Robert Johnson

クロスロード

我々、ブルースに魅せられた者たちにとって、ロバート・ジョンソンこそが、クロスロードで契約を交わした人物ではないか。

「お前、こっちの世界にくるか?」

彼は永遠の名声を得て、我々は人生の道連れを得た。

にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲・好きなアルバムへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伝説から現実へ・・・ロバート・ジョンソン『センテニアル・コレクション』

137
『レコード・コレクターズ』の9月号では、ロバート・ジョンソンが特集されていた。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/3946137

293
少し前にリリースされた『センテニアル・コレクション』がテキスト。未発表テイクが有るのも話題だろうが、全体の音創りもリニューアルされ、伝説のブルースマンが再び甦った体のようだ。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/4033293

かつて話題を呼んだ<CBSソニー>の『コンプリート』でも、耳元に酒臭い息を吹きかけられたような生々しさを感じたものだ。今回はそれをも上回る様子。私は未聴なので、購入予定に入れて置かなければならない。

特集記事も購買意欲に火を点けた感じだ。各曲の解説やカバー・ヴァージョンの紹介もさることながら、2つの「音楽論」が興味深かった。ロバート・ジョンソンをある程度聴いている人なら、なんとなく把握は出来ていたが、改めてきちんと纏められると頭の整理に役立つし、コラムとしても面白かった。

琵琶演奏家でもある後藤幸浩さんは、弦楽器奏者としてのロバジョンのテクニック(ヴォーカル面も含む)をつぶさに解説されると共に、サン・ハウスの豪放さやロニー・ジョンソンの繊細さを受け継ぎ、次代のシティ・ブルースに繋がるモダンさを強調。彼自身が過去と未来のクロスロードだったと喝破されている。

後藤さんが「時間」を軸に取り上げたとしたら、もう一人の鈴木カツさんは「空間」に重きを置いている感じ。黒人文化と白人文化の共有財産“コモン・ストック”の視点から、カントリー・ソングや白人文化との絡みを丹念に追う。漠然と聴いていては思い至らないポイントだ。

2つの音楽論に、佐野ひろしさんのバイオグラフィーを基にした序文を加えると、伝説の靄は振り払われ、「人間ロバート・ジョンソン」が見えてくる。

蛇足を承知で、私のロバジョン観。他の戦前ブルースマンに比べ、彼は聴きやすいブルースマンだと思う。卓越したテクニックが魅力的な面もあるだろうが、それも含めて、とても“演劇的”なミュージシャンだと思う。わざとらしいという意味ではなく、表現力が豊かで個性的なのだ。ビビットな面もある。サン・ハウスの押しの強さは逞しさを感じるが、ロバジョンはエキセントリックだ。血のニオイを感じる瞬間もある。一方、切ない弱々しさを披露する面もある。全体的に、どうもチンピラっぽさが抜け切れない。それでいながら見事なギターを聴かせる所が、カッコイイのだ。正にカリスマ(あまり使いたくない言葉だけど)。

『センテニアル・コレクション』は、伝説を現実化した一つの試みかも知れない。しかし、問題点が無い訳ではない。最近色んな所で話を聞くが、36年~37年に録音されたオリジナルは、スピードを速めて録音されているらしい。もし、“正常”に修正されるなら、また違ったロバート・ジョンソンが、我々の下に立ち現れるという事になる。

やれやれ、彼の伝説は未来永劫に続くのだろうか・・・まさか、それも含めて悪魔と取り引きしたのでは!

♪"Preachin' Blues (Up Jumped The Devil) [Centennial Edition] "
http://www.youtube.com/watch?v=LRACqORUuvc

♪"Cross Road Blues [Centennial Edition]"
http://www.youtube.com/watch?v=P-zmIZ2V9R4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロバート・ジョンソン、第3の写真?

『ブルース&ソウルレコーズ』誌に載っていたロバート・ジョンソンの第3の写真発見の記事を追いかけてみました。『Vanity Fair』という雑誌に掲載されたものです。

http://www.vanityfair.com/

↑上のサイトの右上に検索ボックスがありますので、"Robert Johnson"で検索すると何本か記事が出てきます。3番目に問題の写真があります。更に、1番目には既存の写真との比較が載っています。英語力がないので内容には触れられません。

鼻筋が通ってるのと、ちょっと目が垂れ気味な気もするのですが、写真の角度もあるでしょう。斜視だし、何といってもあの特長的な細くて長い指は間違いない気がします。ジョニー・シャインズと一緒に写っているので名のあるミュージシャンなのも間違いないでしょう。

ブルース・ファンとしてはこういう話題でも嬉しいもの。出来ることならば、あの長い指が動くところを観てみたいものですねえ・・・がく~(落胆した顔)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

