V.A.

ブルース好きの血が騒ぐ

Xat1245673681

●V.A.『ドゥ・ザ・ブルース・45s』<シンク!/ディスクユニオン>(17)

http://diskunion.net/portal/ct/detail/XAT-1245673681


※本文を書くに当たり、秋元伸哉さんのライナーを大いに参考にしています。

今年6月、ディスクユニオン・ソウル/ブルース館へ行った時の事。店員さんとひとりのお客さんが、ブルースのシングル盤を掛けながら、話をされていた。ラフで勢いのあるサウンドに、CD漁りの手も止まった。あの時の感触がこのアルバムにはある。同じ<ディスクユニオン>関連でもあるが、シングル盤という、状況によっては一発勝負のサウンドが、根本的に、ブルース・ファンの血を騒がせる要因ではなかろうか。また、荒削りなようで、バンドメンバーの技が存分に発揮されている為、どんどん深みにはまっていく。

許される範囲の大音量で聴くべし!

YouTubeにアップされているのが、本CDと同一ヴァージョンかどうか聴き比べていませんのでご了承下さい。動画で、レーベルと発表年が判るのは参考になるかと。

②Smokey Johnson - It Aint My Fault Pt 1 & Pt 2

ニューオーリンズらしさが生きる。リーダーはドラマー。ギターはジャズ的。

https://www.youtube.com/watch?v=SlBuc863hU0

③Wiley terry - Follow the leader Part 1 & 2

ジュニア・ウェルズを想起。

https://www.youtube.com/watch?v=W2r_0Bv78iY

⑤Flash Terry She's My Baby (1961)

問答無用のジャンプ曲。歌も迫力有り。

https://www.youtube.com/watch?v=ZB0Z1kMVhq8

⑥Eddie Hope and The Mannish Boys"A Fool No More" 1956 Marlin 804

これもドラマー名義。掛け声も雰囲気ある。

https://www.youtube.com/watch?v=lSv1y3gYbeY

⑧Freddy Young Someday Baby (FRIENDLY FIVE 740) (1964)

