Jimmy Rogers

レコード棚を順番に聴いていく計画 Vol.23

Mi0001733805

[31枚目]●ジミー・ロジャース『テキサス・バウンド』<アントンズ/Pヴァイン>(90)
タイトルは日本で付けられたもの。原題は彼の代表曲でもある『ルデラ』だ。

...

http://www.allmusic.com/album/ludella-mw0000308724

シカゴ・ブルースの顔役の一人、ジミー・ロジャース。<チェス>のモノクロ・ジャケット・シリーズ?の一つ『シカゴ・バウンド』が思い出される。<アントンズ>の本拠地はテキサスだが、紛れもないシカゴの薫りに包まれている。『シカゴ・バウンド』になぞらえ『テキサス・バウンド』と称された由縁だ。

  当レーベルは、クラブ経営との二本立て。本盤でも、スタジオ録音とライブ録音を混在させている。メンバー構成が少々違う。両方に共通しているのは2名。プロデュースも担当しているハープのキム・ウィルソンと、ピアノのパイントップ・パーキンス。ライブにはヒューバート・サムリンが参加。ベース&ドラムのコンビは、スタジオとライブの一部と、ライブ組。ギタリストがスタジオとライブ、各々一人ずつ付いている。主役のジミーは、サイド・ギターに徹し、ヴォーカルで存在感を見せている。カスレてはいるが、マディ系のマニッシュな歌声を聴かせる。また、自分が中心になるのではなく、バンドの一体感を大事にしているヴォーカルだ。

ベースとドラムのコンビネーションはどちらの組も安定している。そこに、ジミーばかりでなく、キム・ウィルソンやパイントップ・パーキンスも絶妙な演奏を聴かせる。特に、キムは多彩なテクニックを見せ、速いテンポの曲②⑤⑦⑬のドライブ感など相当なものだ。「彼のアルバム」と言っても良いいぐらいに目立っている。パイントップの、特にスロー曲での全体の音を引き締める連打攻勢も見事。ベース、ドラム、ギターも聴かせ所有り。

ミディアム~スローの①⑥⑧(含スライド)⑨(ジミー・リード風高音ハープ)⑪⑫辺りはシカゴ・ブルース・ファンには堪りません。⑩でマディ讚も忘れず。

※以下には本盤以外の音源もあります。

Rock This House

https://www.youtube.com/watch?v=wAo4NRemye8

Gold Tailed Bird

https://www.youtube.com/watch?v=RbDae0QJJwA

Sloppy Drunk

https://www.youtube.com/watch?v=9oD3PzgZUOM

Got my mojo working

https://www.youtube.com/watch?v=OZv7l-xtrXw

| | コメント (2) | トラックバック (0)

シカゴ・バウンド

830846265_2s

●ジミー・ロジャース『ルデラ』(90年)

ライブ・ハウスも経営しているブルース・レーベルの<アントンズ>発。私が持っているのは<Pヴァイン>を経由した日本盤。因みに邦題は『シカゴ・バウンド』です。

スタジオ録音とライブ録音を混ぜていますが、明確な違いは感じられず、統一感はあります。プロデュースとハープ演奏をファビュラス・サンダーバーズのキム・ウィルソン(金日成じゃないよ)が担当。パイントップ・パーキンスやヒューバート・サムリンといった“職人”も参加しています。

全体に、緊張感と勢いの有る素晴らしい演奏ではあります。しかし、シカゴ黄金期の、くすんだような切羽詰まったような独特の空気感は感じられません。時代が違うのもあるでしょうが、メンバー個々の絡みが生み出すゾクゾクする瞬間が少ないんですよね・・・勿論、必ずシカゴに戻らなきゃいけない訳じゃないですが、ついつい比較してしまいます。“ブルースネス”というモノサシで測るなら、やはり“黄金期”の名に相応しい時代であったと痛感します。

パイントップ・パーキンスは味の有る演奏が時々聴こえますが、サムリンは余り存在感を感じませんでした。一番気になったのは、キム・ウィルソン。ちょっと“吹き過ぎ”な感じです。ライナーで小出斉さんが、サンダーバーズの時の方が抑制されているみたいな事を書かれてたので、普段より躁状態だったのかも知れません。しかし、邪魔というより、その闊達さが微笑ましくもあり、気になってしまうといった所です。

ジミー・ロジャースは流石で、特にヴォーカルはデルタの薫りを感じ、マディのような逞しさと哀切感に、聴き惚れてしまいます。つい、ギター・プレイに耳が向きがちですが、ヴォーカルからも味わい深さは滲み出ています。

830846265_115s

ジミーは本盤の8年後に、シカゴ黄金期を再現したといわれるアルバムを発表しています(未聴)。黄金期では、リーダー作でも脇役に回っても定評の有ったジミーだけに、シカゴ・サウンドが体内に染み込んでいるのは間違いないようです。

http://www.vh1.com/artists/az/rogers_jimmy/76083/album.jhtml

http://jp.youtube.com/watch?v=w3zApJck_10

http://www.vh1.com/artists/az/rogers_jimmy/109594/album.jhtml

※ファビュラス・サンダーバーズは、スティーヴィー・レイ・ヴォーンの兄貴であるジミー・ヴォーンがギターを弾いている白人ブルース・バンドです。私はレイ・ヴォーンよりいなたい兄ちゃんのプレイが好きで、バンド自体も、アルバムは持ってないんですが、割りとイケるなあと思った記憶が有ります。結構ダウンホームです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

