Sounds of Memphis

レコード棚を順番に聴いていく計画 Vol.13

54c120511705

[20枚目]●V.A.『ロスト・ソウル・ジェムス・フロム・サウンズ・オブ・メンフィス』<ケント・ソウル/エイス>(12)

http://diskunion.net/portal/ct/detail/54C120511705

<サウンズ・オブ・メンフィス>は、60年代初頭、酒類関連の実業家ジーン・ルチェッシが興した。<ペン>や<XL>に関わるスタン・ケスラーの協力を得て軌道に乗り、68年にはスタジオを構えるまでに。サックス奏者でもあるチャールズ・チョーマーズの功績も大きい。

やがて<MGM>との関係を深めた新生<サウンズ・オブ・メンフィス>は、ダン・グリーアがA&Rとなり、サザン・ソウル界の一翼を担う存在となる。

  収録曲を聴いてみよう。現在も安定した作品を出し続けているカール・シムズの「ピティ・オブ・フール」でスタート。正統派サザン・ソウルアルバムの様相かと思いきや、そうでもない。

レーベルの功労者、ダン・グリーアを挟んで、オーティス・ウェット。同名のレディングさんを想起させる、ひりつくような歌唱。終盤は「ガッツガッツ」も飛び出す。

④⑤⑥は、60年代ロックやリズム&ブルースの範疇。一定の聴き応えはある。

バーバラ&ザ・ブラウンズで王道ソウルへ戻る。この人、単独の編集盤があるが、私は、本盤のように他ミュージシャンの間に入っている時のバーバラの歌声の方が好きだ。続くキャロル・ロイドは、エタ・ジェイムスからアクを抜いた感じ。

  勢いのあるジャクソネアーズやヴィジョンを受けて、ルイス・ウィリアムズが70年代に幕を引くような感じで歌い終わると、80年代の3曲。さほど悪くない。

アルバムの最後は、親父を引き継いだリンダ・ルチェッシのピアノをバックにしたジョージ・ジャクソンのデモ曲。ムードがセピアに変わる。

ディープな一枚とは言い難いが、レーベルの特徴がよく把握出来、共感を抱ける一枚だ。

Carl Sims - Pity a Fool

https://www.youtube.com/watch?v=d_Z3ve14ps8

I can't fight it no longer Carroll Lloyd

https://www.youtube.com/watch?v=q06uEWsKrnU

Rudolph Taylor - Big City Lights

https://www.youtube.com/watch?v=XH7ajNwT3Ho

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南部ソウルの根に触れて

51tofb1rknl__sl100_
●V.A.『ロスト・ソウル・ジェムス・フロム・サウンズ・オブ・メンフィス』<エイス/ケント・ソウル>(12)

http://diskunion.net/portal/ct/detail/54C120511705

このところの<エイス/ケント・ソウル>におけるサザン・ソウルの復刻作業は、多くのソウルファンの絶賛を浴びている。

当アルバムのオリジナル音源である<サウンズ・オブ・メンフィス>の作品も、傍系<XL>と併せて、コンピレーション盤も、アーティスト別の編集盤も、充実したラインナップを見せている。本盤は、3枚のコンピ盤でレーベル史を振り返った後に出された、追加盤のような感覚だ。しかし、もちろん、重箱の隅から無理やりかき集めてきた作品群という訳ではない。

<サウンズ・オブ・メンフィス>は、60年代の初頭に、酒類関連の実業家だったジーン・ルチェッシが設立。80年代に入ると娘のリンダが切り盛りするようになった。音楽制作面では、当初、スタン・ケスラーや、「ダンス天国」や「チェイン・オブ・フールズ」でサックスを担当していたチャールズ・チョーマースなる人物が関わっていた。

68年にスタジオをオープンし、<MGM>と関係を持つようになった頃、舵を取っていたのはダン・グリーアである。オヴェイションズ、ミニッツ、ジョージ・ジャクソン、バーバラ・ブラウン等をリリースしたこの頃から、名を残すレーベルとなったようだ。