優しいタッチだが、絶妙なフレージングを聴かせるエディ・テイラー。

https://www.youtube.com/watch?v=JyiLmwSlNpw

⑨James Walton And His Blues Kings - Leavin' blues

鋭いギターが印象的。

https://www.youtube.com/watch?v=dOhcmbzT-HE

⑩Baby Boy Warren - Chuck-A-Luck - Excello

サニーボーイⅡのハープを存分に。

https://www.youtube.com/watch?v=nc5SnX306Fo

⑪Mighty Joe Young / Voo Doo Dust

シカゴ系との事で、モダンさが際立つ。

https://www.youtube.com/watch?v=ijy4UzQcGig

⑫Monte Easter - Weekend Blues

落ち着いたジャズというスタートだが、ジミー・ノーランが割って入り、ちょっとTボーンぽくなる。

https://www.youtube.com/watch?v=wRojpaiWICg

⑬Johnny Jenkins- Pinetop

このバンドがそっくりそのまま、某有名ソウル曲を演奏しているそう。タイム感が最高。

https://www.youtube.com/watch?v=YSOC9ZFdVNo

⑭Ace Holder Encourage Me Baby

ハーピストだが、ギターを目立たせ、ここぞという所でじわっと吹く。

https://www.youtube.com/watch?v=aSI3pO29vqo

⑮Stormy Herman & His Midnight Ramblers Bad Luck

「フーチー・クーチー・マン」を借用。ベースをブイブイ効かせている。

https://www.youtube.com/watch?v=9ZRZT4awx28

⑯Champion Jack Dupree - Sharp Harp

ご存知ピアニストだが、ここはジョージ・スミスのハープが主体。もちろん後ろで音粒を転がしてはいる。

https://www.youtube.com/watch?v=aCDdPFg8Vu8

⑰Papa Lightfoot: Wild Fire

人気のあるパパ・ライトフットの軽快な一曲。腕達者揃いだね。

https://www.youtube.com/watch?v=wshRqksU2NQ

⑱Tender Slim - I'm Checkin Up

ジミー・スプルーイル登場。独特の揺らし攻撃。ハープも味。

https://www.youtube.com/watch?v=Ei7HAeYoSfc

⑲Jimmy Lee Chicago Jump

つんのめり気味な感じもするが、楽しそうに弾くジミー・リー・ロビンソン。サックスも良い。

https://www.youtube.com/watch?v=8pjXcSc2OPw

⑳model t slim shake your boogie

厚みのあるサウンドが心地好い。

https://www.youtube.com/watch?v=mZQOVvJiVtw

以下は音が見つからなかったもの。

①ジョージ・スミス「トラップ・ミート」

ゆったりとしたハープに、ジミー・ノーラン+マーシャル・フックスのギターがギャンギャン絡む。

④フェントン・ロビンソン「フリーズ」

まさかのアルバート・コリンズ・カバー。キンキン弾いてます。でも、キンキンの奥に感じる透明感は、後の正調フェントン節を予感。


⑦リーヴァイ・シーバリー「ブギー・ビート」

なんと、若き日のB.B.キングが参加(でも、よくわかりません)。主役はハープで、これが唯一のレコードとか。

にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲・好きなアルバムへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速読のコツ

●我が家ののほほん娘も、アラサー領域に入りつつある。気を遣う術を覚えたか、還暦祝いに金一封をくれた。ありがたく頂戴つかまつる。

51vk2hnh1fl__sl500_

●井上ひさし著『本の運命』を立ち読み。速読のコツは、とにかく丁寧に読み始める事だそう。書き手の文章の特徴、結論の持って行き方などを把握していけば、読む速度が速くなるという。何ともレベルの高い話。だが、ゆっくり読んでいくと、書き手のリズムに乗れるという感覚はある。リズムに乗る即ち夢中になれば、そりゃ速いね。

●退職金清算書類書き終える。いよいよだな。

Gay Poppers I want to know

https://www.youtube.com/watch?v=rpfoxFi1xFo

1006370794

| | コメント (0) | トラックバック (0)

60年代以前

2017031709200000


熊本の老舗黒音酒場『YAZOO』さんから、自家製CDを頂きました。曲目は以下の通り。

1. You Left The Water Running / Maurice & Mac
2. Don't Turn Your Back On Me / Don Bryant
3. Baby Don't You Weep / Edward Hamilton & The Arabians
4. Rainbow Road / Bill Brandon
5. I Wanna Be Your Girl / Martha Starr
6. My Love Is Strictly Reserved For You / Robert Ward
7. Duke Of Earl / Gene Chandler
8. Shake A Tail Feather / The Five Du-Tones
9. I'd Rather Go Blind / Spencer Wiggins
10. You're Absolutely Right / Apollas
11. Cry Baby / Garnet Mimms
12. I'm Slowly Moulding / Cody Black
13. It's All Wrong (But It's All Right) / Sam Dees
14. Um Um Um Um Um Um / Major Lance
15. Cheer Up Daddy's Comin' Home / Roy Lee Johnson
16. Good Good Feeling / Falcons
17. Lonely Intruder / Bobby Harris
18. Love You Baby / Eddie Parker
19. Tired Of Being You / Nelson Sanders
20. Wish I Was Back / Thomas Bailey

定番曲も交え、熱量の多い編集だ。「シェイク・ア・テイル・フェザー」とか手垢がビッシリ付いたような曲でも、この流れで聴くと、新鮮に乗れる。『YAZOO』さんは、60年代までで時が止まっているような酒場だ。70年代の曲でも60年代以前の感覚が漂うものが多い。80年代以降の物は客が持ち込まない限り、店の音空間に存在しないと言っても良い。「60年代以前」を意識して聴くと、ノーザン系、サザン系、リズム&ブルース系、ジャンプ系と言った区分けの前に、黒い音塊をひたすら浴びるような面白味を感じる。良い意味で洗練されていない。というか、「洗練」の意味合いが違うように思う。あくまで黒人感覚での「洗練」を感じるかだろう。また、私は、ノーザン系ソウルが少々苦手なのだが、『YAZOO』さんでプレイされるノーザン系は割と素直に入ってくる。この辺に黒人音楽理解度の差が出ているとは思う。キーワードは「洗練」かも知れない。

