Johnnie Taylor

レコード棚を順番に聴いていく計画 Vol.76

R592890714065717415131jpeg

 

[85枚目]●ジョニー・テイラー『グッド・ラブ!』<マラコ/Pヴァイン>(96)

 

 

※本文を書くに当たり、鈴木啓志さんのライナーノーツを大いに参考にしています。USオリジナル盤のラストにはタイトル曲のリミックスが収録されていますが、私が所有している<Pヴァイン>盤には入っていません。

 

 

ジョニー・テイラーが<マラコ>入りしたのは85年。本盤は共演ライブ盤を除き7作目となる。この後2作発表した後2000年に亡くなるが、03年に1枚リリースされている。67年から<スタックス>で7作、<コロムビア/RCAヴィクター>でも7作、<ビヴァリー・グレン>で1作発表した後の<マラコ>である。これだけでも凄い経歴だが、ハイウェイQC'sやソウル・スターラーズのゴスペル期まで考慮するとその偉大さに改めて感服する。しかも「外れなし」の充実度だ。ハイウェイQC's加入が53年だそうなので、約半世紀の間、高いレベルを維持し歌い抜いたわけである。

 

 

①現代R&Bに通じる感覚もあるが、ジョニーらしさも十分感じられる。③と合わせてチャールズ・リチャード・ケイソンが絡んでいる。彼は、息子のフロイド・テイラーのアルバムもプロデュースしている。②ジョージ・ジャクソン作のストレートなブルース。鈴木さん大絶賛の④は典型的なサザン・ソウル。悪かろうはずがない。これもジョージ・ジャクソン作。④も素晴らしいが⑤も秀逸。淡々としているようで実に聴き応えがある。彼レベルの歌手でなければこなせないだろう。⑥は愛娘ターシャ・テイラーとのデュエット。デビュー盤にして名盤の『ウォンテッド・ワン・ソウル・シンガー』収録曲。ターシャは03年に初アルバムを発表しているので、本盤当時は初お目見えぐらいか?インナースリーヴに写真が出ていて娘であると記されているので、まだ広くは知られていない頃だと思う。やや迫力には欠けるが丁寧に歌っている。⑦のブルースを終えて⑧からはファンキー・ソウルが続く。⑧~⑩は躍動感あるベースも特筆もの。アップテンポに於けるキレの良さと熱い迸りを感じる歌唱も又、ジョニーの魅力である。⑩はちょっと懐かしい感覚も。⑫ソウル/ブルースからは距離があるような、レオン・ラッセルの「マスカレード」。レオンの曲には独特の憂いが潜んでいて、個人的には大好きなのだが、それもあくまでレオンの歌唱が伴った場合に強く感じるようだ。たとえ、ジョニーが歌ってもスタンダード・ポップス寄りに聴こえるのは否めない。

 

 

伴奏陣はマッスル・ショールズ関係。ギターがジミー・ジョンソンとウィル・マクファーレン、ベースがデヴィッド・フッド、ドラムがロジャー・ホウキンス、キーボードがクレイトン・アイヴィー、ブッチ・ボナーという布陣である。

 

 

① Good Love

 

② Last Two Dollars

 

※Last Two Dollars Live

 

③ Sending You a Kiss

 

④ Walk Away With Me

 

⑤ Too Many Memories

 

⑥ Ain't That Lovin' You (For More Reasons)

 

※ Ain't That Lovin' You Live

 

⑦ Too Late To Try To Do Right

 

⑧ Whole Lotta Lovin'

 

⑨ You Got Me In The Mood For Love

 

⑩ Slide On

 

⑪ Body Rock

 

⑫ This Masquerade

 

(特別に)Good Love (Jeep Mix)

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲・好きなアルバムへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

はじまりはブラックミュージックSE - にほんブログ村

 

| | コメント (0)

ロウ・ブルース

343


 


ジョニー・テイラー69年発の<スタックス>3枚目(ベストを除く)『ロウ・ブルース』。タイトル通り、無駄な飾りは一切ない、剝き出しのソウル、ブルース、ゴスペルの世界。YouTubeで全曲見つかりめでたしめでたし。


 


WHERE THERES SMOKE THERES FIRE


にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

セルフ暑中見舞いとなったアマゾンの収穫(2)

●またしても、腹立ちと共に戦慄を覚える事件。集団で自転車を走らせ、内2人がロープを引っ張り、対向してきた人(自転車乗車中)の首に引っ掛け怪我を負わせたというもの。大事に至らなかったのは不幸中の幸いだが、犯人たちは、「面白がってやっただけ」らしい。なぜ、死ぬかも知れないと思わないのか?集団で行動している為、個々の責任感が薄れるというのはあるかも知れない。しかし、その前に、彼らには「死に対する実感」が無いのだろう。そして、「死に対する実感」が無いのは「生きている実感」が無いからじゃないか?

