーグのこのアルバムはタイトルに反してさほどファンキーではないです。フォスター&マッケルロイが創った割にはコーラスの美しさとかが強調された一枚です。綺麗すぎるんですが、彼女たちにはよく合っています。1曲だけ唸りの入った曲が有りますが、若干肩透かしの感があります。ボーイズ・Ⅱ・メンが泥臭く聴こえるぐらいの無色透明ぶりです。好みの問題にはなりますが、統一感は間違いなく有ります。歌は上手いので聴き応えもそこそこ有ります。

824599177_85s

さて、彼女たちの清楚で可憐なイメージは本盤の裏ジャケットにも現れています。湖畔でしょうか、4人がさりげなく立ち、パステルカラーのドレスを“普通の感じ”で着ている後ろ姿です。表のいかにもインパクトの有るジャケットに比べ、フォーカスもぼやけたような感じなんですが、彼女たちの人間味溢れる色気が感じられ、とても気に入ってます。エロとかセクシーとかとはまた違う、女性が本来持っている“普通の色気”を感じます。それがそのまま彼女たちの音世界のような気がします。ルーシー・パールでのドーンのハッチャケぶりも魅力的なんですが、アン・ヴォーグのメンバーとしての少々ステレオタイプな感じも許せるなあと思います。

因みにドーンは後に復活。現在は4人で活動しているようです。

http://en.wikipedia.org/wiki/En_Vogue

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

80's Soul | Aaliyah | Ahmet Ertegun | Al Green | Albert Collins | Ali Oliie Woodson | Amazing Grace | Aretha Franklin | Arthur "Big Boy" Crudup_ | Artie "Blues Boy" White | At the Copa | B.B.King | Baby Washington | Babyface | Barbara Mason | Big Walter Price with Albert Collins | Birmingham Soul | biwa duo | Blues Brothers | Bob Dylan | Bobby "Blue" Bland | Bobby Bland | Bobby Charles | Bobby Valentino | Books | Brandy | Byther Smith | Cadillac Records | Carl Sims | Carole King | CASE | Chaka Kahn | Charlie Wilson | Chess | Chrisette Michele | Christian Keyes | Chuck Berry | Cinema | Clarence Carter | Clash | Clay Hammond | Close to You | Contemporaly Deep Soul | Curtis Mayfield | CUSTOM | David Ruffin | Delfonics | Delta Beat | Denise Lasalle | Don Bryant | Duet | Dynamics | Ecko Records | El Debarge | En Vogue | Eric Benet | Etta James | Facts Of Life | FAME | Fantasia | Fenton Robinson | For Your Precious Love_ | Frank Stokes | Frankie Gaye | Freda Payne | Funky Blues | G.C. Cameron | Gaturs | Gene Rice | General Johnson | George Kerr | Glenn Jones | Gordon Chambers | GUESSS | hajibura-ism | Happy End | Hard Luck Blues | Harold Melvin & The Blue Notes | Hibari Misora | Howard Tate | Howlin' Wolf | Ike & Tina Turner | India. Arie | Isley Brothers | J. Blackfoot | J. Holiday | Jaheim | James Brown | Jazz | Jill Scott | Jimi Hendrix | Jimmy Dawkins | Jimmy Rogers | Jodeci | Joe | John Lennon | Johnnie Taylor | Johnny Gill | Keisha Cole | Kindred the Family Soul | Kitty & The Haywoods | Kiyoshiro Imawano | Koichi Fujii | L.C. Cooke | Lacee | Lalah Hathaway | Latimore | Laura Izibor | Laura Lee | Ledisi | Leela James | Leroi Jones | Letoya | Life is... | Lightnin' Hopkins | Lionel Richie | Lisa "Left-eye" Smith | Little Milton | Little Richard | Little Walter | Lloyd Price | Lyn Collins | Magic Sam | Malaco | Marques Houston | Marvin Gaye | Mary J. Blige | Mary Wells | Mavis Staples | Maze | Memphis Slim | Michael Jackson | Miles Davis | Mitty Collier | Miyuki Nakajima | Modern Blues | Modern Gospel | Motown | Muddy Waters | Muscle Shoals | Musiq Soulchild | My Collection | My Favorite Albums through the year | Naomi Chiaki | Ne-Yo | Nodesha | O'Jays | Ohio Players | Oldays Records | Otis | Otis Redding | Otis Rush | Patti Labelle | Percy Wiggins | Peter Barakan | Photo | Pre-War Blues | Pretty Ricky | R. Kelly | Raheem Devaughn | Ray Charles | Rick James | Robert Blair & The Fantastic Violinaires | Robert Johnson | Rolling Stones | Rozetta Johnson | Rufus Thomas | Sam Cooke | Sam Dees | Solomon Burke | Soul Deep | Soul Generation | Soul Power | Soul Stirrers | Sounds of Memphis | Spencer Wiggins | Sports | Stan Mosley | Sterling Simms | Story | syl johnson | Taj Mahal | Tammi Terrell | Teach me Tonight | Teddy Bunn | Teddy Pendergrass | Temptations | Terrell | Tony Borders | Tony Toni Tone | Tonyies | Tower Records | Toyo Nakamura | TQ | Trey Songz | TV | Twitter | V.A. | W.C.Karasu | Whitney Houston | Willie Mitchell | Year Of 2011 | You Are Everything | Yuukadan