まだ、全曲聴いてないが、とりあえず数曲。

YOU LEFT THE WATER RUNNING MAURICE & MAC

https://www.youtube.com/watch?v=qA2J3V30VNg

Edward Hamilton And The Arabians - Baby Don't You Weep

https://www.youtube.com/watch?v=jOFxjzQM16I

The Five Du-Tones - Shake a Tail Feather

https://www.youtube.com/watch?v=XaKVs5mJ4Bg

You're Absolutely Right / Apollas

https://www.youtube.com/watch?v=XaKVs5mJ4Bg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バイバイ、チャック!

100000009002722374_10204_001
●午前はゆめタウン光の森へ。店内でウォーキング。紀伊國屋書店で『レコードコレクターズ』立ち読み。<アトランティック>のジャズのコンピ盤が面白そうだ。リズム&ブルースやソウルの方に比べれば知らない事が多いので・・・。

http://merurido.jp/item.php?ky=WPCR17660-61

●帰宅後、退職金申請に関する書類を作成。まだ完成ではないがほとんど書き上げる。

●今夜はチャック・ベリーに献杯だ・・・。

Chuck Berry - Sweet Little Sixteen (Live at Newpot Jazz Festival1958)

https://www.youtube.com/watch?v=PBAw-_oEW78

53v121220001

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハード・ワーキン・ブルース

●まとまった休暇も終わり、仕事モードに入った今週は、思いの外ハードだった。人欠状態の上に本社監査。我が社の監査機関は複数あるのだが、何とダブル・ブッキング状態。肉体的疲労に気疲れがプラスされ、ただただ目の前の仕事をこなすのみに終わった。連日深夜帰り。

●寝不足状態ながら、本日は鳥栖プレミアム・アウトレットへ。レコードと本以外の買い物には萌えない。本を一冊持って行ってたので何とか暇は潰した。帰路はゆめタウン久留米店へ。ここのタワレコもじわじわ縮小されている感じだ(あくまで個人的嗜好との照合)。

http://www.premiumoutlets.co.jp/tosu/

●血圧の薬を変更。薬効より重要なのは減量とは解っているが・・・。仕事になると痩せるかと思っていたら、食事の時間が遅くなり、逆効果の一週間となった。とりあえずは後4㎏減だ。と言いつつ、今日のお昼はステーキとハンバーグのミックス。若干自棄気味である。

●安倍友学園、じゃなかった、森友学園。籠池一族の手前味噌にも驚かされるが、政治家の実像が透けて見えるのが醜い。「助けてもらえなかった」と言うオッチャンやオバチャンの今後の言動が気になるが、ひとつ期待しているのは、あの人らが関西人である事。あけすけな感覚が良い方向に働いてほしい。自分に対しても、他者に対しても。

Dave Bartholomew - Nickel Wine // Basin Street Breakdown (instr.)

