Sam Cooke

ヘイ、ブラザー!ハイ、シスター!(2)

41zqevylndl__sx230_

それでは思い付くまま第2弾へ!

兄貴が偉大過ぎても自分を貫き通した男、L.C.クックの登場!今でこそ<サー>レコード時代のコンプリート盤も出たが、ちよっと前までは顔写真さえなく、黒い人影が代わりに使われてたという悲しい話。最初の頃は、どうも、サム・クックの弟らしいよ、とか言われてたんだろうか。

個人的には好きなシンガーだ。サムを荒削りにした感触があり、この人がスターラーズにいても面白かったんじゃないかと思う。サムも決して単なるクルーナーではなく熱く燃える部分があるが、その燃え方がシャープだ。L.C.は泥臭い。

サムは31年生まれ。L.C.(正式にはどういうお名前でしょうか?)は一つ下である。サムは51年ソウル・スターラーズ入り。57年にソロ歌手。58年<サー>設立。64年に亡くなっている。L.C.は56年よりシカゴの The Magnificents に在籍。自己名義の録音は<Checker><Sar><Blue Rock><Destination>ほかに有るそう。それでは音源を。

513r6metl__sx230_

L.C. Cooke - Put Me Down Easy

https://www.youtube.com/watch?v=9VZ2rlaDcgI

L. C. Cooke - Sufferin

https://www.youtube.com/watch?v=83xYMy79vNA

L.C. Cooke - I Will Wait For You

https://www.youtube.com/watch?v=jIAtU80cSc0

L.C.Cooke(Let's Do It Over)

https://www.youtube.com/watch?v=4AzRcmLa8ew

改めてジックリ聴くとよく似ている。ルイス・ウィリアムスが良くソックリさんとして名前が上がるが、彼の場合キメ所で「サムる」感じだが、やはり弟、自然に似ている。3曲目とかサムが歌っていると騙せるんじゃないか?4曲目は、あまりサムにないタイプで非常に好きだ。ついでというのも失礼だが、サムも2曲ほど。L.C.に浸った後のサム・クック、少々違って聴こえる気もする。

Sam Cooke You Send Me

https://www.youtube.com/watch?v=pX6QlnlMqjE

Sam Cooke Bring It On Home to Me

https://www.youtube.com/watch?v=gZB4jcPmFGo

因みに、サムが亡くなった後にサムの代表曲をL.C.が歌っているアルバムがあり、ご親切にもYouTubeで全曲聴けるので時間のある方はどうぞ。ここでも、L.C.らしさは出ている。

L.C. Cooke Sings The Great Years Of Sam Cooke [Full]

https://www.youtube.com/watch?v=e4zj5B1Vmow

顔だけ見ると、サムの方が優男なので弟に見える。それはともかく、兄貴に全面協力した形の弟。兄弟愛が透けて見える二人だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サム・クック

※2005年の記事です。

Fi507764_0e

◎『ザ・マン・アンド・ヒズ・ミュージック』86年発売のベスト盤・・・最近、紙ジャケ仕様でサム・クックのアルバムが発売され、ベスト盤も含まれていますが未聴ですので、私が持っているものを・・・。これなら先ず間違い無しです。サム・クックを聴いた事がないけど興味はあるという方は、これから聴きましょう。特に歌い回しに注意して下さい。現代の歌手にもつながる所があるかと思います。

Bth507764_1b

◎『ハーレム・スクエア・ライブ』63年のライブを85年に発表(なんてこった)・・・サム・クックの諸作を聴くと、スムーズな歌い口が印象に残ります。ところがこのライブ盤は、発売当初から「荒々しいサム・クック」に話題が集中した熱い1枚です。それまでのライブ盤といえば、『ライブ・アット・ザ・コパ』という、白人を観客に、スタンダードも交えて歌うといったタイプのものだっただけに、黒人街での活き活きとしたサムの歌唱に、聴く者たちは圧倒されたのです。
是非ベストを聴いてから、ライブ盤へ。私はLPでしか聴いた事がないけど、CDならより一層凄いと思います。

http://www.youtube.com/watch?v=sM6_ZDvB70o&feature=related

サム・クックのレコーディング経歴をレーベル別に見ていきます。まず、ソロ活動をする前にソウル・スターラーズという人気ゴスペル・グループにおり、ソロになった=ポップ・ミュージックの世界に入ったという事で、非難を浴びたような側面もあったそうです。この時期は黒人音楽の名門レーベル<スペシャルティ>に所属していて(1951~57)、所謂順風満帆だったのに、あえて無名の<キーン>レーベルからソロデビューを果たすという「英断」を彼は下したわけです。

