Spencer Wiggins

伝わる気持ち

Dtl_10402_1

●話題を呼んだ、スペンサー・ウィギンスの来日。地方からは行きにくい状況で、残念ではあるが、今も活動を続け、来日公演を実現させたという事実は、素直に嬉しい。リヴィング・レジェンドなんて称号は要らない。偉大な歌手、スペンサー・ウィギンスの人生に寄り添えただけで幸せだ。公演を観なくても、気持ちが温かくなる春だ。

Ry160707dp01

●サザン・ソウルのコンポーザーと言えば、ダン・ペン。彼のソロ作『ノーバディーズ・フール』を聴いてみた。「意外な展開」というのが、一回目の印象。二回目で彼の心情がひたひたと伝わってきた。数多くの名曲の作者というイメージから、ソウルのエキスが凝縮した音世界を想像していた。日頃、決め付けを嫌っていた自分だが、これは愚かな決め付けだった。自らの感情を素直に音楽として表現しているミュージシャンに失礼だし、本質を曇らせる。かすれた声は、時折フッと消えるように思え、気にし過ぎると聴き辛い。だが、彼の感情のリズムに乗れば、沈む部分・高まる部分に当方の気分がマッチする。この「素直さ」あってこそ名曲に至るのだ。何も意外では無かった。良い音楽とは感情が伝わる音楽だ。

BO KEYS Feat PERCY & SPENCER WIGGINS The Dark End Of The Street

https://www.youtube.com/watch?v=iuTukjXCCNU

Dan Penn - Nobody's Fool

https://www.youtube.com/watch?v=ElUc_17qjs0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘイ、ブラザー!ハイ、シスター!(1)

51u0nezkhhl__sx230_

毎回、必ずどこかで途絶える私の企画だが、性懲りもなく思い付いたのでご披露。

ソウルシンガーには兄弟姉妹で活躍している人達が多いが、そこにスポットを当ててみた。今回は企画を思い付くキッカケになった、スペンサー・ウィギンス+パーシー・ウィギンス兄弟。兄スペンサーは42年生まれの73歳。弟パーシーは一歳下。スペンサーは60年代初め、メンフィスのクラブで歌っていたのを<ゴールドワックス>のクイントン・クランチにスカウトされたとの事。パーシーは13歳の時からスペンサーやマキシン(姉か妹。デビューはしてないのかな?)とゴスペル・グループで歌っており、66年に<RCA>からデビュー。通常の感覚でいうと<RCA>の方がメジャーだが、ソウル・ファンからすれば<ゴールドワックス>の方がエリート感あり。

この二人が近年、フェスティヴァルに出演した映像をまず。

Spencer and Percy Wiggins

https://www.youtube.com/watch?v=U6XonmpWNKM

パーシーの声がどうしても高いので、スペンサーに重量感を感じてしまう。高い声でディープに歌う人は、テッド・テイラーぐらいしか思いつかない。ただ、アップ曲に映えそうなので兄弟をアップ曲で比較してみた。

Percy Wiggins - It Didn't Take Much (For Me To Fall In Love)

https://www.youtube.com/watch?v=UEqaMXFlQqA

Spencer Wiggins - Lets Talk It Over

https://www.youtube.com/watch?v=GHKGXs5-ID4

う~ん、曲がパーシーの方が良いのでここはパーシーかな。では逆にディープ・バラードで勝負!