●「生きている実感」といっても大層な事ではない。友達と喧嘩したり仲直りしたり、恋をしたり、何かに一生懸命になったり、ご飯が美味しかったり、腹の底から笑えたり、悔しくて涙が止まらなかったり、誰もが普通に経験する事である。

●彼らは、生きている実感が無い為、殺那的で刺激的な事を「楽しい」と感じてしまう。それがかりそめの“実感”だという事を本人達が気付かなければ、どうしようもない・・・のか?
●ジョニー・テイラー『ライブ・アット・ザ・サミット・クラブ』<スタックス>(07)

http://www.hmv.co.jp/product/detail/2519743

ソウル史上に残る一大イベント『ワッツタックス』は、見所だらけのDVDとなって残されている。

会場はスタジアムなのだが、何故かジョニー・テイラーだけは、クラブでのライブの様子が収録されていた。もっとも、観ている側は、玉の汗を掻きながら熱唱するジョニーに心を奪われ、場所が違う事などさほど気にならない。

背景には、本会場でトリを務めたアイザック・へイズとの確執があったらしいのだが、客との距離が近いクラブだったことで、迫力と親密感は、度合いを増しているのではないだろうか?

ここに、CDではあるが、ライブの全貌が公になり、当時ソウルファンの話題となった。遅ればせながらの購入である。

とにかくファンキーな曲が多く、観客の熱狂ぶりも手に取るように伝わる。歌がそのまま語りになったり、語りがそのまま歌になったりする局面などでも、客とのコール&レスポンスが過不足なく達成されている。

このアルバムにどんな曲が含まれているか、演奏しているのは誰々か?という情報は二の次で良い。先ずはこのソウル空間・ブルース空間に身を置く事だ。耳だけしか参加出来ないのは残念だが、彼の、魂に伝わる歌唱は音のレベルを突き破って心に届く。

「完璧」という言葉を使っては却って安っぽくなるが、歌、演奏、観客の盛り上がり、やり取り、全てにおいて素晴らしいライブ盤。ただ、ブラックネスがどういうものか解っている方のみにお勧め。

♪"Hello Sundown"
http://www.youtube.com/watch?v=qv5ObB1QUdo

♪"Who's Making Love"
http://www.youtube.com/watch?v=XubVsrZJdyE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EARTHY

●もうすぐ娘の誕生日なので、昨日はレストランで外食。ステーキやハンバーグがメインで、ご飯類、パン、サラダ等がバイキングのお店。味もそこそこ良かった。娘はまだ色気より食い気の感じだな。

●今日の午前中は仕事だった。元々予定されていたものに若干追加業務が出て、ちょうどお昼まで掛かる。帰宅したら、ヨメさんと娘は気を遣ったのかヨメ実家へ。ひとりのんびり状態。

014
●ジョニー・テイラー『テイラード・イン・シルク』<スタックス>(73)

http://www.hmv.co.jp/product/detail/4027014

オリジナル盤にシングル6曲を追加したリイシュー盤。こだわりのソウルマニアはシングル収集に余念がないという話はよく聞くが、確かに本盤のように、オリジナル+シングル曲といった構成のアルバムで、シングルからのものが光っている例は結構ある。そういった意味からもオリジナルでお持ちの方もこれは愉しめるリイシューだと思う。もちろん原盤部分が劣るとまでは言わない。

ジョニー・テイラーという人は実に幅が広い。オーソドックスなソウル、リズム&ブルース、純ブルース、ファンキーなソウル、ゴスペル・・・歌い方は、クルーナー的でありながら火を噴くようにハードに吠える場合もある。しかし、どちらにしろ抑制が効いていて、尚かつアーシーだ。そう、この人を解釈するキーワードは「アーシー」ではないかと思う、サム・クックマナーのスタイルが聴き取れる部分もビターな味わいがある。マーヴィン・ゲイがやりそうな曲もあるが、甘い世界に落ち込まない。ファンキーな曲はJBのようにクールではなくひたすら熱い。普通幅の広い歌手は「器用貧乏」的評価を与えられるが、ジョニーの場合は何をやっても常に深い。しかも暑苦しくはない。もっと讃えられるべき歌手だと思う。

♪"Talk To Me"
http://www.youtube.com/watch?v=A7kzYOnod_M

♪"THIS BITTER EARTH"
http://www.youtube.com/watch?v=S9g_P7t8mqQ

♪"Doing My Own Thing (Part 1)"
http://www.youtube.com/watch?v=DnpWvthFbUI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

