Gordon Chambers

レコード棚を順番に聴いていく計画 Vol.29

58c050513002


[37枚目]●ゴードン・チェンバース『イントロデューシング・・・ゴードン・チェンバース』<ゴードン・ミュージック/スロウダウン>(05)

http://gordonchambers.com/album/introducing/

コンポーザーとして名を成した人がミュージシャン・デビューすると大抵内容が良い。ゴードン・チェンバースにも同じ事が言える。

アニタ・ベイカーやオージェイズといったベテラン勢から、アッシャーやSWV等当時のメイン・トレンドを行く人たちまで多くの楽曲を提供している。美メロとアーバン・タッチには定評がある。

①マーヴィン・ゲイ「アイ・ウォント・ユー」遣いでスタート。決めどころではマーヴィン的なひりつくシャウトも聴かせる。少しザラついた声は良いアクセントになっている。

②はスティーヴィー・ワンダーを想起。グレン・ルイスとゴードンの盟友トロイ・テイラー作。グレンもBGvo.で参加。③はスパンダー・バレー遣い(私はよく知りませんが)。

④はヴォーカル力を発揮。⑤はテンポが面白い。サラ・ディヴァインなる女性とデュエットの⑥。これまでの曲もそうだが、この曲特にベース音(プログラム)がファットで心地良い。

⑦はカール・トーマスに提供した曲。カールをゲストに呼んで。トランペットがアーバン感。

⑧決して濁らないサックスと、流れるように弾かれるピアノが超アーバン。続いても印象的なバラード⑨。控えめに鳴るギターも味となっている。ハンドクラッピングとベースが彩る⑩も良い曲。後半はゴスペルの薫り。

⑪はアニタ・ベイカーに提供した曲。ここは生楽器による演奏。アーバン・ジャズ風。最後の⑫は静かに歌い上げる。

  2曲、バックグラウンド・ヴォーカルでライアン・ショウ参加。

ミュージック・フェスティバルでも有名な雑誌『エッセンス』の編集者も経験しているゴードン。広い範囲で音楽に接していた事だろう。アルバムを出すペースがゆったりしているのは、納得のゆくまで良い物を創ろうとする精神の表れに違いない。2作目が2年後、3作目がその5年後の2011年である。自主レーベルでのスタートも意欲を感じる。

①Touch You There

https://www.youtube.com/watch?v=egSAeN4EgQM

④My Imagination

https://www.youtube.com/watch?v=PCpWp7B8_mc

⑤Be Happy

https://www.youtube.com/watch?v=smlUS7vdRfc

(ライブ)⑧I'LL MISS YOU MOST LIVE IN PHILADELPHIA

https://www.youtube.com/watch?v=qpBLHCYAr-c

⑨THATS WHEN YOU FALL IN LOVE

https://www.youtube.com/watch?v=EYi6fwupAfY

(ライブ)⑩Always Be Proud

https://www.youtube.com/watch?v=FBGpisq7f0s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジェントルマンのラブソング

51wix9vr1ol__sx230_

●ゴードン・チェンバース『ラブ・ストーリーズ』<チェンバー/コロムビア>(07)

http://ongakumeter.com/m/B000OLG7NO

ゴードン・チェンバースは、<エッセンス>誌の編集者当時から多くの歌手に曲を提供し、高い評価を得ていた。97年には独立。「彼の歌なら大丈夫」と言われるほどの存在になっていった。

04年『イントロデューシング…』という自身のアルバムをリリース。だがそれは、そろそろ自分名義で一枚、といった単純な構図ではなかった。石島春美さんがライナーノーツの中で紹介されている、本人が語るデビューまでの奮闘振りを読むと、彼という人間、そして曲に込められている思いが理解出来、2作目ではあるが、本作品の魅力を裏打ちするものともなっている。大人のラブソングが少ない世情を嘆き、大手が興味を示さない中、自ら協力者を探し、自宅を抵当に入れてまでレーベルを作った。広報やマーケティングまで自らこなし、ひたすら奔走した。やがて、じわじわと話題を呼び、遂には、鬼籍に入ったルーサー・ヴァンドロスやジェラルド・リヴァートの後継者とまで呼ばれるようになった。苦労話というより、ブラックミュージックの王道の危機に対して立ち上がった男のエピソードとして称賛に値する。

『イントロデューシング…』は私も聴いた。アーヴァン系なんだけど土臭さも感じる、生活感を感じるような一枚だった。本盤は、よりスタイリッシュで、ゆっくりと腰を落ち着けた感じに聴こえる。とはいえ『イントロデューシング…』に比べ多様ではある。しかし、テンポの良い曲でも抑制が効いているので統一感がある。総合的には、淡々としたオトナな一枚だ。ゴードン・チェンバースサウンドとして自立している。しかし、ワンマンにはならず、頼りになる友の助けを借りているのも、オトナな態度である。

「大人のラブソング」というと、「ベイビー・メイキン・ミュージック」の方向に行きそうだが、ゴードンが歌い上げるものは(歌詞を検討した訳ではないが)、神への愛・神からの愛に通じるような奥深さを伴っている。曲構成がシッカリしているのもあるだろうし、彼の、音楽に対する真摯な姿勢が曲を通して伝わるからだ。

