V.A.

ミシシッピ・ジューク・ジョイント・ブルース

111648296

 

 

編集盤で、特に複数のミュージシャンを取り上げた場合、編集企図の面白味がキモとなる。本盤は、1941年9月9日の一日に限定し、ミシシッピ州クラークスデイルにある5軒の黒人酒場のジュークボックスにセットされている曲を集めたものである。リリース年に違いはあるものの、時間軸を「点」で捉えた上に、飲酒やダンス、会話などでリラックス気分を味わうのにふさわしい曲を集める事で見えてくる、40年代初頭の南部黒人が好む大衆音楽を浮き彫りにしている。しかも、4枚組というボリュームで愉しませてくれる。

 

 

「ブルースの都」のひとつとはいえ、ジャズ系もあるし、むしろブルースより多い感じだ。ただ、乗りが表に立つジャズが目立ち、ジャズに弱い私も参考になった。地域的な特徴もある。ご当地歌手といえるリル・グリーンが各ディスクに入っており、入っていてもおかしくないナット・キング・コールとかは、西海岸での人気が高かったらしい。また、ルイ・ジョーダンも何曲か入っているが、有名曲はないなぁと思っていたら、よく知られている曲群は翌年から連発している。逆に考えるとそれ以前から地道な人気はあったのだろう。有名曲と比べるとジャンプというよりジャズ的な感じではあるが、曲自体は良い。

 

 

後、特筆すべきは音質の良さ。高音部もまろやかな感じで各音楽が生き生きと聴こえる。トミー・マクレナンなど唾が飛んできそうな勢いだ。リル・グリーンも<オールデイズ>の<ブルーバード>作品集を持っているが、こちらの方が深みを感じる。

 

 

今回はディスク1から何曲かご紹介。

 

 

 

Louis Jordan - Do You Call That a Buddy?

 

God bless the child - Billie Holiday

 

Why Don't You Do Right - Lil Green

 

Bottle It Up And Go' TOMMY McCLENNAN

 

John Lee Sonny Boy Williamson - I Been Dealing With The Devil

 

Johnny Hodges; THAT'S THE BLUES OLD MAN

 

 

 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村 はじまりはブラックミュージックSE - にほんブログ村

| | コメント (0)

レコード棚を順番に聴いていく計画 Vol.53

54c051222506

 

[62枚目]●ブルー・マジック/メイジャー・ハリス/マージー・ジョセフ『ライブ!』<アトランティック/コレクタブルズ>(76/06)

 

オリジナルは<アトランティック>だが、正確には傘下レーベルの<WMOT>が制作している(LPはWMOT名義)。<WMOT>(We Men Of Talentの略)は、73年フィラデルフィアでアラン・ルーベンスとスティーブ・バーンスタインによって設立。ブルー・マジックの代表作「サイドショウ」を含む1stや、メイジャー・ハリス「ラブ・ウォント(Won't)・レット・ミー・ウェイト」(名作『マイ・ウェイ』所収)などが代表的な作品としてWikipediaには上げられている。他には、バーバラ・メイソン、インパクト、ファット・ラリーズ・バンド、ヘヴン・アンド・アースなどを手掛けて84年まで続いている。尚、スティーブは85年<オムニ>レーベルを立ち上げている。

3_20200426182201

 

ライブが収録されたのは75年。ニュージャージー州チェリー・ヒルにある『ラテン・カジノ』というナイトクラブ。名前からしてゴージャスな場所のようだ。ただ調べてみると残念な事に78年に閉鎖されている。ミックス編集はシグマ・サウンド・スタジオ。プロデュースはノーマン・ハリスとなっている。

 

4_20200426182201

 

 

参加歌手全員によるオージェイズの「アイ・ラブ・ミュージック」でスタート。続いてマージー・ジョセフが3曲披露。日本のハイ・ファイ・セットでも有名な「フィーリングス」、ポール・マッカートニー作品の「マイ・ラブ」、そして「ライディン・ハイ」。後2曲は74年のアルバム『スウィート・サレンダー』に収録されている。"ミシシッピのアレサ"と呼ばれる(本人的には嫌じゃないかと思うが)実力十分なマージーだが、選曲のせいもあり、ソウル・フィーリングを感じにくい。また、アルバム全体に言える事だが、オーケストラが迫力あり過ぎて、歌を堪能する寄り添い方ではないなとちょっと思う。