70's Blues 80's Soul Aaliyah Ahmet Ertegun Al Green Albert Collins Ali Oliie Woodson Amazing Grace American Folk Blues Festival American Studio Ann Nesby Ann Peebles Anthony Hamilton Aretha Franklin Ariyo Arrested Development Art Tatum Trio Arthur "Big Boy" Crudup_ Artie "Blues Boy" White At the Copa B.B.King B.Howard Baby Washington Babyface Barbara George Barbara Mason Bell Biv Devoe Big Walter Price with Albert Collins Bill Coday Bill Doggett Birmingham Soul biwa duo Blind Willie Johnson Blind Willie McTell Blues Brothers Blues Festival Blues Jubilee Blues The Butcher 590213 Bob Dylan Bobby "Blue" Bland Bobby Bland Bobby Charles Bobby Rush Bobby Valentino Bobby Womack Bonnie Raitt Books Brandy Bud Powell Buddy Guy Bukka White Byther Smith Cadillac Records Capitol Record Carl Sims Carole King CASE Catfish Blues Chaka Kahn Champion Jack Dupree Charles Brown Charley Musselwhite Charlie Wilson Chess Chrisette Michele Christian Keyes Chuck Berry Cicero Blake Cinema Clarence Carter Clash Clay Hammond Cliff White Close to You Coko Contemporaly Deep Soul Country Soul Curtis Mayfield CUSTOM Dan Penn David Ruffin Delfonics Delta Beat Denise Lasalle Dirty Dozen Brass Band Don Bryant Duet Dynamic Superiors Dynamics Ecko Records Eddie Boyd Eddie Kirkland Eddie Taylor El Debarge Elmore James Ember Records En Vogue Enchantment Eric Benet Etta James Facts Of Life FAME Fantasia Fats Domino Fender Blues Fenton Robinson Five Long Years For Your Precious Love_ Frank Stokes Frankie Gaye Freda Payne Freddy King Frisco Records Funkadelic Funky Blues G.C. Cameron Gaturs Gene Chandler Gene Rice General Johnson George Kerr Glenn Jones Gordon Chambers Gospel Gregg Allman GUESSS hajibura-ism Happy End Hard Luck Blues Harold Melvin & The Blue Notes Hibari Misora Honey Cone Hoochie Coochie Man Howard Tate Howlin' Wolf Hurricane Yukawa Ike & Tina Turner India. Arie Irma Thomas Isley Brothers J. Blackfoot J. Holiday Jackie Ross Jackie Shane Jackie Wilson Jaheim James Brown Janis Joplin Jazz jennifer Hudson Jill Scott Jim Crow Jimi Hendrix Jimmy Dawkins Jimmy Rogers Jimmy Witherspoon Jodeci Joe Joe Houston John Coltrane john lee hooker John Lee Hooker John Lennon Johnnie Taylor Johnny Ace Johnny Gill Juke Records Keisha Cole Kim Weston Kindred the Family Soul King Kitty & The Haywoods Kiyoshiro Imawano Koichi Fujii Kokomo Arnold L.C. Cooke L.J.Reynolds Lacee Lalah Hathaway Lamont Dozier Latimore Launchers Laura Izibor Laura Lee Lazy Lester Le Gent Ledisi Leela James Leon Russell Leroi Jones Letoya Life is... Lightnin' Hopkins Lil Green Lionel Richie Lisa "Left-eye" Smith Little Johnny Taylor Little Milton Little Richard Little Walter Lloyd Price Louis Jordan Luther Lyn Collins Magic Sam Malaco Manami Izumiyama Marques Houston Martha & The Vandellas Marvin Gaye Mary J. Blige Mary Wells Mavis Staples Maze Members Only Memphis Boys Memphis Minnie Memphis Slim Michael Jackson Miles Davis Millie Jackson mississippi Mitty Collier Miyuki Nakajima Modern Blues Modern Gospel Modern Soul Motown Muddy Waters Muscle Shoals Musiq Soulchild My Collection My Favorite Albums through the year Naomi Chiaki Ne-Yo New Birth Nina Simone Nodesha O'Jays Ohio Players Oldays Records Otis Otis Clay Otis Redding Otis Rush Otis Spann P-Funk Patti Labelle Paul Butterfield Blues Band Paul Gayten Percy Wiggins Persuaders Peter Barakan Philly Soul Photo Players Pre-War Blues Pretty Ricky Queen R. Kelly Raheem Devaughn Ray Charles Rick James Robert Blair & The Fantastic Violinaires Robert Johnson Robert Lee McCoy Rolling Stones Ron Henderson and Choice of Colour Rozetta Johnson Rufus Thomas Sam & Dave Sam Cooke Sam Dees Shirley and Lee Sidney Bechet Solomon Burke Son House Sonny Boy Williamson Soul Compilation Soul Deep Soul Generation Soul Power Soul Stirrers Sounds of Memphis Southern Blues Southern Soul=Blues Specialty Gospel Spencer Wiggins Spirit Of Memphis Sports Stan Mosley Staple Singers Sterling Simms Story Summer Of Soul SUN Blues Swamp Dogg syl johnson Sylvester Weaver T.K.Soul Taj Mahal Tammi Terrell Tashan Teach me Tonight Ted Taylor Teddy Bunn Teddy Pendergrass Temptations Terrell Texas Blues Tony Borders Tony Toni Tone Tonyies Tower Records Toyo Nakamura TQ Trey Songz TV Tweets Twitter V.A. Vee-Jay Records W.C.Karasu West Road Blues Band Whistling Alex Moore Whitney Houston Willie Clayton Willie Dixon Willie Mitchell Willis Jackson Year Of 2011 You Are Everything Yuukadan