Willie Dixon

レコード棚を順番に聴いていく計画 Vol.54

R25319411289126296jpeg

 

[63枚目]●ウィリー・ディクソン『アイ・アム・ザ・ブルース』<ソニー/コロムビア/レガシー>(69/93)

 

シカゴ・ブルースの立役者の一人、ウィリー・ディクソンのセルフ・カバー盤。私が持っているリイシューCDは、<ルーツン・ブルース・シリーズ>の<コンテンポラリー・ブルース・マスターズ>の一枚。マディ物が3曲、ウルフが4曲、オーティス・ラッシュ1曲、ジョニー・リヴァース1曲の構成である。いくら自分の作品とは言え、迫力が売り物のマディやウルフ、情念の人オーティス・ラッシュなど、「圧が強いブルースマン」が最終的に完成させ多くのブルース・ファンに膾炙している曲群である。難しい取り組みのようにも思えるが、杞憂である事をアッサリと証明している。曲が主体というより、ウィリー・ディクソンというブルースマンの魅力が生かされている一枚となっている。優れたコンポーザーでプロデューサーでもあるウィリーは、自分自身も見事にプロデュースしているのだ。バンドは「シカゴ・オールスターズ」。長年の相棒、ピアノのメンフィス・スリムの他、ギターがジョニー・シャインズ、ハープがウォルター・"シェイキー"・ホートン、ドラムがクリフトン・ジェイムス。ベースの他、ヴォーカルもウィリーだ。

 

ウィリー・ディクソンは、1915年、ミシシッピ州ヴィックスバーグ(ジャクソンから真西に65㎞)生まれ。37年、プロボクサーとしてイリノイ州のチャンピオンに輝いたのを機にシカゴ暮らしの身となる。ミュージシャンに転向し、ザ・ビッグ・スリー・トリオを結成(最初のシングルはロゼッタ・ハワードの伴奏で47年)。51年のトリオ解散後に<チェス>レコードで働き、54年「フーチー・クーチー・マン」のヒットで名を上げる。56年には<コブラ>最初のシングル「アイ・キャント・クイット・ユー・ベイビー」をヒットさせている。ミュージシャンとしては、本盤以前のアルバムは、58年から<ヴァーヴ><フォークウェイズ>などから、メンフィス・スリムやピート・シーガーとの録音がある。本盤以後にもアルバムは編集盤も含め、積極的にリリースされている。84年にはブルース界全体の振興を目指し、<ブルース・ヘヴン・ファウンデーション >を設立。92年に亡くなるが、93年には遺族が<チェス>レコードの建物を買い取り、同ファウンデーションの本部としている。

 

ウルフの「バック・ドア・マン」でスタート。ウルフほどの浪花節声ではないが、ナチュラルな塩辛声はそこそこの迫力がある。盤全体に言えるが、ジョニー・シャインズのギターは、ゆったりめのスライド中心。ビッグ・ウォルターのハープも漂うような味わいを醸す事が多い。サウンドを締めているのはタイトなドラムと、ウィリー本人のベース、それにメンフィス・スリムのピアノのクッキリとした連弾も際立っている。ピアノのフィーチャー度が高いと、粋な感じの演出にも繋がるのではないだろうか。ザ・ビッグ・スリー・トリオのリズム&ブルース/ジャンプ・ブルース感覚を想起もする。「アイ・キャント・クイット・ユー・ベイビー」も本家のようなディープさより、バンドトータルとしてのサウンドの心地良さが味となっている。「ザ・セヴンス・サン」「アイ・エイント・スーパースティシャス」(本家よりテンポアップ)と乗りの良い曲では、特にそういったバンドサウンドが充実した盛り上がりを見せ、思わず拍子を取ってしまう。もちろん「スプーンフル」「ユー・シュック・ミー」「ザ・リトル・レッド・ルースター」「ザ・セイム・シング」のようなミディアム~スロー・テンポでもサウンドは冴えている。「アイム・ユア・フーチー・クーチー・マン」は、マディの暑苦しさから離れ、快適なブルースに仕上げている。

