Kindred the Family Soul

レコード棚を順番に聴いていく計画 Vol.38

58c110623702

[46枚目]●キンドレッド・ザ・ファミリー・ソウル『ラブ・ハズ・ノー・リセッション』<シャナキー>(11)

http://diskunion.net/black/ct/detail/58C110623702


愛は絆である。お互いが気持ちを繋ぎ体温を感じ合うものだろう。キンドレッドの音楽を聴いていると、そんなご託を並べたくなる。ファティン・ダンツラーとアジャ・グレイドンの二人は、夫婦の絆同様音楽活動の同志としての絆が強い。聴く側にも熱情が伝わる。猛烈な熱気というより人肌が醸す温もりだ。

キンドレッドの音楽は「ネオ・フィリー」と称される。確かにフィリー・ソウルならではの音使いやコーラス・ワークをたびたび聴き取れ、頬が緩む。ただ、余りフィリーに拘らず、素直に接した方がより楽しめる。何と言っても、良質な現代R&Bなのだ。

①「ザ・シェッディントン」は、アイザック・ヘイズ調。腰の座ったファンキー・チューンだ。ラストのボーナス・トラックの一つ手前にもVol.2が配置されているので、本アルバムのテーマ曲にも思える。「アボブ・ザ・ウォーター」も②⑧⑭と3箇所に当場。準テーマ曲のような様相だ。

③「ウィー・オール・ウィル・ノウ」は、ラヒーム・ディヴォーン参加。グロリア・スコット「アイ・ジャスト・クドゥント・テイク・ア・グッドバイ」をサンプリング。柔らかい仕上がりだ。

④「テイク・ア・ルック・アラウンド」は、ヒップホップ系のミュージシャンがフォロー。キング牧師のスピーチがサンプリングされている。ファティンの塩辛声は、細かくアクセントを付け区切ると、ラッパーみたいで、この手の曲に合う。

また、ヒップホップ度が強くなっても柔軟性を失わないのもキンドレッドならでは。二人の歌声も他を圧倒する方向には向かわず、自然体を貫いている。

⑤「ユー・ガット・ア・ラブ」は本盤のメインかも。スヌープ・ドッグが参加している。タメの効いたリズムが実に心地好い。ドラムだけ追いかけても面白い。アジャ~ファティン~スヌープと続くが、各々聴き惚れてしまう歌唱とラップだ。スヌープ・ドッグは、あまりラッパーを数多く知らない私が、昔から好きな一人だ。ここでもメロディアスな一節を聴かせる。

ラストには本曲のリミックスを収録。日本の祭りの掛け声みたいなのが入り、面白い。

端折るような紹介だが、⑥⑦⑨「SOS(センス・オブ・セキュリティ)」⑩「スティッキング・ウィズ・ユー」⑪といかにも“ネオ・フィリー”な世界が展開される。個人的に気に入ったのは、曲名を記載した⑨⑩。切なさと優美さ、自然な盛り上がりがフィリー理論に則っている。

⑫「ゴーイング・トゥー・ザ・ゴーゴー」は、大御所チャック・ブラウンを迎えてのゴーゴー・パーティー。ファティンの塩辛声はここでも活躍だ。

キンドレッド・ザ・ファミリー・ソウルは、ブラック・ミュージック・ファンなら必ず気に入るみたいな評価を読んだ事がある。あながち過大評価とも思えない。ファン心をくすぐるブラックネスが常に存在するのだ。

屈指の名盤や代表作はないかも知れない。しかし出すアルバムが全て同レベルの佳作である事は何とも驚異的ではないか。

Kindred The Family Soul feat Bilal & BJ-Take A Look Around

https://www.youtube.com/watch?v=cT9jMJHQn-0

you got love -Kindred the Family Soul featuring Snoop Dogg

https://www.youtube.com/watch?v=-n9zAeX16j8

SOS (Sense Of Security)

https://www.youtube.com/watch?v=BF0NLKQ56Po

Sticking With You

https://www.youtube.com/watch?v=F_UADjaMJFI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

血縁家族ソウル

996174546_96s

Fatin DantzlerとAja Graydonの夫婦からなるキンドレッド・ザ・ファミリー・ソウル。昨年3作目が出ています。『アライバル』。サンプルだけ聴きましたが、相変わらずの温かみのあるサウンドとグルーヴにAjaの透き通った声とFatinの塩辛声のコンビネーションは健在です。今回はネオ・ソウル路線というよりヒップホップにグッと近づいた曲調もあるし、ゴスペル臭プンプンの曲も有ったりと、これまでより幅が少し広がったかなという印象も受けます。それか、「ネオ・ソウル」という概念が変質しているのかも知れませんね。元々解釈の難しい部分はありましたが・・・。

