James Brown

レコード棚を順番に聴いていく計画 Vol.36

61ief9lvt1l__sx230_

[44枚目]●ジェイムス・ブラウン『マザーロード』<ポリドール>(88)

http://diskunion.net/portal/ct/detail/1006631850

...

リミックス2曲以外は、未発表曲で組まれたアルバム。内容は既発曲に比べ遜色ない。緻密に構成された各楽器のリズム・パターンは、音に乗りながらも聴き入ってしまう。やはり、ドラムとベースはその中心で、変幻自在なグルーヴは圧倒的なまでの鮮やかさだ。ギターのカッティングやホーン陣が目立つ作品もあるが、全てJB的音楽理論の下に成り立っている。最近上映された映画(ドキュメンタリーではない方)の中で、JBはバンド・メンバーに「全ての楽器はドラムだ!」と強調していた。リズムを主体に創り上げる音楽、それは黒人音楽の重要な特色とも言える。JBは、常に妥協せずリズムを生かしたファンク道を貫いた。全くの想像だが、中途半端な出来の曲がもしあったとしたら、“処分”したのではないか。それ故に未発表であっても高いレベルを維持しているのだと思う。

  本盤ではアシスタント・プロデューサーのクリフ・ホワイトは、JB関連の好編集盤と言われている『ジャングル・グルーヴ』や『CDofJB』にも関わっている、記憶しておくべき人物だ。

  尚、近年1000円シリーズでJBの作品が多数出ており、『マザーロード』も入っている。こちらには更にボーナス・トラックが2曲追加されている。(リンク先がそれ)

Motherlode [Full Album]

https://www.youtube.com/watch?v=DX5_Ptx9GfE

She's The One

https://www.youtube.com/watch?v=QOpgOH4IPT0

You Got To Have A Mother For Me

https://www.youtube.com/watch?v=bKw1n-22AC8

People,get up and drive your funky soul 

https://www.youtube.com/watch?v=8L8e_XOpr4E

| | コメント (0) | トラックバック (0)

孤独の力

【映画】『ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男』

http://jamesbrown-movie.jp/


ジェイムス・ブラウンは、黒人音楽史上の最重要人物の一人だ。それに止まらず、黒人文化史に残る偉大な人物だ。 一人の人間が抱えるにはあまりにも大きなステイタスである。よく潰されずに最後の最後まで「JB」を貫いたと思う。

母親にも父親にも“捨てられた”少年時代。自分の力だけで道を切り開き、欲しいものを手に入れなければならなかった。「音楽があるから正気を保てている」苦難の道だった。しかし、ボビー・バードを始め、たくさんの人物の助けがあった。もちろん、JB自身に音楽の才能があったからこそと言える。自分一人で道を開拓した訳ではないが、JBの力がなければ道にならなかったのも事実だ。

JBは孤独だった。死ぬまでJBであった以上、死ぬまで孤独だった。妻もいて親友もいるが、彼は孤独であり続けた。孤独であった少年時代は、忘れるべき過去ではなく、彼の精神の支えにも似たものであったと思う。スターゆえの孤独ではない。彼はスター以上の存在だからだ。自分の孤独さと向き合える人間は強い。

映画は人生の時間軸に沿いながら、少年期とデビュー間もない頃の映像がしばしば挟まれる。彼本人の基本精神とJB音楽の基本精神が繰り返されて強調されていたように思う。音楽の話を書いておくと、底辺にあるゴスペルの高揚感、グルーヴとフィーリング、全ての楽器はドラム等々、JB音楽引いては黒人音楽を理解するキーワードが頻出する。あまり詳述するとネタバレになるがこの程度は敢えて書いておきたい。

黒人音楽ファンなら分っているが、ジェイムス・ブラウンは、ソウルシンガーとしても一流である。ファンキーさとかダンスプレイだけでなく、ディープなソウル歌手である。その辺りも本映画はよく表現できていた。全般的に歌唱・演奏シーンが多かったのもとても嬉しかった。

孤独がテーマの映画とまでは言わないが、孤独の切なさと孤独の力の双方を感じ取れる映画だった。孤独を念頭に置くと、常に胸を張り、人前では笑みを絶やさないJBの姿がとても愛おしく思える。JBを身近に感じただけでも収穫のあった映画だ。

"Please Please Please"

https://www.youtube.com/watch?v=vruy2GRUsV8

"Soul Power" live in Kinshasa Zaire, 1974.9

https://www.youtube.com/watch?v=4N-NrucQcB8

Say It Loud I'm Black And I'm Proud

https://www.youtube.com/watch?v=lw4mf5vRSQM

Try Me (Live In Montreux 1981)

https://www.youtube.com/watch?v=BwfP2fSjA7U

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レコード棚を順番に聴いていく計画 Vol.3

51vi5bdyjl__sx230_

[8枚目]●カーティス・メイフィールド『ゼアズ・ノー・プレイス・ライク・アメリカ』<カートム>(75)

悪く言えば、ボソボソ呟くようなヴォーカルだ。だがそれは、パワー不足ではなく、無駄な力が入っていない証左だろう。サウンドも柔らかい。彼のヴォーカルを楽器類で表現しているようだ。ホーンもカーティス自身、ギターもカーティス自身、ドラムのハイハットも彼自身を想起させる。ナチュラルなファンキー・グルーヴとか、満ち溢れるブラックネスとか、表現は色々浮かぶ。だが大前提として、誠実で温かみのあるカーティス・メイフィールド本人が、音楽として存在している。