https://www.youtube.com/watch?v=HWAYvp17MMY

41qoxqpbnl__sx230_

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月の音楽メーター

2月の音楽メーター
聴いた音楽の枚数:3枚
聴いた時間:64分

ENCHANTMENT +7(日本独自企画、最新リマスター、解説、ボーナストラック付)ENCHANTMENT +7(日本独自企画、最新リマスター、解説、ボーナストラック付)
2017.2.22 タワーレコード福岡店にて購入。
屈指のヴォーカリスト、エマニュエル・ジョンソンを中心に、ダンサー曲良し、ディスコ系良し、バラード良し。聴きやすく奥が深い。
聴いた日:02月23日 アーティスト:Enchantment
Blood on the TracksBlood on the Tracks
2017.2.17. ブックオフ健軍店にて購入。
名盤というのは、音楽を通じた感情表出が見事に成されている盤だと思う。歌い口やギターのフレーズが実に心地好く、尚かつディープ。メロディメイカーやテクニシャンも素晴らしいのだが、それらを超越した「総合的ミュージシャン」であるディランが、音楽界の高みに居るのは当然だろう。
聴いた日:02月21日 アーティスト:Bob Dylan
Sad Days Lonely NightsSad Days Lonely Nights
2017.2.17 ブックオフ健軍店にて購入。ブルースがよっぽど好きでなければお勧めしない。本人の「ジューク・ジョイント」での録音だけに音は生々しい。外れた音もそのままにしているので、一発録音か?音楽メーターのジャケはリイシュー盤?
聴いた日:02月17日 アーティスト:Junior Kimbrough

わたしの音楽メーター
音楽メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月の音楽メーター

1月の音楽メーター
聴いた音楽の枚数:3枚
聴いた時間:87分

オリジナル・デラニー&ボニーオリジナル・デラニー&ボニー
「デラニーよりボニーへ」はゴスペル、戦前ブルース、ソウルの感覚が顕著だった。本作はカントリー&ソウル風味のロックに統一。ホーン陣の切れの良さがファンキー・タッチを生んでいる。ボニーの熱烈ヴォーカルはやや控えめ。それでも時々ティナ・ターナーの面影が
2017.1.21. 蔦屋書店三年坂店にて購入。
聴いた日:01月23日 アーティスト:オリジナル・デラニー&ボニー
This Girl's in Love With YoThis Girl's in Love With Yo
フェイム・ギャングの“NY詣で”の結果生まれた傑作。アレサの歌声をどう表現したら良いのだろう。迫力、弾力、深み、温かみ、切なさ・・・あらゆる要素が含まれている。もはや歌声じゃないんじゃないか。
2016.1.8. タワーレコード久留米店にて購入。
聴いた日:01月11日 アーティスト:Aretha Franklin
レオン・ラッセル&ザ・シェルター・ピープルレオン・ラッセル&ザ・シェルター・ピープル
変な表現かも知れないが、良く出来た「大衆音楽」だと思う。変な気取りも過剰な思い入れもなく、乾いた土を優しく濡らす静かな雨のようにジワジワ沁みてくる。
2016.1.8. タワーレコード久留米店にて購入。
聴いた日:01月10日 アーティスト:レオン・ラッセル