●<キーン>(KEEN)時代・・・57~60年

乱暴な書き方かも知れませんが、サム・クックといえばやはり、最も成熟しているのは<RCA>時代で、今<キーン>時代を改めて調べてみましたけど、曲目を見てもあまり食指は動きませんでした。数年前にオリジナルの体裁でCDが出たような気もしますが、はっきりと分かりません。ビリー・ホリデイのカバー集等もあるようです。熱心なファンでなければ不要と思います。色んな解説を読むと年長者向けのポピュラー・ソングが中心で、「黒人音楽」の範疇には入れにくいもののようです。

●<サー>(SAR)時代・・・59~65年(ご紹介している編集盤の録音年であり、サムは64年には亡くなっています)

Fi526651_1e

時期が<キーン>と<RCA>の両方と重なりますが、このレーベルはサムが共同オーナーとなり、自分のレコーディングをするというより、新人発掘人またはライターとしての実力を発揮した舞台です。2枚組みのCDでまとめられており、私持っています。ソウル・スターラーズ、サムの後にスターラーズ入りしたジョニー・テイラー(マイ・フェイバリット!)、ボビー・ウーマックの兄弟グループ・ヴァレンティノス(ストーンズがカヴァーした「イッツ・オール・オーヴァー・ナウ」も有り)、サムの実弟L.C・クック等のラインナップで、ゴスペル、ソウル、ブルースと黒人物のコアな部分がフューチャーされています。黒人音楽に興味の有る方はお薦めしますが、「必携の1枚」というほどでは無いです。それにしても、この編集盤は、つくづくサム・クックのブラックネスを感じるんですけど、じゃあ<キーン>時代は何だったのと訊きたい気もします。しかし、実は今こうやって調べてみて感じた事は、ゴスペル→ポピュラー・ソング→黒人音楽の原点を経て完成されたサム・クックの音楽が<RCA>時代であり、もっと重要な「ソウルの誕生」につながっているのかも知れません。

●<RCA>時代・・・60~64年

データによると12枚、先にご紹介した『ハーレム・スクエア・ライヴ』を加えるとオリジナルは13枚となります。実際に購入するのに、コレ!とは決められません。やはりベスト盤がお薦めです。第一回でご紹介したベスト盤で充分ですが、この際ドカーンと手に入れたい方には、全96曲・・・<キーン>から<RCA>から『ハーレム・スクエア・ライヴ』まで入っている『ザ・マン・フー・インヴェンティッド・ソウル』というBOXが有ります。

http://www.youtube.com/watch?v=oqzv1ZS6uZs

●その他編集盤など・・・昔から定評が有るのは<スペシャルティ>から出ている『トゥー・サイズ・オブ・サム・クック』。ゴスペル期のサムが楽しめます。
Fi526651_3e

DVDでは2003年に出ている『サム・クック-レジェンド』がお楽しみ映像満載のようで、本人の物はどうだったか分かりませんが、色んなミュージシャンのインタヴューも収録されています。私まだ観てません。もし、知ってる人がいたら教えて下さい。

●サム・クックは31年生まれ。生きていたらまだ70ちょっとです。きっと今だに甘い声を聴かせてくれていたと思います。しかし、哀しい話ですが、64年・33歳の若さでモーテルの女主人に射殺されています。女性関係のもつれ説と、人種差別説のふたつがあります。ああ、そうか。撃ち殺した女も生きてるかも知れない。自分が黒人音楽の財産をひねりつぶした事がわかってるんだろうか。

Fi526651_0e

私は、サム・クックとチャーリー・パーカーとロバート・ジョンソンをいつも並べて考えます。それぞれのジャンルでイノヴェイターであった3人、死ぬのは運命だったんでしょうけど、「もし生きていたら」とどうしても考えてしまいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