"So In Love"

https://www.youtube.com/watch?v=peChXys7FcY

"Jesus"

https://www.youtube.com/watch?v=OX5I-sbBKFo

"Hard Times"

https://www.youtube.com/watch?v=jvSfeanNFIM

51erhytogjl__sx230_

[9枚目]●ジェイムス・ブラウン『ラブ・パワー・ピース~ライブ・アット・ジ・オランピア、パリ1971』<ポリドール>(92)

帝王が<キング>から<ポリドール>へ移籍する渦中のライブだった為、陽の目を見るのに20年かかった。ブーツィー&キャットフィッシュのコリンズ兄弟の参加が目玉の一つ。両者共、お馴染みのJBサウンドを軽快に彩り、存在感を誇示している。勿論、ドラムのジャボ・スタークス等、他メンバーもファンキーの極みだ。鉄壁のバックで乗りに乗り、怪鳥シャウトも絶好調なJBだ。また、バラードやリズム&ブルース系統の歌では、切なさが全開だ。常に完璧なライブを提供していたジェイムス・ブラウン。本盤も見事にそれを証明している。

James Brown - Olympia 1971

https://www.youtube.com/watch?v=aeUyELIHa2o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

70's Blues | 80's Soul | Aaliyah | Ahmet Ertegun | Al Green | Albert Collins | Ali Oliie Woodson | Amazing Grace | American Folk Blues Festival | Aretha Franklin | Arthur "Big Boy" Crudup_ | Artie "Blues Boy" White | At the Copa | B.B.King | Baby Washington | Babyface | Barbara George | Barbara Mason | Big Walter Price with Albert Collins | Birmingham Soul | biwa duo | Blind Willie Johnson | Blues Brothers | Bob Dylan | Bobby "Blue" Bland | Bobby Bland | Bobby Charles | Bobby Valentino | Books | Brandy | Buddy Guy | Byther Smith | Cadillac Records | Carl Sims | Carole King | CASE | Chaka Kahn | Charlie Wilson | Chess | Chrisette Michele | Christian Keyes | Chuck Berry | Cinema | Clarence Carter | Clash | Clay Hammond | Close to You | Coko | Contemporaly Deep Soul | Curtis Mayfield | CUSTOM | David Ruffin | Delfonics | Delta Beat | Denise Lasalle | Don Bryant | Duet | Dynamics | Ecko Records | El Debarge | En Vogue | Eric Benet | Etta James | Facts Of Life | FAME | Fantasia | Fenton Robinson | For Your Precious Love_ | Frank Stokes | Frankie Gaye | Freda Payne | Funky Blues | G.C. Cameron | Gaturs | Gene Chandler | Gene Rice | General Johnson | George Kerr | Glenn Jones | Gordon Chambers | GUESSS | hajibura-ism | Happy End | Hard Luck Blues | Harold Melvin & The Blue Notes | Hibari Misora | Howard Tate | Howlin' Wolf | Ike & Tina Turner | India. Arie | Irma Thomas | Isley Brothers | J. Blackfoot | J. Holiday | Jaheim | James Brown | Janis Joplin | Jazz | Jill Scott | Jimi Hendrix | Jimmy Dawkins | Jimmy Rogers | Jodeci | Joe | john lee hooker | John Lennon | Johnnie Taylor | Johnny Ace | Johnny Gill | Keisha Cole | Kindred the Family Soul | Kitty & The Haywoods | Kiyoshiro Imawano | Koichi Fujii | L.C. Cooke | L.J.Reynolds | Lacee | Lalah Hathaway | Latimore | Laura Izibor | Laura Lee | Lazy Lester | Ledisi | Leela James | Leroi Jones | Letoya | Life is... | Lightnin' Hopkins | Lionel Richie | Lisa "Left-eye" Smith | Little Milton | Little Richard | Little Walter | Lloyd Price | Louis Jordan | Lyn Collins | Magic Sam | Malaco | Marques Houston | Marvin Gaye | Mary J. Blige | Mary Wells | Mavis Staples | Maze | Memphis Minnie | Memphis Slim | Michael Jackson | Miles Davis | Mitty Collier | Miyuki Nakajima | Modern Blues | Modern Gospel | Motown | Muddy Waters | Muscle Shoals | Musiq Soulchild | My Collection | My Favorite Albums through the year | Naomi Chiaki | Ne-Yo | Nodesha | O'Jays | Ohio Players | Oldays Records | Otis | Otis Clay | Otis Redding | Otis Rush | Patti Labelle | Paul Butterfield Blues Band | Percy Wiggins | Peter Barakan | Photo | Pre-War Blues | Pretty Ricky | R. Kelly | Raheem Devaughn | Ray Charles | Rick James | Robert Blair & The Fantastic Violinaires | Robert Johnson | Rolling Stones | Rozetta Johnson | Rufus Thomas | Sam Cooke | Sam Dees | Solomon Burke | Soul Deep | Soul Generation | Soul Power | Soul Stirrers | Sounds of Memphis | Spencer Wiggins | Sports | Stan Mosley | Sterling Simms | Story | SUN Blues | syl johnson | Taj Mahal | Tammi Terrell | Teach me Tonight | Teddy Bunn | Teddy Pendergrass | Temptations | Terrell | Texas Blues | Tony Borders | Tony Toni Tone | Tonyies | Tower Records | Toyo Nakamura | TQ | Trey Songz | TV | Twitter | V.A. | W.C.Karasu | Whitney Houston | Willie Clayton | Willie Mitchell | Year Of 2011 | You Are Everything | Yuukadan