「キンドレッド(Kindred)」というのは「血縁」という意味だそうです。つまりユニット名は「血縁家族ソウル」と直訳できます。自分たちの音世界は、夫婦・家族としての絆から生まれているんだよという何とも力強い意思表明とも取れます。二人とも出発点はソロ・アーティストでした。Fatinはフィラデルフィア生まれ、ペブルスやベル・ビヴ・ディヴォーに曲も書いています。Ajaはワシントン生まれですがフィラデルフィアで15歳から活動。出会って結婚した二人は共作で曲を書いたりしていたのですが、パフォーマーとしてはしばらく芽が出ませんでした。Black Lily clubでのライブをジル・スコットが評価し、ネオ・ソウルの牙城<ヒドゥン・ビーチ>レコードに連れて来たのがメジャーへのスタートラインとなります。1作目も2作目もグルーヴの心地好さと、微かな土臭さが特長的で、私の愛聴盤となっています。

考えてみれば、夫婦や家族というのは“感情の縮図”みたいなところがあります。どんなに激しくいがみ合っても最後には許せる部分が、通常はあります。おそらくスキンシップが根底にあるからではないでしょうか?・・・もっとも現代社会には当てはまらない感じもします。音楽も感情表現が重要ですから、彼らのように絆の強い夫婦ユニットが感動を生み出すのは当然かも知れませんね。

♪サンプル
https://www.amazon.com/dp/B001FES0A2?tag=soultracks-20&am...

♪「プレッシャー」
http://jp.youtube.com/watch?v=8qSBEq-H2m8

♪「ハウス・オブ・ラブ」
http://jp.youtube.com/watch?v=BHXDVJgEew8

♪サイト
http://www.kindredthefamilysoul.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

kindred the family soul 『In This Life Together』

Bth2406386_0b

http://www.youtube.com/watch?v=QRHfyd7oGT8

2005年<HIDDEN BEACH>。Executive Producers: Aja Graydon, Faith Dantzler, and Steve McKeever. Management: Calvin Hubbard and Derrick Mays for The Allen Lawrence Management Group.

1. It's Kindred (Intro)
2. Thru Love
3. Turn It Up feat.Archie Eversoul
4. Do You Remember
5. Where Would I Be (The Question)
6. Woman First
7. Let It All Go
8. Sneak A Freak
9. Message To Marvin feat. The Last Donna
10. The Quote (Interlude)
11. As Of Yet
12. Aja's Mom (Interlude)
13. Struggle No More feat. India.Arie
14. Who's Gonna Comfort You (Definition)
15. My Time
16. In This Life Together
17. Husband My Daddy (Interlude)
18. Bed Time Story

1. (F. Dantzler, A. Graydon, J. Nix) 2. (F. Dantzler, A. Graydon, A. Godfrey, T. Carter) 3. (F. Dantzler, A. Graydon, O. Bingham) 4. (M. John, F. Hamilton) 5. (F. Dantzler, A. Graydon, K. Price, G. Benson) 6. (A. Graydon, F. Dantzler, R. Tucker, J. Tacuma, J. Brown) 7. (F. Dantzler, A. Graydon, C. Treece) 8. (F. Dantzler, A. Graydon, C. Whitfield Jr., S. Mckie) 9. (F. Dantzler, A. Graydon, A. Mack, M. Lewis) 10. (Ossie Davis, Ruby Dee) 11. (F. Dantzler, A. Graydon, O. Harvey, D. Wanzel, C. Biggs) 12. (S. Graydon) 13. (F. Dantzler, A. Graydon, O. Bingham, B. Rogers, I.. Simpson) 14. (F. Dantzler, A. Graydon, O. Harvey) 15. (F. Dantzler, A. Graydon, E. Perry) 16. (F. Dantzler, A. Graydon, A. Bell) 17. (F. Dantzler, A. Graydon, D. Dantzler) 18. (F. Dantzler, A. Graydon, R. Tyson)

【PRODUCED BY】1. VAMEEN 2. KINDRED THE FAMILY SOUL, AHMAD GODFREY AND TRACY CARTER 3. DINKY BINGHAM 4. KINDRED THE FAMILY SOUL AND BOY GENIUS 5. KINDRED THE FAMILY SOUL AND KRISTIN PRICE 6. DINKY BINGHAM AND KINDRED THE FAMILY SOUL 7. CHUCK TREECE 8. CONLEY WHITFIELD & STEVE MCKIE 9. NOIZETRIP 11.14. EASY MO BE 12. BINNY DA KID, DINKY BINGHAM AND KINDRED THE FAMILY SOUL 13. BINNY DA KID 15. ELISE PERRY 16. ANTHONY BELL 18. KINDRED THE FAMILY SOUL AND R. TYSON

5. SAMPLED GUITAR: GEORGE BENSON 10. Taken from "With Ossie & Ruby: In This Life Together" 14. ALL INSTRUMENTS: EASY MO BE AKA OSTEN HARVEY JR.