 

R253194114220332179923jpeg

 

Back door man

 

I can't quit you, baby

 

The Seventh Son

 

Spoonful

 

I Ain't Superstitious

 

You Shook Me

 

I'm Your Hoochie Coochie Man

 

The Little Red Rooster

 

The Same Thing

 

R253194114220332165274jpeg

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

| | コメント (0)

ウィリー・ディクソンのブルース

51dujrlkyrl__sl500_


『BSR』誌最新号のウィリー・ディクソン特集。妹尾みえさんの巻頭記事を読み、改めて彼の偉大さを知る。「人に歴史あり」とはよく聞くが、彼の歴史は、そのままブルースの歴史に投影されている。しかも、才能あるミュージシャンが、ブルースの重要曲・レーベルに深く関わった事で、都会に於けるブルース・シーンが確固たる存在となった・・・と書けば、順風満帆なイメージに捉えられるが、彼の「歴史」や「思い」を知るにつけ、苦悩や努力が読めてくる。

丸っこい体格に笑顔の写真がほとんどで、悠々たる人生を連想するのだが、14人兄弟の7番目に生まれ、母親が一人で育てる環境。幼い頃からゴミ拾いなどで生活を助ける。母親は読み書きができる敬虔なクリスチャンだった為、ウィリーも言葉の魅力は感じ取れたのだろう。刑務所入りも数回経験、獄死する者も眼前にする壮絶な経験もしている。もっともこれは彼特有の経験とは言えないだろうが・・・。彼が人生を投げなかったのは、持ち前の人懐っこさを忘れなかった事と、ブルースの奥深さに取り憑かれたが故だろう。

マディ・ウォーターズに出会った時、マディが悲しみの歌とされるブルースを活気あるものとして変革しているのに刺激を受け、「ストップ・タイム」の活用で迫力と渋みを打ち出し、男らしさ・逞しさといった部分を強調するなどして、ブルース進化の一端を担った。記事では、ウィリーのブルース観にも触れられている。彼はブルースをポジティブに捉えたが、ここでいう「ポジティブ」とは「良いことも悪いことも素直に伝えることが人生の励みになる」という事だ。苦楽双方飲み込んでこその人生だ。人の笑顔が輝いて見えるのは、苦難の皺が囲んでいるからではないだろうか。

