Jaheim

レコード棚を順番に聴いていく計画 Vol.7

51gslao8vjl__sx230_

[13枚目]●ジャヒーム『ゲットー・ラブ』<ワーナー>(01)

http://ongakumeter.com/m/B00005899K

今をときめくジャヒームのデビュー盤。ヒップホップ系のイントロの後、早くも3曲目から歌唱力が光る。少しザラついたセミスウィートなヴォーカルは、たちまちジャヒームの世界へ誘う。プロデューサーは複数居るが、私が知っているのはケイジーぐらい。リル・モが1曲参加しているが、さほど目立たず。サンプリング素材は、ウィリー・ハッチ、マリリン・マックー&ビリー・デイヴィス・ジュニア、バリー・ホワイト。効果的な背景となる。

ミッドもスローも、ラップ入りもデュオ曲も、好曲目白押し。朝昼晩、何時聴いてもOK。一人でも二人でも、大勢でも愉しめる。デビュー盤でこの完成度は流石である。

Could It Be

https://www.youtube.com/watch?v=6U6MsUQotfE

Lil' Nigga Ain't Mine

https://www.youtube.com/watch?v=dcIgzWOiloc

Ready, Willing & Able

https://www.youtube.com/watch?v=PymWqoM_C7k

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【試聴記】ジャヒーム『アナザー・ラウンド』

835

http://www.hmv.co.jp/product/detail/3730835

http://www.jaheimmusic.com/

オールドソウルファンが最も抵抗なく聴ける現代R&B歌手が、ジャヒームかも知れません。しかも懐古モードに停滞していない為、オールドソウルの延長線としての現代R&Bを愉しめる所が魅力です。新鮮味と耳に馴染んでいる感覚の両方を堪能出来るって感じ。しかも、オールド感覚にも一捻り有り。例えば(と、例として上げられるのかは微妙)3曲目「WHOA」では、サム・クック調の歌い回し「うぉううぉううぉう」が入るが真似に終わらず。4曲目「Till It Happens to You」では微かなスクラッチノイズがわざとらしくなく効果的です。1曲目とラストに配置された「Ain't Leavin Without You 」の、ギターのカッティングやベースのモコモコ音も、旧い感覚にも新しい感覚にも通じて興味深いです。

新しい感覚・旧い感覚を感じると述べましたが、実はそういった感覚を露骨にニオわせないアーティストこそクリエイティブだと思います。大衆音楽的黒人音楽では「クリエイティブ」な作品とは「斬新過ぎなくて古臭くないもの」だと思います。私がバカの一つ覚えで使っている「変わりゆく変わらぬもの」です。

「変わらぬもの」とは、私が中々纏め切れない「ブラックネス」です。人によって定義が違うと思うのですが、もしかしたら感じ方は一緒かも知れないなあと本盤を聴いて思いました。アップ曲では腰が揺れ、切ないバラード(歌声)には身悶え、厚く深いコーラスワークには鳥肌立つ・・・基準は違うでしょうが反応としては同じだと思います。ブルースでも現代R&Bでも一緒です。

腰揺れ・身悶え・鳥肌、これら全てを過不足なく味わえる本盤はかなりハイレベルな黒人音楽アルバムである事はブラック系のファンなら共通して納得できる所だと思います。

http://www.youtube.com/watch?v=ZprIM6yWq2g

http://www.youtube.com/watch?v=XfHOwo6xnl4&feature=fvst

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒くて確かなカケラ

795665678_90s 795665678_108s

795665678_102s

ジャヒームのデビュー作で「ゲットー三部作」のスタートである『ゲットー・ラブ』を聴いてみました。三部作の仕上げとなった『ゲットー・クラシックス』はヴォーカルを丁寧に重ねたり、引き締まったグルーヴを体験させてくれたりとオールドソウル感覚が比較的豊富でした。最新作『ザ・メイキングス・オブ・ア・マン』は王道R&Bの完成を見た隙のない一枚かと思います。

それらと比べると『ゲットー・ラブ』はヒップホップ度が強いです。さらに1曲がやや短めなので「ジャヒーム像」が小出しに出ている感が有ります。最新作を一軒の出来上がった家とすると、『ゲットー・ラブ』の音世界は家具や調度品、壁紙といった家を構成する物たちではないかと思います。「完成品」ではなくてもジャヒームらしさは出ているのです。「いかにもあなたが選びそうな素敵な壁紙ね」という感想と同じです。

そもそも音楽は完成したものでなければならないでしょうか?というか「完成」の基準さえ実は曖昧ではないでしょうか?ジャヒームの最新作は単に「今の所最高作の可能性が高い」だけであって、それは「完成」というわけではないです。また当然聴く人による「基準」の違いも有ります。