● ちょっとチャカ・カーン似のかすれ気味の女性の声とバリトン系の男性。ふたりとも歌が上手く、絡んでも声質から合うので落ち着いて聴けます。派手さはなく「たゆたう」感じですが、骨っぽさは感じます。ポカポカした春の陽気に似合う曲多し。7はR・ケリー、8はスライ的だがオリジナリティーの領域までは踏み込まず。続く9ではスライを使う(クレジットなし)が処理が自然、違和感なし。11、16あたりはオールドソウルの匂いぷんぷん。曲はふたりを中心に色んな仲間の組み合わせで創っており、この辺も「ファミリー」意識か。アルバムが進行していくにつれ曲も微妙に変化していき面白いです。

http://www.kindredthefamilysoul.com/

http://www.hiddenbeach.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

70's Blues | 80's Soul | Aaliyah | Ahmet Ertegun | Al Green | Albert Collins | Ali Oliie Woodson | Amazing Grace | American Folk Blues Festival | Aretha Franklin | Arthur "Big Boy" Crudup_ | Artie "Blues Boy" White | At the Copa | B.B.King | Baby Washington | Babyface | Barbara George | Barbara Mason | Big Walter Price with Albert Collins | Birmingham Soul | biwa duo | Blind Willie Johnson | Blues Brothers | Bob Dylan | Bobby "Blue" Bland | Bobby Bland | Bobby Charles | Bobby Valentino | Books | Brandy | Buddy Guy | Byther Smith | Cadillac Records | Carl Sims | Carole King | CASE | Chaka Kahn | Charlie Wilson | Chess | Chrisette Michele | Christian Keyes | Chuck Berry | Cinema | Clarence Carter | Clash | Clay Hammond | Close to You | Coko | Contemporaly Deep Soul | Curtis Mayfield | CUSTOM | David Ruffin | Delfonics | Delta Beat | Denise Lasalle | Don Bryant | Duet | Dynamics | Ecko Records | El Debarge | En Vogue | Eric Benet | Etta James | Facts Of Life | FAME | Fantasia | Fenton Robinson | For Your Precious Love_ | Frank Stokes | Frankie Gaye | Freda Payne | Funky Blues | G.C. Cameron | Gaturs | Gene Chandler | Gene Rice | General Johnson | George Kerr | Glenn Jones | Gordon Chambers | GUESSS | hajibura-ism | Happy End | Hard Luck Blues | Harold Melvin & The Blue Notes | Hibari Misora | Howard Tate | Howlin' Wolf | Ike & Tina Turner | India. Arie | Irma Thomas | Isley Brothers | J. Blackfoot | J. Holiday | Jaheim | James Brown | Janis Joplin | Jazz | Jill Scott | Jimi Hendrix | Jimmy Dawkins | Jimmy Rogers | Jodeci | Joe | john lee hooker | John Lennon | Johnnie Taylor | Johnny Ace | Johnny Gill | Keisha Cole | Kindred the Family Soul | Kitty & The Haywoods | Kiyoshiro Imawano | Koichi Fujii | L.C. Cooke | L.J.Reynolds | Lacee | Lalah Hathaway | Latimore | Laura Izibor | Laura Lee | Lazy Lester | Ledisi | Leela James | Leroi Jones | Letoya | Life is... | Lightnin' Hopkins | Lionel Richie | Lisa "Left-eye" Smith | Little Milton | Little Richard | Little Walter | Lloyd Price | Louis Jordan | Lyn Collins | Magic Sam | Malaco | Marques Houston | Marvin Gaye | Mary J. Blige | Mary Wells | Mavis Staples | Maze | Memphis Minnie | Memphis Slim | Michael Jackson | Miles Davis | Mitty Collier | Miyuki Nakajima | Modern Blues | Modern Gospel | Motown | Muddy Waters | Muscle Shoals | Musiq Soulchild | My Collection | My Favorite Albums through the year | Naomi Chiaki | Ne-Yo | Nodesha | O'Jays | Ohio Players | Oldays Records | Otis | Otis Clay | Otis Redding | Otis Rush | Patti Labelle | Paul Butterfield Blues Band | Percy Wiggins | Peter Barakan | Photo | Pre-War Blues | Pretty Ricky | R. Kelly | Raheem Devaughn | Ray Charles | Rick James | Robert Blair & The Fantastic Violinaires | Robert Johnson | Rolling Stones | Rozetta Johnson | Rufus Thomas | Sam Cooke | Sam Dees | Solomon Burke | Soul Deep | Soul Generation | Soul Power | Soul Stirrers | Sounds of Memphis | Spencer Wiggins | Sports | Stan Mosley | Sterling Simms | Story | SUN Blues | syl johnson | Taj Mahal | Tammi Terrell | Teach me Tonight | Teddy Bunn | Teddy Pendergrass | Temptations | Terrell | Texas Blues | Tony Borders | Tony Toni Tone | Tonyies | Tower Records | Toyo Nakamura | TQ | Trey Songz | TV | Twitter | V.A. | W.C.Karasu | Whitney Houston | Willie Clayton | Willie Mitchell | Year Of 2011 | You Are Everything | Yuukadan