Modern Gospel

レコード棚を順番に聴いていく計画 Vol.6

M

 

[12枚目]●V.A.『ア・チェンジ・イズ・ゴナ・カム/モダン・ゴスペル・ジュウェリー』<ジュウェル/Pヴァイン>(89)

http://www.fanfan1.com/products/detail/719959

 

G

<ジュウェル>作品を音源とした70年代ゴスペル集。80年に2枚組LPでリリースされた時より、収録時間の関係で1曲少ない。編者は「サムズ・レコード・ショップ」の店主・佐藤修さんだ。

ラインナップを見て、先ずは、ロスコー・ロビンソンやクラレンス・ファウンテンに胸がときめく。もちろんそれ以外の組も、決して聴き劣りするものではない。

  先ずは、ヴァイオリネアーズ(4曲)。バリトンとファルセット(或いはハイ・テナー)のスムーズな兼ね合いや、的確なシャウトは、ゴスペルの基本型を教えてくれているようだ。

ビル・モス&ザ・セレスシャルズ(2曲)。ふくよかなリードは、余裕と温かみを感じる。タイトな伴奏陣にも注目。「アイ・ドント・ウォント・トゥ・ドゥ・ロング」などは、リー・ドーシーを思わせるような乗りだ。因みに、最近の<マラコ>リイシュー・シリーズで一枚出ている。その紹介文で知ったのだが、現代のゴスペル・シンガー、J・モスの親父さんだそうだ。

Can You Use Me (Just As I Am) - Bill Moss & the Celestials

https://www.youtube.com/watch?v=2J-RG9o_9cA

ブルックリン・オールスターズ(4曲)クラレンス・カーターばりの、低音で張りのある声が印象的。もう一人のテナー系リード・シンガーに比べ、こちらは説教師風にも聴こえる。コーラスの雰囲気が昔風で、このグループのサウンドが、本盤の中では最も保守的かも知れない。

The Brooklyn Allstars - Serving The Lord

https://www.youtube.com/watch?v=ZyYZkd9IKLs

アルバーティナ・ウォーカー&ザ・キャラバンズ(1曲)。凄い面子が行き来した名門中の名門。ここではアップ曲で、至福の時を創り上げる。流麗なギターも入ったりして、全体に古臭くない。長生きの秘訣か。

アーネスト・フランクリン(1曲)は男声と女声の掛け合いが印象的。

ソウル・スターラーズ(4曲)も、多くのスターを輩出した名門だ。ここでは、豪快バリトンのJ・J・ファーレイを2曲に、マーティン・ジェイコックスのしなやかなテナー2曲と、好配置。ゴスペル・シンガーには「雷様」が無数にいる。ファーレイのシャウトも凄い。その雷撃度は、本アルバム中最高ボルトだ。マーティンが地味に聴こえるが、こちらも中々の実力者。良い意味でクセがある。後にスターラーズは二つに分裂するが、どちらも実績を残したそうだ。

ザ・ホプソン・ファミリー(1曲)。シスター・ロゼッタ・サープを思わせる、弦楽器の音の連なりに、一瞬色めく。実はマンドリン。ゴスペルでは珍しいが、親しみやすい音色である。家族グループなので、男女のリードは夫婦かと。その丁々発止が絶妙。これだと、夫婦で口喧嘩しても歌になってしまうんじゃなかろうか。娘だったら親子喧嘩ね。

ロスコー・ロビンソン(3曲)。優しくもあり、激しくもあり、安定感も情熱も最高クラス。ただただ聴き惚れるのみ。魂が鷲掴みにされる。

Roscoe Robinson / I'm a soldier for the lord

https://www.youtube.com/watch?v=OL7-Kv9VqVQ

Roscoe Robinson / Life is like a mountain railroad

https://www.youtube.com/watch?v=joFRoj5vIKo

クラレンス・ファウンテン(1曲)。ロスコーより声の総出力は控え目だが、コクのある伸びやかな歌い口からの炎熱シャウトは、何度聴いても痺れる。硬軟裏表緩急自在縦横無尽の名唱。本盤の中ではこの曲が一番好きだ。

メディテイション・シンガーズ(2曲)。ローラ・リーの母親等が結成し、ローラ自身もある時期まで参加していた。最初の曲が彼女のリードのようだ。この2曲はかなりソウルっぽい。

※ゴスペル独特の厳粛な雰囲気が、ソウルとの目立った違いかと。ゴスペル聴かず嫌いの人には、古臭かったり、渋過ぎたり感じるのかも。そんな人たちには入りやすいアルバムだと思う。70年代というソウル全盛時代を生き抜いたゴスペル作品たち。そこを味わった上で、是非、さらに時代を遡って、ヴィンテージ期のゴスペルを体験して欲しい。黒人音楽に興味があるなら、旧いブルースとゴスペルは必修科目だと思うが、そこまで言うと押し付けがましいか。いずれにしても、何か話題性がなければ、この手のアルバムが作られにくいというのは、やはり淋しい。常備してほしいタイプのアルバムだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