70's Blues 80's Soul Aaliyah Ahmet Ertegun Al Green Albert Collins Ali Oliie Woodson Amazing Grace American Folk Blues Festival Ann Nesby Anthony Hamilton Aretha Franklin Ariyo Arrested Development Art Tatum Trio Arthur "Big Boy" Crudup_ Artie "Blues Boy" White At the Copa B.B.King Baby Washington Babyface Barbara George Barbara Mason Bell Biv Devoe Big Walter Price with Albert Collins Bill Coday Birmingham Soul biwa duo Blind Willie Johnson Blind Willie McTell Blues Brothers Blues Jubilee Blues The Butcher 590213 Bob Dylan Bobby "Blue" Bland Bobby Bland Bobby Charles Bobby Valentino Books Brandy Buddy Guy Bukka White Byther Smith Cadillac Records Carl Sims Carole King CASE Catfish Blues Chaka Kahn Champion Jack Dupree Charles Brown Charlie Wilson Chess Chrisette Michele Christian Keyes Chuck Berry Cicero Blake Cinema Clarence Carter Clash Clay Hammond Cliff White Close to You Coko Contemporaly Deep Soul Curtis Mayfield CUSTOM Dan Penn David Ruffin Delfonics Delta Beat Denise Lasalle Dirty Dozen Brass Band Don Bryant Duet Dynamic Superiors Dynamics Ecko Records Eddie Boyd Eddie Kirkland Eddie Taylor El Debarge En Vogue Enchantment Eric Benet Etta James Facts Of Life FAME Fantasia Fats Domino Fender Blues Fenton Robinson Five Long Years For Your Precious Love_ Frank Stokes Frankie Gaye Freda Payne Freddy King Funkadelic Funky Blues G.C. Cameron Gaturs Gene Chandler Gene Rice General Johnson George Kerr Glenn Jones Gordon Chambers Gregg Allman GUESSS hajibura-ism Happy End Hard Luck Blues Harold Melvin & The Blue Notes Hibari Misora Hoochie Coochie Man Howard Tate Howlin' Wolf Hurricane Yukawa Ike & Tina Turner India. Arie Irma Thomas Isley Brothers J. Blackfoot J. Holiday Jackie Shane Jaheim James Brown Janis Joplin Jazz Jill Scott Jim Crow Jimi Hendrix Jimmy Dawkins Jimmy Rogers Jimmy Witherspoon Jodeci Joe john lee hooker John Lennon Johnnie Taylor Johnny Ace Johnny Gill Keisha Cole Kindred the Family Soul King Kitty & The Haywoods Kiyoshiro Imawano Koichi Fujii L.C. Cooke L.J.Reynolds Lacee Lalah Hathaway Latimore Launchers Laura Izibor Laura Lee Lazy Lester Le Gent Ledisi Leela James Leon Russell Leroi Jones Letoya Life is... Lightnin' Hopkins Lil Green Lionel Richie Lisa "Left-eye" Smith Little Johnny Taylor Little Milton Little Richard Little Walter Lloyd Price Louis Jordan Luther Lyn Collins Magic Sam Malaco Manami Izumiyama Marques Houston Marvin Gaye Mary J. Blige Mary Wells Mavis Staples Maze Members Only Memphis Minnie Memphis Slim Michael Jackson Miles Davis Millie Jackson mississippi Mitty Collier Miyuki Nakajima Modern Blues Modern Gospel Motown Muddy Waters Muscle Shoals Musiq Soulchild My Collection My Favorite Albums through the year Naomi Chiaki Ne-Yo Nodesha O'Jays Ohio Players Oldays Records Otis Otis Clay Otis Redding Otis Rush Otis Spann Patti Labelle Paul Butterfield Blues Band Percy Wiggins Persuaders Peter Barakan Philly Soul Photo Players Pre-War Blues Pretty Ricky Queen R. Kelly Raheem Devaughn Ray Charles Rick James Robert Blair & The Fantastic Violinaires Robert Johnson Robert Lee McCoy Rolling Stones Rozetta Johnson Rufus Thomas Sam Cooke Sam Dees Shirley and Lee Sidney Bechet Solomon Burke Soul Deep Soul Generation Soul Power Soul Stirrers Sounds of Memphis Southern Blues Southern Soul=Blues Spencer Wiggins Spirit Of Memphis Sports Stan Mosley Staple Singers Sterling Simms Story SUN Blues syl johnson Sylvester Weaver T.K.Soul Taj Mahal Tammi Terrell Teach me Tonight Ted Taylor Teddy Bunn Teddy Pendergrass Temptations Terrell Texas Blues Tony Borders Tony Toni Tone Tonyies Tower Records Toyo Nakamura TQ Trey Songz TV Tweets Twitter V.A. W.C.Karasu Whitney Houston Willie Clayton Willie Dixson Willie Mitchell Year Of 2011 You Are Everything Yuukadan