 

しかし、マージーがメイジャー・ハリスを呼び、「ユア・スペシャル・パート・オブ・ミー」(ダイアナ・ロス&マーヴィン・ゲイ)をデュエットすると、途端にソウル濃度が増す。ライブの1年前に『マイ・ウェイ』を発表しているメイジャー、会場の反応も良い。ナイトクラブというと、整然とした拍手のイメージだが、時折歓声や指笛も聞かれ、ある程度の盛り上がりも感じ取れる。1曲目はライブと同年にシングル発売された(76年『ジェラシー』所収)「アイ・ガット・オーバー・ラブ」。続く2曲は『マイ・ウェイ』に入っている「ラヴィング・ユー・イズ・メロウ」「ラヴ・ウォント・レット・ミー・ウエイト」である。マージーとのデュエットの後にメイジャーを盛り立てている女性シンガーは、ヴァレリー・ブラウンとウィラ・ピータース。ヴァレリーはおそらく、フィラデルフィアのファンク系グループ、ピープルズ・チョイスのメンバー。但し、71~73年の在籍だそうで、彼らのアルバムデビューは75年からのようなので、音盤に声を残しているのは本盤だけかも知れない。ウィラ・ピータースもdiscogsで調べても本盤しか出てこない。

 

本ライブに於けるメイン・アクトはブルー・マジックで、ディスク1の終盤からディスク2丸々彼らのパフォーマンスとなる。メドレーで終わり、メドレーで始まっている。ディスク1は乗りの良い曲が並ぶ。重なる声から突き抜ける、テッド・ミルズのファルセットが特に素晴らしい。「豪快なファルセット」という表現を許してもらえるなら、正にここでのテッドだ。一方ディスク2でのメドレーは、バラード系で攻めてくる。75年時点で3作出しているブルー・マジックだが本ライブ曲は、1stと3rdからセレクトされている。メドレー以外の曲も含めて自分たち以外の作品は、最初のメドレー内の「ユア・マイ・ファースト、マイ・ラスト、マイ・エブリシング」がバリー・ホワイト作品。次のメドレー内の「トライ・トゥー・リメンバー」がトム・ジョーンズらの作曲でブラザーズ・フォーやキングストン・トリオが取り上げている。他、6曲目の「バッド・ラック」がマクファーデン&ホワイトヘッド作のハロルド・メルヴィン&ブルーノーツの曲。マージー・ジョセフとのコラボで取り上げている「アイム・ゴナ・メイク・ユー・ラブ・ミー」はマデリーン・ベルの<フィリップス>作品のようだ。ラストの「ファニー・ガイ、ファニー・ガール、ファニー・ラブ」は調べきれなかった。この最後の2曲は、歓声も拍手も聞こえず、どうも不思議だが、ドラミングの感じは一致していると思う。マージーとのコラボで言えば、5曲目の「ホワッツ・カム・オーヴァー・ミー」が特に素晴らしい。マージーに被るテッドのファルセットは、絶品中の絶品である。各曲、快適に飛ばすブルー・マジックだが、やはり「サイド・ショウ」の始まりと終わりは特に熱狂的だ。演奏的にどうのこうのという事も書いたが、結局フィリー・ソウルの粋が味わえるアルバムではある。

 

Margie Joseph My Love

 

Major Harris and Margie Joseph You're a Special Part of Me

 

Major Harris I Got over Love

 

Major Harris Love Won't Let Me Wait

 

Blue Magic Medley: Spell / You're My First, My Last, My Everything & We're on the Right Track

 

Blue Magic Chasing Rainbows

 

Blue Magic Sideshow

 

Blue Magic and Margie Joseph What's Come over Me

 

Blue Magic and Margie Joseph I'm Gonna Make You Love Me

 

 

 

 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

力感のあるバラード集

61bqafo8vzl_20191116151201

 

●V.A.『スロウ・ン・ムーディー・ブラック&ブルージー&モア』<ケント・ソウル>(09)

 

Z.Z.ヒルのサム・クック熱血カバー曲で幕開け。サム系のクレイ・ハモンドに続く。B.B.キングやジョニー・コープランド、ラリー・デイヴィスといったブルースから、リード突出型ながらコーラスグルースも。女性シンガーもゴスペル仕込みが臭う安定型。力感のあるバラードという共通項が見える。LP、CD共さまざまな選曲版あり。

