Jimmy Dawkins

ブルースを支える空気感

419mczqrdal__sx230__2

●ジミー・ドウキンス『Kant Sheck Dees Bluze』<イアーウィグEarwig>(92)

http://ongakumeter.com/m/B000004BUJ

ナチュラル・ファズ・トーンとでも名付けたくなる、くすんだ音のギターが彼の第一の魅力だろう(タイトル曲は尖り気味だけど)。熟練の演奏陣に支えられ、縦横無尽に、しかし、性急な感じはなく、冷静なエモーションとでも言えるような大人の音世界を聴かせてくれる。こうなれば、ヴォーカルにさほど迫力が無い事も功を奏している。

70年代初頭、モダン・ブルースの重要レーベル<デルマーク>や<エクセロ>(英録音)で人気を博したジミー・ドウキンス。“ファスト・フィンガー”と呼ばれ、セッション・ギタリストとしても引っ張りだこの状況だった。

彼を<デルマーク>に紹介したのはマジック・サム。又、オーティス・ラッシュとも交流があったそうで、いわゆるモダン・ブルースの黎明期の空気を知る存在でもあるのだろう。彗星の如くポッと現れたというより、現れるべくして現れた、時代を繋いだブルースマンだと言えるかも。

80年代に入り、健康を害したものの<Leric>レーベルを立ち上げ、ブルースとの関わりは持ち続けていた。ただ、ミュージシャンとしての活動は不本意なもので、ほとんど伝説化される寸前での本作発表だった。

ブルースという音楽は不思議なもので、アマチュアでもブルースの空気感を表現出来れば、熱い感情移入が可能だ。逆に、プロでも滅茶苦茶な時がある。それだけに、一流ブルースマン・ウーマンの安定した表現力には感嘆するばかりだ。

テクニックは無視して良い訳ではないが、ブルース好きのツボを刺激する空気感をいかに表現するかという事こそ、重要な気がする。悪い例にして申し訳ないが、本盤2曲でヴォーカルを取っている女性シンガー、ノーラ・ジーン・ウォレスは、ソツなく歌っているのだが、今ひとつ心に響かない。私のツボを刺激しないのだ。

「ブルースは死んだ」と言われた時代がある。ブルースにも、時代に合った趣向が必要だという意見もある。私は、新感覚のブルースやブルース風味のロックも聴かない事はないが、結局、型崩れしていない、ブルースらしいブルースが好きだ。本盤は、90年代の「ブルース現在進行形」を捉えたシリーズの一枚として出されている。相も変わらぬ事をやっているようで、シッカリと時代を生きるブルースの姿を、本盤は見事に活写している。ジミー・ドウキンスの経歴とセンスが、ブルースファンをゾクゾクさせる空気感を生み出している。それだけの事だとも言えるが、それだけで十分なのだ。

ブルースを愛する人たちに捧ぐ。

♪kant sheck dees bluze

http://www.youtube.com/watch?v=sVaCXCpv_4w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Aaliyah | Ahmet Ertegun | Albert Collins | Ali Oliie Woodson | Amazing Grace | Aretha Franklin | Arthur "Big Boy" Crudup_ | Artie "Blues Boy" White | At the Copa | B.B.King | Babyface | Barbara Mason | Big Walter Price with Albert Collins | biwa duo | Bob Dylan | Bobby "Blue" Bland | Bobby Bland | Bobby Charles | Bobby Valentino | Books | Brandy | Byther Smith | Cadillac Records | Carl Sims | Carole King | CASE | Chaka Kahn | Charlie Wilson | Chess | Chrisette Michele | Christian Keyes | Chuck Berry | Cinema | Clarence Carter | Clash | Clay Hammond | Close to You | Contemporaly Deep Soul | Curtis Mayfield | CUSTOM | David Ruffin | Delfonics | Denise Lasalle | Don Bryant | Duet | Ecko Records | El Debarge | En Vogue | Eric Benet | Etta James | Facts Of Life | FAME | Fantasia | Fenton Robinson | For Your Precious Love_ | Frank Stokes | Freda Payne | G.C. Cameron | Gene Rice | General Johnson | Gordon Chambers | GUESSS | hajibura-ism | Happy End | Hard Luck Blues | Harold Melvin & The Blue Notes | Hibari Misora | Howard Tate | Howlin' Wolf | Ike & Tina Turner | India. Arie | Isley Brothers | J. Blackfoot | J. Holiday | Jaheim | James Brown | Jazz | Jill Scott | Jimi Hendrix | Jimmy Dawkins | Jimmy Rogers | Jodeci | Joe | John Lennon | Johnnie Taylor | Keisha Cole | Kindred the Family Soul | Kitty & The Haywoods | Kiyoshiro Imawano | Koichi Fujii | Lacee | Lalah Hathaway | Latimore | Laura Izibor | Laura Lee | Ledisi | Leela James | Leroi Jones | Letoya | Life is... | Lionel Richie | Lisa "Left-eye" Smith | Little Milton | Little Richard | Little Walter | Lloyd Price | Lyn Collins | Magic Sam | Malaco | Marques Houston | Marvin Gaye | Mary J. Blige | Mary Wells | Mavis Staples | Maze | Memphis Slim | Michael Jackson | Miles Davis | Mitty Collier | Miyuki Nakajima | Modern Blues | Modern Gospel | Motown | Muddy Waters | Muscle Shoals | Musiq Soulchild | My Collection | My Favorite Albums through the year | Naomi Chiaki | Ne-Yo | Nodesha | Ohio Players | Otis Redding | Otis Rush | Patti Labelle | Peter Barakan | Photo | Pre-War Blues | Pretty Ricky | R. Kelly | Raheem Devaughn | Ray Charles | Rick James | Robert Johnson | Rolling Stones | Rozetta Johnson | Rufus Thomas | Sam Cooke | Solomon Burke | Soul Deep | Soul Generation | Soul Power | Soul Stirrers | Sounds of Memphis | Spencer Wiggins | Sports | Stan Mosley | Sterling Simms | Story | syl johnson | Taj Mahal | Tammi Terrell | Teach me Tonight | Teddy Pendergrass | Temptations | Terrell | Tony Borders | Tony Toni Tone | Tonyies | Tower Records | Toyo Nakamura | TQ | Trey Songz | TV | Twitter | V.A. | Whitney Houston | Willie Mitchell | Year Of 2011 | You Are Everything | Yuukadan