Raheem Devaughn

試聴記】ラヒーム・ディヴォーン『ザ・ラブ&ウォー・マスターピース』

590

http://www.raheemdevaughnmusic.com/

http://www.hmv.co.jp/product/detail/3744590

独特の音世界を展開するラヒームの3作目。リリース数以上の存在感を感じます。今回のは、1枚物と2枚組の二通りあるそうです。前作と同じ時期の作品も有るそうですが、別に気になりません。今回試聴できたのは1枚物の方です。

彼の音楽は、私は必ずしも全面的には受け止め切れてませんが、独特の、拡散し浮遊する感覚は気に入ってます。また、確固たるブラックネスが音の背骨を構成しているので、私のような保守的な人間でもすんなりと聴ける部分はあります。ただ、グルーヴとして昇華した場合、好きな部分とそうでもない部分が有るといった所です。

ミスター・コーネル・ウエストなる人物の、ラップというよりライブMC的前口上に続いて流れるのが、70年代ソウル風の一曲。マーヴィン・ゲイとカーティス・メイフィールドに特に近いなあと思っていたら、カーティスの曲を下敷きにしているそうです。

♪「Bulletproof」
http://www.youtube.com/watch?v=luuQ1McRtGU

中盤には王道的美メロ曲もありますが、アルバム全体で考えると、絶え間ないグルーヴで彩られた、レベルの高い一作だと思います。

♪「Mr.Right」
http://www.youtube.com/watch?v=qF8tNTxg9tc

♪「My Wife」
http://www.youtube.com/watch?v=-QLzQdEWyoA

15曲目は、ゲストの顔触れが興味深いです。ジル・スコット、アンソニー・ハミルトン、クリセット・ミッシェル、レディシ、アルジェブラ、チコ・デバージetc...。ネオ・ソウル系と括るのも失礼な、クセ者揃いです。私がここ何年で気に入った人たちでもあります。類は友を呼ぶといったラインナップかと思います。しかし、曲自体はあまり拡散しない、良く言えば地に足を付けたメッセージソングです。これだけ多数のゲストが要るかとも思うんですが、このメンバーをジャケットに記している事自体、ラヒームの音世界を象徴しているような気がするのです。

♪「Nobody Wins A War」
http://www.youtube.com/watch?v=df6NYp23TAI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラヒーム・ディヴォーン『ラブ・エクスペリエンス』

Bth1619480_0b

ラヒーム・ディヴォーン『ラブ・エクスペリエンス』・・・聴きながらレヴューしますので、同じ事を何度も書くかも知れません。あえてそのままにします。

歌唱力はさることながら、この人の持ち味は、サウンド・プロデュースにも有ると思います。プリンス辺りにもつながりがあるそうで、現代R&Bの感覚というより人数が多かった頃のアイズリーズ辺りの、ロックを上手く取り入れた感覚が有ります。彼らほど際立ってはいませんけど。もちろんブラックネスは充分。レーベルは<ゾンバ/ジャイブ>。

①ザ・ヴォイス(イントロ)

②ザ・ラブ・エクスペリエンス・・・表題曲は70年代ソウル風出だしで、ヴォーカルを丁寧に重ねてしなやかなバックの演奏によく絡み付いてます。

③ゲス・フー・ラブズ・ユー・モア・・・特徴の有るベースをフィーチャーし、まだこの辺りまでは静かな立ち上がり。マーヴィン・ゲイの再来とか言われるけどマーヴィンのようにセクシーさを醸し出している感じでは無いです。しかし、聴き進むと「唸り」が軽く入ったりしてじわじわと盛り上がります。丁寧に創られている印象です。

④フー・・・このアルバムは「楽器の音」を上手く使っています。ここではディストーションが微かに掛かったギターのフレーズが印象的です。

⑤ホウェア・アイ・スタンド・・・今度はピアノ。Pファンクというか、ジョージ・クリントンのソロ初期の様な「スットン・スットン」というリズム(軽くやってますけど)にパラパラと「音を落とす」感じでしょうか?しかし、盛り上がってくると、重層的ヴォーカルや饒舌過ぎないストリングスがメインとなり曲は展開されます。ホント、ヴォーカルより音の組み立てが面白いです。そういう意味ではマーヴィン・ゲイが完成したかったことに近いかも知れません。

⑥ブレス・・・ストリングスと多層ヴォーカルの対決。充分歌は歌えるけど、もうちょっと上手かったら凄い事になってただろう。ゴスペル的になったかも知れません。私的にはあまり面白くない曲、多分ストリングス苦手のせいでしょう。