 

Z Z Hill,Nothing can change this love

 

| | コメント (0)

福岡の収穫結果(3/17)

最初にタワーレコードへ行った。頼みの<オールデイズ>コーナーも縮小気味で、結局は獲物なし。
他店の営業時間まで間があったので、ジュンク堂書店に向かう。途中で複数女性から嬌声が上がったので、ふと見ると、漫才コンビのミキがタクシーから降りてそそくさとビル内に入って行った。ごく普通の兄ちゃんたちだった。後で調べたらM-1関連のライブが行われていたようだ。実はウチの娘がミキ・ファンで、非常に悔しがっていた。ははは。
そんなこんなもあって書店の後グルーヴィン・レコードへ。
R412961713652864407262jpeg
●メアリー・ラヴの<ケント・ソウル>盤。●サイラス・ホーガンの『トラブル』。<Pヴァイン>経由の国内盤の方で、まだ読んでないが高橋英明さんの解説も楽しみである。●タイトルにそそられた感もある<アーフーリー>盤の『ドント・ユー・フィール・マイ・レッグ』。これは聴き終えた。クセのある声と歌い方が面白いブルー・ルー・バーカー、アンニュイ系のウィー・ビー・ブーズ、真っ直ぐな歌唱のベイビー・ディー、<アポロ>3人娘のコンピ盤だ。手堅い演奏陣が盛り立てるのも印象的。ジャズとブルースの蜜月時代の賜物である。
毎度福岡の締めはジューク・レコード。●ステイプル・シンガーズ『フリーダム・ハイウェイ』。<ソニー>のコンピ盤の方。●ユージン・エヴァンス、グロリア・ウォーカー、ビリー・ソウル、パターソン・トゥインズ、トーマス・ベイリー、コディ・ブラック、サム・ベイカーら<ハリウッド><フェデラル><デラックス>のコンピ。<ケント・ソウル>盤。●日<アーカイヴ>(よく知らん)の「ロバート・クラム・コレクション」の一枚『ホウカム・ボーイズ』。オリジナルは<シャナキー>発のよう。●<Pヴァイン>紙ジャケのリル・サン・ジャクソン。60年の<アーフーリー>録音。聴き終えた。行ったことはないが、テキサスの夕暮れ時の抜けかけた暑気を思わせる。This is BLUES!!!
今回は少なめだったが、まぁこんなもんでしょう。タワレコの衰退(超個人的意見)が残念。あぁ、ディスクユニオンがほしい・・・。

| | コメント (0)

リル・グリーン関連曲

1007509443

リル・グリーン<オールデイズ>盤の話題を再び。

原田和典さんがライナーの冒頭で、本盤収録曲の元曲やカバー版を紹介されていた。それに基づきYouTubeで検索してみた。

まず「イフ・アイ・ディドゥント・ラブ・ユー」。憂歌団がカバーしている。弾むようなシャッフル・ビートを基本に完全に憂歌団モードになってる。

Ind1217

Lil Green - If i didn't love you

https://www.youtube.com/watch?v=GZi6glhCxMQ

If I Didn't Love You by 憂歌団

https://www.youtube.com/watch?v=oa7BDy0dFfc

続いて哀しげで美しいバラード「ホワイ・ドント・ユー・ドゥ・ライト」。

Why Don't You Do Right (original) - Lil Green 1941

https://www.youtube.com/watch?v=oavQY5V0xpg

Why Don't You Do Right - Peggy Lee - Benny Goodman Orch 1943 小粋な感じ。リルの憂愁感とは別物。かなりのヒット曲だそうだ。

https://www.youtube.com/watch?v=4zRwze8_SGk

Weed Smoker's Dream -Harlem Hamfats 1936 こちらが元曲。ホウカム・ソングとしての側面も見せる。

https://www.youtube.com/watch?v=uyjW8FTGxbI

最後に、タイトルにもなっている「ロマンス・イン・ザ・ダーク」。ダイナ・ワシントンとニーナ・シモンのヴァージョンを。ダイナは何を歌っても圧巻の歌唱である。ニーナ・シモンは「ロマンス」を外して「イン・ザ・ダーク」としている。歌詞も変えているのかと調べたが、細かい言いまわし以外は基本的に変わらず。でも、「イン・ザ・ダーク」の方が彼女らしい感じはするね。

