Sounds of Memphis

レコード棚を順番に聴いていく計画 Vol.13

54c120511705

[20枚目]●V.A.『ロスト・ソウル・ジェムス・フロム・サウンズ・オブ・メンフィス』<ケント・ソウル/エイス>(12)

http://diskunion.net/portal/ct/detail/54C120511705

<サウンズ・オブ・メンフィス>は、60年代初頭、酒類関連の実業家ジーン・ルチェッシが興した。<ペン>や<XL>に関わるスタン・ケスラーの協力を得て軌道に乗り、68年にはスタジオを構えるまでに。サックス奏者でもあるチャールズ・チョーマーズの功績も大きい。

やがて<MGM>との関係を深めた新生<サウンズ・オブ・メンフィス>は、ダン・グリーアがA&Rとなり、サザン・ソウル界の一翼を担う存在となる。

  収録曲を聴いてみよう。現在も安定した作品を出し続けているカール・シムズの「ピティ・オブ・フール」でスタート。正統派サザン・ソウルアルバムの様相かと思いきや、そうでもない。

レーベルの功労者、ダン・グリーアを挟んで、オーティス・ウェット。同名のレディングさんを想起させる、ひりつくような歌唱。終盤は「ガッツガッツ」も飛び出す。

④⑤⑥は、60年代ロックやリズム&ブルースの範疇。一定の聴き応えはある。

バーバラ&ザ・ブラウンズで王道ソウルへ戻る。この人、単独の編集盤があるが、私は、本盤のように他ミュージシャンの間に入っている時のバーバラの歌声の方が好きだ。続くキャロル・ロイドは、エタ・ジェイムスからアクを抜いた感じ。

  勢いのあるジャクソネアーズやヴィジョンを受けて、ルイス・ウィリアムズが70年代に幕を引くような感じで歌い終わると、80年代の3曲。さほど悪くない。

アルバムの最後は、親父を引き継いだリンダ・ルチェッシのピアノをバックにしたジョージ・ジャクソンのデモ曲。ムードがセピアに変わる。

ディープな一枚とは言い難いが、レーベルの特徴がよく把握出来、共感を抱ける一枚だ。

Carl Sims - Pity a Fool

https://www.youtube.com/watch?v=d_Z3ve14ps8

I can't fight it no longer Carroll Lloyd

https://www.youtube.com/watch?v=q06uEWsKrnU

Rudolph Taylor - Big City Lights

https://www.youtube.com/watch?v=XH7ajNwT3Ho

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南部ソウルの根に触れて

51tofb1rknl__sl100_
●V.A.『ロスト・ソウル・ジェムス・フロム・サウンズ・オブ・メンフィス』<エイス/ケント・ソウル>(12)

http://diskunion.net/portal/ct/detail/54C120511705

このところの<エイス/ケント・ソウル>におけるサザン・ソウルの復刻作業は、多くのソウルファンの絶賛を浴びている。

当アルバムのオリジナル音源である<サウンズ・オブ・メンフィス>の作品も、傍系<XL>と併せて、コンピレーション盤も、アーティスト別の編集盤も、充実したラインナップを見せている。本盤は、3枚のコンピ盤でレーベル史を振り返った後に出された、追加盤のような感覚だ。しかし、もちろん、重箱の隅から無理やりかき集めてきた作品群という訳ではない。

<サウンズ・オブ・メンフィス>は、60年代の初頭に、酒類関連の実業家だったジーン・ルチェッシが設立。80年代に入ると娘のリンダが切り盛りするようになった。音楽制作面では、当初、スタン・ケスラーや、「ダンス天国」や「チェイン・オブ・フールズ」でサックスを担当していたチャールズ・チョーマースなる人物が関わっていた。

68年にスタジオをオープンし、<MGM>と関係を持つようになった頃、舵を取っていたのはダン・グリーアである。オヴェイションズ、ミニッツ、ジョージ・ジャクソン、バーバラ・ブラウン等をリリースしたこの頃から、名を残すレーベルとなったようだ。

歌手としてもコンポーザーとしても、地に足が着いて、優しい感じの歌を聴かせるダン。聴けば聴くほど味わいが広がるタイプだ。「滋味」という表現がピッタリ。彼の感覚こそ南部ソウルの感覚そのものであり、レーベル・カラーの根元的部分と通低しているようだ。

アルバムは、カール・シムズ「ピティ・ア・フール」からスタート。本盤の表紙といえそうな曲だ。ややモダンだが、典型的な南部ソウルは完成度が高く、期待に胸は膨らみ、次の曲を待つ。ここでダン・グリーアだ。軽快なテンポで明るい歌だが、聴き応えもある。

次からもアップテンポの曲が続く。思わず身体が自然に動く。しかし、それぞれに味わいが違う。ロックぽかったり、ブルースやリズム&ブルースの流れだったり、ニューオーリンズ系だったり(それもそのはずデイヴ・バーソロミュー作)、オーティス・レディング調だったり(なぜか名前もオーティス)、なかなか楽しめる展開だ。バーバラ&ザ・ブラウンズやルドルフ・テイラー辺りが特にお気に入りだ。

キャロル・ロイドの腰の座った一曲(ビッグ・メイベルやエッタ・ジェイムス辺りが似合いそう)の後、ゆったりバラードも加わってくる。ジョージ・ジャクソンがさほど目立たないぐらいの充実度だ。『フェイム・レコーズ・ストーリー』でアンノウン・シンガーとしてクレジットされていた女性の正体もここで明かされる。