わたしの音楽メーター
音楽メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月の音楽メーター

12月の音楽メーター
聴いた音楽の枚数:8枚
聴いた時間:78分

Bottleneck Blues AnthologyBottleneck Blues Anthology
ボトルネックによるプレイをテーマに編集したブルース。2CD全50曲。ギターを擦るという行為から漂う哀感・・・てな事を考えなくてもブルースにどっぷり浸れる逸品。
2016.12.3. 福岡ディスク・カーニバルにて購入。
聴いた日:12月20日 アーティスト:Bottleneck Blues Anthology
ブルー&ロンサムブルー&ロンサム
オリジナル作品を切り開き、内臓を見せてくれるような生々しさ。あくまで武骨にブルースの本質に迫っている。寺田正典さんのライナーに詳しいが、各メンバーの努力・工夫にも感嘆。好きこそものの上手なれのレベルではない。超一級のクリエイター集団だ。
2016.12.3. タワーレコード福岡店にて購入。
聴いた日:12月14日 アーティスト:ザ・ローリング・ストーンズ
サザン・ソウル・ディープ・コレクション:ソウル・トレジャーズ VOL.2~ホール・ロット・オブ・ソウルサザン・ソウル・ディープ・コレクション:ソウル・トレジャーズ VOL.2~ホール・ロット・オブ・ソウル
サザン・ソウルを基点にした鈴木啓志さんのコンピならまず間違いない。しかもSSSインターナショナル。第2弾の本盤はヴァラエティ豊か。正統ディープ系からファンク、そしてゴスペルまで、しかも男女両方愉しめる。ペギー・スコットのソロからジョー・ジョー・ベンソンのソロへ繋ぐ部分は痛快!
2016.12.3. タワーレコード福岡店にて購入。
聴いた日:12月13日 アーティスト:VA
ファニーファニー
名門ゴスペル・グループの経験は生かされている。ほど良い力の入り具合、裏声への転換の見事さ・・・。代表作「ファニー」だけでは見えてこない彼の魅力が味わえる。惜しまれる逸材。ゴスペル色シンガーに拘る人は買いましょう。
2016.12.3. タワーレコード福岡店にて購入。
聴いた日:12月12日 アーティスト:ジョー・ヒントン
Too Many to FightToo Many to Fight
一曲の中に、ソウルとポップスが同居している感じがむず痒い。歌唱は伸び伸びとしているが、ハードさも哀感も今ひとつ。ただ、11曲目から先はファンキーでgood!それにしてもこの手の歌手にまでスポットを浴びせる<ソウルスケイプ>のリリース姿勢に敬服する。
2016.12.3. 福岡ディスク・カーニバルにて購入。
聴いた日:12月11日 アーティスト:Bobby Sheen
HONKY TONK! KING FEDERAL R&B INSTRUMENTALSHONKY TONK! KING FEDERAL R&B INSTRUMENTALS
<キング><フェデラル>音源のインスト曲集。人は自分が生まれた年の音楽を好むという話を昔聞いた。57年生まれの私は、確かに本盤の50年代後半~60年代初めの音は好きだ。サックスのねちっこさ&クールな感覚、痒い所に手が届くギター、奔放なピアノ等、ジャズとブルースの蜜月だ。
2016.12.3. 福岡ディスク・カーニバルにて購入。
聴いた日:12月08日 アーティスト:Various Artists,Bill Dogget,Freddy King
ダンシン・ウィズ・ノーバディ・バット・ユー・ベイブダンシン・ウィズ・ノーバディ・バット・ユー・ベイブ
マイアミ・ソウルの立役者の一人、充実のソロ・デビュー盤。ひたすらファンキー・ソウル一途!ホーンやギターのキレの良さ、のたうつベース、キュートな女性コーラス等々。「ゲット・バック」「ショップ・アラウンド」ら既知曲の超絶ファンク化は痛快です。
2016.12.3. 福岡ディスク・カーニバルにて購入。
聴いた日:12月06日 アーティスト:クラレンス・リード
Troubled Waters: Deep Soul From Deep SouthTroubled Waters: Deep Soul From Deep South
<マラコ>系列を音源とした<グレイプヴァイン>盤。トミー・テイト「ホールド・オン」やサム・ディーズ、マッキンレー・ミッチェル、キング・フロイド、ルビー・ウィルソンやドロシー・ムーアら。ディープ・ソウルとは人肌の温もりと心得た。
2016.12.3. 福岡ディスク・カーニバルにて購入。
聴いた日:12月05日 アーティスト:Various Artists

わたしの音楽メーター
音楽メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月の音楽メーター

10月の音楽メーター
聴いた音楽の枚数:2枚
聴いた時間:42分

デラニーよりボニーへデラニーよりボニーへ
2016.10.8 タワーレコード久留米店にて購入。
まずは、ボニーさんのゴスペル的歌唱力にひれ伏す。二人の好みが微妙に違うらしく、間を取った感じの曲がややギクシャク感。それを救っているのはサポート陣の安定感かも。キング・カーティス、デュアン・オールマンは特にカッコイイ。ボニーさんのソロも含めあと何枚か聴いてみたいね。
聴いた日:10月13日 アーティスト:デラニー&ボニー&フレンズ
Backbeats: Crossover to Soul-More Crossover Soul FBackbeats: Crossover to Soul-More Crossover Soul F
2016.10.8 タワーレコード久留米店にて購入。
ソウル臭プンプン。迫力の歌唱や哀切感溢れるメロディー等の前に、曲の細かい部分に詰まっているソウル・ミュージック、黒人音楽の粋に酔い痴れる。シル・ジョンソン、ローラ・リーに特に感じ入るのは自分の好みなんでしょう。
聴いた日:10月12日 アーティスト:Backbeats: Crossover to Soul-More Crossover Soul F