Romance In The Dark - Lillian "Lil" Green 1940

https://www.youtube.com/watch?v=sHuKiDuxkeI

R25938461312347486_jpeg

Dinah Washington - Romance in the Dark 1963

https://www.youtube.com/watch?v=0yz_vmUrQiQ

R100467914287747961626_jpeg

Nina Simone - In The Dark 1967

https://www.youtube.com/watch?v=HmANmf7fXUI

にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲・好きなアルバムへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルース好きの血が騒ぐ

Xat1245673681

●V.A.『ドゥ・ザ・ブルース・45s』<シンク!/ディスクユニオン>(17)

http://diskunion.net/portal/ct/detail/XAT-1245673681


※本文を書くに当たり、秋元伸哉さんのライナーを大いに参考にしています。

今年6月、ディスクユニオン・ソウル/ブルース館へ行った時の事。店員さんとひとりのお客さんが、ブルースのシングル盤を掛けながら、話をされていた。ラフで勢いのあるサウンドに、CD漁りの手も止まった。あの時の感触がこのアルバムにはある。同じ<ディスクユニオン>関連でもあるが、シングル盤という、状況によっては一発勝負のサウンドが、根本的に、ブルース・ファンの血を騒がせる要因ではなかろうか。また、荒削りなようで、バンドメンバーの技が存分に発揮されている為、どんどん深みにはまっていく。

許される範囲の大音量で聴くべし!

YouTubeにアップされているのが、本CDと同一ヴァージョンかどうか聴き比べていませんのでご了承下さい。動画で、レーベルと発表年が判るのは参考になるかと。

②Smokey Johnson - It Aint My Fault Pt 1 & Pt 2

ニューオーリンズらしさが生きる。リーダーはドラマー。ギターはジャズ的。

https://www.youtube.com/watch?v=SlBuc863hU0

③Wiley terry - Follow the leader Part 1 & 2

ジュニア・ウェルズを想起。

https://www.youtube.com/watch?v=W2r_0Bv78iY

⑤Flash Terry She's My Baby (1961)

問答無用のジャンプ曲。歌も迫力有り。

https://www.youtube.com/watch?v=ZB0Z1kMVhq8

⑥Eddie Hope and The Mannish Boys"A Fool No More" 1956 Marlin 804

これもドラマー名義。掛け声も雰囲気ある。

https://www.youtube.com/watch?v=lSv1y3gYbeY

⑧Freddy Young Someday Baby (FRIENDLY FIVE 740) (1964)

