Jimi Hendrix

すべては我のそばに

150218_youcantusemyname


【映画】『JIMI:栄光への軌跡』(14)

http://jimi-movie.com/

  原題は「All is by my side」。ドキュメンタリーであれば邦題が正解だが、創作映画としてはオリジナルのタイトルが適切だ。

カーティス・ナイトのバンドで「ギターを弾かせてくれる場所があればそれでいい」という考えで演奏していたジミ。その才能を見出され、ロンドンに渡り人気を博し、モンタレー・ポップ・フェスティヴァルで凱旋帰国するまでのストーリー。

自分は変な声だからと歌おうとせず、他人とコミュニケーションを取るのが苦手な男。しかし、音楽に関しては幅広く吸収し、新しい音楽を生み出したいと常に思っていた。つまり、音楽に関するコミュニケーション形成には積極的だった。簡単に言えば「音楽バカ」だ。クラプトンに会えるならとロンドン行きを決意しながら、単なる憧れで終わらず、クリームのステージに上げてくれと熱望し、演奏でクラプトンの度肝を抜いてみせる大胆さも。ここが「音楽バカ」だ。クラプトンを出し抜こうというより、ただ、クリームと演奏したかったという気持ちが強かったと思いたい。

映画は複数の女性を軸に「愛」についても語られている。彼は愛を求めているのだが、上手く愛を伝える事が出来ず、恋人が盲目的な愛に陥ると暴発してしまう。原題が皮肉にも思えるが逆説的に愛の重要性を感じてしまう。

ジミを演じたアウトキャストのアンドレ・ウィリアムスは、顔の巨きさに違和感を感じるが、ジミの喋りの、最初に言葉が詰まり気味な部分とか、アクセントはよく似せている。それより、パフォーマンス・シーンでの成りきり方は凄かった。ジミの演奏を生で観たような気分になった。それだけに、演奏シーンはもっと味わいたかったのが正直な所。

ジミは孤高のミュージシャンと言えるだろう。もしくは革新的なミュージシャン。自分の考えが理解されにくいと感じた事も多かったのではないだろうか。商業主義に乗るのも苦痛だったかも。しかし、それ以前に、彼は本当に音楽が好きでギター道を極めたかったのが本音だろう。早逝したミュージシャンは、伝説に閉じ込められ、常に切なさが付きまとう。彼が生きていて、マイルスと共演したり、新機軸のブラック・ミュージックを開拓したり、老齢になり、一夜限りのエクスペリエンス復活劇があったり、と妄想は広がるがそれだけ切なさは増す。

結局、彼が自らの傍に引き寄せたのは、愛や名声より伝説だった。次代のミュージシャンや音楽を愛する人々の語り草になる事だった。それでも彼は、人々の前で、その時点で最高のパフォーマンスが出来て幸せだったのではないだろうか。

私のような凡人が想像したラストシーン。それは、モンタレーのステージで最初の一音を爆撃する場面だったが、それよりもこの映画のテーマや、ジミの人と成りを感じさせるラストだった。

※蛇足として、切ないジミが感じられる書籍を一つ添付しておきます。

http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480431158/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生きた証

Imagescaob8nxp


●ヨメさんの姪が、難産の末、女の児を出産。新しい生命の誕生は、傍観者でも嬉しい。人生へようこそ、と歓迎したい。

●この赤ちゃんが15歳になる頃、私は71になるわけだ。とても想像出来ないし、想像してどうなるものでもない。ただ、年寄りになるのはさほど考えない(年寄りの基準も自分の中にはないが)が、死ぬ事は考えている。もちろん、死にたい訳ではない。死を意識する事が、生の自覚に繋がると思うのだ。我々が“体験”として得られるのは、全て過去の出来事。未来に目を輝かせても、絶望の嘆息をもらしても、結果は過去にならなければ分からないのだ。確実なのは、いつかは死ぬという事。その一点を見詰めれば、生きる事自体が愛おしくならないか。目標に向かって努力する事は素晴らしいが、それも、真っ当な人生を歩む姿勢有っての事だ。目指した職業に就いても、金持ちになっても、それと、日々粛々と充実した気持ちで生活していく事は、必ずしもイコールではない。自分の気持ちの中の生きる姿勢(人生観)と、他人の眼に映る姿とは微妙に違う。内宇宙に他人は入り込めないし、入り込む必要がない。

●今年は、ジミ・ヘンドリクス生誕70周年。彼が14、5歳の頃私は生まれている。そして、私が13ぐらいの時に彼は死んでいる。楽曲の権利関係が整理されてから、彼に近しい人たちの尽力で、次々と生前の未発表音源等がリリースされている。いずれも評判が良い。作品が魅力的だけに、多くの人がジミが生きていたらと考える。考えたくもなる。考えても良い。ただ、より彼の生きざまを感じたければ、彼の立場から考える事だ。たとえ、未発表作としてリリースされた作品でも、ジミ本人にとっては“未発表”ではないのだ。彼が生きた証だ。彼の短い生涯(生涯の長短も本来は云々すべきではないと思うが)の中で創り上げられた成果だ。70のジミを想像する面白さは否めないが、まずは、実在の人物としてのジミを感じる方が、私は好きだ。