Percy Wiggins - Book Of Memories

https://www.youtube.com/watch?v=iNJjngxHB9g

Spencer Wiggins I'd Rather Go Blind

https://www.youtube.com/watch?v=zEWv8KtEczE

ソウル史に残る名曲と比較しては気の毒だが、やはり、スペンサーは神の領域である。他に類を見ないダイナミズム。何度聴いても目頭が熱くなる。パーシーはこういう感じで訥々と攻めるのが彼の味わいでしょうな。

41tpiixjahl__sx230_

パーシーは、最近ボー・キーズというグループと活動しているようで、その映像をどうぞ。ボー・キーズはオールド・ソウルに拘っているグループで、オーティス・クレイを迎えた曲もある様子。

The Bo-Keys feat Percy Wiggins-Catch This Teardrop-Live At Euclid Records

https://www.youtube.com/watch?v=Dj-ydrsp2og

51xaaaapbl__sx230_

グループの安定感の方が目立つ感じもするが・・・。実はボー・キーズ、スペンサー+パーシーを加えた曲がネット限定?で売られてた。曲が「ダーク・エンド・オブ・ザ・ストリート」!何とかアマゾンでほんのちょっとだけ聴ける。その内YouTubeに上がる事を祈る。

http://www.amazon.co.jp/…/pro…/B00ELMGYVW/ref=dm_ws_sp_ps_dp

兄と弟といえば、デヴィッド・ラフィンとジミー・ラフィン、マーヴィン・ゲイとフランキー・ゲイ、マイケル・ジャクソンとジャーメイン・ジャクソン等々思い付くが、スペンサーとパーシーのウィギンス兄弟は、今もどこかで歌い続けているのがとても嬉しい。パチパチパチ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スペンサー・ウィギンスのゴスペル・アルバム

1054796822_23s
サザン・ソウルの聖地の一つ<ゴールドワックス>を、O・V・ライト、ジェイムス・カーと共に支えたスペンサー・ウィギンス。昨年でしたか一昨年でしたか<Pヴァイン>からも編集盤が出ていました。

現在はゴスペルシンガーとして活躍しているそうです。新作のサンプルをCDBabyで聴いてみました。タイトルは『アイム・ゴーイン・オン』・・・私は歌い続けるみたいな感じでしょうか?CDBabyの解説に「カーク・フランクリンタイプのゴスペルも有るけれど、私は昔ながらのゴスペルをやる」みたいな事が書いてあります。その言葉通りの、クラシックスタイルともいえる典型的ゴスペルの世界が繰り広げられています。その為あまりゴスペルを聴いたことが無いと少しキツイかも知れません。ゴスペルに親しんでいれば古き良きゴスペルの音世界に浸れます。特に4曲目とかはソウル・スターラーズとか両ファイブ・ブラインド・ボーイズとかのヴィンテージ期のゴシック感を感じます。 あえてゴスペルから少々離れるかなというのを探すと、ブルース調の3曲目、ややソウルの5曲目、アコースティックソウルともいえる8曲目、女性コーラスが甘めの10曲目、アーヴァン調の11曲目辺りですが決してゴスペルアルバムの範疇を超えている感じではないです。

カーやO・Vと比べると、声の分厚さではハードなゴスペル向きともいえるウィギンス。今後も頑張ってほしいものです。

プロデューサーはThomas Demeritteなる人物。マイアミの<Tavette>レコード発です。

♪サンプル
http://cdbaby.com/cd/wiggins2/from/streasures

♪内容
http://diskunion.net/black/ct/detail/58C081113702

♪サイト
http://home.online.no/~rblomqui/swiggins/index.htm

♪これはソウル時代について書かれた物。私好みの熱い記事です。ぜひご一読を。
http://www5c.biglobe.ne.jp/~ssweet/SPENCER.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