70's Blues 80's Soul Aaliyah Ahmet Ertegun Al Green Albert Collins Ali Oliie Woodson Amazing Grace American Folk Blues Festival Ann Nesby Anthony Hamilton Aretha Franklin Ariyo Arrested Development Art Tatum Trio Arthur "Big Boy" Crudup_ Artie "Blues Boy" White At the Copa B.B.King Baby Washington Babyface Barbara George Barbara Mason Bell Biv Devoe Big Walter Price with Albert Collins Bill Coday Birmingham Soul biwa duo Blind Willie Johnson Blind Willie McTell Blues Brothers Blues Jubilee Blues The Butcher 590213 Bob Dylan Bobby "Blue" Bland Bobby Bland Bobby Charles Bobby Valentino Books Brandy Buddy Guy Bukka White Byther Smith Cadillac Records Carl Sims Carole King CASE Catfish Blues Chaka Kahn Champion Jack Dupree Charles Brown Charlie Wilson Chess Chrisette Michele Christian Keyes Chuck Berry Cicero Blake Cinema Clarence Carter Clash Clay Hammond Cliff White Close to You Coko Contemporaly Deep Soul Curtis Mayfield CUSTOM Dan Penn David Ruffin Delfonics Delta Beat Denise Lasalle Dirty Dozen Brass Band Don Bryant Duet Dynamic Superiors Dynamics Ecko Records Eddie Boyd Eddie Kirkland Eddie Taylor El Debarge En Vogue Enchantment Eric Benet Etta James Facts Of Life FAME Fantasia Fats Domino Fender Blues Fenton Robinson Five Long Years For Your Precious Love_ Frank Stokes Frankie Gaye Freda Payne Freddy King Funkadelic Funky Blues G.C. Cameron Gaturs Gene Chandler Gene Rice General Johnson George Kerr Glenn Jones Gordon Chambers Gregg Allman GUESSS hajibura-ism Happy End Hard Luck Blues Harold Melvin & The Blue Notes Hibari Misora Hoochie Coochie Man Howard Tate Howlin' Wolf Hurricane Yukawa Ike & Tina Turner India. Arie Irma Thomas Isley Brothers J. Blackfoot J. Holiday Jackie Shane Jaheim James Brown Janis Joplin Jazz Jill Scott Jim Crow Jimi Hendrix Jimmy Dawkins Jimmy Rogers Jimmy Witherspoon Jodeci Joe john lee hooker John Lennon Johnnie Taylor Johnny Ace Johnny Gill Keisha Cole Kindred the Family Soul King Kitty & The Haywoods Kiyoshiro Imawano Koichi Fujii L.C. Cooke L.J.Reynolds Lacee Lalah Hathaway Latimore Launchers Laura Izibor Laura Lee Lazy Lester Le Gent Ledisi Leela James Leon Russell Leroi Jones Letoya Life is... Lightnin' Hopkins Lil Green Lionel Richie Lisa "Left-eye" Smith Little Johnny Taylor Little Milton Little Richard Little Walter Lloyd Price Louis Jordan Luther Lyn Collins Magic Sam Malaco Manami Izumiyama Marques Houston Marvin Gaye Mary J. Blige Mary Wells Mavis Staples Maze Members Only Memphis Minnie Memphis Slim Michael Jackson Miles Davis Millie Jackson mississippi Mitty Collier Miyuki Nakajima Modern Blues Modern Gospel Motown Muddy Waters Muscle Shoals Musiq Soulchild My Collection My Favorite Albums through the year Naomi Chiaki Ne-Yo Nodesha O'Jays Ohio Players Oldays Records Otis Otis Clay Otis Redding Otis Rush Otis Spann Patti Labelle Paul Butterfield Blues Band Percy Wiggins Persuaders Peter Barakan Philly Soul Photo Players Pre-War Blues Pretty Ricky Queen R. Kelly Raheem Devaughn Ray Charles Rick James Robert Blair & The Fantastic Violinaires Robert Johnson Robert Lee McCoy Rolling Stones Rozetta Johnson Rufus Thomas Sam Cooke Sam Dees Shirley and Lee Sidney Bechet Solomon Burke Soul Deep Soul Generation Soul Power Soul Stirrers Sounds of Memphis Southern Blues Southern Soul=Blues Spencer Wiggins Spirit Of Memphis Sports Stan Mosley Staple Singers Sterling Simms Story SUN Blues syl johnson Sylvester Weaver T.K.Soul Taj Mahal Tammi Terrell Teach me Tonight Ted Taylor Teddy Bunn Teddy Pendergrass Temptations Terrell Texas Blues Tony Borders Tony Toni Tone Tonyies Tower Records Toyo Nakamura TQ Trey Songz TV Tweets Twitter V.A. W.C.Karasu Whitney Houston Willie Clayton Willie Dixson Willie Mitchell Year Of 2011 You Are Everything Yuukadan