Gordon Chambers

レコード棚を順番に聴いていく計画 Vol.29

58c050513002


[37枚目]●ゴードン・チェンバース『イントロデューシング・・・ゴードン・チェンバース』<ゴードン・ミュージック/スロウダウン>(05)

http://gordonchambers.com/album/introducing/

コンポーザーとして名を成した人がミュージシャン・デビューすると大抵内容が良い。ゴードン・チェンバースにも同じ事が言える。

アニタ・ベイカーやオージェイズといったベテラン勢から、アッシャーやSWV等当時のメイン・トレンドを行く人たちまで多くの楽曲を提供している。美メロとアーバン・タッチには定評がある。

①マーヴィン・ゲイ「アイ・ウォント・ユー」遣いでスタート。決めどころではマーヴィン的なひりつくシャウトも聴かせる。少しザラついた声は良いアクセントになっている。

②はスティーヴィー・ワンダーを想起。グレン・ルイスとゴードンの盟友トロイ・テイラー作。グレンもBGvo.で参加。③はスパンダー・バレー遣い(私はよく知りませんが)。

④はヴォーカル力を発揮。⑤はテンポが面白い。サラ・ディヴァインなる女性とデュエットの⑥。これまでの曲もそうだが、この曲特にベース音(プログラム)がファットで心地良い。

⑦はカール・トーマスに提供した曲。カールをゲストに呼んで。トランペットがアーバン感。

⑧決して濁らないサックスと、流れるように弾かれるピアノが超アーバン。続いても印象的なバラード⑨。控えめに鳴るギターも味となっている。ハンドクラッピングとベースが彩る⑩も良い曲。後半はゴスペルの薫り。

⑪はアニタ・ベイカーに提供した曲。ここは生楽器による演奏。アーバン・ジャズ風。最後の⑫は静かに歌い上げる。

  2曲、バックグラウンド・ヴォーカルでライアン・ショウ参加。

ミュージック・フェスティバルでも有名な雑誌『エッセンス』の編集者も経験しているゴードン。広い範囲で音楽に接していた事だろう。アルバムを出すペースがゆったりしているのは、納得のゆくまで良い物を創ろうとする精神の表れに違いない。2作目が2年後、3作目がその5年後の2011年である。自主レーベルでのスタートも意欲を感じる。

①Touch You There

https://www.youtube.com/watch?v=egSAeN4EgQM

④My Imagination

https://www.youtube.com/watch?v=PCpWp7B8_mc

⑤Be Happy

https://www.youtube.com/watch?v=smlUS7vdRfc

(ライブ)⑧I'LL MISS YOU MOST LIVE IN PHILADELPHIA

https://www.youtube.com/watch?v=qpBLHCYAr-c

⑨THATS WHEN YOU FALL IN LOVE

https://www.youtube.com/watch?v=EYi6fwupAfY

(ライブ)⑩Always Be Proud

https://www.youtube.com/watch?v=FBGpisq7f0s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジェントルマンのラブソング

51wix9vr1ol__sx230_

●ゴードン・チェンバース『ラブ・ストーリーズ』<チェンバー/コロムビア>(07)

http://ongakumeter.com/m/B000OLG7NO

ゴードン・チェンバースは、<エッセンス>誌の編集者当時から多くの歌手に曲を提供し、高い評価を得ていた。97年には独立。「彼の歌なら大丈夫」と言われるほどの存在になっていった。

04年『イントロデューシング…』という自身のアルバムをリリース。だがそれは、そろそろ自分名義で一枚、といった単純な構図ではなかった。石島春美さんがライナーノーツの中で紹介されている、本人が語るデビューまでの奮闘振りを読むと、彼という人間、そして曲に込められている思いが理解出来、2作目ではあるが、本作品の魅力を裏打ちするものともなっている。大人のラブソングが少ない世情を嘆き、大手が興味を示さない中、自ら協力者を探し、自宅を抵当に入れてまでレーベルを作った。広報やマーケティングまで自らこなし、ひたすら奔走した。やがて、じわじわと話題を呼び、遂には、鬼籍に入ったルーサー・ヴァンドロスやジェラルド・リヴァートの後継者とまで呼ばれるようになった。苦労話というより、ブラックミュージックの王道の危機に対して立ち上がった男のエピソードとして称賛に値する。

『イントロデューシング…』は私も聴いた。アーヴァン系なんだけど土臭さも感じる、生活感を感じるような一枚だった。本盤は、よりスタイリッシュで、ゆっくりと腰を落ち着けた感じに聴こえる。とはいえ『イントロデューシング…』に比べ多様ではある。しかし、テンポの良い曲でも抑制が効いているので統一感がある。総合的には、淡々としたオトナな一枚だ。ゴードン・チェンバースサウンドとして自立している。しかし、ワンマンにはならず、頼りになる友の助けを借りているのも、オトナな態度である。