わたしの音楽メーター
音楽メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かぐわしきソウル臭

R656389614221004999953_jpeg

●V.A.『クロスオーヴァー・トゥー・ソウル』<デーモン>(13)

https://www.discogs.com/…/Various-Crossover…/release/6563896

イギリスのレーベル<デーモン>が、<バックビーツ>シリーズの一つとして出したもの。本シリーズはミュージシャン別のアルバムが10枚(私はトミー・ヤング編を所有)、3期に分けてコンピ盤を計22枚出している。必ずしもオールド・ソウルばかりではなく、ゼロ年代等もリストに見られる。非常にヴァラエティ豊かなラインナップだ。

...

  本盤の内容も、よく練られている印象。基本的には“ミッド・テンポ”に拘っているようだが、まず強く感じたのは、強烈なソウル臭である。オーソドックスなソウルからレディ・ソウル、アーリー感覚からディープ系まで、ハード・タッチ、ソフト・タッチ問わず、ソウル・ファンを癒してくれる。

ジョニー・テイラー、オージェイズ、アレサ・フランクリン、エスター・フィリップス、シル・ジョンソン、ローラ・リー、100%プルーフ、ソウル・チルドレン等々。超有名曲を外している事で素直に臭いが嗅げる。

Lou Courtney - The Common Broken Heart

https://www.youtube.com/watch?v=ZxDW2eErTdo

Africano - Satisfactorize Your Mind

https://www.youtube.com/watch?v=nDAY643kBS4

Syl Johnson - Mainsqueeze

https://www.youtube.com/watch?v=eWzVI56ZRcc

Aretha FRANKLIN - "Cry Like A Baby"

https://www.youtube.com/watch?v=UZdLI9bLaZA

Laura Lee - (If You Want To Try Love Again) Remember Me

https://www.youtube.com/watch?v=7Or70avgwjg

Ike Lovely - Fool's Hall Of Fame

https://www.youtube.com/watch?v=AKvCdPTwFC4

WINFEILD PARKER WILL THERE EVER BE ANOTHER LOVE FOR ME

https://www.youtube.com/watch?v=PE-paSCUVU4

Will Hatcher - Who Am I Without You Baby

https://www.youtube.com/watch?v=VfOYOVVQ9Gw

I've Come To Save You 100 Proof Aged In Soul

https://www.youtube.com/watch?v=KY231bOfCqg

Maxine Brown - It's Gonna Be Alright

https://www.youtube.com/watch?v=uOtCPJ8yWtw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