優しいタッチだが、絶妙なフレージングを聴かせるエディ・テイラー。

https://www.youtube.com/watch?v=JyiLmwSlNpw

⑨James Walton And His Blues Kings - Leavin' blues

鋭いギターが印象的。

https://www.youtube.com/watch?v=dOhcmbzT-HE

⑩Baby Boy Warren - Chuck-A-Luck - Excello

サニーボーイⅡのハープを存分に。

https://www.youtube.com/watch?v=nc5SnX306Fo

⑪Mighty Joe Young / Voo Doo Dust

シカゴ系との事で、モダンさが際立つ。

https://www.youtube.com/watch?v=ijy4UzQcGig

⑫Monte Easter - Weekend Blues

落ち着いたジャズというスタートだが、ジミー・ノーランが割って入り、ちょっとTボーンぽくなる。

https://www.youtube.com/watch?v=wRojpaiWICg

⑬Johnny Jenkins- Pinetop

このバンドがそっくりそのまま、某有名ソウル曲を演奏しているそう。タイム感が最高。

https://www.youtube.com/watch?v=YSOC9ZFdVNo

⑭Ace Holder Encourage Me Baby

ハーピストだが、ギターを目立たせ、ここぞという所でじわっと吹く。

https://www.youtube.com/watch?v=aSI3pO29vqo

⑮Stormy Herman & His Midnight Ramblers Bad Luck

「フーチー・クーチー・マン」を借用。ベースをブイブイ効かせている。

https://www.youtube.com/watch?v=9ZRZT4awx28

⑯Champion Jack Dupree - Sharp Harp

ご存知ピアニストだが、ここはジョージ・スミスのハープが主体。もちろん後ろで音粒を転がしてはいる。

https://www.youtube.com/watch?v=aCDdPFg8Vu8

⑰Papa Lightfoot: Wild Fire

人気のあるパパ・ライトフットの軽快な一曲。腕達者揃いだね。

https://www.youtube.com/watch?v=wshRqksU2NQ

⑱Tender Slim - I'm Checkin Up

ジミー・スプルーイル登場。独特の揺らし攻撃。ハープも味。

https://www.youtube.com/watch?v=Ei7HAeYoSfc

⑲Jimmy Lee Chicago Jump

つんのめり気味な感じもするが、楽しそうに弾くジミー・リー・ロビンソン。サックスも良い。

https://www.youtube.com/watch?v=8pjXcSc2OPw

⑳model t slim shake your boogie

厚みのあるサウンドが心地好い。

https://www.youtube.com/watch?v=mZQOVvJiVtw

以下は音が見つからなかったもの。

①ジョージ・スミス「トラップ・ミート」

ゆったりとしたハープに、ジミー・ノーラン+マーシャル・フックスのギターがギャンギャン絡む。

④フェントン・ロビンソン「フリーズ」

まさかのアルバート・コリンズ・カバー。キンキン弾いてます。でも、キンキンの奥に感じる透明感は、後の正調フェントン節を予感。


⑦リーヴァイ・シーバリー「ブギー・ビート」

なんと、若き日のB.B.キングが参加(でも、よくわかりません)。主役はハープで、これが唯一のレコードとか。

にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲・好きなアルバムへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速読のコツ

●我が家ののほほん娘も、アラサー領域に入りつつある。気を遣う術を覚えたか、還暦祝いに金一封をくれた。ありがたく頂戴つかまつる。

51vk2hnh1fl__sl500_

●井上ひさし著『本の運命』を立ち読み。速読のコツは、とにかく丁寧に読み始める事だそう。書き手の文章の特徴、結論の持って行き方などを把握していけば、読む速度が速くなるという。何ともレベルの高い話。だが、ゆっくり読んでいくと、書き手のリズムに乗れるという感覚はある。リズムに乗る即ち夢中になれば、そりゃ速いね。

●退職金清算書類書き終える。いよいよだな。

Gay Poppers I want to know

https://www.youtube.com/watch?v=rpfoxFi1xFo

1006370794

| | コメント (0) | トラックバック (0)

60年代以前

2017031709200000


熊本の老舗黒音酒場『YAZOO』さんから、自家製CDを頂きました。曲目は以下の通り。

1. You Left The Water Running / Maurice & Mac
2. Don't Turn Your Back On Me / Don Bryant
3. Baby Don't You Weep / Edward Hamilton & The Arabians
4. Rainbow Road / Bill Brandon
5. I Wanna Be Your Girl / Martha Starr
6. My Love Is Strictly Reserved For You / Robert Ward
7. Duke Of Earl / Gene Chandler
8. Shake A Tail Feather / The Five Du-Tones
9. I'd Rather Go Blind / Spencer Wiggins
10. You're Absolutely Right / Apollas
11. Cry Baby / Garnet Mimms
12. I'm Slowly Moulding / Cody Black
13. It's All Wrong (But It's All Right) / Sam Dees
14. Um Um Um Um Um Um / Major Lance
15. Cheer Up Daddy's Comin' Home / Roy Lee Johnson
16. Good Good Feeling / Falcons
17. Lonely Intruder / Bobby Harris
18. Love You Baby / Eddie Parker
19. Tired Of Being You / Nelson Sanders
20. Wish I Was Back / Thomas Bailey

定番曲も交え、熱量の多い編集だ。「シェイク・ア・テイル・フェザー」とか手垢がビッシリ付いたような曲でも、この流れで聴くと、新鮮に乗れる。『YAZOO』さんは、60年代までで時が止まっているような酒場だ。70年代の曲でも60年代以前の感覚が漂うものが多い。80年代以降の物は客が持ち込まない限り、店の音空間に存在しないと言っても良い。「60年代以前」を意識して聴くと、ノーザン系、サザン系、リズム&ブルース系、ジャンプ系と言った区分けの前に、黒い音塊をひたすら浴びるような面白味を感じる。良い意味で洗練されていない。というか、「洗練」の意味合いが違うように思う。あくまで黒人感覚での「洗練」を感じるかだろう。また、私は、ノーザン系ソウルが少々苦手なのだが、『YAZOO』さんでプレイされるノーザン系は割と素直に入ってくる。この辺に黒人音楽理解度の差が出ているとは思う。キーワードは「洗練」かも知れない。