「大人のラブソング」というと、「ベイビー・メイキン・ミュージック」の方向に行きそうだが、ゴードンが歌い上げるものは(歌詞を検討した訳ではないが)、神への愛・神からの愛に通じるような奥深さを伴っている。曲構成がシッカリしているのもあるだろうし、彼の、音楽に対する真摯な姿勢が曲を通して伝わるからだ。

日本盤にはリミックスが3曲ボーナス追加。悪くは無いのだが、アルバムの統一感に拘るなら、この3曲は要らない。だが、日本盤には冒頭紹介したライナーがある。各々ジャケットも違うので、大いに悩んで下さい。尚、ゴードンは2011年にもアルバムを出しています(未聴)。

♪"Violins"
http://www.youtube.com/watch?v=5SHJfwZCliU

♪"I Wish I Was In Love"
http://www.youtube.com/watch?v=KGQgvoX0mkw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

70's Blues | 80's Soul | Aaliyah | Ahmet Ertegun | Al Green | Albert Collins | Ali Oliie Woodson | Amazing Grace | American Folk Blues Festival | Aretha Franklin | Arthur "Big Boy" Crudup_ | Artie "Blues Boy" White | At the Copa | B.B.King | Baby Washington | Babyface | Barbara Mason | Big Walter Price with Albert Collins | Birmingham Soul | biwa duo | Blind Willie Johnson | Blues Brothers | Bob Dylan | Bobby "Blue" Bland | Bobby Bland | Bobby Charles | Bobby Valentino | Books | Brandy | Buddy Guy | Byther Smith | Cadillac Records | Carl Sims | Carole King | CASE | Chaka Kahn | Charlie Wilson | Chess | Chrisette Michele | Christian Keyes | Chuck Berry | Cinema | Clarence Carter | Clash | Clay Hammond | Close to You | Contemporaly Deep Soul | Curtis Mayfield | CUSTOM | David Ruffin | Delfonics | Delta Beat | Denise Lasalle | Don Bryant | Duet | Dynamics | Ecko Records | El Debarge | En Vogue | Eric Benet | Etta James | Facts Of Life | FAME | Fantasia | Fenton Robinson | For Your Precious Love_ | Frank Stokes | Frankie Gaye | Freda Payne | Funky Blues | G.C. Cameron | Gaturs | Gene Rice | General Johnson | George Kerr | Glenn Jones | Gordon Chambers | GUESSS | hajibura-ism | Happy End | Hard Luck Blues | Harold Melvin & The Blue Notes | Hibari Misora | Howard Tate | Howlin' Wolf | Ike & Tina Turner | India. Arie | Isley Brothers | J. Blackfoot | J. Holiday | Jaheim | James Brown | Jazz | Jill Scott | Jimi Hendrix | Jimmy Dawkins | Jimmy Rogers | Jodeci | Joe | John Lennon | Johnnie Taylor | Johnny Ace | Johnny Gill | Keisha Cole | Kindred the Family Soul | Kitty & The Haywoods | Kiyoshiro Imawano | Koichi Fujii | L.C. Cooke | Lacee | Lalah Hathaway | Latimore | Laura Izibor | Laura Lee | Ledisi | Leela James | Leroi Jones | Letoya | Life is... | Lightnin' Hopkins | Lionel Richie | Lisa "Left-eye" Smith | Little Milton | Little Richard | Little Walter | Lloyd Price | Louis Jordan | Lyn Collins | Magic Sam | Malaco | Marques Houston | Marvin Gaye | Mary J. Blige | Mary Wells | Mavis Staples | Maze | Memphis Slim | Michael Jackson | Miles Davis | Mitty Collier | Miyuki Nakajima | Modern Blues | Modern Gospel | Motown | Muddy Waters | Muscle Shoals | Musiq Soulchild | My Collection | My Favorite Albums through the year | Naomi Chiaki | Ne-Yo | Nodesha | O'Jays | Ohio Players | Oldays Records | Otis | Otis Clay | Otis Redding | Otis Rush | Patti Labelle | Percy Wiggins | Peter Barakan | Photo | Pre-War Blues | Pretty Ricky | R. Kelly | Raheem Devaughn | Ray Charles | Rick James | Robert Blair & The Fantastic Violinaires | Robert Johnson | Rolling Stones | Rozetta Johnson | Rufus Thomas | Sam Cooke | Sam Dees | Solomon Burke | Soul Deep | Soul Generation | Soul Power | Soul Stirrers | Sounds of Memphis | Spencer Wiggins | Sports | Stan Mosley | Sterling Simms | Story | SUN Blues | syl johnson | Taj Mahal | Tammi Terrell | Teach me Tonight | Teddy Bunn | Teddy Pendergrass | Temptations | Terrell | Texas Blues | Tony Borders | Tony Toni Tone | Tonyies | Tower Records | Toyo Nakamura | TQ | Trey Songz | TV | Twitter | V.A. | W.C.Karasu | Whitney Houston | Willie Mitchell | Year Of 2011 | You Are Everything | Yuukadan