Ledisi

レコード棚を順番に聴いていく計画 Vol.48

51c110614002

[57枚目]●レディシ『ピーセズ・オブ・ミー』<ヴァーヴ>(11)

http://diskunion.net/portal/ct/detail/51C110614002

経歴のはじまりは、自分の名前も冠した<LESUN>レーベルからヴァージョン違いも含め2枚。因みに「SUN」の方は、コンポーザー、プロデューサーとして名を成すサンドラ・マニングなる人物。この時期は、アーシーでジャジーなネオ・ソウル系、オーガニック・ソウル系ミュージシャンとして評価されていた。<ヴァーヴ>に移籍してからは、メリハリのある伸びやかな現代R&Bサウンドを展開している。

拙ブログの過去記事でも触れているので、先ずは貼り付けて置きます。

http://hajibura-se.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-978a.html

<ヴァーヴ>での第二弾となる本作は、ジャズ界・R&B界双方で活躍しているレックス・ライドアウトの協力も大きい。朗々というより、切羽詰まったような感じの歌い方を生かしたサウンド創りが成されている。特に⑥「ヘイト・ミー」以降は怒涛の勢いだ。「切ない迫力」とでも呼びたくなるようなレディシ・ワールドに、ただただ引き摺られる。

①「ピーセズ・オブ・ミー」は、序章の趣で、アルバムへの期待感が高まる。②~⑤は、悪くはないが後半に比べれば無難。④「ステイ・トゥギャザー」のデュエット相手ジャヒームも、熱気を孕む域まではいかない(曲調の縛りもあるだろうが)。私のお気に入りプロデューサー、ケイジー作品⑤「コーヒー」も今ひとつ。

だが、前述したように、そこから先の充実度が凄い。⑥「ヘイト・ミー」はタイトルからして重そうだが、曲調も緊張感があり、彼女なりのゴスペルと言えるかも。ギターのカッティングに心躍る⑦「シャット・アップ」。思わず口ずさみたくなるサビを持つ⑧「シャイン」。少しクリセット・ミッシェルを思わせる曲調に、彼女のヴォーカルの切迫感が存分に生きる⑨「アイ・ミス・ユー・ナウ」。オールディーズな出だしだが、やがて彼女の熱唱ペースに巻き込む⑩「BGTY」などなど何度でもリピートできる充実度である。

クリセット・ミッシェルの名を挙げたが、クリセットの場合は曲の構想が面白く、アルバム全体の統一感の中に自らの歌唱を組み入れていると思う。一方、レディシは極端に言えば曲は関係なく、彼女のヴォーカルの魅力にすべて収束される気がする。貴重で稀有なシンガーだ。

①Pieces Of Me

https://www.youtube.com/watch?v=McUj4t3TkPA

⑥Hate Me

https://www.youtube.com/watch?v=HMaC3qlLFbs

⑦Shut Up

https://www.youtube.com/watch?v=Rcy-F--9nGU

⑨I Miss You Now

https://www.youtube.com/watch?v=Pi6YxOFLYbc

⑪Raise Up

https://www.youtube.com/watch?v=Ilp2eL6FNEE

にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲・好きなアルバムへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【試聴記】レディシ『ターン・ミー・ルース』

682
http://www.hmv.co.jp/product/detail/3636109

独特の存在感で人気を確保しているレディシ。ふと、アルバムジャケットの変遷が、そのまま彼女の音世界の変遷と呼応している気がしました。

Lt
自分のレーベルで出したファーストはモノクロで、表情もよく読み取れません。レディシの素の姿を知らしめた感じ。地味は地味なんですが、凡百のネオソウル作品と一味違う個性を感じさせてくれました。

777
<ヴァーヴ>に移ってのセカンドは『ビッチェズ・ブリュー』を連想させるようなリアル・ブラックな顔の大写し。彼女の音楽のキーワードの一つを成すジャズ感覚が前作より目立つ感じもしました。しかし、そういった分析も一笑に付されるようなレベルの高い一作です。

そして今回。また少し違うレディシを見せてくれています。パワフルに歌い飛ばしている立ち姿に、聴く前から興味や期待が募ります。

実際に聴くと、サウンド的にはアグレッシブな感じの物が多いようです。例の、シャカ・カーンとティナ・ターナーが混合したような歌声が、強烈な曲調に乗ると、エリカ・バドゥを彷彿とさせます。ただエリカは“観念的”でレディシは“肉体的”な印象もあります(今一つ言い表せてませんが)。エリカの方がよりクールですよね。

しかし、エリカ的なのは冒頭の2曲辺りで、次第にレディシ・オンリーの世界が光ってきます。

プロデューサー陣は、レディシ自身が全曲に関わっているのを筆頭に、チャッキー・トンプソン、ジャム&ルイス、ラファエル・サディークらが各々の持ち味を生かしながら、レディシ色に染まっています。特筆すべきは前作にも関わったレックス・ライドアウト。R&B的なメリハリやウネリとは違って、漂うようなジャズ感覚にファンクやロックを塗りこめて、レディシ・サウンドの最大公約数的完成度を実現しています。

http://www.studioexpresso.com/profiles/rexrideout.htm

他のプロデューサー作にも“漂うジャズ感覚”は聴き取れます。レディシとの共同作業の成果でしょうね。ジャム&ルイスのはリズムが面白いし、チャッキーのR&B感覚も様相が少し変わっているし、ラファエルのはスライ&ザ・ファミリー・ストーン的な部分も感じられたりします。