歌手としてもコンポーザーとしても、地に足が着いて、優しい感じの歌を聴かせるダン。聴けば聴くほど味わいが広がるタイプだ。「滋味」という表現がピッタリ。彼の感覚こそ南部ソウルの感覚そのものであり、レーベル・カラーの根元的部分と通低しているようだ。

アルバムは、カール・シムズ「ピティ・ア・フール」からスタート。本盤の表紙といえそうな曲だ。ややモダンだが、典型的な南部ソウルは完成度が高く、期待に胸は膨らみ、次の曲を待つ。ここでダン・グリーアだ。軽快なテンポで明るい歌だが、聴き応えもある。

次からもアップテンポの曲が続く。思わず身体が自然に動く。しかし、それぞれに味わいが違う。ロックぽかったり、ブルースやリズム&ブルースの流れだったり、ニューオーリンズ系だったり(それもそのはずデイヴ・バーソロミュー作)、オーティス・レディング調だったり(なぜか名前もオーティス)、なかなか楽しめる展開だ。バーバラ&ザ・ブラウンズやルドルフ・テイラー辺りが特にお気に入りだ。

キャロル・ロイドの腰の座った一曲(ビッグ・メイベルやエッタ・ジェイムス辺りが似合いそう)の後、ゆったりバラードも加わってくる。ジョージ・ジャクソンがさほど目立たないぐらいの充実度だ。『フェイム・レコーズ・ストーリー』でアンノウン・シンガーとしてクレジットされていた女性の正体もここで明かされる。

冒頭に、本レーベルのコンピ盤が3枚出ていると書いた。私は1枚目しか持っていない。そこで「カリフォルニア・ドリーミン」を好解釈していたジャクソニアンズが本盤でも登場。派手さはないが心に染みる、正統派コーラスグループだ。マニア筋の方には周知の事なのかも知れないが、後のレニアー&カンパニーだと、ライナーを読んで初めて知った。かつては幻の名盤扱いされていた彼らのアルバムを、熊本県外で見つけて狂喜したのを憶えている。確かに、深みのある歌い口は共通しているようだ。甘茶ソウルならぬ渋茶ソウルだね。

ルイス・ウィリアムズがバラードを歌うと“大団円”といった雰囲気がある。まだ終わらないが、一息ついてしまう。

その後、80年代の作品が3曲並ぶ。この時代は正直言って違和感が先に立つ。確かに曲の出来も良く、歌も上手い。ただ、何度か聴くと飽きが来る。もはや南部ソウルではない。そう、アーシーさやローカルさとは違う次元で曲が創られている。時代の推移がクッキリと判る。あるいは、この3曲を聴く事で、南部ソウルの良さに気が付く仕組みかも。

ラストはリンダ・ルチェッシのピアノに合わせ、ジョージ・ジャクソンが歌うデモ録音。奇しくも同じ南部ソウル集『ホール・オブ・フェイム』もジョージのデモ録音で終わっていた。

ジョージ・ジャクソンも、ダン・グリーアと同じく、ジワジワと感動がわき起こるタイプだ。そのジョージの淡々としたデモ録音をピリオドにする事で、南部ソウルの奥深さや根の張りようを知らしめているのだろう。

♪Carl Sims "Pity a Fool"
http://www.youtube.com/watch?v=d_Z3ve14ps8

♪Billy Cee & The Freedom Express "Save My Love"
http://www.youtube.com/watch?v=uqBDJCBfgmo

♪George Jackson "Things Are Getting Better"
http://www.youtube.com/watch?v=VuFqYIUyPdc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