Jimi Hendrix - Earth Blues

http://www.youtube.com/watch?v=Sao6m0guA-E

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

70's Blues 80's Soul Aaliyah Ahmet Ertegun Al Green Albert Collins Ali Oliie Woodson Amazing Grace American Folk Blues Festival Ann Nesby Ann Peebles Anthony Hamilton Aretha Franklin Ariyo Arrested Development Art Tatum Trio Arthur "Big Boy" Crudup_ Artie "Blues Boy" White At the Copa B.B.King Baby Washington Babyface Barbara George Barbara Mason Bell Biv Devoe Big Walter Price with Albert Collins Bill Coday Birmingham Soul biwa duo Blind Willie Johnson Blind Willie McTell Blues Brothers Blues Jubilee Blues The Butcher 590213 Bob Dylan Bobby "Blue" Bland Bobby Bland Bobby Charles Bobby Valentino Books Brandy Buddy Guy Bukka White Byther Smith Cadillac Records Carl Sims Carole King CASE Catfish Blues Chaka Kahn Champion Jack Dupree Charles Brown Charlie Wilson Chess Chrisette Michele Christian Keyes Chuck Berry Cicero Blake Cinema Clarence Carter Clash Clay Hammond Cliff White Close to You Coko Contemporaly Deep Soul Curtis Mayfield CUSTOM Dan Penn David Ruffin Delfonics Delta Beat Denise Lasalle Dirty Dozen Brass Band Don Bryant Duet Dynamic Superiors Dynamics Ecko Records Eddie Boyd Eddie Kirkland Eddie Taylor El Debarge En Vogue Enchantment Eric Benet Etta James Facts Of Life FAME Fantasia Fats Domino Fender Blues Fenton Robinson Five Long Years For Your Precious Love_ Frank Stokes Frankie Gaye Freda Payne Freddy King Funkadelic Funky Blues G.C. Cameron Gaturs Gene Chandler Gene Rice General Johnson George Kerr Glenn Jones Gordon Chambers Gregg Allman GUESSS hajibura-ism Happy End Hard Luck Blues Harold Melvin & The Blue Notes Hibari Misora Hoochie Coochie Man Howard Tate Howlin' Wolf Hurricane Yukawa Ike & Tina Turner India. Arie Irma Thomas Isley Brothers J. Blackfoot J. Holiday Jackie Shane Jaheim James Brown Janis Joplin Jazz Jill Scott Jim Crow Jimi Hendrix Jimmy Dawkins Jimmy Rogers Jimmy Witherspoon Jodeci Joe john lee hooker John Lennon Johnnie Taylor Johnny Ace Johnny Gill Keisha Cole Kindred the Family Soul King Kitty & The Haywoods Kiyoshiro Imawano Koichi Fujii L.C. Cooke L.J.Reynolds Lacee Lalah Hathaway Latimore Launchers Laura Izibor Laura Lee Lazy Lester Le Gent Ledisi Leela James Leon Russell Leroi Jones Letoya Life is... Lightnin' Hopkins Lil Green Lionel Richie Lisa "Left-eye" Smith Little Johnny Taylor Little Milton Little Richard Little Walter Lloyd Price Louis Jordan Luther Lyn Collins Magic Sam Malaco Manami Izumiyama Marques Houston Marvin Gaye Mary J. Blige Mary Wells Mavis Staples Maze Members Only Memphis Minnie Memphis Slim Michael Jackson Miles Davis Millie Jackson mississippi Mitty Collier Miyuki Nakajima Modern Blues Modern Gospel Motown Muddy Waters Muscle Shoals Musiq Soulchild My Collection My Favorite Albums through the year Naomi Chiaki Ne-Yo Nodesha O'Jays Ohio Players Oldays Records Otis Otis Clay Otis Redding Otis Rush Otis Spann Patti Labelle Paul Butterfield Blues Band Percy Wiggins Persuaders Peter Barakan Philly Soul Photo Players Pre-War Blues Pretty Ricky Queen R. Kelly Raheem Devaughn Ray Charles Rick James Robert Blair & The Fantastic Violinaires Robert Johnson Robert Lee McCoy Rolling Stones Rozetta Johnson Rufus Thomas Sam Cooke Sam Dees Shirley and Lee Sidney Bechet Solomon Burke Soul Deep Soul Generation Soul Power Soul Stirrers Sounds of Memphis Southern Blues Southern Soul=Blues Spencer Wiggins Spirit Of Memphis Sports Stan Mosley Staple Singers Sterling Simms Story SUN Blues syl johnson Sylvester Weaver T.K.Soul Taj Mahal Tammi Terrell Teach me Tonight Ted Taylor Teddy Bunn Teddy Pendergrass Temptations Terrell Texas Blues Tony Borders Tony Toni Tone Tonyies Tower Records Toyo Nakamura TQ Trey Songz TV Tweets Twitter V.A. W.C.Karasu Whitney Houston Willie Clayton Willie Dixson Willie Mitchell Year Of 2011 You Are Everything Yuukadan