冒頭に、本レーベルのコンピ盤が3枚出ていると書いた。私は1枚目しか持っていない。そこで「カリフォルニア・ドリーミン」を好解釈していたジャクソニアンズが本盤でも登場。派手さはないが心に染みる、正統派コーラスグループだ。マニア筋の方には周知の事なのかも知れないが、後のレニアー&カンパニーだと、ライナーを読んで初めて知った。かつては幻の名盤扱いされていた彼らのアルバムを、熊本県外で見つけて狂喜したのを憶えている。確かに、深みのある歌い口は共通しているようだ。甘茶ソウルならぬ渋茶ソウルだね。

ルイス・ウィリアムズがバラードを歌うと“大団円”といった雰囲気がある。まだ終わらないが、一息ついてしまう。

その後、80年代の作品が3曲並ぶ。この時代は正直言って違和感が先に立つ。確かに曲の出来も良く、歌も上手い。ただ、何度か聴くと飽きが来る。もはや南部ソウルではない。そう、アーシーさやローカルさとは違う次元で曲が創られている。時代の推移がクッキリと判る。あるいは、この3曲を聴く事で、南部ソウルの良さに気が付く仕組みかも。

ラストはリンダ・ルチェッシのピアノに合わせ、ジョージ・ジャクソンが歌うデモ録音。奇しくも同じ南部ソウル集『ホール・オブ・フェイム』もジョージのデモ録音で終わっていた。

ジョージ・ジャクソンも、ダン・グリーアと同じく、ジワジワと感動がわき起こるタイプだ。そのジョージの淡々としたデモ録音をピリオドにする事で、南部ソウルの奥深さや根の張りようを知らしめているのだろう。

♪Carl Sims "Pity a Fool"
http://www.youtube.com/watch?v=d_Z3ve14ps8

♪Billy Cee & The Freedom Express "Save My Love"
http://www.youtube.com/watch?v=uqBDJCBfgmo

♪George Jackson "Things Are Getting Better"
http://www.youtube.com/watch?v=VuFqYIUyPdc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Aaliyah | Ahmet Ertegun | Albert Collins | Ali Oliie Woodson | Amazing Grace | Aretha Franklin | Arthur "Big Boy" Crudup_ | Artie "Blues Boy" White | At the Copa | B.B.King | Babyface | Barbara Mason | Big Walter Price with Albert Collins | Birmingham Soul | biwa duo | Bob Dylan | Bobby "Blue" Bland | Bobby Bland | Bobby Charles | Bobby Valentino | Books | Brandy | Byther Smith | Cadillac Records | Carl Sims | Carole King | CASE | Chaka Kahn | Charlie Wilson | Chess | Chrisette Michele | Christian Keyes | Chuck Berry | Cinema | Clarence Carter | Clash | Clay Hammond | Close to You | Contemporaly Deep Soul | Curtis Mayfield | CUSTOM | David Ruffin | Delfonics | Delta Beat | Denise Lasalle | Don Bryant | Duet | Dynamics | Ecko Records | El Debarge | En Vogue | Eric Benet | Etta James | Facts Of Life | FAME | Fantasia | Fenton Robinson | For Your Precious Love_ | Frank Stokes | Frankie Gaye | Freda Payne | G.C. Cameron | Gene Rice | General Johnson | Glenn Jones | Gordon Chambers | GUESSS | hajibura-ism | Happy End | Hard Luck Blues | Harold Melvin & The Blue Notes | Hibari Misora | Howard Tate | Howlin' Wolf | Ike & Tina Turner | India. Arie | Isley Brothers | J. Blackfoot | J. Holiday | Jaheim | James Brown | Jazz | Jill Scott | Jimi Hendrix | Jimmy Dawkins | Jimmy Rogers | Jodeci | Joe | John Lennon | Johnnie Taylor | Keisha Cole | Kindred the Family Soul | Kitty & The Haywoods | Kiyoshiro Imawano | Koichi Fujii | L.C. Cooke | Lacee | Lalah Hathaway | Latimore | Laura Izibor | Laura Lee | Ledisi | Leela James | Leroi Jones | Letoya | Life is... | Lionel Richie | Lisa "Left-eye" Smith | Little Milton | Little Richard | Little Walter | Lloyd Price | Lyn Collins | Magic Sam | Malaco | Marques Houston | Marvin Gaye | Mary J. Blige | Mary Wells | Mavis Staples | Maze | Memphis Slim | Michael Jackson | Miles Davis | Mitty Collier | Miyuki Nakajima | Modern Blues | Modern Gospel | Motown | Muddy Waters | Muscle Shoals | Musiq Soulchild | My Collection | My Favorite Albums through the year | Naomi Chiaki | Ne-Yo | Nodesha | Ohio Players | Otis Redding | Otis Rush | Patti Labelle | Percy Wiggins | Peter Barakan | Photo | Pre-War Blues | Pretty Ricky | R. Kelly | Raheem Devaughn | Ray Charles | Rick James | Robert Blair & The Fantastic Violinaires | Robert Johnson | Rolling Stones | Rozetta Johnson | Rufus Thomas | Sam Cooke | Sam Dees | Solomon Burke | Soul Deep | Soul Generation | Soul Power | Soul Stirrers | Sounds of Memphis | Spencer Wiggins | Sports | Stan Mosley | Sterling Simms | Story | syl johnson | Taj Mahal | Tammi Terrell | Teach me Tonight | Teddy Pendergrass | Temptations | Terrell | Tony Borders | Tony Toni Tone | Tonyies | Tower Records | Toyo Nakamura | TQ | Trey Songz | TV | Twitter | V.A. | W.C.Karasu | Whitney Houston | Willie Mitchell | Year Of 2011 | You Are Everything | Yuukadan