70's Blues 80's Soul Aaliyah Ahmet Ertegun Al Green Albert Collins Ali Oliie Woodson Amazing Grace American Folk Blues Festival Ann Nesby Anthony Hamilton Aretha Franklin Ariyo Arrested Development Art Tatum Trio Arthur "Big Boy" Crudup_ Artie "Blues Boy" White At the Copa B.B.King Baby Washington Babyface Barbara George Barbara Mason Bell Biv Devoe Big Walter Price with Albert Collins Bill Coday Birmingham Soul biwa duo Blind Willie Johnson Blind Willie McTell Blues Brothers Blues Jubilee Blues The Butcher 590213 Bob Dylan Bobby "Blue" Bland Bobby Bland Bobby Charles Bobby Valentino Books Brandy Buddy Guy Bukka White Byther Smith Cadillac Records Carl Sims Carole King CASE Catfish Blues Chaka Kahn Champion Jack Dupree Charles Brown Charlie Wilson Chess Chrisette Michele Christian Keyes Chuck Berry Cicero Blake Cinema Clarence Carter Clash Clay Hammond Cliff White Close to You Coko Contemporaly Deep Soul Curtis Mayfield CUSTOM Dan Penn David Ruffin Delfonics Delta Beat Denise Lasalle Dirty Dozen Brass Band Don Bryant Duet Dynamic Superiors Dynamics Ecko Records Eddie Boyd Eddie Kirkland Eddie Taylor El Debarge En Vogue Enchantment Eric Benet Etta James Facts Of Life FAME Fantasia Fats Domino Fender Blues Fenton Robinson Five Long Years For Your Precious Love_ Frank Stokes Frankie Gaye Freda Payne Freddy King Funkadelic Funky Blues G.C. Cameron Gaturs Gene Chandler Gene Rice General Johnson George Kerr Glenn Jones Gordon Chambers Gregg Allman GUESSS hajibura-ism Happy End Hard Luck Blues Harold Melvin & The Blue Notes Hibari Misora Hoochie Coochie Man Howard Tate Howlin' Wolf Hurricane Yukawa Ike & Tina Turner India. Arie Irma Thomas Isley Brothers J. Blackfoot J. Holiday Jackie Shane Jaheim James Brown Janis Joplin Jazz Jill Scott Jim Crow Jimi Hendrix Jimmy Dawkins Jimmy Rogers Jimmy Witherspoon Jodeci Joe john lee hooker John Lennon Johnnie Taylor Johnny Ace Johnny Gill Keisha Cole Kindred the Family Soul King Kitty & The Haywoods Kiyoshiro Imawano Koichi Fujii L.C. Cooke L.J.Reynolds Lacee Lalah Hathaway Latimore Launchers Laura Izibor Laura Lee Lazy Lester Le Gent Ledisi Leela James Leon Russell Leroi Jones Letoya Life is... Lightnin' Hopkins Lil Green Lionel Richie Lisa "Left-eye" Smith Little Johnny Taylor Little Milton Little Richard Little Walter Lloyd Price Louis Jordan Luther Lyn Collins Magic Sam Malaco Manami Izumiyama Marques Houston Marvin Gaye Mary J. Blige Mary Wells Mavis Staples Maze Members Only Memphis Minnie Memphis Slim Michael Jackson Miles Davis Millie Jackson mississippi Mitty Collier Miyuki Nakajima Modern Blues Modern Gospel Motown Muddy Waters Muscle Shoals Musiq Soulchild My Collection My Favorite Albums through the year Naomi Chiaki Ne-Yo Nodesha O'Jays Ohio Players Oldays Records Otis Otis Clay Otis Redding Otis Rush Otis Spann Patti Labelle Paul Butterfield Blues Band Percy Wiggins Persuaders Peter Barakan Philly Soul Photo Players Pre-War Blues Pretty Ricky Queen R. Kelly Raheem Devaughn Ray Charles Rick James Robert Blair & The Fantastic Violinaires Robert Johnson Robert Lee McCoy Rolling Stones Rozetta Johnson Rufus Thomas Sam Cooke Sam Dees Shirley and Lee Sidney Bechet Solomon Burke Soul Deep Soul Generation Soul Power Soul Stirrers Sounds of Memphis Southern Blues Southern Soul=Blues Spencer Wiggins Spirit Of Memphis Sports Stan Mosley Staple Singers Sterling Simms Story SUN Blues syl johnson Sylvester Weaver T.K.Soul Taj Mahal Tammi Terrell Teach me Tonight Ted Taylor Teddy Bunn Teddy Pendergrass Temptations Terrell Texas Blues Tony Borders Tony Toni Tone Tonyies Tower Records Toyo Nakamura TQ Trey Songz TV Tweets Twitter V.A. W.C.Karasu Whitney Houston Willie Clayton Willie Dixson Willie Mitchell Year Of 2011 You Are Everything Yuukadan