70's Blues 80's Soul Aaliyah Ahmet Ertegun Al Green Albert Collins Ali Oliie Woodson Amazing Grace American Folk Blues Festival Ann Nesby Anthony Hamilton Aretha Franklin Ariyo Arrested Development Art Tatum Trio Arthur "Big Boy" Crudup_ Artie "Blues Boy" White At the Copa B.B.King Baby Washington Babyface Barbara George Barbara Mason Bell Biv Devoe Big Walter Price with Albert Collins Bill Coday Birmingham Soul biwa duo Blind Willie Johnson Blind Willie McTell Blues Brothers Blues Jubilee Blues The Butcher 590213 Bob Dylan Bobby "Blue" Bland Bobby Bland Bobby Charles Bobby Valentino Books Brandy Buddy Guy Bukka White Byther Smith Cadillac Records Carl Sims Carole King CASE Catfish Blues Chaka Kahn Champion Jack Dupree Charles Brown Charlie Wilson Chess Chrisette Michele Christian Keyes Chuck Berry Cicero Blake Cinema Clarence Carter Clash Clay Hammond Cliff White Close to You Coko Contemporaly Deep Soul Curtis Mayfield CUSTOM Dan Penn David Ruffin Delfonics Delta Beat Denise Lasalle Dirty Dozen Brass Band Don Bryant Duet Dynamic Superiors Dynamics Ecko Records Eddie Boyd Eddie Kirkland Eddie Taylor El Debarge En Vogue Enchantment Eric Benet Etta James Facts Of Life FAME Fantasia Fats Domino Fender Blues Fenton Robinson Five Long Years For Your Precious Love_ Frank Stokes Frankie Gaye Freda Payne Freddy King Funkadelic Funky Blues G.C. Cameron Gaturs Gene Chandler Gene Rice General Johnson George Kerr Glenn Jones Gordon Chambers Gregg Allman GUESSS hajibura-ism Happy End Hard Luck Blues Harold Melvin & The Blue Notes Hibari Misora Hoochie Coochie Man Howard Tate Howlin' Wolf Hurricane Yukawa Ike & Tina Turner India. Arie Irma Thomas Isley Brothers J. Blackfoot J. Holiday Jackie Shane Jaheim James Brown Janis Joplin Jazz Jill Scott Jim Crow Jimi Hendrix Jimmy Dawkins Jimmy Rogers Jimmy Witherspoon Jodeci Joe john lee hooker John Lennon Johnnie Taylor Johnny Ace Johnny Gill Keisha Cole Kindred the Family Soul King Kitty & The Haywoods Kiyoshiro Imawano Koichi Fujii L.C. Cooke L.J.Reynolds Lacee Lalah Hathaway Latimore Launchers Laura Izibor Laura Lee Lazy Lester Le Gent Ledisi Leela James Leon Russell Leroi Jones Letoya Life is... Lightnin' Hopkins Lil Green Lionel Richie Lisa "Left-eye" Smith Little Johnny Taylor Little Milton Little Richard Little Walter Lloyd Price Louis Jordan Luther Lyn Collins Magic Sam Malaco Manami Izumiyama Marques Houston Marvin Gaye Mary J. Blige Mary Wells Mavis Staples Maze Members Only Memphis Minnie Memphis Slim Michael Jackson Miles Davis Millie Jackson mississippi Mitty Collier Miyuki Nakajima Modern Blues Modern Gospel Motown Muddy Waters Muscle Shoals Musiq Soulchild My Collection My Favorite Albums through the year Naomi Chiaki Ne-Yo Nodesha O'Jays Ohio Players Oldays Records Otis Otis Clay Otis Redding Otis Rush Otis Spann Patti Labelle Paul Butterfield Blues Band Percy Wiggins Persuaders Peter Barakan Philly Soul Photo Players Pre-War Blues Pretty Ricky Queen R. Kelly Raheem Devaughn Ray Charles Rick James Robert Blair & The Fantastic Violinaires Robert Johnson Robert Lee McCoy Rolling Stones Rozetta Johnson Rufus Thomas Sam Cooke Sam Dees Shirley and Lee Sidney Bechet Solomon Burke Soul Deep Soul Generation Soul Power Soul Stirrers Sounds of Memphis Southern Blues Southern Soul=Blues Spencer Wiggins Spirit Of Memphis Sports Stan Mosley Staple Singers Sterling Simms Story SUN Blues syl johnson Sylvester Weaver T.K.Soul Taj Mahal Tammi Terrell Teach me Tonight Ted Taylor Teddy Bunn Teddy Pendergrass Temptations Terrell Texas Blues Tony Borders Tony Toni Tone Tonyies Tower Records Toyo Nakamura TQ Trey Songz TV Tweets Twitter V.A. W.C.Karasu Whitney Houston Willie Clayton Willie Dixson Willie Mitchell Year Of 2011 You Are Everything Yuukadan