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

70's Blues 80's Soul Aaliyah Ahmet Ertegun Al Green Albert Collins Ali Oliie Woodson Amazing Grace American Folk Blues Festival Ann Nesby Ann Peebles Anthony Hamilton Aretha Franklin Ariyo Arrested Development Art Tatum Trio Arthur "Big Boy" Crudup_ Artie "Blues Boy" White At the Copa B.B.King B.Howard Baby Washington Babyface Barbara George Barbara Mason Bell Biv Devoe Big Walter Price with Albert Collins Bill Coday Bill Doggett Birmingham Soul biwa duo Blind Willie Johnson Blind Willie McTell Blues Brothers Blues Festival Blues Jubilee Blues The Butcher 590213 Bob Dylan Bobby "Blue" Bland Bobby Bland Bobby Charles Bobby Rush Bobby Valentino Bonnie Raitt Books Brandy Bud Powell Buddy Guy Bukka White Byther Smith Cadillac Records Capitol Record Carl Sims Carole King CASE Catfish Blues Chaka Kahn Champion Jack Dupree Charles Brown Charley Musselwhite Charlie Wilson Chess Chrisette Michele Christian Keyes Chuck Berry Cicero Blake Cinema Clarence Carter Clash Clay Hammond Cliff White Close to You Coko Contemporaly Deep Soul Country Soul Curtis Mayfield CUSTOM Dan Penn David Ruffin Delfonics Delta Beat Denise Lasalle Dirty Dozen Brass Band Don Bryant Duet Dynamic Superiors Dynamics Ecko Records Eddie Boyd Eddie Kirkland Eddie Taylor El Debarge Elmore James Ember Records En Vogue Enchantment Eric Benet Etta James Facts Of Life FAME Fantasia Fats Domino Fender Blues Fenton Robinson Five Long Years For Your Precious Love_ Frank Stokes Frankie Gaye Freda Payne Freddy King Frisco Records Funkadelic Funky Blues G.C. Cameron Gaturs Gene Chandler Gene Rice General Johnson George Kerr Glenn Jones Gordon Chambers Gospel Gregg Allman GUESSS hajibura-ism Happy End Hard Luck Blues Harold Melvin & The Blue Notes Hibari Misora Honey Cone Hoochie Coochie Man Howard Tate Howlin' Wolf Hurricane Yukawa Ike & Tina Turner India. Arie Irma Thomas Isley Brothers J. Blackfoot J. Holiday Jackie Ross Jackie Shane Jackie Wilson Jaheim James Brown Janis Joplin Jazz Jill Scott Jim Crow Jimi Hendrix Jimmy Dawkins Jimmy Rogers Jimmy Witherspoon Jodeci Joe Joe Houston John Coltrane john lee hooker John Lee Hooker John Lennon Johnnie Taylor Johnny Ace Johnny Gill Juke Records Keisha Cole Kim Weston Kindred the Family Soul King Kitty & The Haywoods Kiyoshiro Imawano Koichi Fujii Kokomo Arnold L.C. Cooke L.J.Reynolds Lacee Lalah Hathaway Lamont Dozier Latimore Launchers Laura Izibor Laura Lee Lazy Lester Le Gent Ledisi Leela James Leon Russell Leroi Jones Letoya Life is... Lightnin' Hopkins Lil Green Lionel Richie Lisa "Left-eye" Smith Little Johnny Taylor Little Milton Little Richard Little Walter Lloyd Price Louis Jordan Luther Lyn Collins Magic Sam Malaco Manami Izumiyama Marques Houston Martha & The Vandellas Marvin Gaye Mary J. Blige Mary Wells Mavis Staples Maze Members Only Memphis Minnie Memphis Slim Michael Jackson Miles Davis Millie Jackson mississippi Mitty Collier Miyuki Nakajima Modern Blues Modern Gospel Modern Soul Motown Muddy Waters Muscle Shoals Musiq Soulchild My Collection My Favorite Albums through the year Naomi Chiaki Ne-Yo New Birth Nina Simone Nodesha O'Jays Ohio Players Oldays Records Otis Otis Clay Otis Redding Otis Rush Otis Spann Patti Labelle Paul Butterfield Blues Band Paul Gayten Percy Wiggins Persuaders Peter Barakan Philly Soul Photo Players Pre-War Blues Pretty Ricky Queen R. Kelly Raheem Devaughn Ray Charles Rick James Robert Blair & The Fantastic Violinaires Robert Johnson Robert Lee McCoy Rolling Stones Ron Henderson and Choice of Colour Rozetta Johnson Rufus Thomas Sam & Dave Sam Cooke Sam Dees Shirley and Lee Sidney Bechet Solomon Burke Son House Sonny Boy Williamson Soul Compilation Soul Deep Soul Generation Soul Power Soul Stirrers Sounds of Memphis Southern Blues Southern Soul=Blues Specialty Gospel Spencer Wiggins Spirit Of Memphis Sports Stan Mosley Staple Singers Sterling Simms Story SUN Blues Swamp Dogg syl johnson Sylvester Weaver T.K.Soul Taj Mahal Tammi Terrell Tashan Teach me Tonight Ted Taylor Teddy Bunn Teddy Pendergrass Temptations Terrell Texas Blues Tony Borders Tony Toni Tone Tonyies Tower Records Toyo Nakamura TQ Trey Songz TV Tweets Twitter V.A. Vee-Jay Records W.C.Karasu West Road Blues Band Whistling Alex Moore Whitney Houston Willie Clayton Willie Dixon Willie Mitchell Willis Jackson Year Of 2011 You Are Everything Yuukadan