かつてチャーリー・パーカーの<ダイアル>時代の3枚組か4枚組(LP)を買ったのですが、これにはパーカーがチョロッとだけ吹いたフレーズも収録されています。最初は何じゃ?と思いましたが確かにパーカーなのです。ライトニンがギターをジャランとかき鳴らしただけで彼のブルースなのと一緒です。特に黒人音楽は「フレーズ命」みたいな部分が有り、一つの曲というよりジャヒーム的感覚、チャーリー・パーカー的感覚、ライトニン・ホプキンス的感覚を楽しむ側面が濃いものだと思います。

『ゲットー・ラブ』はそういった面で、ジャヒームの基本を知る事が出来る一枚ではあります。ただ、終盤の連続バラード攻撃は個人的には今一つでした。ちょっとポップス寄りだったり、R・ケリーの影が見えたりして(私が考える)ジャヒームらしい「壁紙」とは少し違う感じもします。しかし、あくまでブルース野郎の感想ですから、そんなには気にしないで下さい。

http://www.youtube.com/watch?v=qpj-K9IjwLA

http://www.youtube.com/watch?v=ACXBLmVfa5w&feature=fvw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Aaliyah | Ahmet Ertegun | Albert Collins | Ali Oliie Woodson | Amazing Grace | Aretha Franklin | Arthur "Big Boy" Crudup_ | Artie "Blues Boy" White | At the Copa | B.B.King | Babyface | Barbara Mason | Big Walter Price with Albert Collins | biwa duo | Bob Dylan | Bobby "Blue" Bland | Bobby Bland | Bobby Charles | Bobby Valentino | Books | Brandy | Byther Smith | Cadillac Records | Carl Sims | Carole King | CASE | Chaka Kahn | Charlie Wilson | Chess | Chrisette Michele | Christian Keyes | Chuck Berry | Cinema | Clarence Carter | Clash | Clay Hammond | Close to You | Contemporaly Deep Soul | Curtis Mayfield | CUSTOM | David Ruffin | Delfonics | Denise Lasalle | Don Bryant | Duet | Ecko Records | El Debarge | En Vogue | Eric Benet | Etta James | Facts Of Life | FAME | Fantasia | Fenton Robinson | For Your Precious Love_ | Frank Stokes | Freda Payne | G.C. Cameron | Gene Rice | General Johnson | Gordon Chambers | GUESSS | hajibura-ism | Happy End | Hard Luck Blues | Harold Melvin & The Blue Notes | Hibari Misora | Howard Tate | Howlin' Wolf | Ike & Tina Turner | India. Arie | Isley Brothers | J. Blackfoot | J. Holiday | Jaheim | James Brown | Jazz | Jill Scott | Jimi Hendrix | Jimmy Dawkins | Jimmy Rogers | Jodeci | Joe | John Lennon | Johnnie Taylor | Keisha Cole | Kindred the Family Soul | Kitty & The Haywoods | Kiyoshiro Imawano | Koichi Fujii | Lacee | Lalah Hathaway | Latimore | Laura Izibor | Laura Lee | Ledisi | Leela James | Leroi Jones | Letoya | Life is... | Lionel Richie | Lisa "Left-eye" Smith | Little Milton | Little Richard | Little Walter | Lloyd Price | Lyn Collins | Magic Sam | Malaco | Marques Houston | Marvin Gaye | Mary J. Blige | Mary Wells | Mavis Staples | Maze | Memphis Slim | Michael Jackson | Miles Davis | Mitty Collier | Miyuki Nakajima | Modern Blues | Modern Gospel | Motown | Muddy Waters | Muscle Shoals | Musiq Soulchild | My Collection | My Favorite Albums through the year | Naomi Chiaki | Ne-Yo | Nodesha | Ohio Players | Otis Redding | Otis Rush | Patti Labelle | Peter Barakan | Photo | Pre-War Blues | Pretty Ricky | R. Kelly | Raheem Devaughn | Ray Charles | Rick James | Robert Johnson | Rolling Stones | Rozetta Johnson | Rufus Thomas | Sam Cooke | Solomon Burke | Soul Deep | Soul Generation | Soul Power | Soul Stirrers | Sounds of Memphis | Spencer Wiggins | Sports | Stan Mosley | Sterling Simms | Story | syl johnson | Taj Mahal | Tammi Terrell | Teach me Tonight | Teddy Pendergrass | Temptations | Terrell | Tony Borders | Tony Toni Tone | Tonyies | Tower Records | Toyo Nakamura | TQ | Trey Songz | TV | Twitter | V.A. | Whitney Houston | Willie Mitchell | Year Of 2011 | You Are Everything | Yuukadan