日本盤にはリミックスが3曲ボーナス追加。悪くは無いのだが、アルバムの統一感に拘るなら、この3曲は要らない。だが、日本盤には冒頭紹介したライナーがある。各々ジャケットも違うので、大いに悩んで下さい。尚、ゴードンは2011年にもアルバムを出しています(未聴)。

♪"Violins"
http://www.youtube.com/watch?v=5SHJfwZCliU

♪"I Wish I Was In Love"
http://www.youtube.com/watch?v=KGQgvoX0mkw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

70's Blues 80's Soul Aaliyah Ahmet Ertegun Al Green Albert Collins Ali Oliie Woodson Amazing Grace American Folk Blues Festival Ann Nesby Anthony Hamilton Aretha Franklin Ariyo Arrested Development Art Tatum Trio Arthur "Big Boy" Crudup_ Artie "Blues Boy" White At the Copa B.B.King Baby Washington Babyface Barbara George Barbara Mason Bell Biv Devoe Big Walter Price with Albert Collins Bill Coday Birmingham Soul biwa duo Blind Willie Johnson Blind Willie McTell Blues Brothers Blues Jubilee Blues The Butcher 590213 Bob Dylan Bobby "Blue" Bland Bobby Bland Bobby Charles Bobby Valentino Books Brandy Buddy Guy Bukka White Byther Smith Cadillac Records Carl Sims Carole King CASE Catfish Blues Chaka Kahn Champion Jack Dupree Charles Brown Charlie Wilson Chess Chrisette Michele Christian Keyes Chuck Berry Cicero Blake Cinema Clarence Carter Clash Clay Hammond Cliff White Close to You Coko Contemporaly Deep Soul Curtis Mayfield CUSTOM Dan Penn David Ruffin Delfonics Delta Beat Denise Lasalle Dirty Dozen Brass Band Don Bryant Duet Dynamic Superiors Dynamics Ecko Records Eddie Boyd Eddie Kirkland Eddie Taylor El Debarge En Vogue Enchantment Eric Benet Etta James Facts Of Life FAME Fantasia Fats Domino Fender Blues Fenton Robinson Five Long Years For Your Precious Love_ Frank Stokes Frankie Gaye Freda Payne Freddy King Funkadelic Funky Blues G.C. Cameron Gaturs Gene Chandler Gene Rice General Johnson George Kerr Glenn Jones Gordon Chambers Gregg Allman GUESSS hajibura-ism Happy End Hard Luck Blues Harold Melvin & The Blue Notes Hibari Misora Hoochie Coochie Man Howard Tate Howlin' Wolf Hurricane Yukawa Ike & Tina Turner India. Arie Irma Thomas Isley Brothers J. Blackfoot J. Holiday Jackie Shane Jaheim James Brown Janis Joplin Jazz Jill Scott Jim Crow Jimi Hendrix Jimmy Dawkins Jimmy Rogers Jimmy Witherspoon Jodeci Joe john lee hooker John Lennon Johnnie Taylor Johnny Ace Johnny Gill Keisha Cole Kindred the Family Soul King Kitty & The Haywoods Kiyoshiro Imawano Koichi Fujii L.C. Cooke L.J.Reynolds Lacee Lalah Hathaway Latimore Launchers Laura Izibor Laura Lee Lazy Lester Le Gent Ledisi Leela James Leon Russell Leroi Jones Letoya Life is... Lightnin' Hopkins Lil Green Lionel Richie Lisa "Left-eye" Smith Little Johnny Taylor Little Milton Little Richard Little Walter Lloyd Price Louis Jordan Luther Lyn Collins Magic Sam Malaco Manami Izumiyama Marques Houston Marvin Gaye Mary J. Blige Mary Wells Mavis Staples Maze Members Only Memphis Minnie Memphis Slim Michael Jackson Miles Davis Millie Jackson mississippi Mitty Collier Miyuki Nakajima Modern Blues Modern Gospel Motown Muddy Waters Muscle Shoals Musiq Soulchild My Collection My Favorite Albums through the year Naomi Chiaki Ne-Yo Nodesha O'Jays Ohio Players Oldays Records Otis Otis Clay Otis Redding Otis Rush Otis Spann Patti Labelle Paul Butterfield Blues Band Percy Wiggins Persuaders Peter Barakan Philly Soul Photo Players Pre-War Blues Pretty Ricky Queen R. Kelly Raheem Devaughn Ray Charles Rick James Robert Blair & The Fantastic Violinaires Robert Johnson Robert Lee McCoy Rolling Stones Rozetta Johnson Rufus Thomas Sam Cooke Sam Dees Shirley and Lee Sidney Bechet Solomon Burke Soul Deep Soul Generation Soul Power Soul Stirrers Sounds of Memphis Southern Blues Southern Soul=Blues Spencer Wiggins Spirit Of Memphis Sports Stan Mosley Staple Singers Sterling Simms Story SUN Blues syl johnson Sylvester Weaver T.K.Soul Taj Mahal Tammi Terrell Teach me Tonight Ted Taylor Teddy Bunn Teddy Pendergrass Temptations Terrell Texas Blues Tony Borders Tony Toni Tone Tonyies Tower Records Toyo Nakamura TQ Trey Songz TV Tweets Twitter V.A. W.C.Karasu Whitney Houston Willie Clayton Willie Dixson Willie Mitchell Year Of 2011 You Are Everything Yuukadan