⑦ユー・・・ヴォーカルの重なりが相変わらず印象的。それにしても単語一つのタイトル多いですね。

⑧スウィート・トゥース・・・ちょっとシンコペーションが付きましたが、多層的ヴォーカルとバックの音を絡めるという基本は外れていません。

⑨アスク・ユアセルフ・・・これは又70年代ソウル的。語りから始まり、ディスの掛かったギターと、段階を追って熱っぽくなるヴォーカル。アーニー・アイズリーほどべとつかないけどギターが静かに泣いています。

http://www.youtube.com/watch?v=d0w1vW16zFI

⑩ビリーブ・・・クールだが熱いバラード。内ジャケットに正面を向いた彼の顔写真が有るんですが、真面目そうな顔立ちで、変な書き方かも知れませんが「信用できる」感じ。この曲辺りも、流行を追うとか創り出すとかそういうレベルでは無く、自分の内に溢れる感情を素直に音にして、素直に歌い組み合わせてみた結果のアルバムだと思います。

⑪イズ・イット・ポッシブル・・・やっぱり旧い感覚が有りますね。それに、この曲辺りはソウルはソウルなんだけど、黒人音楽に影響を受けた白人シンガー・ソングライターのような感じも無きにしも有らず・・・。

⑫キャッチ22・・・アルバム全体は確かに淡々とはしているんです。しかし、芯はブラックネスに満ち、オーガニック・ソウルの流れともちょっと違う感じです。新しい形のブラックネスの表出と言ってしまいたい。

⑬アンティル・・・印象的なフレーズを持ち、これはシングルでも行けそうと思っていたら、アイズリーズのサンプルでした(「フットステップス・イン・ザ・ダーク」)。やっぱり好きなんだな、アイズリーズ。最後から2、3曲手前に「力」の入った曲を置く人が多いという私の持論が証明された?ロナルド・アイズリー風猫撫で声もちょっと聴こえる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Aaliyah | Ahmet Ertegun | Albert Collins | Ali Oliie Woodson | Amazing Grace | Aretha Franklin | Arthur "Big Boy" Crudup_ | Artie "Blues Boy" White | At the Copa | B.B.King | Babyface | Barbara Mason | Big Walter Price with Albert Collins | biwa duo | Bob Dylan | Bobby "Blue" Bland | Bobby Bland | Bobby Charles | Bobby Valentino | Books | Brandy | Byther Smith | Cadillac Records | Carl Sims | Carole King | CASE | Chaka Kahn | Charlie Wilson | Chess | Chrisette Michele | Christian Keyes | Chuck Berry | Cinema | Clarence Carter | Clash | Clay Hammond | Close to You | Contemporaly Deep Soul | Curtis Mayfield | CUSTOM | David Ruffin | Delfonics | Denise Lasalle | Don Bryant | Duet | Ecko Records | El Debarge | En Vogue | Eric Benet | Etta James | Facts Of Life | FAME | Fantasia | Fenton Robinson | For Your Precious Love_ | Frank Stokes | Freda Payne | G.C. Cameron | Gene Rice | General Johnson | Gordon Chambers | GUESSS | hajibura-ism | Happy End | Hard Luck Blues | Harold Melvin & The Blue Notes | Hibari Misora | Howard Tate | Howlin' Wolf | Ike & Tina Turner | India. Arie | Isley Brothers | J. Blackfoot | J. Holiday | Jaheim | James Brown | Jazz | Jill Scott | Jimi Hendrix | Jimmy Dawkins | Jimmy Rogers | Jodeci | Joe | John Lennon | Johnnie Taylor | Keisha Cole | Kindred the Family Soul | Kitty & The Haywoods | Kiyoshiro Imawano | Koichi Fujii | Lacee | Lalah Hathaway | Latimore | Laura Izibor | Laura Lee | Ledisi | Leela James | Leroi Jones | Letoya | Life is... | Lionel Richie | Lisa "Left-eye" Smith | Little Milton | Little Richard | Little Walter | Lloyd Price | Lyn Collins | Magic Sam | Malaco | Marques Houston | Marvin Gaye | Mary J. Blige | Mary Wells | Mavis Staples | Maze | Memphis Slim | Michael Jackson | Miles Davis | Mitty Collier | Miyuki Nakajima | Modern Blues | Modern Gospel | Motown | Muddy Waters | Muscle Shoals | Musiq Soulchild | My Collection | My Favorite Albums through the year | Naomi Chiaki | Ne-Yo | Nodesha | Ohio Players | Otis Redding | Otis Rush | Patti Labelle | Peter Barakan | Photo | Pre-War Blues | Pretty Ricky | R. Kelly | Raheem Devaughn | Ray Charles | Rick James | Robert Johnson | Rolling Stones | Rozetta Johnson | Rufus Thomas | Sam Cooke | Solomon Burke | Soul Deep | Soul Generation | Soul Power | Soul Stirrers | Sounds of Memphis | Spencer Wiggins | Sports | Stan Mosley | Sterling Simms | Story | syl johnson | Taj Mahal | Tammi Terrell | Teach me Tonight | Teddy Pendergrass | Temptations | Terrell | Tony Borders | Tony Toni Tone | Tonyies | Tower Records | Toyo Nakamura | TQ | Trey Songz | TV | Twitter | V.A. | Whitney Houston | Willie Mitchell | Year Of 2011 | You Are Everything | Yuukadan