70's Blues | 80's Soul | Aaliyah | Ahmet Ertegun | Al Green | Albert Collins | Ali Oliie Woodson | Amazing Grace | American Folk Blues Festival | Aretha Franklin | Arrested Development | Arthur "Big Boy" Crudup_ | Artie "Blues Boy" White | At the Copa | B.B.King | Baby Washington | Babyface | Barbara George | Barbara Mason | Bell Biv Devoe | Big Walter Price with Albert Collins | Birmingham Soul | biwa duo | Blind Willie Johnson | Blind Willie McTell | Blues Brothers | Bob Dylan | Bobby "Blue" Bland | Bobby Bland | Bobby Charles | Bobby Valentino | Books | Brandy | Buddy Guy | Bukka White | Byther Smith | Cadillac Records | Carl Sims | Carole King | CASE | Chaka Kahn | Charlie Wilson | Chess | Chrisette Michele | Christian Keyes | Chuck Berry | Cinema | Clarence Carter | Clash | Clay Hammond | Close to You | Coko | Contemporaly Deep Soul | Curtis Mayfield | CUSTOM | Dan Penn | David Ruffin | Delfonics | Delta Beat | Denise Lasalle | Don Bryant | Duet | Dynamics | Ecko Records | Eddie Taylor | El Debarge | En Vogue | Enchantment | Eric Benet | Etta James | Facts Of Life | FAME | Fantasia | Fenton Robinson | For Your Precious Love_ | Frank Stokes | Frankie Gaye | Freda Payne | Funky Blues | G.C. Cameron | Gaturs | Gene Chandler | Gene Rice | General Johnson | George Kerr | Glenn Jones | Gordon Chambers | GUESSS | hajibura-ism | Happy End | Hard Luck Blues | Harold Melvin & The Blue Notes | Hibari Misora | Howard Tate | Howlin' Wolf | Ike & Tina Turner | India. Arie | Irma Thomas | Isley Brothers | J. Blackfoot | J. Holiday | Jaheim | James Brown | Janis Joplin | Jazz | Jill Scott | Jimi Hendrix | Jimmy Dawkins | Jimmy Rogers | Jodeci | Joe | john lee hooker | John Lennon | Johnnie Taylor | Johnny Ace | Johnny Gill | Keisha Cole | Kindred the Family Soul | Kitty & The Haywoods | Kiyoshiro Imawano | Koichi Fujii | L.C. Cooke | L.J.Reynolds | Lacee | Lalah Hathaway | Latimore | Laura Izibor | Laura Lee | Lazy Lester | Le Gent | Ledisi | Leela James | Leon Russell | Leroi Jones | Letoya | Life is... | Lightnin' Hopkins | Lionel Richie | Lisa "Left-eye" Smith | Little Milton | Little Richard | Little Walter | Lloyd Price | Louis Jordan | Lyn Collins | Magic Sam | Malaco | Marques Houston | Marvin Gaye | Mary J. Blige | Mary Wells | Mavis Staples | Maze | Memphis Minnie | Memphis Slim | Michael Jackson | Miles Davis | Mitty Collier | Miyuki Nakajima | Modern Blues | Modern Gospel | Motown | Muddy Waters | Muscle Shoals | Musiq Soulchild | My Collection | My Favorite Albums through the year | Naomi Chiaki | Ne-Yo | Nodesha | O'Jays | Ohio Players | Oldays Records | Otis | Otis Clay | Otis Redding | Otis Rush | Patti Labelle | Paul Butterfield Blues Band | Percy Wiggins | Peter Barakan | Photo | Pre-War Blues | Pretty Ricky | R. Kelly | Raheem Devaughn | Ray Charles | Rick James | Robert Blair & The Fantastic Violinaires | Robert Johnson | Robert Lee McCoy | Rolling Stones | Rozetta Johnson | Rufus Thomas | Sam Cooke | Sam Dees | Solomon Burke | Soul Deep | Soul Generation | Soul Power | Soul Stirrers | Sounds of Memphis | Spencer Wiggins | Sports | Stan Mosley | Sterling Simms | Story | SUN Blues | syl johnson | Taj Mahal | Tammi Terrell | Teach me Tonight | Teddy Bunn | Teddy Pendergrass | Temptations | Terrell | Texas Blues | Tony Borders | Tony Toni Tone | Tonyies | Tower Records | Toyo Nakamura | TQ | Trey Songz | TV | Twitter | V.A. | W.C.Karasu | Whitney Houston | Willie Clayton | Willie Mitchell | Year Of 2011 | You Are Everything | Yuukadan