70's Blues 80's Soul Aaliyah Ahmet Ertegun Al Green Albert Collins Ali Oliie Woodson Amazing Grace American Folk Blues Festival Ann Nesby Anthony Hamilton Aretha Franklin Ariyo Arrested Development Art Tatum Trio Arthur "Big Boy" Crudup_ Artie "Blues Boy" White At the Copa B.B.King Baby Washington Babyface Barbara George Barbara Mason Bell Biv Devoe Big Walter Price with Albert Collins Bill Coday Birmingham Soul biwa duo Blind Willie Johnson Blind Willie McTell Blues Brothers Blues Jubilee Blues The Butcher 590213 Bob Dylan Bobby "Blue" Bland Bobby Bland Bobby Charles Bobby Valentino Books Brandy Buddy Guy Bukka White Byther Smith Cadillac Records Carl Sims Carole King CASE Catfish Blues Chaka Kahn Champion Jack Dupree Charles Brown Charlie Wilson Chess Chrisette Michele Christian Keyes Chuck Berry Cicero Blake Cinema Clarence Carter Clash Clay Hammond Cliff White Close to You Coko Contemporaly Deep Soul Curtis Mayfield CUSTOM Dan Penn David Ruffin Delfonics Delta Beat Denise Lasalle Dirty Dozen Brass Band Don Bryant Duet Dynamic Superiors Dynamics Ecko Records Eddie Boyd Eddie Kirkland Eddie Taylor El Debarge En Vogue Enchantment Eric Benet Etta James Facts Of Life FAME Fantasia Fats Domino Fender Blues Fenton Robinson Five Long Years For Your Precious Love_ Frank Stokes Frankie Gaye Freda Payne Freddy King Funkadelic Funky Blues G.C. Cameron Gaturs Gene Chandler Gene Rice General Johnson George Kerr Glenn Jones Gordon Chambers Gregg Allman GUESSS hajibura-ism Happy End Hard Luck Blues Harold Melvin & The Blue Notes Hibari Misora Hoochie Coochie Man Howard Tate Howlin' Wolf Hurricane Yukawa Ike & Tina Turner India. Arie Irma Thomas Isley Brothers J. Blackfoot J. Holiday Jackie Shane Jaheim James Brown Janis Joplin Jazz Jill Scott Jim Crow Jimi Hendrix Jimmy Dawkins Jimmy Rogers Jimmy Witherspoon Jodeci Joe john lee hooker John Lennon Johnnie Taylor Johnny Ace Johnny Gill Keisha Cole Kindred the Family Soul King Kitty & The Haywoods Kiyoshiro Imawano Koichi Fujii L.C. Cooke L.J.Reynolds Lacee Lalah Hathaway Latimore Launchers Laura Izibor Laura Lee Lazy Lester Le Gent Ledisi Leela James Leon Russell Leroi Jones Letoya Life is... Lightnin' Hopkins Lil Green Lionel Richie Lisa "Left-eye" Smith Little Johnny Taylor Little Milton Little Richard Little Walter Lloyd Price Louis Jordan Luther Lyn Collins Magic Sam Malaco Manami Izumiyama Marques Houston Marvin Gaye Mary J. Blige Mary Wells Mavis Staples Maze Members Only Memphis Minnie Memphis Slim Michael Jackson Miles Davis Millie Jackson mississippi Mitty Collier Miyuki Nakajima Modern Blues Modern Gospel Motown Muddy Waters Muscle Shoals Musiq Soulchild My Collection My Favorite Albums through the year Naomi Chiaki Ne-Yo Nodesha O'Jays Ohio Players Oldays Records Otis Otis Clay Otis Redding Otis Rush Otis Spann Patti Labelle Paul Butterfield Blues Band Percy Wiggins Persuaders Peter Barakan Philly Soul Photo Players Pre-War Blues Pretty Ricky Queen R. Kelly Raheem Devaughn Ray Charles Rick James Robert Blair & The Fantastic Violinaires Robert Johnson Robert Lee McCoy Rolling Stones Rozetta Johnson Rufus Thomas Sam Cooke Sam Dees Shirley and Lee Sidney Bechet Solomon Burke Soul Deep Soul Generation Soul Power Soul Stirrers Sounds of Memphis Southern Blues Southern Soul=Blues Spencer Wiggins Spirit Of Memphis Sports Stan Mosley Staple Singers Sterling Simms Story SUN Blues syl johnson Sylvester Weaver T.K.Soul Taj Mahal Tammi Terrell Teach me Tonight Ted Taylor Teddy Bunn Teddy Pendergrass Temptations Terrell Texas Blues Tony Borders Tony Toni Tone Tonyies Tower Records Toyo Nakamura TQ Trey Songz TV Tweets Twitter V.A. W.C.Karasu Whitney Houston Willie Clayton Willie Dixson Willie Mitchell Year Of 2011 You Are Everything Yuukadan