まだ、全曲聴いてないが、とりあえず数曲。

YOU LEFT THE WATER RUNNING MAURICE & MAC

https://www.youtube.com/watch?v=qA2J3V30VNg

Edward Hamilton And The Arabians - Baby Don't You Weep

https://www.youtube.com/watch?v=jOFxjzQM16I

The Five Du-Tones - Shake a Tail Feather

https://www.youtube.com/watch?v=XaKVs5mJ4Bg

You're Absolutely Right / Apollas

https://www.youtube.com/watch?v=XaKVs5mJ4Bg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バイバイ、チャック!

100000009002722374_10204_001
●午前はゆめタウン光の森へ。店内でウォーキング。紀伊國屋書店で『レコードコレクターズ』立ち読み。<アトランティック>のジャズのコンピ盤が面白そうだ。リズム&ブルースやソウルの方に比べれば知らない事が多いので・・・。

http://merurido.jp/item.php?ky=WPCR17660-61

●帰宅後、退職金申請に関する書類を作成。まだ完成ではないがほとんど書き上げる。

●今夜はチャック・ベリーに献杯だ・・・。

Chuck Berry - Sweet Little Sixteen (Live at Newpot Jazz Festival1958)

https://www.youtube.com/watch?v=PBAw-_oEW78

53v121220001

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハード・ワーキン・ブルース

●まとまった休暇も終わり、仕事モードに入った今週は、思いの外ハードだった。人欠状態の上に本社監査。我が社の監査機関は複数あるのだが、何とダブル・ブッキング状態。肉体的疲労に気疲れがプラスされ、ただただ目の前の仕事をこなすのみに終わった。連日深夜帰り。

●寝不足状態ながら、本日は鳥栖プレミアム・アウトレットへ。レコードと本以外の買い物には萌えない。本を一冊持って行ってたので何とか暇は潰した。帰路はゆめタウン久留米店へ。ここのタワレコもじわじわ縮小されている感じだ(あくまで個人的嗜好との照合)。

http://www.premiumoutlets.co.jp/tosu/

●血圧の薬を変更。薬効より重要なのは減量とは解っているが・・・。仕事になると痩せるかと思っていたら、食事の時間が遅くなり、逆効果の一週間となった。とりあえずは後4㎏減だ。と言いつつ、今日のお昼はステーキとハンバーグのミックス。若干自棄気味である。

●安倍友学園、じゃなかった、森友学園。籠池一族の手前味噌にも驚かされるが、政治家の実像が透けて見えるのが醜い。「助けてもらえなかった」と言うオッチャンやオバチャンの今後の言動が気になるが、ひとつ期待しているのは、あの人らが関西人である事。あけすけな感覚が良い方向に働いてほしい。自分に対しても、他者に対しても。

Dave Bartholomew - Nickel Wine // Basin Street Breakdown (instr.)