70's Blues | 80's Soul | Aaliyah | Ahmet Ertegun | Al Green | Albert Collins | Ali Oliie Woodson | Amazing Grace | American Folk Blues Festival | Ann Nesby | Aretha Franklin | Arrested Development | Arthur "Big Boy" Crudup_ | Artie "Blues Boy" White | At the Copa | B.B.King | Baby Washington | Babyface | Barbara George | Barbara Mason | Bell Biv Devoe | Big Walter Price with Albert Collins | Bill Coday | Birmingham Soul | biwa duo | Blind Willie Johnson | Blind Willie McTell | Blues Brothers | Blues Jubilee | Blues The Butcher 590213 | Bob Dylan | Bobby "Blue" Bland | Bobby Bland | Bobby Charles | Bobby Valentino | Books | Brandy | Buddy Guy | Bukka White | Byther Smith | Cadillac Records | Carl Sims | Carole King | CASE | Catfish Blues | Chaka Kahn | Charlie Wilson | Chess | Chrisette Michele | Christian Keyes | Chuck Berry | Cicero Blake | Cinema | Clarence Carter | Clash | Clay Hammond | Close to You | Coko | Contemporaly Deep Soul | Curtis Mayfield | CUSTOM | Dan Penn | David Ruffin | Delfonics | Delta Beat | Denise Lasalle | Dirty Dozen Brass Band | Don Bryant | Duet | Dynamics | Ecko Records | Eddie Boyd | Eddie Taylor | El Debarge | En Vogue | Enchantment | Eric Benet | Etta James | Facts Of Life | FAME | Fantasia | Fats Domino | Fenton Robinson | Five Long Years | For Your Precious Love_ | Frank Stokes | Frankie Gaye | Freda Payne | Freddy King | Funkadelic | Funky Blues | G.C. Cameron | Gaturs | Gene Chandler | Gene Rice | General Johnson | George Kerr | Glenn Jones | Gordon Chambers | GUESSS | hajibura-ism | Happy End | Hard Luck Blues | Harold Melvin & The Blue Notes | Hibari Misora | Hoochie Coochie Man | Howard Tate | Howlin' Wolf | Ike & Tina Turner | India. Arie | Irma Thomas | Isley Brothers | J. Blackfoot | J. Holiday | Jaheim | James Brown | Janis Joplin | Jazz | Jill Scott | Jimi Hendrix | Jimmy Dawkins | Jimmy Rogers | Jodeci | Joe | john lee hooker | John Lennon | Johnnie Taylor | Johnny Ace | Johnny Gill | Keisha Cole | Kindred the Family Soul | King | Kitty & The Haywoods | Kiyoshiro Imawano | Koichi Fujii | L.C. Cooke | L.J.Reynolds | Lacee | Lalah Hathaway | Latimore | Launchers | Laura Izibor | Laura Lee | Lazy Lester | Le Gent | Ledisi | Leela James | Leon Russell | Leroi Jones | Letoya | Life is... | Lightnin' Hopkins | Lionel Richie | Lisa "Left-eye" Smith | Little Johnny Taylor | Little Milton | Little Richard | Little Walter | Lloyd Price | Louis Jordan | Luther | Lyn Collins | Magic Sam | Malaco | Marques Houston | Marvin Gaye | Mary J. Blige | Mary Wells | Mavis Staples | Maze | Members Only | Memphis Minnie | Memphis Slim | Michael Jackson | Miles Davis | Millie Jackson | Mitty Collier | Miyuki Nakajima | Modern Blues | Modern Gospel | Motown | Muddy Waters | Muscle Shoals | Musiq Soulchild | My Collection | My Favorite Albums through the year | Naomi Chiaki | Ne-Yo | Nodesha | O'Jays | Ohio Players | Oldays Records | Otis | Otis Clay | Otis Redding | Otis Rush | Patti Labelle | Paul Butterfield Blues Band | Percy Wiggins | Peter Barakan | Photo | Pre-War Blues | Pretty Ricky | R. Kelly | Raheem Devaughn | Ray Charles | Rick James | Robert Blair & The Fantastic Violinaires | Robert Johnson | Robert Lee McCoy | Rolling Stones | Rozetta Johnson | Rufus Thomas | Sam Cooke | Sam Dees | Solomon Burke | Soul Deep | Soul Generation | Soul Power | Soul Stirrers | Sounds of Memphis | Southern Soul=Blues | Spencer Wiggins | Spirit Of Memphis | Sports | Stan Mosley | Sterling Simms | Story | SUN Blues | syl johnson | Taj Mahal | Tammi Terrell | Teach me Tonight | Ted Taylor | Teddy Bunn | Teddy Pendergrass | Temptations | Terrell | Texas Blues | Tony Borders | Tony Toni Tone | Tonyies | Tower Records | Toyo Nakamura | TQ | Trey Songz | TV | Twitter | V.A. | W.C.Karasu | Whitney Houston | Willie Clayton | Willie Dixson | Willie Mitchell | Year Of 2011 | You Are Everything | Yuukadan