エリカ・バドゥもそうですが、先ず自分の個性を自分でよく把握し、アルバムを出す度に、微妙に変化した自分を提示できるというのは素晴らしい能力です。前作より聴きやすいかも知れないので、またファン層を広げる事でしょう。

http://www.youtube.com/watch?v=o9E4nExa38o

http://www.youtube.com/watch?v=lPgg8elHPog

http://www.youtube.com/watch?v=2r8IY73s_uc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

70's Blues 80's Soul Aaliyah Ahmet Ertegun Al Green Albert Collins Ali Oliie Woodson Amazing Grace American Folk Blues Festival Ann Nesby Anthony Hamilton Aretha Franklin Ariyo Arrested Development Art Tatum Trio Arthur "Big Boy" Crudup_ Artie "Blues Boy" White At the Copa B.B.King Baby Washington Babyface Barbara George Barbara Mason Bell Biv Devoe Big Walter Price with Albert Collins Bill Coday Birmingham Soul biwa duo Blind Willie Johnson Blind Willie McTell Blues Brothers Blues Jubilee Blues The Butcher 590213 Bob Dylan Bobby "Blue" Bland Bobby Bland Bobby Charles Bobby Valentino Books Brandy Buddy Guy Bukka White Byther Smith Cadillac Records Carl Sims Carole King CASE Catfish Blues Chaka Kahn Champion Jack Dupree Charles Brown Charlie Wilson Chess Chrisette Michele Christian Keyes Chuck Berry Cicero Blake Cinema Clarence Carter Clash Clay Hammond Cliff White Close to You Coko Contemporaly Deep Soul Curtis Mayfield CUSTOM Dan Penn David Ruffin Delfonics Delta Beat Denise Lasalle Dirty Dozen Brass Band Don Bryant Duet Dynamic Superiors Dynamics Ecko Records Eddie Boyd Eddie Kirkland Eddie Taylor El Debarge En Vogue Enchantment Eric Benet Etta James Facts Of Life FAME Fantasia Fats Domino Fender Blues Fenton Robinson Five Long Years For Your Precious Love_ Frank Stokes Frankie Gaye Freda Payne Freddy King Funkadelic Funky Blues G.C. Cameron Gaturs Gene Chandler Gene Rice General Johnson George Kerr Glenn Jones Gordon Chambers Gregg Allman GUESSS hajibura-ism Happy End Hard Luck Blues Harold Melvin & The Blue Notes Hibari Misora Hoochie Coochie Man Howard Tate Howlin' Wolf Hurricane Yukawa Ike & Tina Turner India. Arie Irma Thomas Isley Brothers J. Blackfoot J. Holiday Jackie Shane Jaheim James Brown Janis Joplin Jazz Jill Scott Jim Crow Jimi Hendrix Jimmy Dawkins Jimmy Rogers Jimmy Witherspoon Jodeci Joe john lee hooker John Lennon Johnnie Taylor Johnny Ace Johnny Gill Keisha Cole Kindred the Family Soul King Kitty & The Haywoods Kiyoshiro Imawano Koichi Fujii L.C. Cooke L.J.Reynolds Lacee Lalah Hathaway Latimore Launchers Laura Izibor Laura Lee Lazy Lester Le Gent Ledisi Leela James Leon Russell Leroi Jones Letoya Life is... Lightnin' Hopkins Lil Green Lionel Richie Lisa "Left-eye" Smith Little Johnny Taylor Little Milton Little Richard Little Walter Lloyd Price Louis Jordan Luther Lyn Collins Magic Sam Malaco Manami Izumiyama Marques Houston Marvin Gaye Mary J. Blige Mary Wells Mavis Staples Maze Members Only Memphis Minnie Memphis Slim Michael Jackson Miles Davis Millie Jackson mississippi Mitty Collier Miyuki Nakajima Modern Blues Modern Gospel Motown Muddy Waters Muscle Shoals Musiq Soulchild My Collection My Favorite Albums through the year Naomi Chiaki Ne-Yo Nodesha O'Jays Ohio Players Oldays Records Otis Otis Clay Otis Redding Otis Rush Otis Spann Patti Labelle Paul Butterfield Blues Band Percy Wiggins Persuaders Peter Barakan Philly Soul Photo Players Pre-War Blues Pretty Ricky Queen R. Kelly Raheem Devaughn Ray Charles Rick James Robert Blair & The Fantastic Violinaires Robert Johnson Robert Lee McCoy Rolling Stones Rozetta Johnson Rufus Thomas Sam Cooke Sam Dees Shirley and Lee Sidney Bechet Solomon Burke Soul Deep Soul Generation Soul Power Soul Stirrers Sounds of Memphis Southern Blues Southern Soul=Blues Spencer Wiggins Spirit Of Memphis Sports Stan Mosley Staple Singers Sterling Simms Story SUN Blues syl johnson Sylvester Weaver T.K.Soul Taj Mahal Tammi Terrell Teach me Tonight Ted Taylor Teddy Bunn Teddy Pendergrass Temptations Terrell Texas Blues Tony Borders Tony Toni Tone Tonyies Tower Records Toyo Nakamura TQ Trey Songz TV Tweets Twitter V.A. W.C.Karasu Whitney Houston Willie Clayton Willie Dixson Willie Mitchell Year Of 2011 You Are Everything Yuukadan