https://www.youtube.com/watch?v=HWAYvp17MMY

41qoxqpbnl__sx230_

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

70's Blues 80's Soul Aaliyah Ahmet Ertegun Al Green Albert Collins Ali Oliie Woodson Amazing Grace American Folk Blues Festival Ann Nesby Ann Peebles Anthony Hamilton Aretha Franklin Ariyo Arrested Development Art Tatum Trio Arthur "Big Boy" Crudup_ Artie "Blues Boy" White At the Copa B.B.King B.Howard Baby Washington Babyface Barbara George Barbara Mason Bell Biv Devoe Big Walter Price with Albert Collins Bill Coday Bill Doggett Birmingham Soul biwa duo Blind Willie Johnson Blind Willie McTell Blues Brothers Blues Festival Blues Jubilee Blues The Butcher 590213 Bob Dylan Bobby "Blue" Bland Bobby Bland Bobby Charles Bobby Rush Bobby Valentino Bonnie Raitt Books Brandy Bud Powell Buddy Guy Bukka White Byther Smith Cadillac Records Capitol Record Carl Sims Carole King CASE Catfish Blues Chaka Kahn Champion Jack Dupree Charles Brown Charley Musselwhite Charlie Wilson Chess Chrisette Michele Christian Keyes Chuck Berry Cicero Blake Cinema Clarence Carter Clash Clay Hammond Cliff White Close to You Coko Contemporaly Deep Soul Country Soul Curtis Mayfield CUSTOM Dan Penn David Ruffin Delfonics Delta Beat Denise Lasalle Dirty Dozen Brass Band Don Bryant Duet Dynamic Superiors Dynamics Ecko Records Eddie Boyd Eddie Kirkland Eddie Taylor El Debarge Elmore James Ember Records En Vogue Enchantment Eric Benet Etta James Facts Of Life FAME Fantasia Fats Domino Fender Blues Fenton Robinson Five Long Years For Your Precious Love_ Frank Stokes Frankie Gaye Freda Payne Freddy King Frisco Records Funkadelic Funky Blues G.C. Cameron Gaturs Gene Chandler Gene Rice General Johnson George Kerr Glenn Jones Gordon Chambers Gospel Gregg Allman GUESSS hajibura-ism Happy End Hard Luck Blues Harold Melvin & The Blue Notes Hibari Misora Honey Cone Hoochie Coochie Man Howard Tate Howlin' Wolf Hurricane Yukawa Ike & Tina Turner India. Arie Irma Thomas Isley Brothers J. Blackfoot J. Holiday Jackie Ross Jackie Shane Jackie Wilson Jaheim James Brown Janis Joplin Jazz Jill Scott Jim Crow Jimi Hendrix Jimmy Dawkins Jimmy Rogers Jimmy Witherspoon Jodeci Joe Joe Houston John Coltrane john lee hooker John Lee Hooker John Lennon Johnnie Taylor Johnny Ace Johnny Gill Juke Records Keisha Cole Kim Weston Kindred the Family Soul King Kitty & The Haywoods Kiyoshiro Imawano Koichi Fujii Kokomo Arnold L.C. Cooke L.J.Reynolds Lacee Lalah Hathaway Lamont Dozier Latimore Launchers Laura Izibor Laura Lee Lazy Lester Le Gent Ledisi Leela James Leon Russell Leroi Jones Letoya Life is... Lightnin' Hopkins Lil Green Lionel Richie Lisa "Left-eye" Smith Little Johnny Taylor Little Milton Little Richard Little Walter Lloyd Price Louis Jordan Luther Lyn Collins Magic Sam Malaco Manami Izumiyama Marques Houston Martha & The Vandellas Marvin Gaye Mary J. Blige Mary Wells Mavis Staples Maze Members Only Memphis Minnie Memphis Slim Michael Jackson Miles Davis Millie Jackson mississippi Mitty Collier Miyuki Nakajima Modern Blues Modern Gospel Modern Soul Motown Muddy Waters Muscle Shoals Musiq Soulchild My Collection My Favorite Albums through the year Naomi Chiaki Ne-Yo New Birth Nina Simone Nodesha O'Jays Ohio Players Oldays Records Otis Otis Clay Otis Redding Otis Rush Otis Spann Patti Labelle Paul Butterfield Blues Band Paul Gayten Percy Wiggins Persuaders Peter Barakan Philly Soul Photo Players Pre-War Blues Pretty Ricky Queen R. Kelly Raheem Devaughn Ray Charles Rick James Robert Blair & The Fantastic Violinaires Robert Johnson Robert Lee McCoy Rolling Stones Ron Henderson and Choice of Colour Rozetta Johnson Rufus Thomas Sam & Dave Sam Cooke Sam Dees Shirley and Lee Sidney Bechet Solomon Burke Son House Sonny Boy Williamson Soul Compilation Soul Deep Soul Generation Soul Power Soul Stirrers Sounds of Memphis Southern Blues Southern Soul=Blues Specialty Gospel Spencer Wiggins Spirit Of Memphis Sports Stan Mosley Staple Singers Sterling Simms Story SUN Blues Swamp Dogg syl johnson Sylvester Weaver T.K.Soul Taj Mahal Tammi Terrell Tashan Teach me Tonight Ted Taylor Teddy Bunn Teddy Pendergrass Temptations Terrell Texas Blues Tony Borders Tony Toni Tone Tonyies Tower Records Toyo Nakamura TQ Trey Songz TV Tweets Twitter V.A. Vee-Jay Records W.C.Karasu West Road Blues Band Whistling Alex Moore Whitney Houston Willie Clayton Willie Dixon Willie Mitchell Willis Jackson Year Of 2011 You Are Everything Yuukadan